Hatena::ブログ(Diary)

唯ゲーム論

 | 

2006-02-28

[]Passion For The Future: 虚数

Passion For The Future: 虚数

「ネクロピア」

人間の肉体を透過することで、その存在の意味を浮かび上がらせるレントゲン写真集。

「エルンティク」

知性を持つバクテリアを培養した生物学者の研究記録。

「ビット文学の歴史」

コンピュータが生み出す文学のめくるめく世界。

「ヴェストランド・エクステロペディア」

未来予測コンピュータがアップデートし続ける百科事典。

-----

スタニスワフ・レムを読む。 それは哲学書を何十冊読むより考えることが多い経験である気がする。

そう 確か ブックセンターで見かけていたはずだ...

読まなくてはいけないんだよな と思いながら...

この30余年の技術や科学の進歩とのズレがほとんどないように思われる。

逆に だから 今 読まなくても と 思ってしまっているような気もする... 笑)

[]Passion For The Future: イヴの七人の娘たち

Passion For The Future: イヴの七人の娘たち

最初のイヴの娘はギリシアで生まれたアースラ。 アースラの一族は全ヨーロッパへ広がり、ネアンデルタール人を絶滅に追い込んだ。 第2の娘アースラは2万5千年前にマンモスと生きた。 第3の娘のヘレナは2万年前の最終氷河期に地中海沿岸で暮らした。 科学的データに基づいて、7人の娘たちの人生がフィクションとして語られる。

この本も 気にはなって る/た 本なのだが なるほど そういう...

-----

最近 なにか 男系でなくてはいけないと 騒いでられる方々がいるようだが ナンセンス...

もちろん オフコンテキスト... 大笑)

-----

しかし 日本て そんなに儒教? が好きだったのかね... もちろん オフコンテキスト...

[]プレステ3の部品コスト--なぜそんなに高くなるのか - CNET Japan

プレステ3の部品コスト--なぜそんなに高くなるのか - CNET Japan

安く見積もってCellプロセッサを150ドル、 Blu-ray対応ドライブを200ドルと仮定した場合、PS3の原材料コストは700ドルになる。 また、チップのコストを230ドル、ドライブのコストを300ドルと見積もると、 合計額は880ドルになる。2つの平均値は790ドルだ。一方、 さまざまな分析を元に算定したXbox 360の原価の平均推定額は476ドル。なお、 iSuppliの推定ではXbox 360の原価は525ドルとなっている。

ふーん と...

[]NintendoDS Advanced - Nintendo DS

NintendoDS Advanced - Nintendo DS

A recently published patent reveals a special secret about a new Nintendo DS model.

お...

via お笑いパソコン日誌

特許を調べたら、マルチタップな操作ができるみたいだぜベイビー、といった話。 図版も出てる。例のマルチタップ技術とバッティングしてるところもありそうだが、 あぽーとかからライセンス料金を取れたら面白い(妄想)。

さてさて...

特許は先に出したほうが強い(ま このへんもいろいろあるんだが)ってのと その国 で出してないと無効っていう条件があるから

事態はさらに混迷する(ただでさえメンドクサイのに)... 大笑)

[]YouTube - microsoft ipod packaging parody

YouTube - microsoft ipod packaging parody

はっはっは... 大笑い... 必見... 大笑)

そう 一眼レフ の UI について ここしばらく書いてたけれど ふと

Apple に作ってもらいたいな

と思ったことを思い出した...

Apple なら きっと 私の希望するような UI を作ってくれるような気がする... いや マジで...

そういえば デジタル一眼レフ 今日の朝刊に出てたな... 松下参戦 とか これから安くなりますね みたいな... 笑)

via お笑いパソコン日誌

そうそう iPod mini のパッケージ見て さすがですね(うっかり 2台買っちゃったんだが 記念に 1つとってあるはず)

と思ったな... nano もそうだけど...

そう ThinkPad も割と良かった...

そう そういう パターン があったはず... と思って調べてみたが...

変だなあ

Big Ball of Mud

のあたりにあったはずなんだが...

via お笑いパソコン日誌

[]Sony : Televiseurs LCD : France

Sony : Televiseurs LCD : France

お... オサレ?

via お笑いパソコン日誌

でも、リンク先はフランスのサイトなので、何が書いてあるのかまったくわからーん。

というのも癪なので... フランス語 翻訳 で google って

フランス語サイト翻訳 - livedoor 翻訳

を見つけ

livedoor 翻訳

みたいな... うーん 英語かい... 笑)

Presented exclusive on the lounge House and Objects * the TAV-L1 is an audio-movies compound that perfectly integrate in the lounge. Equipped of a customizable sliding fronting, the TAV-L1 to the purified lines, display an aesthetics without faille and the peak functionalities.

sliding fronting?

If you decide to look at the TV or a DVD, the fronting will slide automatically downwards to unveil the screen and to distribute an exceptional sound. Inversely, if you prefer to listen to a CD or the radio, the fronting will rise upwards, in order to cover the screen.

ということらしい... へえ...

The range Mind, adapt to all interior but also to all your moments of life. Modern, aesthetic and functional, the new models will be marketed since the month of May 2006.

[]The Navy’s Swimming Spy Plane - Popular Science

The Navy’s Swimming Spy Plane - Popular Science

Lockheed Martin’s Skunk Works, famed for the U-2 and Blackbird spy planes that flew higher than anything else in the world in their day, is trying for a different altitude record: an airplane that starts and ends its mission 150 feet underwater.

また変なもの作ろうとしてるみたいだ...

The Cormorant, a stealthy, jet-powered, autonomous aircraft that could be outfitted with either short-range weapons or surveillance equipment, is designed to launch out of the Trident missile tubes in some of the U.S. Navy’s gigantic Cold War?era Ohio-class submarines.

-----

The Skunk Works’s answer is a four-ton airplane with gull wings that hinge around its body to fit inside the missile tube. The craft is made of titanium to resist corrosion, and any empty spaces are filled with plastic foam to resist crushing. The rest of the body is pressurized with inert gas. Inflatable seals keep the weapon-bay doors, engine inlet and exhaust covers watertight.

-----

The Defense Advanced Research Projects Agency (Darpa) is funding tests of some of the Cormorant’s unique systems, including a splashdown model and an underwater-recovery vehicle. The tests should be completed by September, after which Darpa will decide whether it will fund a flying prototype.

via お笑いパソコン日誌

[]お笑いパソコン日誌

お笑いパソコン日誌

そういえば、テレビでパンチ佐藤が金を取った荒川静香に向かって、 コーエンとスルツカヤにコケろと念力を送ったらコケたといっていたが、 そんなこといわれて喜ぶ選手はいないだろうって。そういうことは、 心で思っていてもメディアではいわないのが大人だろう。ここは、 もし二人が転倒しなくても、 荒川が勝っていたといってやるのが君たちテレビタレントの役目だ。以下、 罵倒が続くのでカット。

ってわけだが まあ TV には ある種 下種さを競う っていう部分はあるんじゃないかな...

こんな 下種なことまでやっちゃったよ みたいな...

ある種 エリートな方々が 自分たちはエリートだけど こんな下種なことだってできちゃうんだよ... みたいな...

古くは ノーパンシャブシャブ な キャリア な方たちとかさ...

-----

そういうことを 何か あたかも 豪胆 であることの 印 であるかのように 勘違いしてしまっているわけだけどね... 大笑)

オヤジ の レゾンデートル...

[]そうそう

そうそう 最近 wikipedia とか見ることがあるんだが 写真 が載っているものを目にすることがあった...

へえ とか思ってたんだが

Wikipedia:井戸端/商標と著作権と - Wikipedia

とかいう場所で ロゴが映っているものとかはどうなの みたいな話になっている...

うーん どうなんだろう...

[]中国の商標制度について

中国の商標制度について

商標は登録のままで使用しなければなりません。すなわち、商標権者は登録商標の文字、 図形及びその組み合わせを無断に変更して使用してはなりません。 登録商標の保護は商標登録時の商標デザインを基準とします。 商標権者が商標を勝手に変更して使用すると、商標の保護に不利になるだけでなく、 変更した商標は他人の登録商標と類似になり、商標権侵害行為になる虞もあります。 ですから、「商標法」第三十条は「自ら登録商標を変更してはならない」 と明確に規定しています。商標権者が時代の発展に順応するため、 登録商標を変更する必要がある場合には、直ちに変更後の商標について登録を出願し、 登録出願が許可された前に使用しない、少なくとも登録商標としない、 つまり登録商標表示のとを付けない方が宜しいです。

うーん どういうことなんだろう...

最後の部分を読むと禁止してはいないように読めるんだが...

-----

<スコッチガード>商標をデザイン変更

<スコッチガード>商標は製品とともに40年、 世界中で繊維や皮革のはっ水・はつ油・防汚加工剤のトップブランドとして広く普及しています。 このため<スコッチガード>ブランドを冠しての類似品も出現し、 購入者を混乱させています。

今回の商標のデザイン変更は、 偽造対策を徹底させるとともに3M社が世界規模で加工品質の向上プランの一貫として取り組むものです。

なるほど 商標のデザイン変更 ってのは ある ことなんだな...

-----

知財Awareness - 製品ネーミングから模倣品対策まで幅広い商標業務に対応 - 花王・商標部マネジャーの遠藤 明氏が講演(下)

例えば, 表示の方法や商標のデザイン化などで誤った利用によっては商標権を失う恐れがある。

どういうことなんだろう...

-----

Naenara-『ネナラ』ニュース-

総書記は、最新の科学技術にもとづく加工法を広く導入し、 生産現場を無菌化するとともに、包装の質を高め、 商標のデザインに力を入れるべきだと指摘した。

総書記も言ってられる... って 水漏れ?

-----

◆◇韓国特許情報- 我が国の最長寿登録商標 No.20-◇◆

我が国の登録商標の中、最長寿商標は"泉標(Sempyo)"と 二番目が"鎮露(Jinro)" , 三番目は"PEPSI-COLA"である。

四番目以後は "EVEREADY", "CAMEL", "EXECUTIVE", "NACET", "VALET", "Smith-Corona", "Winston", "IBM"の順である。

-----

外国の商標は大部分が文字の商標であって、登録当時と同様の形態で用いられているが、 我が国の商標は図形が結合された商標であり、時代の流れに伴い、 おしゃれな形態の新しい商標を開発・使用している。

というのは 韓国の話...

-----

きょうのニュース

現行法上では、商標のデザインを変えるなどすれば、支部以外の業者が「五箇山とうふ」 の名称を使用する余地が残されている。支部では「本家」 の存在を示す効果があるとしているが、類似品を完全に排除できないことに、 もどかしさを感じている。

んー そうなのか?

商標法では、地域名と品名を合わせた名称は原則として商標としては認められず、 「五箇山とうふ」もこの事例にあたる。このため、五箇山支部が作成した商標は 「五箇山とうふ」の文字に、 合掌造り民家をイメージしたデザインを加えたものになった。この商標は、 同じデザインに対しては販売差し止めができるが、 デザインを変えれば商標権の侵害には当たらない場合が多い。

なるほど というか...

県豆腐商工組合五箇山支部では、一九八五(昭和六十)年ごろから、 加盟店ごとにばらばらで販売していた堅豆腐を「五箇山とうふ」 の統一名称で販売を始めた。ところが、五箇山特産の味として定着する一方で、 県内のメーカーの中に堅豆腐を「五箇山」の名称をつけたり、「五箇山とうふ」 などの名称で販売するところが出てきた。

支部に加盟する豆腐店は最盛期には約二十店あったが現在は五店にまで減った。 このままでは「本家」の存在が揺るぎかねないとして商標申請に踏み切った。

という話

政府の産業構造審議会では、特産品や工芸品を地域ブランドとして保護するため、 地域名と品名を合わせた名称を商標申請ができるよう商標法改正が検討されている。 五箇山支部の岩崎喜平支部長は「今は法改正の動きを見守るしかないが、近い将来、 五箇山とうふが固有の名称として保護されることを期待している」と話している。

あ これは そうなったのかな...

-----

ガウディについて

じゃが、最初はうまくいかなかったんじゃ。 グエルはガウディに会うときに一つの仕事を持っていっていたんじゃ。 義父へのプレゼント用の家具のデザインなんじゃが、 ガウディはこの仕事を断ったんじゃ。

どうしてですか?

どうも、元々はガウディの同僚に依頼していたものらしかったんじゃ。 それを横取りするわけにもいかずに断ったのじゃそうじゃ。次に、 狩猟道具を収納する家具のデザインを依頼したんじゃ。ところがガウディは熱が入らず、 完成しなかったんじゃ。その後、 グエルが経営する繊維会社の登録商標のデザインを依頼したんじゃが、 これも完成しなかったんじゃ。

全然、仕事になっていないですね。 さらに、狩猟用の別荘を依頼したんだけど、 今度はグエルの方が気に入らずに完成しませんでした。

ある時、自分の別荘のデザインを手掛けさせたんじゃ。門、堀、門衛館、厩舎、 馬場などじゃ。普通ならお抱えに大工などにやらせる仕事じゃな。でも、 別にグエルはガウディを見捨てたわけではなくてどうにかして彼の想像力を引き出そうかと考えていたらしいんじゃ。

ガウディが商標デザイン? まあ 完成しなかったらしいが... 笑)

-----

ロゴデザイン:商標登録ドットコム: ロゴデザインチェックリスト

商標は先に出願をした者が優先して登録することができ、企業ロゴ、商品ロゴ、 サービスロゴ、ウェブサイトロゴなどに類似する図形商標を、 他者に商標登録されてしまった場合には、商標として使用することができません。

ロゴ と 図形商標 との関係... なるほど...

ロゴデザインチェックリスト

-----

□使用できるものであること(商標登録されていないこと、商標登録できること)

-----

ロゴデザイン:商標登録ドットコム: ロゴデザイン開発

商標調査

ロゴマーク案が商標権を侵害しないか、商標登録できるかどうか、 また必要に応じネーミングのドメイン名登録できるかどうか、 類似ロゴマークがないかどうか、海外商標調査や、 外国で不適切な意味合いを連想させないか等の調査をします。

-----

商標登録お見積・ご依頼: かんたん国際登録(商標の国際登録)

ほう...

-----

商標とは

には ロゴのデザインができるのを待たないで文字で登録すべき と書かれている... なるほど...

まあ その点では 常識的ではあるような...

-----

2−5.商標の登録制度の概要

我が国において保護を受けることができる商標は、 次に掲げるような構成からなるものでなければなりません(第2条第1項柱書)。

商標の種類...

そういえば 最初に参照した 中国の商標制度という話には

登録出願の商標は文字又は図形又は両者の組み合わせに限られ、 立体商標や匂い商標や音声商標など新しい種類の商標は、中国で登録できません。

という話があった... 匂い商標や音声商標 って...

ジェトロ - 対日投資情報 - 5.2 日本の商標制度の概要

また、日本の商標には諸外国と比べて以下のような相違があります。 自国の保護制度と異なる点に留意してください。

  • 匂い、味等は保護の対象とされない。
  • 動的商標、すなわち動物が動いているような商標についても、保護の対象とされない。

とある...

動きのある商標... って そういえば

-----

図形フルサーチ ブランディインターナショナル

図形商標に文字が含まれる場合、文字商標部分は別調査が必要となります。

とあるから 常識的には その 文字商標 がとられていれば 排他的な効力 は存在するはずだよな...

でも 図形によるサーチ って 何かそういうものが使われてるんだろうか...

図形商標の調査には特許庁の商標公開データをデータベース化した独自のツールや各国の図形商標データベースを用い、 弊社の熟練したスタッフが必要な資料を取り揃えてご提供いたします。

-----

特許事務所への商標調査依頼便

ご依頼商標の図形より特定の称呼又は観念が生じると考えられる場合には、 文字商標との称呼・観念類似についても確認しなけらばならないため、 図形商標調査と共に、別途、文字商標調査も必要となります。

観念...

したがって、弊所の「図形商標調査」では、上記「文字商標登録集(CD−ROM)」 のデータにおいて文字商標との称呼・観念類似が判明した場合は、別途 「文字商標フルサーチ」をして頂くことが不要となります。

-----

特許事務所への商標調査依頼便

商標と意匠の違い

商標のうち、図形商標や立体商標は、 いずれも図形や立体的形状を客体とする点で意匠と共通する部分があります。しかし、 意匠は、視覚を通じて美感を起こさせる物品の形状等の創作を保護対象とするのに対し、 図形商標や立体商標は、 出所表示機能を有するマークや立体的形状を商標としての保護対象にする点で相違しています。

目的が異なるよ ということか...

商標と不正競争防止法上の権利との違い

商標権と不正競争防止法上の権利は、 どちらも事業者の経済活動に伴って保護すべき権利として規定されている点では共通していますが、 商標権が出願して特許庁で登録されなければ発生せず、 同一または類似する指定商品(役務)の範囲内でしか権利行使が認められないのに対し、 不正競争防止法上の権利は登録が権利保護の要件とはされておらず、類型によっては、 権利者がおよそ事業活動をしていない分野での権利行使まで認められる点が相違しています。

なるほど...

-----

商標ウォッチング−商標とドメインで企業のブランドを支えるブライツコンサルティング

中国商標制度下における『 中国語 』商標には、 称呼が同一の商標が複数存在してしまうというリスクが潜んでいます。 これは、 称呼が全く同一の商標であっても、“ 文字列とその文字列からくる意味合い ” が異なれば 非類似であるという、漢字文化の強く根付いた中国特 有の審査基準によるものです。 したがって、『 中国語 』商標の場合、 指定商品・指定役務の同一区分内においても、 称呼が全く同じ商標が2つ以上並存してしまうというリスクが存在しているわけです。

どういうことなんだろう... 漢字文化? 表意文字?

-----

田附行政書士事務所 「カメラ付き携帯電話」よもやま話(その一)

このときの商標は、特にロゴや図形などのマークはなくて、「写メール」 という『標準文字商標』として登録されています。

ここで『標準文字商標』とは何か?という説明を少ししておきます。

そうそう これを確認しておかないと... ただの 文字商標 ではなくて 標準文字商標

そこで、これらの商標を思い浮かべてみて下さい。 それぞれが独特で個性 のある字体をしていて、 その文字の形状自体がマークのようになっています よね?このようなものを文字商標といいます。

これに対して『標準文字商標』とは、 特許庁長官があらかじめ定めた一定 の文字書体(標準文字) のみで構成されたもので商標登録されたものをいい ます。

あ やっぱり 違うんだ...

-----

独立行政法人 工業所有権情報・研修館:商標 Q2

標準文字制度とは、 登録を求める対象としての商標が文字のみにより構成される場合において、 出願人が商標の態様について権利要求をしないときは、出願人の意思表示に基づき、 商標登録を受けようとする商標を願書に記載するだけで、 特許長官があらかじめ定めた一定の文字書体(標準文字) によるものをその商標の表示態様として公表し及び登録する制度をいい、 特許庁の事務処理の効率化及び出願人の手続負担の軽減を図るという効果を有する制度です。

標準文字により商標登録がなされた場合、その商標権の及ぶ範囲は、 登録された商標(商標公報上に現れた文字を、 特許庁長官が指定して公表したところの書体の文字に置き換えたもの) と同一又は類似の範囲であり、 通常の商標登録と比較してその範囲の広狭に差異が生じると言うことはありません。

なるほど...

