Hatena::ブログ(Diary)

移り気プログラマーの航海日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-06-23

Evernote for Windows 3.5.5 Beta 2 インストール

今朝Evernoteを立ち上げると、3.5.5 Beta 2のリリース通知が出ましたので、早速インストールしてみました。

更新内容なこんな感じ。

Bug fixes and Enhancements

  • Added batch tag assignment
  • Improved copy and paste from Microsoft Office applications
  • Improved handling of default fonts
  • Improved design of Hide Unassigned Tags
  • Improved table editing capabilities including adding and removing columns and rows
  • Improved stability

やはり気になるのは、一番最初の「Added batch tag assignment」ですね。

これは何かと色々試したみたところ、やっとわかりました。ノートリストのポップアップメニューに「Tag」という項目が追加されており、これを選ぶとノートにタグを割り当てるためのダイアログが開くようになっています。

f:id:wakeupp:20100623230628p:image

これは3.1世代では存在していたのに、3.5世代になって姿を消したタグ割り当てダイアログの復活ですね。しかも、タグをツリーで表示できるように進化しています。

この復活によって、複数ノートへのタグの一括割り当てや一括削除など、タグの見直し作業が効率的に行えるようになりました。

個人的には3.5世代が出た当初から復活を切望していた機能ですが、やはり他からも要望があったんでしょうね。うれしい限りです。

2010-06-15

ソースネクストのEvernote提携

今日、ソースネクストから、『「EVERNOTE」ご優待販売のお知らせ』というメールが届いていました。

内容的には、

EVERNOTE スターターパック」オンライン購入

  話題のクラウド知的生産型ツール「Evernote」を、初心者の方でも簡単に、

  手軽に始められるようにしたものです。オンライン購入のみご優待価格でお届けします。

  特長

  ◎3カ月分のプレミアムサービスをセット

    ・ 月毎のアップロードの上限が40MBから500MBに

    ・ すべてのファイル形式を同期できる

    ・ PDF 文書内の検索もできる

    ・ SSL暗号化による強力なセキュリティ機能

    ・ 画像内文字のテキストデータ化を優先処理 など

  ◎「EVERNOTE ハンドブック」特別版を収録(PDF

  販売期間 6月30日(水)まで

  優待価格 990円(標準価格 1,500円) 34%OFF

だそうです。少し前にソースネクストEvernoteと提携というニュースが出ていましたが、こういうことだったんですね。

しかし公式のプレミアム版の値段って月額5ドルまたは年額45ドルですから、優待価格でなければ割高なような^^;。

まあ、「EVERNOTE ハンドブック」分がお得といえばお得かもしれませんが、特別版って何でしょう。いずれにしてもうちは「EVERNOTE ハンドブック」は購入済みなので、これについてはパスです。

まあなんというか、ソースネクストらしいといえばらしい商品ですね。

2010-06-06

iPad用のスタンド購入

100均で買い物をしていたところ、iPadに使えそうなフォトフレームのスタンドがありましたので買ってみました。

透明なアクリル製で、実にシンプルな作りです。

f:id:wakeupp:20100606162811j:image

真横から見ると、こんな形。

f:id:wakeupp:20100606162812j:image

実際にiPadを乗せてみると、前から見えるのは下の部分の先だけで、視界を妨げません。

f:id:wakeupp:20100606162813j:image

後ろから見ると、こんな感じ。

f:id:wakeupp:20100606162814j:image

幅が非常に狭く、またとても軽いので、特にiPadを縦方向に乗せたときにやや不安定になるかと思いましたが、実際にやってみると接地面にiPadの重量がかかるので思ったより安定しています。

机上にiPadを置いてムービーなどを見るときに利用しています。また、床にiPadを置く場合にも、気軽に立てかけておけるので便利です。

2010-05-30

iPad使用開始

受け取りからセットアップまで

金曜の晩、仕事から帰って速攻ヤマト運輸に電話し、なんとか日本発売当日に手にしたiPadです。

それからアプリ・データの同期やら、iPad用のメジャーなアプリの追加やら、Evernoteのデータのローカル同期やら、いろいろやって土曜の昼頃にやっとまともに使える状態になってきました。

