ブログ/こばさんの wakwak 山歩き Twitter

2017-11-08 ESP-01M(ESP8285)が届いた

ESP-01M(ESP8285)が届いた

| ESP-01M(ESP8285)が届いたを含むブックマーク

 新しいオモチャが届きました。


http://dl.ftrans.etr.jp/?6715e0101daa4de2a7bca2ff19e19aa00e3d0e14.jpg http://dl.ftrans.etr.jp/?3c478408c2894546afc0f3b2e67b56abed5f6f39.jpg


 超ちっちゃい上に、たったの 2ドル

 中身は ESP8285 というやつで ESP8266 + 1MB 相当品だそうです。


 1.6mm ピッチのエッジコネクタがあれば、うまく着脱式にできそうなのですが、どうにも見つからないため、ジャンパー線を切断して直に半田づけ。


http://dl.ftrans.etr.jp/?76a88be0815b4e19bcee38345356c38be880ecc4.jpg http://dl.ftrans.etr.jp/?e7593471fa44437196bc34c752af4b9ca717afa4.jpg


 ピッチは 1.6mm(ランド幅 0.8mm) と広いので、簡単に半田付けできると思います。

 ピンアサインはシルク印字されてます。


http://dl.ftrans.etr.jp/?bfb53f6d4107466aa3a4ced34088fe90c803aa22.jpg


 試験環境はブレッドボード上に。


http://dl.ftrans.etr.jp/?02b9b1841fba46ecabb6ef8506979a1636117d60.jpg


 左から 灰:EN、青:GP0/GP2/GP15、赤:3V3、白:TXD、緑:RXD、黒:GND、黄:RST となってます。


 GP0/GP2/GP15/EN/RST それぞれに必要なプルアップ/ダウン抵抗は内蔵(12kΩ?)されているみたいで、抵抗類の外付けは必須ではなく、最低限電源を繋ぐだけで動いてしまうみたいです。

(書き込みの作法は ESP8266/32 と同じく GP0 を LOW にした状態で起動させる)


http://dl.ftrans.etr.jp/?3c7a83d70b4a473f9ba10b3e4ed3b026688a1e1f.png


 Arduino からはボード「Generic ESP8285 Module」でいいみたい。


http://dl.ftrans.etr.jp/?30495ca7a692495491a6f69e2bbb7d4262e0b30a.jpg


 くどいようですが、たったの2ドル。

 32bit 80MHz な MCU に 1MB のメモリーとWiFiが載って、たったの2ドル

 中国、ほんとに底抜けに凄いですねー


 本家 Espressif のデータシートサイトは こちら です。


(追記)2017/11/11

 単なる ESP8266+1MB かと思いきや、さにあらず。

 低電圧域での動作性能が ESP32 並に素晴らしいようです。

 実測してみましたので、ESP-01M(ESP8285) も 2.05V まで粘るぽい をご覧下さいませ。