国際商標登録出願に係る商標について「standard characters」 である旨の宣言があっても、 第5条第3項で規定する標準文字としては取り扱わないこととする。

ん?

-----

シャア専用は商標登録済み

「シャア専用」。その鮮やかに映える真紅に彩られた機体はあまりにも目立ち過ぎ、 戦場を駆け回る兵器としては、明らかに非合理的と思えるのだが、その色も 「シャア専用」という言葉を帯びた瞬間、 たちまち相手の戦意を喪失させるべく恐怖のトレードマークへと変貌する。「赤い彗星」 「通常の3倍」―賞賛と畏怖の念とともに語られるその色と称号は、 我々にとってまさに憧れの対象であった。その「シャア専用」が、 すでに商標登録済みだったとは―!?

あはは...

それにしても気になるのは、実際これらのものに「シャア専用」 という商標がつけられた場合に、どういう商品が生まれるのかということだ。そこで、 本紙記者が、いくつかの考えうる例を挙げてみた。

あはは...

-----

特許事務所への商標調査依頼便

Q8の商標を使用しながら、標準文字で出願して登録を受けた場合についてですが、 標準文字出願は、 商標登録を求める対象としての商標が文字のみにより構成される場合であって、 出願人が商標の態様について特別に権利要求をしないときに、 特許庁長官があらかじめ指定して公表している書体の文字(これを「標準文字」 と呼んでいます。)をもって商標登録を受けることができる制度であるので、 標準文字出願の場合、そもそも、「A図形」 を出願商標の構成に含めること自体できないことになります。 したがって、 「ANGEL」の文字のみで標準文字出願をされて登録を受けた場合には、他人が、 「A図形」を使用することに対しての差止請求は、全くできないことになります。

あ そういうことか... というわけだが まあでも 釈然としない部分は残るよなあ...

登録は排除 できても 使用は排除 できない? できる?

文字が読める場合と 読めない場合とで違いはある?

-----

マーク工房の商標登録申請のツボ

標準文字商標とロゴ商標、 どちらがお得?

世間では標準文字商標といわれることが多いようですがその効力に違いはないというのが特許庁でも述べられています。 とくに自ら創作した名称でない場合(名詞と名詞をつなげただけのようなもの) はロゴ商標を用いて申請する方が得策といえます。

うーん どうなんだろう...

結局知りたいのは このへんか 後 両方とる必要はあるの? とか...

-----

みみずく通信第4号

標準文字により商標登録された場合の商標権の効力の及ぶ範囲は、 その商標(標準文字に置換して現したもの)と同一又は類似の範囲であり、 通常の登録商標に比べて広くなることも、狭くなることもない。

逆に言うと 標準文字でないといけない ってことなのかなあ...

1997年?

-----

JTA 文字の知的財産権に関するQ&A

商品ロゴは、どんな文字デザインであっても商標権が取得できます。 たとえ文字デザインがされていなくても、「標準文字」制度で商標権が取得できます。

というのも なんだかいまいちわからないんだが... んー

通常の登録商標に比べて広くなることも、狭くなることもない

っていうのが いまいち どういう...

-----

そういえば 商標法 も 確か web 化していたような...

商標法

んー 読む気になれん... 笑)

-----

春屋ログビューワ

女子高生は伊藤ハム株式会社の登録商標です/特許電子図書館

え? 本当?

商標を検索する

本当だっていうか...

  1. 登録4338731 戦国女子高生
  2. 登録4341989 女子高生
  3. 登録4341990 女子高生
  4. 登録4355906 女子高生湯けむり温泉ツアー
  5. 登録4651025 全日本女子高生制服通り

戦国女子高生?

via 「女子高生」って、登録商標だったの?|貧相なWebノート

-----

「ボランティア」の商標登録に関する異議申立

ただし、商標の中でも雑誌・新聞については、特許庁の内部基準で、その「題号は、 原則として、自他商品と識別力がある」としており、他の商品類と違い、 比較的似ている名称でも、別の商標として認められるケースが多くなっています。 事実、「ラグビー」と「ラグビーマガジン」、「モーターボート」と「モーター ボートマガジン」がいずれも商標として登録されています。今回、 角川の商標登録にあたっても、すでに「ボランティアマガジン」 が登録されていましたが、 上記の事例があることから「ボランティア」 の題号も認められるべきだと角川が主張し、これが特許庁によって認められたものです。

なんだか 最初の間違い を 間違いと認めたくないがために固執してる っていう印象を受けるんだが...

角川はそこをついているだけ みたいな... 大笑)

-----

ロボットと商標

上の表で、「AIBO」、「ルンバ」及び「wakamaru」は、 標準文字による出願です。「ASIMO」は商標見本による出願ですので、 商標見本の画像を、縦横比率を維持しながら縮小して表示してあります。 指定商品の欄をみると、商品のバラエティーに富んでいます。「AIBO」と 「ASIMO」については、指定商品に「おもちゃ、人形」が入っていますね。 ロボットのデザインがかわいらしいので、 おもちゃでも売れる!ということなのでしょう。

あ 逆に言うと 両方で出願しているわけではなかったりする?

あ そんなことはないか...

選択された商標の表示

【出願日】 平成12年(2000)8月25日

選択された商標の表示

【出願日】 平成13年(2001)7月6日

両方出願するのが普通か...

-----

g-40

今回の知財高裁の判断は、 あくまでも本件商標が標準文字から成る態様の標章に対するものであるから妥当といえる。 しかし、この文字に図形が付加された態様の標章であれば、 その要部は図形の方となるから、 その図形について他人が類似する態様の商標を出願したり、使用すれば、「POLO」 の標準文字が表示されていたとしても、拒絶になったり、 侵害になったりする場合が起るだろう。

という話... んー 要部 がどこかという意味において 微妙?

-----

顔文字ホリエモン劇場−東京経済新聞の商標取得記録

東京経済新聞の

商標トッチャッター!

(○・∀・○)vブイ!

え? 大笑)

選択された商標の表示

マジ とられてるよ...

【氏名又は名称】 株式会社ライブドア

インベスタマーきいぽんのライブドアステーション:「東京経済新聞」登録商標取得 - livedoor Blog(ブログ)

という話か...

-----

Mozilla 商標ポリシー

商標は、少なくとも初めて言及する際に、文字化、斜体化、太字化、 または下線を引くなりして、周囲のテキストから明確に区別できなければなりません。

え? というか...

-----

新聞で拾った「がんばれ日本」商標登録訴訟記事から!

「がんばれ日本」 の商標登録を印刷物について持っている発明家のドクター・中松(本名・中松義郎) 氏が、日本オリンピック委員会(JOC) の求めに応じて登録を取り消した特許庁の審決を不服として、 起こした訴訟の判決が2003.10.16日、東京高裁であった。山下和明裁判長は、 同氏の商標を有効と判断して審決を取り消した。

え? どういうことなんだろう...

選択された商標の表示

2005 に抹消されてる... 笑)

選択された商標の表示

勝ったんですかね... それとも...

-----

ODN@OKWaveコミュニティー

商標法では、装飾文字(ロゴ)による出願の他、特許庁指定の文字(標準文字) による出願が認められています。

先日、某掲示板で、「ロゴと標準文字の権利範囲」についてのスレッドが立ち上がり、 多くは 「標準文字 > ロゴ」 という、標準文字の方が権利範囲が広い、 という回答でした。

しかしながら、「工業所有権法逐条解説」や「商標法コンメンタール」等には、 「標準文字で出願して登録になった場合、 通常の商標登録と比較してその範囲の広狭に差異が生じるということはない」 と説明されており、何故に標準文字の方が権利範囲が広くなるのか、 私にはその根拠が分かりません。

何方か、標準文字の方がロゴに比べて権利範囲が広くなる理由につきご教示下さい。

そうそう まさに それが知りたい... 笑)

青本が特許庁の公式見解と考えていいはずですから、標準文字であっても、 普通の文字であっても類否の判断基準はかわらないはずです。 つまり、 出願内容の公開時に公報に記載された形態が類否の基礎となるわけです。

ということでロゴであろうと標準文字であろうと一概にどちらが権利範囲が広いという話ではなく 個々具体的にみた場合にロゴの方が狭い場合があるというだけの話です。

つまり、真に独創的な外観、称呼、観念(?) を有するロゴであればそのいずれかにおいて類似であれば権利範囲にはいるわけで、 大変広いと考えられますが、標準文字は「外観」については「標準」 ですから類似範囲は狭いと考えられ、それだけみれば「ロゴ」 の方が広い権利範囲を持ち得るわけです。 ところが、標準文字の出願は「称呼」や 「観念」において十分な識別性を持って登録されるのに対し、ロゴは「称呼」や「観念」 において凡庸であっても「外観」によって識別性を有することで登録されえます。 するとその凡庸な「称呼や観念」の標章が凡庸な外観を有していた場合、 ロゴの権利範囲とはならないわけです。

ということで小さく充実した標準文字商標にくらべ、 大きくても虫の喰ったロゴ商標は権利範囲が狭くなるということです。

-----

ありがとうございます。・・・ですが、正直申し上げまして、よく咀嚼できません。

確かに...

問題は 標準文字商標 が 同じ文字列をもつ ロゴ商標 を排除できるかどうか という 一点のような...

できない みたいな話もどこかにあったような気が...

でも 登録サービスのページでは できるみたいな記述があるし...

で もし そうなら 別に ロゴ商標を登録しなくても 標準文字商標 の登録だけでよいはずだなあと...

単に 判断が確定 していないだけ?

-----

中国における商標調査・商標出願・登録ならブライツコンサルティング

中国商標法では、 登録商標を使用する際に商標権者は登録商標を無断で改変し変更してはならないと定めております。 登録商標の変更の例としては以下の内容が考えられます。

繁体字と簡体字 ⇒ 繁体字と簡体字相互の改変行為は取消対象となる

標準文字と他の書体 ⇒ 具体的な判断基準は明示されていませんが、多少の変更なら使用と認められます。 大きく字体が崩れるような場合は注意が必要です。

1儻譴斑羚餮譴瞭鹵癖撒 ⇒登録された商標形態と同じ二段併記にて使用する必要があります。 英語・中国語を別々に使用した場合や、 二段併記の上下を入れ替えて使用した場合においても正式な 使用と認められません。

お... 気にはなる... ロゴ と 標準文字商標 との関係 でね...

-----

質問広場 | Woman.excite:ウーマン・エキサイト 商標登録の標準文字について

標準文字制度を用いて出願した場合、願書に記載した商標を指定書体(明朝体) で横書きにした商標として登録要件や権利範囲の判断がなされます。 出願した商標が明朝体もしくはゴシック体で横書きしたものであれば標準文字制度による出願と権利範囲は変わりませんので、 出願し直す必要はないでしょう。

-----

出願手続をされた「図形にした文字」というのは、 文字として認識されるものですか? 商標は、 実際に使用する形で登録するのがよろしいかと思いますので、 図形が全く文字として認識できないにもかかわらずある特定の称呼を発生させたい、 またはある文字列として認識させる必要がある、などという場合でない限りは、 特に標準文字として別途出願しなおす必要はないように思われますが。

これらの回答も微妙に...

-----

ひらお法律特許事務所・著書紹介

本書は、様々な論点において、著者の実務家としての立場から、 これまでの伝統的解釈を覆す新しい解釈、視点を提起しました。 たとえば以下のとおりです。

まあ 結局 そう なんだな... つまり 確定はしていない...

「同一商標」の範囲を、願書記載の商標に限定することなく、 同一の識別力を発揮する商標の範囲まで広く捉える点

これまでの解釈では、 願書記載の商標と縦横の変換や相似形程度までを「同一商標」と考えてきました。 しかし、願書記載の商標をそのままの書体で使用することは稀であり、 特に標準文字制度の採用を考えれば、「同一商標」 の範囲を同一の識別力を発揮する商標の範囲まで広く捉えなければなりません。 その法的根拠として、 「商標の所有者が一の同盟国において登録された際の形態における商標の識別性に影響を与えることなく 構成部分に変更を加えてその商標を使用する場合には、 その商標の登録の効力は、失われず、また、その商標に対して与えられる保護は、 縮減されない」とするパリ条約5条C(2)、「登録商標の範囲は、 願書に記載した商標に基づいて定めなければならない」 とする商標法27条の規定をあげることが出来ます。

結局 識別性 とか 同一性 の基準 ってことなわけだが まあ 文字列が同一 なんてのは ある意味 とても明確だと思うんだけど これまでのルール から 新たに追加された 標準文字制度 というルール への 移行 が 必ずしもスムーズに行われていなかったり

判断が確定されていなかったり ということが ありそうな雰囲気... んー どうなんだろう...

-----

日本弁理士会近畿支部

商標権の維持が容易になりました

これまでは商標権の存続期間(登録日から10年) を更新する際、商標の使用証明書の提出と内容的な審査が行われていましたが、 この制度が廃止されました。また、 存続期間が満了した後の更新手続は原則として不可能でしたが、 満了後6月以内であれば更新できるよう改正されました。さらに、 新規登録料や更新登録料を10年間分一括ではなく、 前半と後半とに分けて納付すること(分割納付)も可能となりました。 この分割納付制度は一時的に使用する商標や、 使用開始の見通しが明らかでない商標等を登録するときに活用できるでしょう。

お そうだったんだ...

-----

商標出願の基礎知識

商標がロゴデザインの場合、文字商標としても別に出願することがあります。 図形的な要素を含むロゴと標準的書体の文字とでは、 権利範囲が大きく異なることがあるからです。

結局 そういうことでも あるような 気もする... つまり 両方出願する... という...

-----

ある意味(というか 結局の所)ロゴ を使いたいかどうか という一点 か...

使いたければ 同じようなロゴ を 排除 する必要がある... なぜなら それで偽物が売られてしまう可能性がある...

全く 同じ文字列を含む ロゴ であれば 排除することはできるだろうけれど

ロゴ にしてしまった場合 そうでない(同じ文字列を含まないけれど - つまり 標準文字商標の類似性では排除できない)類似ロゴ

を生み出してしまう可能性 が 生じてしまうことが考えられる...

それ を排除するためには ロゴを登録しておく必要がある...

-----

質問広場 | Woman.excite:ウーマン・エキサイト 標準文字商標と、ロゴ商標

権利範囲の観点では

標準書体商標 > ロゴ商標

です。 標準書体で「ABC」 で登録商標を取得した人は、ロゴ商標「ABC」を使用している他人に対して、 権利侵害を主張できますし、裁判でも権利侵害が認定されます。逆に、ロゴ「ABC」 で登録商標を取得した人は、標準書体 「ABC」 を使用している他人に対して権利侵害を主張しても裁判所では認定してくれた事例はかなり少ないです。

勿論、(1)著名商標であるとか、(2)限りなく標準書体に近いようなロゴで、 通常人が普通文字として認識して違和感無く読める場合、等の個別事情もあります。

やっぱりね...

普通名称のような商標は、通常、 商標登録出願しても特許庁で登録拒絶査定を受けますが、 それと同じ名称をロゴで出願し直すと登録に至るケースもあります。

例えば、 商標登録第4559160号の「ハローパソコン教室」は、 仮に普通書体で出願していた場合は「普通名称的・機能を単に記述的にしただけ」 という理由で 登録拒絶になっていたでしょう(即ち、誰もが使用できる)が、 ロゴ商標であるため登録に至っています。

これもありえそうなこと...

ロゴで登録すると保護の対象はそのロゴのみなるので、 いろいろなフォントを使える標準文字商標の方が範囲が広いと思います。

以前、よく似た質問があったようですので参考URLに貼っておきます。

あ そうなんだ... というか まあ 常識的にそうだろうとは思ったわけだが...

-----

[教えて!goo] 商標を標準文字で登録するメリットは?呼称は誰がきめる?

「呼称」は特許庁が自己流の解釈で付記しますので、審査官によって、 読み方が異なりますので、却って混乱します。「呼称」については、 笑い話のようなものを記憶しています。GRANDE MONTAGNEの呼称が、「グランド モンターニュ」というフランス語読みはわかりますが、「グランドマウンテン」 という英語風の呼称がありました。英語も知っていると自慢したかったのでしょうが、 「マウンテン」とは読めません。そこまで書くなら、「グラン」も必要でしょう。 「モンタイニュ」という呼称もあります。それも苦しい読みです。 仏和辞書の発音記号を自己流に解釈したのでしょうね。 同じ会社が同じ商標を分野を分けて追加出願すると、英語以外の表記の場合、 審査官が違うので、読み方が違うこともあります。たとえば、「POMAGNE」は、 「ポメイン,ポマグネ」と「ポマグネ,ポマーニュ」と書かれています。

あー そういうことなのか... なんだか変だ と あせったんだが... ^^;

標準文字で出願すれば、一般的な文字(ゴシック体や明朝体)をカバーでき、 特殊な文字で出願する場合に比べて、権利範囲が広くなります。

昔は「念のため」、ゴシック体・明朝体の両方で2件出願したりしていましたが、 標準文字はこのどちらもカバーできるため1件で出せば済むという、 出願人・特許庁の双方にとってメリットがあるかと思います。

一般的な文字(ゴシック体や明朝体)をカバーでき ってことでいいんだよね... ね...

称呼は、特許庁が付与します。 ただし、どうしてもこう読ませたい、という場合には、 出願人が、願書に2段書きする「2段併記」の形をとって、 称呼を明確にすることもあります。 (ただし、それでもなお、 他の読み方もできる場合には、これまた特許庁が称呼を付与します)

なにか 技 があったのか?

どうしてもロゴを登録したい場合は、 ロゴと標準書体による登録をしたほうがいいのかもしれませんね。

それはそうみたい...

ロゴ を使う場合は 登録前提 か...

-----

「むらの鍛冶屋」商標登録

従来は、単に幾つかの文字を並べただけの文字列の商標であっても、 字体を決めて登録されていた。つまり、 図形の商標や 図形と文字列の組み合わせの商標の場合と同じように「イメージ」 として扱われていたんだ。

でも、出願時に 特別の字体を選定せずに登録を受ければよいと考える人も沢山いる。   一方、外国では字体にかかわらず登録を認める制度を有する国も沢山ある。  「テキスト」の商標を認めているわけだ。

そこで、平成8年の商標法改正で、「標準文字制度」が採用された。 「標準文字」 とは、特許庁長官の指定する文字のことで(商標法 第5条 第3項)、 ひらがな・カタカナ・数字・アルファベットに加え、 JIS規格第1及び第2水準の漢字を含んでいる。

この制度を利用すると、 商標見本を準備して願書に添付する必要がなくなり手続が容易になるほか、 特許庁での事務処理や審査も効率化できる。

そういうことなんだね...