また、土曜午前中に近所のPCショップに行ってシリコンケースを仕入れてきました。これは実物を持ってみてわかったのですが、その大きのために場合によってはやや不安定な場所や直接床などに置く必要もありそうなので、裸のままで使うのに不安を感じたためです。

買ったのかこちら(というかショップにこれしか無かったんですけどね)。

Simplism iPad用シリコンケースセット ブラック TR-SCIPAD-BK

Simplism iPad用シリコンケースセット ブラック TR-SCIPAD-BK

液晶保護シートはしばらく貼らないで様子を見る方向に傾いていましたが、セットに入っていたので結局貼りました。自分でもほとんど気泡なく貼れましたので、貼りやすさは良いほうだと思います。グレアタイプですが、質感はまあ可も不可もなくという感じ。

ケース・保護シートはとりあえずこれで様子を見て、他に良さそうなものが出てくれば、また考えたいと思います。

ファースト・インプレッション

もともとEvernoteの使用を主目的としての購入でしたので、まずEvernoteを試してみました。基本的にできることはiPhone版とほとんど変わらないのですが、画面の大きさとレスポンスの速さで参照は非常に快適ですね。機能が同じでも、大きさと速さでここまで印象がかわるのかと感動しました。編集のほうは、やはりプレーンテキストしか編集できないところがやや残念です。

その他にも、噂のi文庫HDやiPad向けTwitterクライアント Twitterrific for iPadなども試してみましたが、アプリの機能がピッタリはまれば、PCよりもこちらを主体的に使用するようになりそうです。

全般的にいえることは、iPadが文字情報の参照端末として非常に優れているということ。当然、表示自体はiPhoneやPCでもできますが、iPhoneはその文字の小ささゆえに長文を読むにはやや難があります。PCなら画面の大きさは十分ですが、読む姿勢が固定的になることと、ページ送りの操作がキーかマウスになることがネックです。これに対して、iPadの普通の状態で文字が楽に読める大きさと、タッチによる自然なページ送りが大きなアドバンテージになります。

ただ、一点だけ欠点を挙げておくと、やはりその重さですね。ノートPCよりは十分軽いのですが、長時間手に持っていると、だんだんその重さが手にきます。長文を読む場合には、ひざや机などを支えにしたほうが良さそうです。

2010-05-23

tx2505にWindows7を導入

仕事で支給されたDELLノートのWindows7がなかなか好印象だったので、今さらながら自宅のtx2505もWindows7にしてみました。

導入の手順は以下のサイトなどを参考にさせてもらいました。

 tx2505(Vista) とWindows7の互換性 その2

Windows7インストーラーを動かしてみたところ、VISTAからのアップグレードもできそうでしたが、ディスクの残り容量も少なくなってきていたので、大掃除を兼ねて新規導入としました。ついでに2番目のパーティションにあるリカバリ領域もつぶして1パーティションに統合します(リカバリDVDを購入時に作りましたので)。

保存しておかなければいけないデータはWindows LiveSyncでもう1台のPCに同期してあるので、バックアップなどは行わずにいきなり導入します(時間があれば、安全のためにはバックアップは取ったほうがいいと思いますが)。

Windows7インストールは速いと聞いていましたが、確かにあっという間に終わりました。あとは使っていたアプリを順次導入していきます。

先のサイトにも書いてあるように、ただWindows7インストールするだけでtx2505のかなりの部分が動きます。ただしうちの場合、そのままでは無線LANの接続速度が下がるなどやや不安定でしたので、HPのサイトから無線LAN関係のドライバを真っ先に落としてインストールました。

あとは、タブレット指紋認証関係の動きがまだ確認できていませんが、このあたりは使用には大きな支障はありませんので、ぼちぼち調べていこうかと思います。

導入結果としては、噂通りVISTAよりかなり軽いですね。Evernoteで時々ディスクアクセスが頻発して遅くなる現象も軽減されているような気がします。

ただ1点気になるのは、メモリを4GB積んでいるのにWindowsには2.8GB程度しか認識されていないことです。フルに使えないのは以前も同様でしたが、それでもVISTAでは3GB以上は認識されていたように思います。これについては、もう少し調べてみたいと思います・