ここからゲノムと計算機すか RSSフィード Twitter

2011-07-04

「Rを教えるにあたってのクイック・ガイド」(日本語ユーザ編)

| 14:23 | 「Rを教えるにあたってのクイック・ガイド」(日本語ユーザ編)を含むブックマーク 「Rを教えるにあたってのクイック・ガイド」(日本語ユーザ編)のブックマークコメント

イメージングのデータをよりによって,エクセルで,カット・アンド・ペーストを繰り返し,徹夜して解析している4年生を見て,こりゃいかんと思い,Rのスクリプトを書いて,「ほら,こんなに作業が簡単になるでしょ?」と,Rをオススメするはずだった.

ところが,反応はイマイチ.こんな難しいことやってられません,と言いたげな顔になってしまったので,いきなり負荷をかけすぎたかと反省.やはり,教えるのってムズかしい.

かつむし日記

に触発されて。

いきなり脱線しますがこの勝虫さんのエントリで紹介されていたA Quick Guide to Teaching R Programming to Computational Biology Studentsが含まれているEducationシリーズは、研究でデータ解析を行う医学生物学分野の学生にとってお役立ちなノウハウが詰まった論文がひしめいているので、チェックしておかないと損だと思う。

オススメ本

Rによる医療統計学元論文でも紹介されていたIntroductory Statistics with R (Statistics and Computing)の邦訳。
使用しているデータセットは医療分野のものだけれど、紹介されている手法とその解説は医療分野に限らず使えるものばかり。

Rによる医療統計学

Rグラフィックス ―Rで思いどおりのグラフを作図するために―こちらはR Graphics, Second Edition (Chapman & Hall/CRC The R Series)の邦訳。
Traditional作図法とTrelis作図法の違いがよくわかる。原書のサポートページで、サンプルコードと実行結果が公開されてるのがありがたい。

Rグラフィックス ―Rで思いどおりのグラフを作図するために―

またこちらは紹介されていなかったけど、

Rプログラミングマニュアル (新・数理工学ライブラリ 情報工学)
Rプログラミングマニュアル (新・数理工学ライブラリ 情報工学)

のように用途で関数を逆引きできる本が一冊手元にあると便利です。

役に立つサイト

f:id:wakuteka:20110704115257p:image:w600
seekR - 統計分析ソフトウェア R のための検索エンジン
@hiratake55さんによるR専門の検索エンジン。どちらもGoogleカスタム検索を使っているけれど、日本語で検索した場合はRseek.orgよりもRに特化した情報が得やすいよ!


f:id:wakuteka:20110704141013p:image:w600
no title
遺伝研 小笠原 助教によるグラフィック用のコードと実行結果が閲覧できるデータベース。
R Graph Galleryがタグクラウドで用途別の検索インターフェースを誇るとしたら、こちらはほぼ全てのCRANパッケージに収録されるデモ用ソースコードのプロット結果を閲覧できるという網羅性の高さが武器だよ!

Rを学ぶ上で直面するよくある問題

実行したい処理をRでどう書けばいいのか分からない→だれかに質問する

そもそもコマンドを打つのが面倒そう
Excel上でRを動かすRExcel - もうカツ丼でいいよなとか

ExcelでR自由自在
ExcelでR自由自在
を参考に学部生さんが使い慣れた(?)Excelを魔改造して、Rに慣れてもらうことも...

とここまで書いて私も力尽きてしまいました。「もっといい方法知ってるよ!」とかありましたらぜひトラックバック欲しいな!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wakuteka/20110704/1309756981