ま なんとなく分かったような気がしてきたから とりあえず ここまで...

-----

FAQ3-3

標準的な書体で登録された商標を、多少書体を変更して使用することは可能です。 具体的な判断基準は定められていませんが、 実務的に標準的な書体から常用書体(例えば宋体、黒体、楷体) へ変更して使用するのは許容範囲だと思われます。一方、 標準的な書体から字形変化の大きい書体(例えば草体、隶書) へ変更して使用するのは登録商標の使用とは認められない場合があります。 中国語と英語の二段併記で登録を受けた場合、 片方のみの使用は登録商標の使用とは認められません。中国語と英語が、 カタログ等において、別々に使用されることも登録商標の使用とは認められません。 中国語と英語がそれぞれ登録を受けた場合、 中国語と英語を併せて一つの商標として使用することは可能です。 登録商標の使用と認められるかどうか疑わしい商標の使用に対しては、 登録表示は避けるべきです。

via 中国の特許・商標出願

標準的な書体で登録を受けました。多少、 書体を変更して使用しても大丈夫でしょうか?中国語と英語の二段併記で登録を受けた場合には、 片方のみの使用でもよいですか。中国語と英語が、カタログ等において、 別々に使用されていても大丈夫ですか?

そういう話 なんだな...

だから 前に疑問に思っていた 標準文字商標 と ロゴ という話 とは直接的には関係ない ような...

そもそもが 別もの という扱いになるんじゃないかな... そのへんがキーか...

-----

一商標一出願について

2段構成の商標を出願・登録する場合には、 特定の称呼を発生させる目的で商標を2段構成にする場合 が多いと考えられます。 そうした商標の出願・登録にあたっては、この50条1項の例示や審決など(*2) を十分に意識した上で商標を構成し ているはずですし、 その商標の使用についても登録商標と社会通念上同一の範囲で使用しているはずです。 しかし、 そのような場合に登録商標の中の称呼発生部分を削除した形で2段構成のうちの1段のみを使用してしまうと、 意図した称呼が発生しない場合も生じます。そして、 もし実際の使用場面で元の登録商標と異なる称呼が発生してしまった場合には、 登録商標を使用したとは認められ ず、 不使用を理由に商標登録が取消されることになりかねません (*7 取消審決、 「MOBILE\モビーレ」)。 そのため、2段構成の商標の出願・登録については、 使用場面を想定した検討が必要になります。

なんだか とても 複雑... んー

[]タイム・コンサルタントの日誌から : トヨタ生産方式の神話と現実

タイム・コンサルタントの日誌から : トヨタ生産方式の神話と現実

では、なぜ、「計画不要論」がトヨタの名前と結びついて広まったのか。 私は一つの仮説を持っている。それは、 自動車業界のサプライチェーンの特徴から説明できる。自動車の世界では、 販売チャネル(ディーラー網)は、生産メーカー別に統制されているし、 また部品生産も系列化されている。つまり、長いサプライチェーンのちょうど中心に、 自動車メーカーがいるわけだ。そして、だからこそ、 このサプライチェーンでは計画の意志決定はたった一ヶ所で行えるのである。

これは、たとえば電子・情報機器業界などと比べてみれば分かる。 パソコンやデジカメは自動車とならんで、日本の製造業のもう一つの花形である。 しかし、これらの商品は、 チェーンストアやディスカウント店などが販売を仕切っている。 店頭にはキャノンとソニーと東芝の機種がならぶ。 これは自動車販売とは全く別の世界だ。販売の主導権は流通業界が持っているために、 電子情報機器のサプライチェーンでは、 意志決定ポイントが最低でも2ヶ所(流通と組立生産)になってしまうのだ。

なんとなく 少し ピピピ... と... なるほど そうか と...

でも そうだとすると なんで それを... とも...

-----

そういうシステム というのは それもまあ 1つのパターンなのだろう... と 思ったりもする...

神話 と パターン の お話

[]Cool Tool: Yaktrax Walker

Cool Tool: Yaktrax Walker

Yaktrax Walker

Snow Chains for Shoes

お... こういうのは 必要な時も たまには あるような気が...

[]ABAの日誌

ABAの日誌

で、物理エンジンODE(http://www.ode.org/)をつかってみたところの雑感を。

何か そういうエンジンが使われていたのか...

フィールドからずり落ちてぶら下がるしっぽとかは、 アドホックに作るとすげー大変だと思う。ショットが物体のどこにぶつかったか、 とかも正確にわかる。

リンク先を見てみると

ODE is an open source, high performance library for simulating rigid body dynamics. It is fully featured, stable, mature and platform independent with an easy to use C/C++ API. It has advanced joint types and integrated collision detection with friction. ODE is useful for simulating vehicles, objects in virtual reality environments and virtual creatures. It is currently used in many computer games, 3D authoring tools and simulation tools.

ということらしい... やはり こいういう時は C/C++ か...

[] 確定申告に行く 2006 - メモの日々 (2006-02-27)

[work][life] 確定申告に行く 2006 - メモの日々 (2006-02-27)

Q22 所得税の申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。に、

-----

なお、(15)〜(19)については、申告の際に提示していただいても結構です。

-----

とあるので、控除の証明書類は提示するだけにしようと思っていたが、 おっちゃんに見せたらそのまま申告書にホチキスどめされてしまった。うむむ。 文句を言っても良かったけど、後ろに人がたくさん並んでいたのでやめておく。 イラつきながら税務署を出た。

ほう... というか...

[]akiyan.com : Just do it 行動しないことで発生するリスク

akiyan.com : Just do it 行動しないことで発生するリスク

「最も大きなリスクは、何もしないことだ」ということについて最近よく考える。

あー なるほど...

新しいことをやるためには 今やっていることを 止めなくてはいけないわけだよな と ぼんやり...

via Going My Way: 失敗も成功も経験を生み価値となる

[]yomoyomoの読書記録 - Joel Spolsky『Joel on Software』(オーム社)

yomoyomoの読書記録 - Joel Spolsky『Joel on Software』(オーム社)

一方で第14章に登場する「アーキテクチャ宇宙飛行士」という言葉を最近の Web 2.0 への熱狂に当てはめ

というので あ そうだ...

松岡正剛の千夜千冊『近代日本のデザイン文化史』榧野八束

図案とともに「造家」という言葉が生まれた。アーキテクトにあたる。 最初の造家は清水喜助の第一国立銀行や築地ホテルに代表される擬洋風建築で、 てっぺんに天守閣が、ファサードに千鳥破風や唐破風があしらわれた。

というのを目にしたなあ と...

-----

さてこのように本書は優れた本なわけだが、個人的に気になるのは著者の会社である Fog Creek Software の今後である。

確かに それは そうか...

何でも web になってしまったら...

via YAMDAS現更新履歴 - YAMDAS更新

2006-02-27

[]唯ゲーム論 - YouTube - Multi-Touch Interaction Research

唯ゲーム論 - YouTube - Multi-Touch Interaction Research

変な特許取られて使えなくなってなくて欲しいよね... ま ありえないが... ;-P

と書いていたわけだが ふと気になって少し調べてみたら 案の定 102個 の請求項を持つ 巨大な 特許発見...

だからどうだ というわけでもないが... 笑)

[]スラッシュドット ジャパン 自律型ロボットを作成できる「週刊マイロボット」発売

スラッシュドット ジャパン | 自律型ロボットを作成できる「週刊マイロボット」発売

ただし、ロボットの組立と動作確認には相当な根気が必要です。

  • 組み立てたものをバラす作業が何度も発生
  • 正常動作しない場合もやはりバラして再組立するしかない
  • +ネジの頭をつぶしやすく、プラスチック部品も折れやすい
  • 単三電池が大量に必要、ACアダプタは通信中の電池切れを防ぐだけのもの
  • プログラム実行には毎回CD-ROMのセットが必要

なんと... なかなか 大変そうだ...

1号590円、それ以降1390円、75号とすると、 総合計で103450円。結構いい値段だなあ。 週刊だそうなので、約1.5年。待ちくたび れる人も多いんじゃないかと。なにせ、 全部揃わないと動かないわけだし。

ってことらしいし...

-----

創刊号の売れた数で完結までの販売数が予測で着るそうです。 しかも、 テーマに関わらず同じ曲線だという。 驚きだ。

なるほど まあ これが成り立っていること自体が驚きであってみたり... 笑)

「組み立てモノ」 の場合は15〜20号くらいになると買切(原則として返品不可)になるので、 ほとんどの書店では定期購読分しか入荷しなくなります。

ってことらしいし...

[]ドクター苫米地ブログ:そういえば、署名広告は、私の知財なんだけど、堀江君 - livedoor Blog(ブログ)

ドクター苫米地ブログ:そういえば、署名広告は、私の知財なんだけど、堀江君 - livedoor Blog(ブログ)

おっと、メールの署名に広告を入れるというのは、 大分前から特許を出している私の知財だし、 色々本とかにも書かれていることなのだけど。 メールで広告をして唯一スパムにならない方法として、 一時はUSのキャピタルがかなりの金額で買いにきたり、 電通関連会社と本格的事業展開を検討したりとして、私の知財であることは、 業界では周知のものなのだけど。ライブドアからは、ライセンス料はもらってないぞ。 スパムや、メールの偽造が問題になる時代が来ることを何年か前に予想して、 開発しておいた技術で、ライセンス先も少しづつ出てきたけど、 堀江被告が既に使っているとは、テレビを見て初めて知ったぞ。あとで、 ライセンス料を請求しようかな。大分後になるかな。

何気に見逃していたんだが...

via スラッシュドット ジャパン | メールの署名に広告を入れるのは苫米地博士の特許?

そういうことなのか?

まだ、公開広報に載っただけだし、 審査請求もしてない (経過情報検索をすれば分かる) ようだから、 騒ぐ必要は 無いでしょう。

あ そうか...

また20名足らずの会社なのに秘書の女の子が何人もいたりとか・・・

いいなあ って... 笑)

そうそう 苫米地 さんには 少し 興味があるので 以前 少し調べてみたのだった... なるほど

コンピュータ上や携帯電話におけるメール送受信機能で稼動するHTML文書の送受信が可能かつ電子署名自動添付機能を有する電子メールシステムにおいて、 電子メールユーザの氏名・住所・連絡先などを入力するユーザ個人情報入力手段と、 広告主が掲載すべき広告と広告として表示すべき自社の広告ロゴマークなどのイメージデータや電子メールユーザが広告の詳細内容を見たい場合に閲覧すべきインターネット上のアドレスや広告配信数や広告閲覧に対する対価情報を入力する広告登録手段と広告情報送信運営者が広告情報内容の自由に広告内容を制御できる広告情報手段と、 ユーザ個人情報入力手段において入力された情報を基に広告情報手段を挿入した電子署名ファイルや電子メールの背景画面などを作成する電子メール広告作成手段とを有し、 電子メール広告作成手段で作成された電子メール広告を電子メールユーザが電子メールシステムの署名機能や背景設定機能に登録することで電子メールユーザが電子メールを送信するたびに電子メール広告作成手段で作成された電子メール広告が送信されることを利用し、 電子メールユーザの広告情報手段を挿入した電子メールの送信数と送信電子メール中の広告閲覧数を受信者が閲覧した数をカウントする送信・閲覧数カウント手段と、 送信・閲覧数カウント手段を用いてカウントされた広告の送信数と受信者の閲覧数とにより広告掲載料を算出する広告掲載料算出手段と、 広告掲載料算出手段によって算出した代金を広告主に請求すると共に電子メールユーザに支払う広告掲載料精算手段を有することを特徴とする電子メールにおける広告配信システム。

という請求項の特許のことみたいだけれど...

いやしかし読み難いクレームです。 こんな出願の審査をしなければならない審査官が不憫です。

[]スラッシュドット ジャパン 韓国公取委、Microsoftへの制裁内容を通知。Microsoftは徹底抗戦の構え

スラッシュドット ジャパン | 韓国公取委、Microsoftへの制裁内容を通知。Microsoftは徹底抗戦の構え

これに対しMicrosoftは、直ちに 「そのような製品が韓国の消費者のためになるとは理解しがたい」と発表。 徹底抗戦の構えを見せ、 裁定次第では「韓国からWindows引き上げ」 ることもありうると公言している。現段階では、 双方とも一歩も引く構えを見せていない。

Windows を引き上げる... 想像もつかないが... 笑)

仮に そうなったとしたら 代わりはあるのだろうか... っていうか

まあ 前のものまで使えなくする ことはできないだろうから これまでのソフトが使えなくなるってことはないんだろうけれど...

だから 引き上げる という 表現は 間違っているとは思うけれど...

字義通り 本当に引き上げられたりしようものなら ある意味 壊滅 じゃないの? 笑)

-----

実は 誰にも解読されること無く Windows の奥深くに 天才ゲイツにしか できない形で ある コードが 埋め込まれていて...

という 恐怖のシナリオ とか... 大笑)

[]スラッシュドット ジャパン 米国立公文書館の収蔵映像をGoogleで

スラッシュドット ジャパン | 米国立公文書館の収蔵映像をGoogleで

これ は なにか 凄いことなんだろうか...

[]スラッシュドット ジャパン | フラッシュやAJAXに影響するかもしれないリッチメディア特許

スラッシュドット ジャパン | フラッシュやAJAXに影響するかもしれないリッチメディア特許

これ、まさにアメリカ的な対応ですね。

「利益(金銭的なものだけでなく)を受ける者に請求(クレーム)する責任がある」

アメリカに少し住んでみて、 商用サービス・行政サービスを通して痛感しているところです。 黙っていても何かやってくれる、ということの方が少ないですね。

つくづく 自己責任 というか そういう OS なシステム なのだな...

人類全体 が そういう OS になってしまうことの 危険性 というものは 少し 感じられる所であったりもする...

必要とされる 多様性 の程度 というものは あるのかもしれないと...

[]そうそう

そうそう Gmail アカウント って何? とか書いていたら 気にして 誘ってくれた人がいたみたいで 早速 作って web ページ作成のとか

試してみようと思ったら サービス停止中? 残念...

というわけで GMail とかも 少し調べてみようと思ったら

Gmail Maniacs: Gmailとは?

Googleでは社内に「20% time project」という制度があり、 社員に対して週に1日は個人のプロジェクトに時間を割くよう命じているそうです。 この個人プロジェクトの成果として、ソーシャルネットワーキングサービスである Orkut がスタートし、それに続いて Gmail が生まれました。

google は 20% だったらしい...

-----

スラッシュドット ジャパン | 米Google、ウェブサイト作成サービス「Page Creater」を公開

アクセス集中しちゃってるらしい...

ページを作成すると、

http://(Gmailのアカウント名).googlepages.com/

ってURLが割り当てられるんだけど これのせいでGmailのアドレス名がモロバレになるんだよね。

あー それ や かも... っていうか walkinglint でとれなかったんだよね... ^^;

-----

米Google、容量100MBまでのWebサイトを作成できる「Page Creator」

に結構詳しい説明がある...

Google Page Creatorは、 JavaScriptで構築したインターフェイスが特徴のWebサイト作成サービス。 生成されるドメインは「http://[Gmailアカウント].googlepages.com/」で、 100MBまでのWebサイトをページ単位で作成できる。

41種類のページデザインと4種類のレイアウトパターンを用意しており、 それらを組み合わせられるほか、HTMLを手書きで入力することも可能だ。 Webページの編集中にWebブラウザを閉じても直前までの編集作業に復帰できる自動セーブ機能なども搭載している。

100M

なんだか 普通に使えそうな感じかも...

via 米Google、容量100MBまでのWebサイトを作成できる「Page Creator」

via 読書記録ChangeLog / 2006-02-23

[]接続された粘菌 - Engadget Japanese

接続された粘菌 - Engadget Japanese

え? これなのか...

New Scientist Breaking News - Robot moved by a slime mould's fears

コンピュータに繋がってる...

via スラッシュドット ジャパン | 粘菌によって操縦される多脚ロボット

何か 面白い と思うわけなんだけれど 何が 面白いんだろう...

通常は関係の無い 2つの世界が 関係付けられる というような 面白さ?

-----

昨日から 私の脳は 無意識に(私自身は少し前に見ていたんだが まだ見てないよ というのでつれあいが見てたのを横で聞いていた)キャシャーンの最後の 破綻の仕方 に

解釈学的な考察を加えようとしているようなので その動きに少し 注意を向けたりもしているのだけれど

2つの世界(もしくは パラレルな世界)が 超えられてしまう ということか... と思ったりもする...

-----

今朝 電車の中で しばらくぶりに ヤヴァイ 所に行ってしまいそうになったんだが 少しの所で もちこたえた

つまり この世界 は 私だけの世界なのではないか と 一瞬思ってしまったのだが 横に立っていた人の腕が当たったので 他者の存在が少し確認できて 立ち戻ることができた...

でも もしかしたら そういうこともありえなくもないはずだなあと 思っている 自分がどこかにいる...

多分 週末 何か パラレル宇宙みたいな 最近出ていた本を目にして え? そんなこと書いてあったんだ と思ったことが影響していそうだ...

-----

で 例えば 虚構の世界 と この世界 という パラレル...

一方で 実際に 戦争 を行った この世界 と 今も どこかで 戦争 を 行っている この世界 と この先 放っておいたら もしかしたら 戦争をしでかしそうな この世界

という パラレル...

-----

で この 粘菌 というわけだが...

そう この 粘菌 を 無意識 だとしてみよう... 無意識に 操作 される 私...

-----

虚構(ある 少数の人々の現実)に 操られる 人々...

[]2006年 2月 (3)。

2006年 2月 (3)。

そしていつか人は気づくであろう、 日本で売られているヨーグルトは、じつはみんな Fat Free であった ということに。はっきりいって、こっちの Fat Free でないヨーグルトは、 Jersey牛のミルクを飲んだことある人ならわかると思うけど、 あの味。「ウシの体臭」臭がキョーレツすぎてとても食えたもんじゃないのだ。 新山はこちらのチーズにはだいぶ慣れたけど、あれもダメな人が多いだろう。 だってアレみたいなニオイじゃん! まあそれを言わせれば納豆だってちょっとおかしいけど、 基本的に欧米人が刺身を食えなくて代わりにアボカド巻いて食ってんのと同じように、 日本の味に慣れてる人間には本物の乳製品はムリなんかもしれない。

そうなのか?

-----

2006年 2月 (3)。

google が web上のおもな検索整理サービスをすべて吸収したとしても、 たいして面白いことになるとは思えない。基本的にインフラだから。 インフラは作るの大変だけど、そのさい動ける空間は基本的に限られている。 一度できてしまったらもうあとは保守しか残ってない。これは重要だけど、 退屈な仕事だ。

というので(究極タイガー 古 ^^; ならぬ)究極google というのを夢想する私なわけだが

それって どういうあれだろう...

とりあえず グローバルブレインの出現 というぐらいが 適当な目処?

あれ... とかいうと とりあえず 人類史上の全ての記憶を検索し 地球 上/外 のあらゆるセンサーを駆使し て 取り出/探知 してくれる...

メディアは まあ とりあえず マルチビュー っていうか 360度 全天周 でかつ ハイデフ であることは 必須...

まあ 人類 って いうか 技術 ってのは 想像可能なことは そのうち 実現してしまう/える ものだから

基本的には時間の問題でしかないわな...

-----

2006年 2月 (3)。

  • 日本が一個しかメダルをとれない五輪など五輪とは認めない。
  • 韓国が11個もメダルをとっているが、あれは捏造であるので無視しよう。
  • フィンランどハ9個モめだる取ッタノニ菌ハいっこモナシ? へう゛ぉ稲!

え? そうなんだ... そんなことは マスコミは一言も触れないなあ... まあ 遠慮もあるだろうなあ... もちろん スポンサーにだけど... 大笑)

スポンサーから一言 って どういう話だったっけ...

-----

2006年 2月 (3)。

自分の言葉で理解できないうちは、物事を本当に理解したことにならないね。

自分の言葉で理解できたら 本当に理解した ということになるのか...

何かを 本当に理解 することなんて できるのだろうか...

-----

Webook: 99・9%は仮説 〜 竹内薫 + シンガポール

あ 薫さんのものであったのか... ちらっとみかけて題名が気になってはいたんだが...

via 読書記録ChangeLog / 2006-02-26

[]デビアス:「ダイヤ支配」に終止符? 独占契約撤廃で−今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

デビアス:「ダイヤ支配」に終止符? 独占契約撤廃で−今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

宝石用ダイヤモンド世界最大手、デビアス(南アフリカ)の1世紀を超す「ダイヤ支配」 に終止符が打たれる可能性が出てきた。09年から、同世界2位のアルロサ(ロシア) の輸出用ダイヤ原石の過半を購入する独占的な契約を撤廃するためだ。 かねて独占状態を警告してきた欧州連合(EU)は「ダイヤ価格が下がる」 と歓迎するが、 デビアスは新しい鉱山に巨額の投資をして原石市場での圧倒的な影響力を維持する方針で、 「独占は解消されない」との声も出ている。

お... ようやく ダイヤ 下がりますか? 大笑)

「婚約指輪は給料の3カ月分」というキャッチコピーもデビアスによるもので

諸悪の根源... 大笑)

ダイヤモンドに関する基本的な知識・ダイヤモンド産業とデビアス社

現在のデビアス社を中心にしたダイヤモンドの生産、販売機構は、 もしも世界にまたがる独占禁止法でもあれば、真っ先に引っかかるほどの、 人為的に見事に統制されたものです。 ただ、現実的に見るならば、 独占という言葉から想像されるような、悪い面ばかりのものではありません。 確かに経済の原則として、価格の人工的な統制がなければ、 競争原理が働いて需給のバランスがとれるところで価格が決まることでしょう。  しかし、その場合、 現在のようなダイヤモンドへのあこがれが維持できたでしょうか? 全ての生産、 在庫調整をやめて、ダイヤモンド市場を自由にしたならば、 間違いなく供給過剰となります。 なぜなら、 現在確認されている鉱山だけでもフル生産に入れば、 産出量はすぐにでも倍になることは、はっきりしているからです。  この事実を認識して、南アフリカと並ぶ大産出国であるソ連も、 決してデビアスを困惑させるような販売方法をとらず、むしろ、 デビアスのシステムを最大限に利用して、外貨稼ぎに熱中しています。  こうしたシステムが働いているからこそ、 ダイヤモンドの価値とイメージが安定しているのです。

まあ 命に関わることではないから まあ それは そういうゲームとして楽しむことはできる? どう なんでしょうね...

勿論、このシステムに従わない業者に対して陰に陽に圧力を加えたのです。

陰に?

via 読書記録ChangeLog / 2006-02-26

[]a Black Leaf:地上最強の男 竜 (後編)

a Black Leaf:地上最強の男 竜 (後編)

ちなみに復刻版の巻末コメントには風忍先生のこんな衝撃的なコメントがありました。

「実をいうと『竜』の原型は百二十ページのギャグマンガでした。」

・・・風忍先生恐るべし。

恐るべし...

リアルタイムで読んでる世代... 大笑)

via 読書記録ChangeLog / 2006-02-25

[]ステレオ立体視シューティング - Engadget Japanese

ステレオ立体視シューティング - Engadget Japanese

それかよ...

via 読書記録ChangeLog / 2006-02-24

[]NIKKEI DESIGN | 注目デザイン情報

NIKKEI DESIGN | 注目デザイン情報

3製品ともユーザーが操作方法で戸惑わないように、単純な「押す」「ひねる」 動作ですべての機能が完結するように工夫されているほか、 ボタン類に絵や数字を添えて説明している。 デザインには曲線を活用することで優しさを演出したという。

そうそう オリンパスの E330 ってのが気になって また ヨドバシの 一眼レフコーナーをうろうろ

で ものは見つかって いろいろ当たっているうちに バッテリーが切れてしまったんだが もしかして それって 欠点? 笑)

で 思ったのは ふーむ この 触感 とか 操作性 というのは 結構 くせものかも と...

つまり 簡単に思ったことができないといけないし それが ここちよくなくてはいけない...

というわけで 再び D50 の感触を確かめてみたんだが うーん どうも こっちのほうがしっくり来る...

ファインダー覗いて撮るってのがそんなに や なら

いざとなれば ファインダー覗かないで 撮る ってのも ありだよな とまで思った... 笑)

-----

で その他に気になったことなんだが 画面の暗さとか明るさ とかの設定は ディスプレイに反映されないのだね というあたり...

後 D50 もそうなんだけれど そういう設定は ボタンを押してぐるぐる回すやつを回すという そういう UI なのだな...

うーん と思うわけなんだが まあ 基本的に 大多数の方は そもそも いろいろ設定するのだから そういう 人達にとっては 別に不都合でもなんでもないのだろう けれど...

私は携帯で その場で 明るさとかホワイトバランスを十字キー で ちゃっちゃと切り替えて撮るわけなんだけれど そういう UI はどれも実現していないのだな...

で そういう UI でないと 私には使いにくいだろうな という点に思い至ってしまったのだ...

つまり 設定にかけることのできる時間は 基本的に ない のだ... けれど 最低限 それ は 結果を見ながら設定したい のだ...

-----

今 ふと思ったのだけれど UI プログラマブルにし(もしくは そういう設定にできる隠し機能とか入れ)といてくれないかな...

っていうか まだまだだな... < 言いすぎ... 笑)

-----

えっと このエントリーなんだが そう メニューで設定しなくてはいけない というのは 面倒だってことじゃないかな... ソフトもそうだけどさ...

つまり メニューってのは まず 読まなくてはいけない とか 読んだ内容を解釈しなければいけない とか 適切な場所に適切な形でレスポンスしなければいけない

とかいう 3重(3段階)の 情報負荷 を要求するからね...

via 読書記録ChangeLog / 2006-02-23

[]労働:人を大事にしない国は滅びる 「働くことの意味」、鎌田慧さんに聞く /福岡:MSN毎日インタラクティブ

労働:人を大事にしない国は滅びる 「働くことの意味」、鎌田慧さんに聞く /福岡:MSN毎日インタラクティブ

企業が人材を育てることをやめ、安価な労働力を使い捨てる社会とは何か。 そんな企業と人間が増えて、いったい日本はどうなるのかと、 鎌田さんは本気で心配している。怒っている。企業だけが栄え、 そこで働く人が疲弊する−−そんな社会は間違っていると、今も問い続けている。

そう 国益至上主義者 ということを 口走っていたが まあ 企業益至上主義者 も ごろごろいるよな...

いろいろ 報じられる情報も んー 本当? とか 思わなくもない...

リストラするためのあれじゃねーの? とか...

米国の車企業が というのも 労働者にとっては 果たして どうなのか とも...

要は だれのための企業なのか だれのための国なのか ということではあるわけだが...

そもそも そこで 得られた 益 で得をしているのは 誰なの? と...

それで 苦しむのは 誰なの? と...

特に 端的に現れるのは 戦争の場合 それ によって 殺される(がマスコミによって語られることは決してない - 都合の悪い死は隠蔽される...)人達 であるわけだが...

-----

競争、効率、査定、勝ち組負け組、小泉改革、ホリエモン−−この気分は何なのか。 思わず問うた。鎌田さん、日本はどこに向かうんでしょうか。

「ユートピアだろうけど、人間を大事にする国、人の足を引っ張らない国、 人の悪口を言わない国、他国を攻撃しない国、私は、 そんな国になってほしいと思っています」

だれもが 本当に そう 思えば そう なると思う...

2006-02-26

[]YouTube - Multi-Touch Interaction Research

YouTube - Multi-Touch Interaction Research

そうそう この マルチタッチっての いいんだよね...

変な特許取られて使えなくなってなくて欲しいよね... ま ありえないが... ;-P

via やねうらお−よっちゃんイカを買いに行ったついでに家を買う男 - タッチパネル型液晶

このデモに使われているOSとアプリケーションごと欲しい。

こんな環境で動くソフトを作ってみたい。どんなAPIが揃っているのだろうか。

うーん、想像しただけでも射精しそうだ。(←変態)

[]そう これを

そう これを書いていなかったと思うけれど キャシャーンの中に 1つ印象的な場所がある...

2人が会話するシーケンスなんだが いわゆる 普通の 映画的な 感情丸出しの やりとりと

そうでない 静かな やりとりが 2重に進行する...

-----

現実も こうであればいいのに...

2006-02-25

[]Mu-cade

Mu-cade

via ABAの日誌

2Dシューティングに物理エンジン入れてみた

ここ半年ほど、 2Dシューティングにおける物理エンジンの活用をテーマにごにょごにょやってた。 最初はアステロイドを作るつもりだったのだが、 途中でラグタイムショーみたいなフックが付いたり、センチピードになったり、 果ては当初の予定を忘れてブロック崩しになったり、 ピンボールになったりの紆余曲折を経たのちにどうなったかというと……

いやー 楽しい... これはいける...

いろいろ戦略を考えるのが 楽しいね...

とりあえず 少し試してみて編み出したのが ぐるぐる戦略... 笑)

[]ヨコハマ経済新聞 - 横浜臨海都心部のビジネス&カルチャーニュース - 欧州でケガ人続出のゲーム機「PainStation」が日本上陸

ヨコハマ経済新聞 - 横浜臨海都心部のビジネス&カルチャーニュース - 欧州でケガ人続出のゲーム機「PainStation」が日本上陸

欧州で人気の、負けると痛い“お仕置き”を受けるゲーム機「PainStation」が、 BankART Studio NYK(中区海岸通3)にて開催中のメディアアート展「Electrical Fantasista」会場で体験公開される。同ゲーム機は、 2人のプレーヤーがテーブル型のゲーム機をはさみ、左手をマシーンの 「痛み発生ユニット」の上に置き、 ゲーム機中央の画面に表示される対戦型ピンポンゲームを右手で操作して勝負をするというもの。 ゲームでミスをすると左手が鞭による打撃、電気ショック、電熱といった罰を受け、 痛みに耐え切れず左手を離すと負けとなる。 欧州ではプレイヤーが意地の張り合いで痛みを我慢し、ケガ人が続出しているという 「世界一危険なゲーム機」で、日本で公開されるのは初めて。

いいのか?

2月25日の19時30分から、展覧会場にて作家自身が作品をプレゼンテーションする 「PainStation Developer’s Meeting」を開催する。参加料は1,500円(1ドリンク付)。 「Electrical Fantasista」展は2月24日から3月14日まで、 開館時間は11時30分〜19時まで、入場料500円(小学生以下無料)。

まだ 間に合う... 小学生以下?

via TECHSIDE

※ プレイ中にけがをする危険があります。自己責任を御承諾頂いた方のみ体感できます

The artwork formerly known as PainStation

が 公式サイトらしい...

The artwork formerly known as PainStation

For all you nonbelievers out there: yes, it does really hurt!

//////////fur//// Hall_of_Pain

マジかよ...

トレイラーもすごいぞ... なるほど ゲーム自体は ポングみたいなものだ...

全然 リアクション芸 必要無さそうだぞ... マジで...

っていうか 放送局 が リアクション芸人 用意しそうで恐いな... っていうか もうやってる? 大笑)

[]ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 - 本屋で立ち読みしてたら自分の原稿を発見

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 - 本屋で立ち読みしてたら自分の原稿を発見

オイラが書いたのは「コマネチのやり方」「たまきん全力投球のいろいろ」 「足立区コーナー」「熱湯コマーシャル」「たけしのお笑いウルトラクイズ」 などとことんくだらない内容だけなので、 北野監督をゴダールみたいに崇拝する欧米の映画マニアはみんな頭を抱えたに違いない。

あは...

-----

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 - 「神に背いた少年」は「一杯のかけそば」

実はリロイに限らず、日本で本当だと信じられている「実話」本でも、 アメリカではインチキと言われている本も多い。

たとえばデイヴ・ペルザーの『It”(それ)と呼ばれた子』ISBN:4789719251

実の母親から犬の糞を食わされたり、 塩素とアンモニアの洗剤を混ぜて有毒ガスが出た風呂場に監禁されたり、 アンモニアを呑まされたりして虐待された挙句、胸をナイフで刺され、 13歳で助け出されて差里親に引き取られたという自伝。

これはアメリカでは発売当時からディテールが不自然ということで疑われ、 NYタイムズがペルザーの弟に取材したところ「虐待は全部、デイヴのウソ。 ナイフで刺されたのは見てたけど、偶然、チクってナイフが胸に当たっただけ。 一滴の血もでなかったよ。里親に出されたのも、 デイヴが放火や万引きがひどかったからさ」と証言。

祖母は「あの本は小説として売るべきだよ」と言っている。

なにしろ、『It”(それ)と呼ばれた子』の出版社の担当編集者まで 「あの本はどこまで本当だかわからない」とか 「デイヴが印税についてマスコミにウソばかり話すので困ってる

とか「あいつは“プロの犠牲者(つまり虐待の犠牲者であることで商売する奴”だよ」 とまで言っているので、どうしようもない。

別れた前妻も本を書いてる段階から「あんたの書くこと全部ウソじゃん」と言っていた。

その後、デイヴのもう一人の兄弟リチャードがデイヴが引き取られた後、 母の虐待の対象になったとする本を書いたが、 明らかに柳の下のどじょう狙いで酷評された。

現在は「多少の虐待はあったかもしれないが、ほとんどは誇張と想像」 というのが一般的な評価となっている。

へえ そうなんだ... でも インチキ本 じゃ 売れないから こういう 情報は隠蔽しとくに限るね... 大笑)

-----

でも、アマゾンのレビューなんか見ると、日本の読者はみんな感動の嵐だよ。

連中は感動してるんだから、放っといてやるか。別にオイラの友達でもないし。

まあ...

[]MSP430:世界一低消費電力のMCUと画期的な開発ツール「eZ430-F2013」|日本TI

MSP430:世界一低消費電力のMCUと画期的な開発ツール「eZ430-F2013」|日本TI

まさに画期的な開発ツールの誕生です。 USBスティック・タイプの小型ケースに超低消費電力マイコン「MSP430F20xx」 の開発・評価に必要なツールを全て収めました。

この手があったか... 笑)

なるほどこれなら電源の心配すらないぞ...

via phonondrive(2006-02-24)

[]rickdom: Google page creator beta & uhulu

rickdom: Google page creator beta & uhulu

googleが放つWEB上で使えるAJAXを駆使したホームページ作成ツール(not ブログ)

Google page creator beta

「なんだ普通じゃん?」と思う人もいるかもしれないけど、 これはすごいですよ!どうすごいかはどこかで書きたい。書かせて。 梅田さんの言う 「チープ革命」が着々と、、

すごいらしい...

Gmail Account ってのが要るみたいだが... ふむ... それって何? みたいな... 笑)

1分で作ったテストサイト

tagkaz - Googledom

みたいなのができるらしい...

[]Ananova - Row over nuclear toys

Ananova - Row over nuclear toys

An Italian toy maker has caused controversy by unveiling models of the atomic bombs dropped on Japan.

via イタリアのオモチャメーカーが作ったファットマンとリトルボーイのおもちゃ

[]Sports Illustrated Swilsuit 2006

Sports Illustrated Swilsuit 2006

メモ... ^^

[]The Flying Luxury Hotel - Popular Science

The Flying Luxury Hotel - Popular Science

This is not a Blimp. It's a sort of flying Queen Mary 2 that could change the way you think about air travel. It's the Aeroscraft, and when it's completed, it will ferry pampered passengers across continents and oceans as they stroll leisurely about the one-acre cabin or relax in their well-appointed staterooms. Unlike its dirigible ancestors, the Aeroscraft is not lighter than air. Its 14 million cubic feet of helium hoist only two thirds of the craft's weight. The rigid and surprisingly aerodynamic body?driven by huge rearward propellers?generates enough additional lift to keep the behemoth and its 400-ton payload aloft while cruising. During takeoff and landing, six turbofan jet engines push the ship up or ease its descent.

This two-football-fields-long concept airship is the brainchild of Igor Pasternak, whose privately-funded California firm, Worldwide Aeros Corporation, is in the early stages of developing a prototype and expects to have one completed by 2010.

2010年に本物が見れる? ^^

via フライングラグジュアリーホテル

[]First Mouse

First Mouse

メモ...

復刻版 ぜひ...

via 世界初のマウス@1964年

-----

自然派USBメモリ

これいい... 笑)

[]bewaad institute@kasumigaseki(2006-02-25)

bewaad institute@kasumigaseki(2006-02-25)

金メダルを獲ったのにどう喜んでいいかわからないとばかりにこわばり気味の笑いを浮かべる荒川静香に、 やれるだけのことはやったので、 満足しているといいながらも言葉を裏切って悔し涙を流し、 それを見られたくないとばかりに会見から逃れた村主章枝。

やっぱり時代はツンデレですよ! 安藤美姫もツンデレだったら入賞できてたんですよ!

[]ニーツオルグ

ニーツオルグ

俺はそれなりにいろいろけっこう毎日なんだか一応よくよくこまごまウェブを見るんですけど、 最近、はてなダイアリーを見たときだけ引っかかり、というか違和感、というかさ、 はてなダイアリーで、 ことにはてなダイアリーという社会について語っている人たちが何を言っているのかさっぱり分からなくなってきた。 これは俺がニーツオルグでよくやるような生理的嫌悪感の表明、 すなわち気持ち悪いと言いたいわけじゃなくて、なんかこう、 規範が違うみたいに何言ってるのか分からない。前は、 俺が興味を持てないことをよくエンエン語っているなあという感じだったんだけど、 たぶん、ブックマークが軌道に乗った結果、 余計にコミュニティの自己完結性が高くなっているんじゃないかという印象。 でも俺は負けず嫌いなのでさっきからさんざんはてなを読んでやった。 つーかラジオとかで何度か言ったことがあるが、 俺は全く知らないことについて書かれたものを読むのが大好きなので、 むしろそこまで来ると興味がわいてきたのだ。で、 それでわかったんだけど実際彼らは自分たちでも自己完結性が高まっているということに気づいているんだけど、 それを自ら指摘することがさらに意識をコミュニティ内部へ向かわせるようなところがあって、 面白い。 ブックマークとかがさあ別の会社のサービスが圧倒的な人気になったらよかったのにね。 あとは、なんだろ。よそのアクセスランキングとかにご執心になるとか。それはないか。 しかしブロゴスフィアなんて立派な言葉があるのに、 はてな周辺にしか世界が存在できなくなってしまうなんて。 語り得ぬことについては沈黙しなければならない。

ほかにはてなの人たちが語っていたのは、テレビを見るか見ないかいう話とか。 知るかバーカ見たい奴が見ればいいじゃんよというようなことだが、 はてナーの人たちは「インテリは見ない」とか書いてあると興奮するようだ。 松永さんは「自分としては」 と書いてからさんざんテレビっ子ぢもにひどいことを書くので、さすがにうま、 いやズルいと思った。

あとキチガイの人がキーワードをどうたらこうたらとか。あと男女の話とか。 はてなの人はモテとかもそうだけどこういう話好きで、 しかもいつも個別の話と一般論がグダグダになっていて私はアメリカ在住なのですがトピ主さんみたいな人は一人もいませんという感じだ。

まあ...

2006-02-24

[]【はてなyasai】野菜ヲチPart2【うぃんうえぶAI】

【はてなyasai】野菜ヲチPart2【うぃんうえぶAI】

長い引用に一言コメント付けるばかりでwalkinglintは何が言いたいんだかわからん ただ頷きたかっただけか?

お... あたり...

-----

渡瀬変 - お望みどおりに

この日記は休止中ですが

この日記について言及しているこちらの日記をお楽しみください。

というわけ...

トラックバックが送られたんで気が付いたんだが リファラ記録期間(今はどれくらい? それともまだ継続中?)中に 70人がいらしたようだ...

[]そうそう

そうそう 昨日は お昼 時たま TV つけてたんだが ワイドショー みたいなやつは 全部 まあ 屑 に 糞 に... まったく...

まあ でもあれだよな 簡単だな... どういう連中に番組やらせるかで 空気をコントロールするっての やってるわけだな... なんだかなあ...

あれ見せられてたら 完全に マインドコントロールされるものね... なるほどなあ 大変 参考になる... 大笑)

-----

下衆な人間が 下衆どおしで まったり しているわけだ... < 言いすぎ...

[]武田薫のフジテレビ・スポーツコラム

武田薫のフジテレビ・スポーツコラム

全豪の記者会見でシャラポワが日本での人気の理由を聞かれていた。 「ブロンドが好きなんでしょう」 と小ばかにしたように答えたのはテレビ局の唐突な質問にムッとしたからで

これも? 笑)

via こせきの日記

フジテレビ『考えて欲しいNHKのカーリング』のコラムが消えたらしい

[]すぐ下にアップロードした文章に関連する原稿です - MIYADAI.com Blog

すぐ下にアップロードした文章に関連する原稿です - MIYADAI.com Blog

■「パトリオットであることの社会的な辻褄の合わなさ」は近代社会がキレイ ゴトの枠内に収まり切らないことの象徴事例である。スピルバーグの身振りを 「居直り」と決めつける批判は、批判者当人を含め、近代社会を生きる万人を 切り刻む。逆に「辻褄の合わなさ」を自覚的に引き受けつつ「我々」を守る者 こそ、 存在自体によって「実話」を体現しよう。

故意に政治的に不適切な映画『ミュンヘン』を撮るスピルバーグ監督に、「パ トリオットとしての自己形成」が必然的に「社会的な辻褄の合わなさ」を伴う という 「実話」を見る

という話...

[]真性引き篭もり/entry

真性引き篭もり/entry

即ち、仮にブログを書いている人間というものが存在していたならば、 一日にたった1つのエントリーを投稿したくらいで、 ブログを書くという人間の根源的欲求が収まるはずがないのである。であるからして、 1日に1つのエントリーが毎日毎日行われるようなもところには実質魂が無いのである。

そっちかよ... 笑)

即ち、たとえ100億万年に一度の更新しか行えなかったとしても僕は、 そちらの方を選び、更新という二文字に別れを告げ、 ブログによるドイモイ的レボリューションの追求に勤しむべく、 最も書きたいと魂が叫ぶエントリーをまず先に書き始め、 決して横道にそれて感情の赴くままに好き勝手なエントリーを書き散らしたりはせずに一心不乱に突き進む所存。

お?

via 極東ブログ: ハイパーグラフィア

[]松岡正剛の千夜千冊『猫と小石とディアギレフ』福原義春

松岡正剛の千夜千冊『猫と小石とディアギレフ』福原義春

しかしぼくは、 企業の営業成績や自己資本率や株価なんてものは50年くらいの単位で見ればいいと思っているし、 企業の価値は100年単位で見ればいいと確信しているから、 それでいけば資生堂は日本の近現代史では日本の十指に入る企業文化の体現者だったということになって、 できればそういう話をいつも誰かとしたいのだ。

そうなんだな と思ってみたり...

-----

で 昨日は 唐突に

唯ゲーム論 実写版 | 敗因

のことを思い出してみたり...

で この思い出しってのは 別に連想でもなんでもないような気が...

つまり 最近見て印象に残ったものがワーキングセットに残っているだけ... 笑)

-----

で 最初のページに それ が書かれているのに目が行ったわけだけれど そう システムとして という話だな と...

はやり 個々の人 が とか なるほど 分散システムなのだなとか... 後 結局は 教育システムかあ とか...

それぞれのシステムが上手くいく場合 と 上手くいかない場合 とがあるんだろうなと...

上手くいく範囲 というのとか 苦手な範囲 とか ありそうだなあと...

でもまあ どっちも ある限界を持つ場合 オルタナティブな方法 を/も 考えてしかるべきだねとも...

[]平林 純@「hirax.net」の科学と技術と男と女/Tech総研:「転職したい企業ランキング」をクラスタ分析してみる

平林 純@「hirax.net」の科学と技術と男と女/Tech総研:「転職したい企業ランキング」をクラスタ分析してみる

そこで、「転職先として選んだ理由」をもとに、 各企業に対してクラスタ分析をしてみました。

お モームス の次は企業か... いや 面白いんだよね クラスタ分析(とか 多次元解析とか)って...

昔 面白そうだなあ と思って少しその手の本を読んでみた記憶があるんだが...

で 今だと割と簡単に Excel? とかでもできちゃうみたいなんだよね... やりかたとか前に調べた記憶もあるんだが... 笑)

via inside out

[]ニュースリリース 企業情報 花王株式会社

ニュースリリース 企業情報 花王株式会社

これよりファンデーションなどのメイクの仕上がりや素肌の美しさの評価は、 顔正面からだけでなく色々な角度からの評価が必要です。 また正確な評価や化粧品用素材開発のため、 見え方を光学的に定量化して解析することが求められていました。しかし女性の顔を、 角度を変えて観察したり、カメラの位置を変えて撮影する方法では、 ストレスがかかって顔が動いたり表情が変わり、また光の条件も大きく影響して、 光学的データを正確に把握することができませんでした。

そこで顔の視覚的情報を正確に把握することを目的に、 コントロールされた様々な光条件で、同時に、あらゆる角度から撮影でき、 さらにその情報を光学的に定量解析するシステムの構築を検討しました。

ピカソ? みたいな... 笑)

まあ でも そうなんだな これも リアル のつかまえかた という話か...

同時多側面...

そうファムファタールとつぶやく私だ... 監督の名前が出てこないから... 笑)

でも大丈夫 インターネットという強い味方が

ファム・ファタール - goo 映画

ブライアン・デ・パルマ である...

via inside out

[]ふと

ふと 英語 というのは 無意識で学ぶものなのかな と...

つまり 意識 で学ぶものと 無意識 で学ぶものがあるのでは というわけだが...

なんだか うまく いかない 身に付かない というものは もしかしたら

本来 無意識で学ぶべきものを

意識 で学ぼうとしてしまっているからじゃないかなと...

というか ある 有効限界 みたいなものがあるかなと...

で 例えば 異文化理解(世界平和のためにはそれが前提だろうと思うわけだが)も 意識で どうこうしようとすると 様々な問題を引き起こしそうだ...

意識で どうこうしようとしてしまうから 意固地になってしまったりする...

本などを書く人は どうも そういう傾向にあったりするんじゃないかな と 勝手に思ってみる テスト...

もちろん 映画 のようなものは さらに なにか 限界がありそうな気がしたりするわけであったりすると さてねえ と思うわけだ...

でも そう思ってるうちに TV が どんどん マインドコントロールを進めたりするで 困ってしまう... なんだかなあ...

だからといって TV に出て行く という戦略は ないんじゃないかな と思う... あれ は だめ だ...

[]そう 相変わらず

そう 相変わらず 本屋に行くと アフィリエイト本 に目が行ったりするわけなんだが

多分 そういうののどれかで読んだのだと思うのだけど

最初は 正攻法でがんばってみる

みたいなことが書かれていて つまり どういうことかというと

正攻法でがんばって ある程度成果が得られるレベルに来たら

そこで それなりのテクニックを使えば その先に行ける みたいなことだったかな...

まあ そうかもな と思う...

テクニックを使えば あるレベルまでは行ける けど 多分 その先には行けない...

テクニックを使わずに あるレベルまで行ける ということが分かっている場合

その上に テクニックを使えば さらにその先に行けるというわけだ...

もちろん これは レトリックなわけだが... 笑)

-----

で これを書いていて 掛け算で効く というモデルが当てはまったりするかもしれないなと思った...

テクニックが効く側面 というのはあるわけだけれど そうでなくて 正攻法でやるべき側面 というものもあって

正攻法でやるべき側面 というのは 割と 地味 だったりするので なかなか そこで 意欲を維持するのは難しかったりする...

一方 テクニックを使えば 割と 派手に 変動したりする...

だから という... これも まあ 人の意欲 という フォース を配慮した 1つのパターン かも...

[]まあ Amazon な

まあ Amazon なアフィリエイトでは G-Tools で主に 本 をリストすることが多いのだけれど

最初は テーマごとに集めてたんだが 最近は 著者名 とかでリストを作ることもやったりして

で まあ いろんな人がいろんなことを書いているものだなあ と ぼんやり しているわけだが

-----

割と お 過激ジャン みたいな 本を沢山書かれている人が いることに 気がついたりして

ふーん という感じで まあ google で検索したりして どういう人なんだろうなあ と思ったりもしてみるわけなんだけれど

これは まあ その人の著書を読んでみての判断ではないのであれなんだが...

わりと んー 個人的な何かの経験 が その背後にあるのだね... ルサンマチン? と思う...

-----

でもまあ それは しょうがないよな と思う...

ある人が書くことは その人の経験に基づいたものでしかありえないわけで...

たまたま その人が この世界のそういうリアルに反応して書かれたものである以上

理論的に というか 構造的に というか 内在的な 限界を持っている...

つまり その人の世界 が そこに書かれるだけなのだなと...

つまり まあ そういうものだな...

-----

問題は 例えば 国 と言ってみるが そういう 大きなシステムの行く末が もし そういう 数人の人の個人的な 経験 とか 体験

によって規定されてしまうとすると

それは とても 危うい なと...

-----

というわけで 例えば

唯ゲーム論 実写版 | これも

みたいな本を買ったことを思い出したりするわけだが...

衆愚 衆愚 というのも 何かの マインドコントロール の可能性はあるね... と...

もちろん 買っただけで 読んでないようだが... 笑)

著者を勘違いしてたみたい(うっかり Tipping Point の人だと思ってたらしい... iTMS で買ってみた... でも 何でだろう... ^^;)

ということに 最近 気がついてみたり... 笑)

[]あ そうそう

あ そうそう TV で 何話題にしていたか 少し思い出してきた...

そう たいぞう君のブログ...

あはは...

いいじゃん 別に... 国会委員 っていうか(国会議員 か..)である以上に 人間 なんだもの...

全く...

わかんないわかんない って言ってないで

ブログ嫁

とは言ったが そう読め と言ったつもりはないぞ... 大笑)

-----

あと 例の方の 折り紙中継... まあ 場所が悪いよな... 発表者(っていうか 発言者)の真後ろだもの... 大笑)

まあ もともと そういうものであ

[]The Boss is Blogging (by Jeremy Zawodny)

The Boss is Blogging (by Jeremy Zawodny)

んー この ピラミッド どういうことだろう...

なんとなく 感じはわかるんだけど というか そういうことを 少し 思っていたりしたような...

-----

例えば こういうことを思った... つまり

ある 人の本 は その人の世界 を表しているね と思った時に 当然 ブログも と思うわけなのだけれど

もし その世界 が ここちよいものであれば それ を 消費する人達 も 現れるねと...

それはまあ ごく 自然な成り行きだろうと...

-----

で フォーラム とか TV の迷走 を目にするに

ああ これは あれだな そういう 自然さ というものが 無いからだなと...

とりあえず フォーラム は 別として TV だが

影で 糸ひいて ある種の影響力を行使しようとしているのだね... と...

変に 既得権限で そういう 特権的な場所を保持してしまっている 人達 が存在することが気に入らないのだな... というか うざい...

というか うまく 隠れおおせている つもりになっているらしい のが気に入らない...

Show's Hot Corner

池田信夫著「電波利権」(新潮新書) が売れているせいか、 週刊誌がテレビ屋の腐敗を記事にしています。 先に行く前にちょっと寄り道。 「電波利権」、いま、アマゾンで調べたら、品切れになってますね。 売れまくっているということなんでしょうか。まさか、 テレビ屋が実態を知られたくないから必死で買い占めているとか(爆)。

ふーん ありそうだ... 大笑)

2006年3月2日号は、「テレビ界の『どす黒暗部』を抉る!」第2回で、 「『言いっ放し』コメンテーターの超高給」というものでした。 リードには、 「専門分野でもないテーマに、茶の間レベルの感想を言うだけ。 せいぜいが新聞や雑誌の受け売りだ。 出演時間あったの数十分でン10万円強の荒稼ぎとは、 ちょっと庶民をナメていません?」とあって、そう思うね。 テリー伊藤とかデーブ・スペクターとか、いくつものワイドショーをかけもちして、 どこでも同じコメントを垂れ流し。活字の世界では、 エッセイでもコメントでも小説でも同じ原稿を違う雑誌に2度売り、 3度売りしちゃいけないけど、テレビは平気なのね。 テリーやデーブのコメントなんて、また同じこといってるというのばっかり。 それでもまだしゃべるだけいいかも。 ほとんど何もいわないコメンテーターっているもんね。 垂れ流しで残らない、大丈夫だと思ってるんでしょうかね。それでン10万円ずつもらっていくわけだから、 庶民をナメているといわれても仕方ないよね。

あっはっは...

だってさあ ねえ ぴぴっと 都合のよさそうなこと言ってくれるわけだもの それぐらい出すわな... 大笑)

週刊ポスト2006年3月3日号は、「『テレビの腐敗と醜聞』全部書く」と題して、 プロデューサーへのキックバックは10%なんて当たり前とかの裏金要求問題、 脱税問題、オンナを要求、ロケハンといって愛人と旅行とか、やらせとか、 そういうのを集めてます。それと給料が非常に高いという話。東京キー局は、 上場企業で最高の給料ですからね。

-----

森達也、森巣博著「ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人」(集英社新書) は、左翼イデオロギー満開なんですが、この冒頭に、 フジテレビにいた知人が フジテレビを辞めてベンチャーを始めて年収が3分の1になっちゃったって嘆く話があるんですが、 いまの年収が1000万円なんです。だからフジテレビ時代は 3000万円くらいあったということです。それで、こんなんじゃ、だめだ。 大手メディア関係者の給料が高すぎる! 3分の1にしろといってたけど、 10分の1にしろなんていってます(笑)。

ふーん そうなんだあ... なるほどなあ 勉強になる... ;-P

こういうのも、根っこは、政官業の癒着、談合電波利権構造だからですよね。 国際競争はないし、電波利権に守られて新規参入はないし。 その甘い汁たっぷりの構造を崩されるのがいやだから、 ネットの参入はつぶそうとするし。 そういう連中が、ジャーナリズムとか政治家の腐敗を追及するなんていって、 信用があるのかってことですよね。

日本はものづくりが大事だなんていうのもテレビは垂れ流すけど、技術もないし、 下請け製作会社に丸投げで、放送枠の管理だけやってる、 国際競争の中でものづくりなんてしたことない連中が、 メーカーの2倍から3倍くらいの給料もらってていうことじゃないよね。 テレビ屋は虚業なんですよね。 堀江君が虚業ということをしきりにテレビ屋はいってたけど、 お前らもどっこいどっこいだろうというのが、メーカーの人間の率直な感想でしょ。

こういう独占と利権は、早く崩さないと腐敗はなくならないし、国民にとっても不幸。 電波は国民共有の貴重な資源なんですから。

うなずき... 大笑)

-----

で 前に戻って... このピラミッド自体は

Elatable | Bradley Horowitz ≫ Creators, Synthesizers, and Consumers

の話か...

Even for Wikipedia (the gold standard of the genre) half of all edits are made by just 2.5% of all users.

ほう...

Mostly this is just an observation, and a simple statement: social software sites don’t require 100% active participation to generate great value.

うんうん... まあ そうなのかも...

That being said, I’m a huge believer in removing obstacles and barriers to entry that preclude participation.

まあ これもそうだ...

There is something instantly gratifying about photos because the investment required for both production/consumption is so small and the return is so great.

まあ 結局の所 ROI ってことだなと...

What’s interesting is that the self-same radio station can be published as a public artifact. The act of consumption was itself an act of creation, no additional effort expended… I am what I play - I am the DJ (with props to Bowie.) Very cool.

まあ... consumption = creation で no additional cost

まあ ここ みたいな ブログ も パラレルか...

In the transition from atoms-to-bits, scarcity-to-plenty, etc. instead of some cigar-puffing fat-cat at a studio or label “stoking the star-maker machinery behind the popular songs” we’re going to have the ability to create dynamic affinity based “channels”. Instead of NBC, ABC, CBS, HBO, etc. which control scarce distribution across a throttled pipe… we’re going to have WMFAWC, WMNAWC, TNYJLC and a whole lot more.

ほう...

Without anyone explicitly voting, and without disrupting the natural activity on the site, Flickr surfaces fantastic content in a way that constantly delights and astounds. In this case lurkers are gently and transparently nudged toward remixers, adding value to others’ content.

ふーん っていうか そうなのか?

Elatable | Bradley Horowitz ≫ About Bradley

I head up the Technology Development Group of Yahoo! Search & Marketplace.

のような方らしい...

[]コダック、富士フイルムコニカミノルタの3 社が新時代のデジタル画像管理規格「EVERPLAY」を発表し、無償ライセンスを開始

コダック、富士フイルム、コニカミノルタの3 社が新時代のデジタル画像管理規格「EVERPLAY」を発表し、無償ライセンスを開始

イーストマン・コダック社、富士写真フイルム株式会社、 コニカミノルタフォトイメージング株式会社(以下3社)は、このたび、 世界ではじめて静止画、動画、音声、などをアルバムとして自在に活用でき、かつ、 世代を超えて写真を保管し鑑賞可能な、新時代のデジタル画像管理規格「EVERPLAY」 を開発いたしました。本日より、その無償ライセンスプログラムを開始いたします。

ほう というわけで メモ...

EVERPLAY Official Homepage

がそのページらしいのだが... え? ELP のロゴに激似 ってこともないか... 笑)

-----

Nikon | ニュース(報道資料):AF-S VR マイクロニッコール ED 105mm F2.8G (IF)の発売について

一眼レフカメラの近接撮影用レンズとして世界で初めて※「手ブレ補正(VRII)」 機構を搭載しました。

というわけだが これも 10万以上するのか...

ある意味 面白いレンズが使えるってのが やっぱり レンズ交換式カメラ の楽しみなんだろうが... 値段が... 笑)

via DigitalCamera.jp

[]MySQL vs Oracle,買収合戦の行方:IT Pro

MySQL vs Oracle,買収合戦の行方:IT Pro

2005年におけるオープンソース・ソフトウエアの導入率は前年比16.8ポイント増の48.8%にまで伸びた(関連記事)。

お... もうすぐ 過半数超えますか... それって もしかしたら すごいことかも...

-----

このタイトルで MySQL が Oracle 買収するの? とか思ったんだが もちろん まだ そんなわけはなくて... ^^

どうも 関係会社を買収しあってるって話のようだ...

ふーん

via ネバーバード日記

[]Boing Boing: US online retailer selling Perplex City cards

Boing Boing: US online retailer selling Perplex City cards

It's The Matrix meets Alice in Wonderland meets The Da Vinci Code in one of the most unusual concepts we've ever seen at Insound. If it wasn't insanely compelling, we wouldn't divert our attention from music to sell it. Is it a game? Is it a story? Is it a series of interlinked puzzles spanning mysterious websites, cryptic phone calls, stray emails, hidden messages and live events in random cities around the world? We're not entirely sure to be honest...some call it an Alternate Reality Game. Others describe it as interactive fiction. Videogame geeks call it a real life MMO.

Created by a range of leading designers and illustrators, the Perplex City puzzle cards range in difficulty from the fun and easy to the captivatingly complex. There are beautifully crafted riddles, origami challenges, pop culture trivia, logical mindbenders, 3D mazes, Egyptian hieroglyphs and much, much more. These cards are the entryway into the world of Perplex City and contain information and clues essential to unraveling the mystery and finding the missing Cube.

なんだか 面白そうだ...

物語 より 断片(隠された 大きな物語の 断片 なのかな?)の方が 面白い という 空気...

-----

Boing Boing: Richard Dawkins hosts UK TV show about religious faith

Panopticist reviews a UK TV special he bittorrented called The Root of All Evil?, hosted and narrated by devout atheist Richard Dawkins.

ほう というか 何か そういう感じの タイトルの本が出ていたかも...

クラークとかも 宗教批判してるわけだが... ふーん...

You simply would never encounter such a brazen denunciation of religious faith on this country's airwaves, because the outcry from the religious right would be deafening.

まあ それはそうだ... 大笑)

-----

Boing Boing: Sports Utility Watch -- gigantic, feature-laden, heroically ugly

This "Sports Utility Watch" is 1.5" x 2", and includes a compass and a thermometer. Plus it's gigantic and completely gearhead chic. I want one.

いやー いいね これ...

-----

Boing Boing: Flickr set documents locations in Neal Stephenson trilogy

Great chunks of Neal Stephenson's 'The System of the World' trilogy (review) use the Tower of London as a pivotal location, but I never got a clear enough mental picture of the place. So I photo-documented the Tower, with Flickr notes text extracts to provide a visual guide for the interested reader. The Baroque Cycle takes in a lot of the specific geography of London, and I'd love to see a collective gazetteer emerge, perhaps using 'baroquecyclelondon' as a tag?

おお... メモ...

-----

Video Bomb - Japanese Cat Feeder

I can concur with that. I've watched enough Japanese porn to know it when I see it, and this is not it. It's just another whako Japanese TV show. Line 'em up with "11", "Za Gamman," "Naruhodo Za Warudo" and all the rest.

あっはっは... なんだそれ... 日本の TV おおうけ... ;-P

via Boing Boing: Japanese TV show about cat that loves human milk

I'm not really sure what is going on here, but if I had to guess I'd say it was a segment from a Japanese TV show where the producers took a cat around to different women asking them if they'd allow the cat to suckle their breasts. That's entertainment! (NSFW?)

That's Japanese TV ;-P

-----

Boing Boing: Motorized ice-cream cone for the lazy-tongued

んー これも気がつかなかった... 笑)

-----

Boing Boing: Podcast interview with Bird Flu book author John Farndon

この本の著者の podcast があるらしい... メモ...

-----

Boing Boing: Anachronistic tech photoshopping contest

これもいいなあ...

[]更新日記

更新日記

メディアの世界には説明だけは膨大に存在しているというが、 確かにPerlの本も150-160冊はある。これからどれを選んで読むのか、 初心者も迷うだろうなと思う。私がPerlをはじめたころには一冊もなかった。jperl version 4.003 + 1.1のserow氏の3ページのマニュアルしかなかった。 日付は91/04/11になっている。その頃は、 まだOASYSのMS-DOS上で640KBの制約からスクリプトを分割して動かしていた。

今、Perlの本を選ぶなら、自分に必要な情報が載っているかどうか、 十分に吟味して選べるだろう。絶対損をしないのは「プログラミングPerl」を選ぶこと。 ただ、2冊で1万円と高価なのが難点。しかし、Perlについて語りつくそうとすれば、 それでも足りないはずだ。

そう 情報って本当に洪水してるの? と 書いていたが こういうことって 確かにある...

つまり 二次 三次 四次 五次 六次 情報が溢れてしまって どれが 一次情報なのか分からなくなってしまう みたいな...

誰かが 整理しないと 後から来た人は 迷走してしまうこと はなはだしい...

とくに現代はメディアの世界である。考えなくても、説明だけは膨大に存在している。 本は一日に百冊以上、出版される。それなら、自分で考えている暇なんかない。 うっかりすると、他人の説明を聞いているだけで一生が過ぎてしまう。

と 養老さんが語っていたらしい... 確かに...

うっかりすると... ^^

-----

そういえば 本屋で 日本で 多分 その手の本を最も多く出されているのであろう方の本を手にとって中を見てみたら

まあ 何かにそういうことが書かれていたのを ずいぶん前に 何かで読んでいた記憶もあるんだが

そこそこ大きな活字で 見開きの 2/3 ぐらいしか 活字がない... で 本自体が薄い...

なるほど これなら 沢山出せそうだ... なるほど これは ロングテールな 本に違いない... 笑)

そうそう ブログ みたいなものだな... と思った...

-----

... に違いない というおわらいの方は それ自体が エントリー だなと思ったし...

ブログのエントリーを語ると ああなるか... と... だいだ も なんだか そんな感じだなと... ぼんやり...

ブログを演じているのだなと...

[]「社長ブログをつくりたい」にあなたならどう答える?/Tech総研

「社長ブログをつくりたい」にあなたならどう答える?/Tech総研

私がいま住んでいる高知県でも、橋本知事のブログは好評を博しているんですが、 これも県のサイトからは独立した個人サイトとして、 かなり個人的なことも書いているからこそ成り立っていると思います。 企業サイトで社長ブログを立ち上げるなら、どこまでそんな「私的」 な色づけができるかどうか。

たいぞう君は それが いきすぎた例 ということにでもなるのだろうか...

個人的すぎるみたいな? 笑)

でもまあ あれだよなあ それ(どこまでが許容範囲か)って見る人によるわけだからさ 基本的には 書き手の 志 次第だろう...

くだらない 下種 な TV ぐらいで 笑いものにされたぐらいで 引っ込めるようじゃ 志 が低すぎる とも言えよう...

青年よ 大志を持て である... 大笑)

-----

そういえば 今朝の新聞に はあちゅうさん が 出てたような気が...

あるいは、本当に率直な「物言い」が許容される場合もあるかもしれません。 でもそれは、「この人だったら/この会社だったら」という、 強烈なキャラクターを持っている場合だけ。そのへんの判断が重要だと思いますよ。

まあ そうか... たいぞう君 なら しかたないな と...

通過儀礼みたいなもんか... 笑)

-----

「ブログはフロー、Wikiはストック」という有名な言い回しがあります。 ブログでは時系列的に記事が並び、 Wikiでは個々のページが逐次更新されていくというイメージですね。ですから、 コンテンツの中身によって、ニュース的なものならブログがいいでしょうし、 辞書・用語事典的なものであればWikiのほうが適しているといえます。

そう この 決めつけ は わりといいかもしれない...

もう ブログ は 流れていってしまうもの と考えてしまう... から 後から編集するというようなことはしない

wiki は常に編集される... パロール と ラング の違い... いや しらないけど... 笑)

その 中間系 みたいなものは考えられなくはないけれど シンプルが一番 ということであれば この 2つで OK みたいな考えはあり...

-----

RSSをつくっている会社は技術に明るい、 情報リテラシーが高い会社だと思ってもらえるのも、今がギリギリのタイミング。

はは...

[]Going My Way: いつでもどこでもmp3で収録可能なボイスレコーダーSANYO DIPLY TALK ICR-S300RM

Going My Way: いつでもどこでもmp3で収録可能なボイスレコーダーSANYO DIPLY TALK ICR-S300RM

お... いっしょ...

でも 使ってたのは最初だけなんだよなあ... 今後 いろいろ活用方法公開していただきたく... ^^

[]超映画批評『東京大学物語』65点(100点満点中)

超映画批評『東京大学物語』65点(100点満点中)

三津谷葉子は、この映画の中で何度も裸になり、処女喪失シーンまで体当たりで熱演、 ほとんどそのすべてを観客にさらけだしている。芸術とは無縁の、 とにかくオトコが喜ぶような、Hなだけの脱がされ方、である。 『東京大学物語』最大の魅力、エロ(しかもとても下品)については、 十分合格点をあげたいと思う。

うーん... エロいらしい...

via ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ

[]ソニー、“ハイビジョンハンディカム”第2弾「HDR-HC3」速攻フォトレビュー! / デジタルARENA

ソニー、“ハイビジョンハンディカム”第2弾「HDR-HC3」速攻フォトレビュー! / デジタルARENA

なるほど 小さいなあ というわけだけれど

ビデオカメラの大きさ とか 重さ とか 画像の安定性に関係してるんじゃないか

(つまり 慣性 ってものがあるだろう)という点に しばらく前に思い至ったんだが それって どうなんだろう...

まあ 軽いにこしたことはないわけだが...

via ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ

[]NIKKEI NET:主要ニュース

NIKKEI NET:主要ニュース

横浜市臨海部の「みなとみらい21地区」に日本版ブロードウェー構想が動き出す。 ゲーム大手のセガは、 オペラやミュージカルなどが公演できる劇場を備えた大型の文化娯楽施設を開設する計画を固めた。 総投資額は1000億円超。横浜開港150周年にあたる2009年の一部開業をめざす。

そういう話か...

まあ そこそこ 人出はありそうだから なんとなく 大丈夫そう?

-----

そういえば 昨日 TV で 大阪の埋め立て地の話をしていたんだ... 確か...

で なんだったっけ あの デザイン費 うまくすれば ただにしてくれるんじゃないかと思ってたら そうじゃなかったんじゃないの?

とか 山田さんがコメントしてたが 読み 甘すぎ... 大笑)

さらに デザイン通りできてないし とかも...

まあ でも タイムスケール的に どうなんだ という話もあるわけだが でもあれだよなあ これから 少子化 とか言ってるわけだしなあ...

そうそう 都庁 ね 千億単位で修繕費が要るっての... 後 雨漏りが酷くってという... いやー なんだかなあ という...

-----

まあでも これも 空気 と言えなくもないかもなあ... 空気が変わった みたいな...

via ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ

せっかくだからメトロイドプライムみたいな一人称でボンバーマンを遊びたいのに俯瞰かよ!つかサイレントボマーみたいだな。

なるほど...

確かに 今時 少し 危ないかも...

[]NEC、香水瓶をモチーフにしたHDDメディアプレーヤー「VoToL」

NEC、香水瓶をモチーフにしたHDDメディアプレーヤー「VoToL」

タイトルで お 例のものが と思って見に行ったんだが...

うーん 思い切りが足りない... 実に 不満だ...

っていうか あれ そのまま実現するのは まだ 無理か... 笑)

via ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ

[]日本の医療ウラ・オモテ “ジェネリック医薬品”の普及が遅れた日本の事情 - nikkeibp.jp - 健康

日本の医療ウラ・オモテ “ジェネリック医薬品”の普及が遅れた日本の事情 - nikkeibp.jp - 健康

なるほどね というわけで メモ...

いろいろ 制度的に 手当てしないと いけなかったのだね...

via ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ

ソニーからイメージを抜いたら単なる使いづらくて壊れやすい独自規格商品を作る会社という認識しかねえ、 んでも株価は今日は爆上げだなー。

いや... それは いいす...

[]KHRONOS PROJECTOR - Alvaro Cassinelli

KHRONOS PROJECTOR - Alvaro Cassinelli

デモムービーがある なるほどなあ という感じ...

実用的な使い道は思いつかないが... 笑)

via FumuFumu-Q: 2005年12月 Archives

-----

多様なリアル を 感じたい という 欲望?

違うリアル を 作りたい という 欲望?

でも それ は 本当に リアル か?

[]メリルのレポートに揺れるプレステ3--SCEは「発売日変更予定なし」 - CNET Japan

メリルのレポートに揺れるプレステ3--SCEは「発売日変更予定なし」 - CNET Japan

Cellチップのコストは最低230ドルになるほか

んー そうなの?

via TECHSIDE

ちなみにPS2の時は1999年9月13日に価格と発売日を発表、2000年3月4日に発売。 PSPは2004年10月27日に価格と発売日を発表、2004年12月12日に発売。 という感じでした。PSPの時を考えればまだまだ余裕ですよ!

なるほど... ^^

[]JMM最新号

JMM最新号

メダルが先か、資金援助が先か…。

ああ そういうことというのはあるのだろうなあ... というのと まあ ここでも 空気 を味方につけておく必要はあるのだね と...

つまり うまく 立ち回らなければいけない のだね と...

まあ どうも それ こそが 真に必要とされる メディアリテラシー であるのかもしれない... 大笑)

[]はてなSNSやはてなWordlinkなどの実験サービスを公開する「はてラボ」

はてなSNSやはてなWordlinkなどの実験サービスを公開する「はてラボ」

はてなは、同社の開発者が実験的に開発したサービスを公開する「はてラボ」 の運用を2月21日に開始した。現在「はてなSNS」「はてなWordLink」 の2サービスが公開されている。

はてラボは、はてな社内の中から「アイディアを形に出せる場所が欲しい」 という要望があったことから、未完成の実験サービスを試す場所として実現されたもの。 はてラボで公開されたサービスははてなのユーザーであればすべて無料で利用できる。

なるほど そういう...

機能変更、お知らせなど - はてなプレスリリース - はてな、実験的サービスを公開する「はてラボ」を運用開始

お プレスリリースも はてな流

はてラボ

がそれ...

はてラボは、はてなの正式サービスになりきれない実験的サービス置き場です。

  • はてなの本サービスにするにはちょっとネタ不足
  • はてなの本サービスにする前にどれくらい面白いか試してみたい
  • アイデアを思いついたのでとりあえず作ってみたい

といったものに形を与え、 小さな可能性を大きく育てることを目標にしています。

ということで

すべてが実験的なサービスです。完成度は総じて50%未満です。

ということではあるよう...

はてなWordLink

※使い方など詳細はヘルプをご覧ください、という仕組みはまだありません。

^^

でも これって 何なのだろう...

コラボラティブなコンセプトマップ?

フォントの大きさで(重みを)表現するというのは 私は Frickr で最初に見たのだと思うけれど 確かに 直感的であったりはしそうだ...

-----

面白いなあ というのは やはり 多くの人 が 関わるからだな...

そこに 何かの パワー(馬力)が宿る 感じがする...

多くの人 が 関わることでしか 実現できない ことがあるのだな という感じがする...

それは 1つ 大きな コアコンピタンス だと思う...

-----

実際の所 アフィリエイト というのも そう なのだが... 多くの人が見に来れば その中(でさらにクリックした人)

の 例えば 0.5%(コンバージョンレイト?)の人とかが 購入したりする...

-----

問題は そういう 多くの人 と 個人 とが どう 関係していくか ということだな... と言ってみるテスト...

-----

全然 オフトピックだけれど 頭の中の もやもやを書いてしまうわけだが...

例えば 国 を 相対視 する視点 の あるなし というものも 大きな違い を生み出しえたりするかな... と ぼんやり...

国益至上主義者 とか ぼんやり...

つまり 結局の所 プライオリティ の問題だろうと... 国民 である 前に 何 であるか というような...

via *** rinriの東京写真日記 〜あたしのあたまんなか*** - メモ

[]ITmedia +D LifeStyle:男は本当にメカメカしいものが好きなのか (3/3)

ITmedia +D LifeStyle:男は本当にメカメカしいものが好きなのか (3/3)

男女の偏見イメージによるマーケティング戦略は、 これまでのところ作り手と買い手双方が均等に偏見の呪縛から逃れられていないために、 なんとなく上手く回転しているように見える。

まあ そうとも言える...

対幻想... というか 相互に プログラミング しあう というか...

一方で男の子は、赤い服を着ることに抵抗がなくなっている。 これはヒーローの姿が大抵「赤」だったり、 あるいはサッカーなどのユニフォームでも赤が用いられたりすることで、 「赤=強さの象徴」といったイメージができあがりつつあるのかも知れない。

なるほど... 確かに レッド が主役だものね...

もっともガンダム世代では、「赤=3倍速い」 というイメージはとっくにできあがっていたわけだが、 しかし服装にまで赤を持ち込むことはなかった。このあたりにもやはり、 性差イメージによる洗脳の姿が垣間見られる。

なるほど...

デバイス系市場で数年後にまごつかないために、 過去5年ぐらいの子供服の傾向などを調べておくのも、一つの方法かもしれない。

どうプログラミングされているか確かめておく必要はある という意味でか... でも それも面倒だな...

それより 好きなように洗脳するほうが簡単 とか 思ってしまうわけだな... 大笑)

via 超もばいる&まるちめでぃあ情報局

私の場合(もちろん 私だけではないだろうけれど...)素材の質感 というものに 楽しみを感じるような気がする...

例えば これまで使われてこなかった素材が その質感を楽しめる形で使われるようになる というのは とても 楽しい し 快楽を感じさせる...

新しさを感じる という部分が かなり大きな比率をしめていそうだという気は するわけだが...

さまざまな 小物 とか まあ 建築 とか そういう感じ... かな...

-----

あと やはり 何か 使うものである場合は 使いやすさ... というか 使いやすいものでないと使えない という

これは かなり 個人的な問題かもしれないが... 笑)

[]茂木健一郎 クオリア日記: Gewalt in "Virtual Cambridge"

茂木健一郎 クオリア日記: Gewalt in "Virtual Cambridge"

そうそう テレビで ナルニア国 の映画をやる関係で? ルイスのいたという ケンブリッジについてやってるのを目にしたんだが

ケンブリッジ大学 というものがあるわけではなくて ケンブリッジにある 18 の大学を総称して みたいなことを言っていたような気がする...

へえ と思ったわけだが

ケンブリッジの素晴らしいところは、 所属とか専門分野とかそういうことは全く 関係なく、 みんな勝手にケンブリッジ圏内のセミナー とか研究会に行ってしまうことだった。

そういうこともあるのだろうなあ...

どことかとは違って...

国民 である前に 科学者 なのだろう と思う...

自分がvirtualに作ってしまえば いいんだ、と気づいた。

ま そうなんだね... ある意味 とても 簡単なこと... と 言ってみる テスト...

-----

茂木健一郎 クオリア日記: 涙

光のスピードで(ライフゲームで 言えば、「グライダー」の速さで) 手足を動かす。

そう この宇宙はパターン駆動コンピュータだ とか書いていて 暫くして そう それって ライフゲームか... と思ったのだな...

ことほどさように エントリーを書いた後 思いつくことは いろいろあって

ああ あそこのエントリーは あそこのエントリーと 繋がっているかも... とか

あそこのエントリーの結論は あそこのエントリーに書かれてたじゃないか とか 後で思うわけだが...

もし これで あちこち こねくりまわさなくてはいけないとなるとすると 気持ち悪くなりそうだ...

なるほど ブログは 流れていくに任せるのが よさそうだ... 笑)

-----

茂木健一郎 クオリア日記: 脳の中の人生 一流のプロフェッショナル

1月から、 NHKの新番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』のキャスターをさせていただいている。

ということであったのか... なんと...

-----

茂木健一郎 クオリア日記: 生きる糧 

そう言われれば、普段の生活の中で、 先ほどの箱庭のようなモードで頭を働かせる ことはまず絶無と言わざるを得ず

なるほどなあ というか 何か そういう 機会 とか 場 を提供する ということとして 機能しているもの というのは いくつか存在するよな と...

-----

そういえば また 全然 オフトピックだが また 本をリストしているうちに イスラムの経済 という話があったのだった...

全然 異なる 原理 というか エートス というか...

なんとなく そうだろうなあ と思うこと は

世界 というのは 結構 さまざまなレベルにおいて 異なっていそうだ という 部分...

多分 自分たちで よかれ と思って 行うことは 自分達の解釈においてのみ よかれ と 考えられているだけであって

世界の 別の人 は その人達の解釈において そのことを 判断するのだろうな... と...

-----

だから 戦争 しないためには もう プロトコルを限ってしまう か そういったレベルで 相手を理解しあうか の どちらかしかないよな と思った...

つまりは 解釈学的な スタンス で ということなのだが...

-----

茂木健一郎 クオリア日記: 量子テレポテーション

アインシュタインは、量子力学を批判する 立場から、 「もし量子力学が正しいとすると こんな奇妙なことが起こるじゃないか!」 と指摘したかったのだが、

実際にそんな奇妙なことが起こることが 実証されたのである。

量子力学の根底に「非局所性」 があるということを見抜いたアインシュタインの 洞察力はすさまじく、

よく 「アインシュタインは量子力学 について間違った認識を持った」などと言われるが、 そんなに簡単な話ではない。

なるほど...

これはとても面白い! ことで、 量子力学というのは物理屋にとっては とにかくいろいろなことを言いたくなる 深い話だが、 それを「とにかくやる!」 という操作的、 実際的態度で実現するという 点に古澤さんのやられていることの ユニークさと、 「批評性」があるように 思う。

なるほど...

-----

茂木健一郎 クオリア日記: ジャメヴュ

3Mには「15%ルール」 というのがあり、 時間のうち15%は、 自分で有意義 だと思う他のことに使って良いの だそうである。

3M? 最近 どこかの会社の話として耳にしたような気もするんだが... どこだったろう... google?

ためにする議論ではなく、生活者の ぎりぎりの実感から「男女の性差」 論だったら

十分傾聴に値するのではないか。

-----

茂木健一郎 クオリア日記: サブカル

京王プラザホテルの「樹林」で 大場旦を前にしていた時、 突然「そうだ!」 と思って、 思想系なんてサブカルじゃん! と言い放ってしまった私がいた。

どういうことかな?

日本の社会思想系の書き手は、 皆さんそれぞれexcellentではあるけれども、 決定的に因果的運行を記述する知と しての自然科学的、 数理的知に欠けている じゃん! と私は思ってしまったわけである。

まあ それ(それってサブカルじゃん...)は いろんな場所に ありそうではある...

まあ でも それでも成立してきている という意味では そういう エコシステム が成立しているのだろうなあ と... 思った気がする...

(下部構造? を構成しているところの)エコシステム自体 が変わってしまったら... それ も 変わるのかもしれない...

っていうか 例の ビバリウム みたいな...

-----

茂木健一郎 クオリア日記: 錯視ルネッサンス

その起源自体を問うとパンドラの箱が 開くので、

現象学的次元の中でテクニカルに 詰められることは詰めたいというのである。

詰める...

-----

茂木健一郎 クオリア日記: 宇都宮さん

実際の体験の裏付けのないネットの上での 議論は、 デジタル情報がダンスを踊っている だけだと悟るべきである。

分水嶺は、 サブ/メインではなく、 体験やリアリティの裏付けがあるかどうか にあるのではないか。

体験やリアリティの裏付け か...

-----

茂木健一郎 クオリア日記: たらふく

最近の状況で、私が気にかけている ことの一つは、「システムが勝利しつつある」 ということだ。

コンテンツで言えば、個々のクリエーターよりも、 それを流通させる「システム」 を作り上げた ものの方が勝利する。

まあ それは そうだ... どうもと ウマー の法則... 笑)

[]ARTIFACT@ハテナ系 - はあちゅう氏の発言にみる「ブロガーの病」

ARTIFACT@ハテナ系 - はあちゅう氏の発言にみる「ブロガーの病」

お... はあちゅう 来てるのか? 笑)

朝日にも出てたし...

はあちゅう氏の発言からは、「発言したい欲望」によって、ただ単に突き動かされ、 私はよく知らないんだけど何か言わなといけない!という衝動にかられているのを感じる。これも 「ブログ」という場所があるからこそ加速している訳で、「ブロガーの病」だろう。

そして、発言のために参照されているのはテレビレベルで流される言論。

とても 人事とは... 笑)

マスコミに入る?とか書いていたけど、朝日の学生記者をやってるそうだ。

あ そうなの...

-----

ARTIFACT@ハテナ系 - ブロガー第七艦隊

すごいすごい...

イージス艦が装備するイージスシステムを、 ブログ論壇内サバイバル能力や議論能力として、アクセスの多さや影響力を排水量に。 イージス艦アルファブロガー級巡洋艦○○みたいな。大手は巡洋艦、中堅は駆逐艦。 意気揚々とブログ論壇内にデビューしてきた新人サイトはミサイル高速艇。

-----

イージス艦が、 関連トラックバック文化圏などイージスシステムを装備してないと思われる艦を見つけた時は、 慎重な対処が必要なんだ。イージス非装備艦は、「無断リンク禁止!」 「私の独り言なんです! 言及しないでください!」などの独特な装備を持ち、 イージス艦を悩ませるぞ。

あは...

2006-02-22

[]渡瀬変 - オヤジギライ(010)

渡瀬変 - オヤジギライ(010)

最近気付いたのだが、私には決定的に嫌いな駅がいくつかある。

代表格が新橋と神田だ。最初はそもそも嫌いだとも思っていなかったのだが、 最近どうもイライラすることがある時に考えてみたら、 それらの駅を使わなくてはいけない局面でイライラしていることに気付いた。

どうしてイライラするのかと考えてみたら、なんとなく理由が分かった。

オヤジが多い駅だからだ。

あー なるほど...

オヤジという人種が嫌いだ。

根拠も実績もなく偉そうで、何でもしてもらって当たり前だと思っていて、何もできず、 汚く、私に何の利益ももたらさないオヤジが嫌いだ。

根拠も実績もなく偉そう... 笑)

-----

渡瀬変 - フリーター漂流(005)

最初に言われていた手取り給と違ってても、 実は給料から寮費や布団のレンタル料をさっ引かれるのだということを後になって聞かされても、 文句を言えば「じゃあ辞めるか」と迫られる。

会社側が強いのだな... 力関係か?

でもまあ 本来的にそうだろう... 構造的にというか...

ドラゴン桜の桜木の台詞を思い出した。

-----

馬鹿なままでいると頭のいい奴が作ったシステムに騙されるばかりだから、 システムを作る側になれ

-----

あるいは、システムにうまく乗ってしまうかだ。

早々に長いものに巻かれた人は安泰で、 そこから踏み外せば登ることは非常に難しくなっているシステム。

唯ゲーム論的に言うとどうなるだろうか...

難易度にばらつきがある というのもいかがなものか ということではあるかもしれない...

では現実を教えたらいいじゃんということになるが、 今は親の世代でさえ現実が見切れていなかったりする。それは学校の教師も同じことだ。 だからリクルートに委託するような羽目になる。

「企業」が現実をうまいこと隠蔽するシステムを組み上げてしまっているからだ。

-----

渡瀬変 - フエタロさんへの私信

そうだなあ、最後にひとつ言うならば、もし今後、 少しでも気に入った女子が現れたならば、 そのコだけを贔屓して他の女を蹴落とすことを恐れないで欲しいと思う。

もちろん オフトピックだろうし 空気も読んでないわけだが... まあ そうだな...

変な話だが... でも なぜだろう...

そう 生きることの意味 とか いった場合に 生物として生きることの意味 というのと 意識ある存在として生きることの意味 というのと

2つあるかもしれない と 思ったような気がする 間ブログに...

渡瀬変 - 帰り道にて(007)

下流と言われるかもしれない人達とかも、傍から「何て可哀想なの」 みたく見られてても本人は結構幸せかもしれないんだよなあ。 っていうかそもそも絶望自動車工場があんまりだと思ったのもそれなんだよな。 底辺のブルーカラーでも楽しく生きている人は絶対にいる筈だしそれを他人が勝手に決めたりするってのもハラが立つんだよな。

(いわゆる)下流の方が楽しいし幸せなことって山ほどある...

そんなのはわかりきったことだ... でも 上流を目指してみるのはそこに上流があるからだな... あはは...

どうせすぐあきちゃうから あきちゃったら 下流に帰ってくればいい... と勝手に夢想するのは...

-----

渡瀬変 - 受身の恋愛(006)

前も書いたっけ、みっともないんだよ恋愛なんてそもそもが。

まあ そう かも...

-----

渡瀬変 - オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す(004)

この本ではこの後に「昔は結婚して女として生きなさいということを強要されもしたが、 今は何でも自由にやっていいといわれる。 それがかえってつらいと感じる人もいるのではないか」としている。

まあ...

なんとなく ダブルバインド な臭いはするわな... 笑)

そのこと自体 というよりは そこに生じるダブルバインド が いや...

唯ゲーム論的に見ると 自由度が多すぎるゲームは 遊びにくい ということになるわけだが

まあ その程度のことだろう... と言ってみるテスト...

-----

理想ばかり追いかけても、人生は思い通りになりません。 人生なんでも思い通りになるのだとしたら、「死」や「次の世代への交替」 を受け入れられません。特に、結婚とか、子どもを産むとか、 誰かと一緒に住むというのは、全部「思い通りにならないこと」を学ぶことなのです。

-----

まあ あまりにも自明のことではあるんだが...

[]武田薫のフジテレビ・スポーツコラム

武田薫のフジテレビ・スポーツコラム

ジャパン・コンソーシアムはシドニーから5大会で総額632億円の放映権料をIOCに払い、 その70%がNHKの負担だ。カーリングを見るために、 そんな大金を払ったのか? メダルを見たいために放映しているのか?

まあ 金だな という部分はある...

これだけ 金 払ったんだから メダルの ... 個ぐらいは みたいな... やだやだ...

via トリノオリンピック(5) - ただのにっき (2006-02-21)

それはさておいてもこの武田薫というライター、 カーリングに(個人的に)興味がないのはかまわないんだが、 これだけ盛り上がっている空気が読めないというのは、 ギョーカイ人としてまずいんじゃないのか。

まあ それもそうだ... 大笑)

唯空気論

とか書きたくなるんだが まあ それはそれとして...

そう 空気については

唯ゲーム論 実写版 | バカ

になんか書いてあったな...

空気なんてころころかわるから ぜーんぜん 気にすることない ってさ... 笑)

まあ 利用できる場合は 最大限に利用するのが吉 ってことだが...

そう 空気検知ウェブサービス とかどうよ...

あー それ言っちゃうと 空気的にまずいかも... とか アドバイスしてくれる... 大笑)

後 空気制御システム...

えっと もう少し こっち側にしときたいんだけど とかいうと やってくれる... 電通とか... 大笑)

[]「有名」になるのはけっこう大変 - ただのにっき (2006-02-21)

「有名」になるのはけっこう大変 - ただのにっき (2006-02-21)

まぁ、おれ自身は有名になるために何の努力もしていないけど、 オープンソースプロジェクトで何かすることで「有名」になって、 それをさらに仕事に生かすのは、並大抵のことではかなわないような気がする。 とくにこの世界、「運」の要素もかなり多いし。だから「有名人になれ」なんて、 ほとんどなんのアドバイスにもならんのとちゃうか……なんてことを、まつもとさんの 「有名」になることを読みながら思った。

ということらしい...

-----

江東区若州風力発電所 - ただのにっき (2006-02-19)

ここの風車は、タワーの側面になぜか手塚治虫のキャラが描いてあって、かなり興ざめ。 パラボラもそうだけど、こういうものは、ただただ白いからいいんだろ。どうも、 こういう余計なことをしたがる空間恐怖症の人っているよな。センスないの。

うーん... まあ そうだよなあ... うーん

どっちかというと ナウシカ? いや...

[]@nifty:デイリーポータルZ:萌え萌えモールス信号

@nifty:デイリーポータルZ:萌え萌えモールス信号

いやー これは 面白い...

@nifty:デイリーポータルZ:萌え萌えモールス信号:三重式モールス信号暗記法

が それ らしい...

覚えて ひけらかそう... 笑)

via おれが知ってる覚え方と違う - ただのにっき (2006-02-18)

今もあるのかどうか知らないが、 少なくともおれの世代までのボーイスカウト経験者は覚えているはず……なんだけど、 おれが教わったのとだいぶちがう。

という話...

[]Photo of the Day(バックナンバー)

Photo of the Day(バックナンバー)

シグマはまさに“怒濤の勢い”で次々に新しい、 そしてタイムリーなレンズを出してくる。たえず走り続けていて、 少しでもそのスピードを緩めると前のめりにつんのめって転んでしまうんじゃあないか、 と心配になるほど、いけいけどんどん、だ。 シグマはそのレンズ生産のすべての工程を会津にあるひとつの工場でおこなっている。 海外に工場はひとつも持っていない。 会津工場で試作から製品化まで文字通りなにからなにまでやってしまうので、 設計側と製造側とのコミニケーションも密で、さらにレスポンスも良い。だから、 ちょっとした試行錯誤や、製品の手直しや、 あるいは突然の仕様変更をするにしてもごく短時間に臨機応変に対応できるという“強み”をもっている。 ちょっと大袈裟なたとえをすれば、 前日ひらめいたアイディアが翌日の夕方には製品化されている、 なんてこともシグマではけっして不思議なことではないのだ。 シグマとはそんな“勢い”のある会社なのだ。

勢いのある会社 というのは そういうもののようだ...

-----

E-330はレンズ交換式のデジタル一眼レフカメラとしては、 世界初のライブビュー撮影機能を備えたカメラであります。ライブビューとは、 コンパクトデジタルカメラのように液晶モニターに、 いま写そうとしている被写体の様子をリアルタイムに映し出せること。 コンパクトデジタルカメラでは当たり前の機能なんだけど、 デジタル一眼レフではそのメカ的な機構、 そして撮像素子の問題などがあって到底不可能だったわけで、 どの一眼レフカメラメーカーもいま一生懸命この不可能を可能にしようとがんばっていて、 そうした中でいちはやく不可能を可能にしたのがこのオリンパスのE-330であります。

そうそう そうなんだった 一眼レフ とか見に行って 液晶モニター に映らないのだな ということに気がついたんだった...

なるほど そこに映れば かまえずに写せたりするんだなあ... ふむ...

で、使ってみたファーストインプレッションは「素晴らしい」のひと言です。

素晴らしいらしいぞ...

E-330 レンズキット の最安価格117,594円〜 【価格.com】

これか...

E-330 by G-Tools : WEBサービスを検索

ちゃんとあるじゃないか...

一眼レフ - 僕の好きな@wiki... - livedoor Wiki(ウィキ)

アップデートしておかなくては... 笑)

で くちこみ

E-330 レンズキットについてのクチコミ【価格.com】

-----

OLYMPUS E-SYSTEM:E-330:概要

なるほど 可動式 というのは こういうことか... ^^

まあ こう でなくてはいけないなあ... 私的には...

OLYMPUS E-SYSTEM:E-330:スペシャルコンテンツ

いやー この web よくできてる Before After かあ...

まあ これは くるな... まあ いろいろ 改善点はあるみたいだから 今の所は 様子見か... 笑)

[]pele-mele - ぽぺーぽと社長日記に歴史あり

pele-mele - ぽぺーぽと社長日記に歴史あり

例の事件が起こって以来、堀江貴文のブログの過去ログを読むのが、 何とはなく趣味になっている。

堀江貴文ダイアリー:今週のお勧めは断然「Eudora 6」。 - livedoor Blog

あー 実に旬 な話題かも っていうか このエントリー 読んでる気がする...

-----

そうそう TV のコメンテーター とかが ホリエモンが分からない とか 言ってることが意味不明 とか騒いでいた時に

ブログ嫁

と突っ込む人がいなかったのが 最大の不思議... TV ってそのレベルだなと見切れた瞬間...

-----

pele-mele - 食えずとも楽しければそれでいい(のか?)

ウェブで表現活動を行うことが経済的な利益に直結するかどうかについては、 やや弱腰な記述が目に付く。

たしかに現状ではウェブから登場した才能が既存メディアに取り込まれて活躍するか、 さもなければ既存メディアで充分な知名度を持っているひとが「営業活動」 としてウェブを利用するか、このふたつのパターンしかない。

まあ そう であるわけだが...

-----

アーレントの 作る人 という話 人間の条件 だったと思うわけだが があったわけだが

つまり 作る人 というのは 本当の人 だろうかという 話だったかな うーん

でも いずれにせよ 作る人 というか 作りたい人が 営業に回されたりするってのは つまり

てめーら そんな所で 作ってても 売れるものできてねーじゃねーか とか それくらいなら 売ってこいよ

という話でもあるわけだが... 暴論...

さて どういう人 が 本来的な 人 だったりするんだろうか... もちろん 答えは なんでもあり...

何か言ったとたんに なにがしかの 利害関係 にとりこまれそうだ... 大笑)

何か言う人に 疑いの目を向けざるを得ない 今日この頃... もちろん このエントリーとは無関係...

-----

少なくとも文章に関しては、 商業媒体向けに書くものとブログで個人的に書くものはまったくの別物として捉え、 後者ではきわめて趣味的なことを書くというスタンスがここしばらくは続くのだろう。

といってもブログに何となく書き留めておいたテクストが、 商業媒体で文章を書く上でのヒントになることは、もちろんあるんだけどね。

なるほどなあ...

そういえば 情報商材 ってやつ 本当に そんなに ばかばか 売れてたりするのかなあ... 不思議だ...

誰が買ってるんだろう...

[]ITmedia News:Wikipedia訪問者、1年で2.8倍に

ITmedia News:Wikipedia訪問者、1年で2.8倍に

という話...

これは、はてな(hatena.ne.jp)へのアクセスの20%に迫る数値という。

これは なにか 意味してるんだろうか...

via diary (Japanese)

[]Jon Udell: Information architectures: print versus online

Jon Udell: Information architectures: print versus online

The title of the talk I'll be giving next month at ETech is Attention-focusing Strategies. One of those strategies is to exploit a pattern known in the publishing world as heads, decks, and leads. Heads are titles, decks are subtitles, and leads are opening paragraphs.

なるほど...

O'Reilly Emerging Technology Conference - March 6-9, 2006 - San Diego, CA

はその紹介文か...

Attention is our scarcest resource. To combat distraction, we're evolving a new arsenal of weapons. RSS feeds, tags, and podcasts are among the strategies that can help us focus on the information we want, and attend to it in ways and at times of our choosing. Just as importantly, these strategies help us communicate in ways that others can more easily attend to.

とか

So let's do for others as we wish they'd do for us, by communicating in attention-friendly ways.

という話のようだ...

attention-friendly

かあ...

アテンションプリーズ...

アテンション - 僕の好きな@wiki... - livedoor Wiki(ウィキ)

[]Jon Udell: State of the professional blogosphere

Jon Udell: State of the professional blogosphere

If blogs keep doubling at the current rate, Tim Bray figures everyone on the planet will have one by 2009.

へえ...

In the case of teachers and doctors, that expertise intersects with the lives of other people in ways that preclude open discussion. In other cases, that expertise is competitive. For example, although I read two well-known tech bloggers -- Tim Bray and Jeremy Zawodny -- I don't actually know what Tim is working on at Sun or what Jeremy is working on at Yahoo.

I raised this issue of professional blogging on a recent episode of the Gillmor Gang show. This response and this comment support my conclusion that there are a lot of folks who would like to narrate their professional lives online, but can't.

I've shelved the book proposal for now. Will it be viable in five years? Ten years? Never? I'm just not sure. The issue here isn't simply that employers don't get what blogging is or can be. I think that's changing. I think there is an emerging consensus that professional lives can, should, and will be lived more transparently. But a successful negotiation of the limits of that transparency will be incredibly tricky. I'm hopeful that we'll get there, but doubtful that we'll get there soon.

まあ そういうことだろうなと思う...

時間はかかるだろうな... と...

いっそ ここは お家芸の 空気力 で... ;-P

[]そうそう

そうそう 少し前の新聞で目にしたんだと思うんだが...

こういうのは すぐ 目に付く... 笑)

調査 ;-P 捕鯨で捕った鯨肉がだぶついちゃってるようで 消費促進 を進めようとしているらしい...

-----

解禁する必要ないじゃん...

あ... こそこそ 捕りたくないか... 大笑)

[]Passion For The Future: 書きたがる脳 言語と創造性の科学

Passion For The Future: 書きたがる脳 言語と創造性の科学

そう この本は目にして クオリアな方が帯を書いているのも目にしたような気がするわけだが...

情報の洪水の中を生きる

という部分に反応するわけだが... さて どういうことだろうと...

確かに 情報 は 洪水 しているような気もするが 時に 欲しい というか 必要とする 情報は見つからなかったりするかなあ とか思ってみたり...

著者によると書く能力は大脳皮質という進化的に新しい領域に存在し、 書きたいという欲求はより古い辺縁系と呼ばれる領域に存在する。

というのも 書きたい というのが 古い欲望 なのだとすると 言葉が無かったころ もそういう欲望はあったのだろうかとも... まあいいか... 笑)

-----

で またまた どう生きるのが正しいのか とか 生きがい とか 思った時に

欲望に忠実に生きるのが 本当によいことだったりするのだろうかとか 新しい領域の命じるままに生きるのが よいことだったりするのだろうかとか

バランスをとって生きるのが良いというのは 本当に そうなのだろうかとか

まあ...

そもそも 何かの リワードがあるから 生きるのか とか...

まあ そこにゲームがあるからだ というのが 唯ゲーム論 的には ひとつの答えではありうるわけだが さてさて...

-----

そう 新しい領域 というのは 人が このような形で 生きるなかで生成され(形作られ)てきた OS なのかもしれないわけだよなあと ぼんやり...

-----

そう ケネスバーク? が 人ってのは複雑にしていくものだ ということをいった という記憶が頭の片隅にあったりもするわけだが

まあ 人というのが そういうものだとすると なるほど この ゲームも どんどん 複雑になっていってしまったりするんだろうなあ... と ぼんやり...

[]俺日記.NET - E-330雑感。

俺日記.NET - E-330雑感。

というわけで言ってきました体感講座。触ってきましたE-330。結論から言うと「頼む、 もうカンベンしてくれ、もう金が無いんだ俺には。 だからこんな面白すぎるカメラをE-500から3ヶ月とかいう短い期間でださないでくれ」 という感じ。

あらら... このかたも ピン ときているらしい... ^^

俺日記.NET - E-330 発表。(デジカメWatch)

一眼レフがライブビュー不可能である理由は、 主にCCDやCMOSと言った撮像素子がコンパクトデジカメ用のそれと比べてはるかに大型なため、 消費電力が非常に高く、また長時間の露光に耐えられないからです。その為、FinePix S3ProやEOS 20Daと言った一部の機種ではライブビューは可能ですが、 いずれも長時間の使用はできませんでした(30秒などの制限があった)。

ふーん

今回OLYMPUSでは、この撮像素子の問題を「Live MOSセンサ」 という自社設計の撮像素子を採用することでクリアしました。 これは今まで同社のフォーサーズEシリーズに採用されてきた撮像素子であるフルフレームトランスファーCCDに比べて消費電力が半分ですみ、 かつライブビュー時のノイズが低減するような工夫が施された撮像素子です。また、 通常のCMOSに比べて3倍の受光面積をもっており、 フォーサーズEシリーズの特徴であった広いダイナミックレンジと階調を実現しているとしています。 ちなみにデジカメオタクならアノ子もコノ子も気になる高ISO感度時のノイズですが、 こちらのサンプルを見る限りではE-500よりさらに低減されているように見えます。 また公式サンプルを見ても、 E-500に近い色調と広いダイナミックレンジを持っているようで、 かなり期待が持てそうです。

ということなのらしい... へえ...

以上、駆け足でお伝えしましたが、いやいやいや。なんというか、 久しぶりに技術的なサプライズで、 しかもそれがOLYMPUSから出たってことで俺自身すっげぇわくわくしてます。 買えるかどうかは別ですけど。自社製のLive MOSの出力する写真も画質的に問題はなさそうですし、 これはなかなか面白い機種になりそうですよ。

以上、駆け足でお伝えしましたが、いやいやいや。なんというか、 久しぶりに技術的なサプライズで、 しかもそれがOLYMPUSから出たってことで俺自身すっげぇわくわくしてます。 買えるかどうかは別ですけど。自社製のLive MOSの出力する写真も画質的に問題はなさそうですし、 これはなかなか面白い機種になりそうですよ。

ということらしい...

[]livedoor ニュース - 産経新聞よ、ライブドア「数百人の退職者」を証明せよ!

livedoor ニュース - 産経新聞よ、ライブドア「数百人の退職者」を証明せよ!

東京地方検察庁の強制捜査が入った1月16日からライブドアの退職者数が既に数百人であるという記事が、 2月14日の産経新聞朝刊1面に載った。PJニュースによる取材に応じたライブドアは、 強制捜査が行われた06年1月16日から2月13日までの退職者数はグループ全体で35人(ライブドア本体が24人、 ライブドア証券ライブドアオートなど連結対象内の各社合計が11人)と説明し、 記事内容の事実を否定した。産経新聞社はPJニュースの取材に対し、記事についての 「記者名は教えられない」「情報源も提供できない」 「説明責任に対してもコメントできない」と回答した。

あはは これは おもしろい... これからも ぞくぞくと 出てくることだろう... うきうき... 大笑)

ライブドアの反撃 っていうか 逆襲 が始まる... ;-P

「数百人の退職者」という記事の信ぴょう性が明らかに疑われている以上、 産経新聞がコメントを差し控える姿勢は許されまい。 ライブドア人事業務に携わる社員のなかには「このような事実誤認の記事内容は、 ある意味で『風説の流布』ではないか」と揶揄(やゆ)すると同時に憤慨を隠さない。 「風説の流布」とは、証券取引法で禁止されている「株式相場の変動を図る目的で、 虚偽の情報や未確認の噂を流布する行為」であるが、 記事の目的が株式相場の変動ではないにしろ、 記事内容が投資家マインドに影響を与えたことは明らかだ。

座布団... 笑)

産経新聞社とライブドア間にこのような大きな見解が生じた理由は「数百人の退職者」 が出たという産経新聞の記者の情報源が「総務部門の元社員によると」 という曖昧なことと、記者が事実確認を怠っていたのではないかと思われる二点だ。 また、記者を明らかにしない無署名記事を続けている手法が、 責任の所在を曖昧にするという無責任報道に拍車をかけているともいえる。

無責任報道... 表メディアがやることじゃないよなあ... 大笑)

「関係筋によると」という手法は新聞、雑誌、 テレビなどさまざまなメディアが使っている。 これまでにも曖昧な情報源が問題であることはたびたび指摘されてきた。 「情報源の秘匿」を盾に誤認ではないかとの追求を逃れ、 責任説明を果たさずに報道被害を作ってきた現実を数多くのメディアは否定できまい。

-----

※この記事は、PJ個人の文責によるもので、 法人としてのライブドアの見解・意向を示すものではありません。また、 PJニュースはライブドアのニュース部門、ライブドア・ニュースとは無関係です。

via 読書記録ChangeLog / 2006-02-21

[]ZAKZAK

ZAKZAK

ライブドアの上場廃止を急ぐ背景には、東証の事情もうかがえる。 発行済み株式数が10億株を超えるライブドア株は、 午後2時から1時間の取引時間にもかかわらず、 連日1000万−2000万株以上の出来高で、 マザーズ市場全体の半分以上を占めている。

注文件数の急増でシステム不安を露呈した東証は、5月にシステムを増強するが、 「万難を排するには波乱要因のライブドア株を1日も早く退場させたいのが本音ではないか」 (兜町関係者)。

おいおい そっちかい... 大笑)

via 読書記録ChangeLog / 2006-02-21

[]ライブドア株主が被害者の会結成!団交へ - nikkansports.com > 社会ニュース

ライブドア株主が被害者の会結成!団交へ - nikkansports.com > 社会ニュース

... 占い師細木数子氏(67)を信じて買った人などが目立つという。

あー

細木さん(ありがたい)アドバイスを... 大笑)

via 読書記録ChangeLog / 2006-02-21

[]松岡正剛の千夜千冊『田中清玄自伝』田中清玄・大須賀瑞夫

松岡正剛の千夜千冊『田中清玄自伝』田中清玄・大須賀瑞夫

へえ というか...

男一匹ガキ大将 みたいな というか フォレストガンプ みたいな というか... まあ違うといえば違うが... 人だな... 笑)

[]Python at Google.notes (2006/02/12)

Python at Google.notes (2006/02/12)

Google で Python が使われているとよく言われているが、 どういうところで使われているのだろうか。これは、Python at Google で検索すると分かる。

という話なのだが...

もし、Google のコードが公開されたら、さすがに日本でも Python ブームになるかなぁと妄想する。

まあ それ は そうかもしれない... 笑)

[]arai blog: ヤマト運輸の使いにくさ

arai blog: ヤマト運輸の使いにくさ

という話なのだが 先日 とても 変 なことがあった...

連れ合いが かちゃっと音がした というので 出てみたら いないので再送 ということで この紙が はさまれていたと...

チャイムが鳴らなかったのかな? と押してみたら ちゃんと鳴る...

押されていたら 私は耳にしたはずである...

すぐに 運転手? の電話番号に tel すると いなかったので というようなことを言っているらしい...

とりあえず では何時に ということで 少しは緊張しながら 待っていると 来たので 受け取ったわけだが

なんだったのだろうか...

そう その紙には 確かに web で とか 配送センター で とか いうことも書かれていたが...

たまたま すぐ 気がつかなかったら というか はさむ 音で気がついたわけだが そういう面倒なことになったわけか...

なんとなく ごちゃごちゃ 書かれてて 面倒そうだな とか やだな とか いう 予感を感じたわけではあるが...

でも なんだったんだろう あれって... 不思議だ...

つれあいは おかしな人がいるんだよね ということを言っていたが それほど おかしな感じはしなかったのも不思議 というか まあ 不思議ではないか... 笑)

-----

再配達を頼むだけですっかり疲れてしまいました。

本当 なんとかしてよね... ぷんぷん...

[]限界の近代・限界の思考 境界の正当性を巡って - MIYADAI.com Blog

限界の近代・限界の思考 境界の正当性を巡って - MIYADAI.com Blog

■前期UFO神話の時代は1947年から始まり、 後期UFO神話の時代は1973年から始まり、 ポストUFO神話の時代は1995年から始まります。宇宙人の存在の如何は別にして、 各意味論の要素が大きく異なるところから、各段階に対応する社会を見通せるとします。

■宇宙人の形象に注目すると、「前期」は「白人型宇宙人」で、 人間とのコミュニケーション可能性があります。「後期」は「エイリアン」で、 人間とのコミュニケーション可能性はない。「ポスト」は異星人というより「異物」 で、文明概念を適用できません。

■乗り物の形象に注目すると、「前期」は 「空飛ぶ円盤」です。「後期」は「墜落するUFO」です。「ポスト」は 「UFOの不在」です。不在というのは、 UFOについて語られることがなくなるということで、それゆえに「ポスト」 と命名されています。

■「前期」では、「科学がずっと発達した宇宙人」対 「科学的事実を隠蔽する政府」という二分法が機能し、「私たちは騙されている」 という被害感覚が通底し、ホロコーストや原水爆などの「科学的理性の暴走」 への不安が刻印されています。

■「後期」では、「得体の知れない宇宙人」対 「宇宙人と共謀して謀略を巡らす政府」という二分法が機能し、 「私たちは操られている」という被害感覚が通底し、強制妊娠やインプラントなど 「埋め込まれているもの」への不安が刻印されています。

■「ポスト」では、 「電脳バグやテロリスト」&「統御能力を喪失した政府」 という二分法が機能し(宇宙人は出てきません)、「私たちは侵されている」 という被害感覚が通底し、電脳バグや環境ホルモンなど「ノイズによる暴走」 への不安が刻印されています。

なるほど 面白い...

■「前期」では主体や現実(事実)が信頼されているので、 フーコー的規律社会に当たり、「後期」では自由であるつもりが操られているので、 ドゥルーズ的管理社会に当たり、「ポスト」では操る人称性も消えるので、 ライアン的監視社会に当たるとされます。

ということなのらしい...

■「前期?」は自然科学優位の「科学の時代」でパロール(意図)が問題にされ、 「後期?」は逆に人文科学優位の「科学論の時代」でエクリチュール(脱意図・郵便的) が問題にされたのが、「ポスト?」 では電子言語が前景に出て意図も脱意図も問題になりません。

ほう...

■即ち、伝統的概念で言えば、我々ないし共同性が解体すれば「道徳」 という基準面が消え、私ないし主体性が解体すれば「倫理」という基準面が消えます。 今日の問題は、道徳・の空洞化を埋め合せる倫理・の空洞化を何で埋め合わせるべきか、 不明であることです。

まあ そういうこと なのかもしれない...

なくなるもの というのは 本来 必要なかったものかもしれないし と ぼんやり...

■立ち戻る〈生活世界〉が完全に空洞化した場合、木原氏の言葉で言うと「我々は、 隠されている」とか「私は、騙されている」という観念は、 評価に値する意味を持たなくなります。 〈システム〉が自分で利用するために生み出す意味形象に過ぎなくなるからです。

まあ そのようなものの一部として機能するよう こしらえられた OS と思うこと とはパラレルかも...

■この通念は1996年前後に終わります。「現実の虚構化」 によって現実界に乗り出す振舞いが、「虚構の現実化」 によって異世界に遊ぶ振る舞いに比べて「実りがある」筈だとの感受性が、消えます。 「ナンパ系」も「オタク系」も趣味の違いに過ぎなくなくなります。

というのは なんとなく... ある種の 思い込み とかが 消え去れば そう なりそうな気がする...

■私の周囲に象徴的な出来事がありました。90年代後半、 私のゼミに所属する男子院生の6割以上がギャルゲーマニアだと判明しました。 ギャルゲーとは元々「美少女育成ゲーム」のことで、 ソフトの中の架空の少女と関係を深めて行くアドベンチャーゲームの一種です。

■驚いた私が「女にモテないからって、ゲームばっかりやってんじゃないよ」 と呟いたら、院生が「それはあまりに古い考えですね」と返してきました。彼は 「現実の女の子と付き合えないのではなく、 ゲームよりも実りがないから付き合わないんです」と言うんです。

■「現実の子とも何人か付き合ったけど、薄い。 ゲームの子は現実の子より感情豊かでコミュニケーション能力がある。 宮台さんは現実が濃くてゲームは薄いと言うが、逆。 濃い体験を与えてくれる子がいるなら現実に乗りだしてやってもいいというのが僕の考えです」

なんと... というか... まあ ありそうなことではあるんだが... 笑)

■巷間「現実と虚構の区別がつかない若者」という物言いが流布し、 原因としてメディアの悪影響が取り沙汰されました。データ的には出鱈目です。 正確には「現実と虚構の区別はつくが、 取り立てて現実を尊重しなければいけない理由を見出せない」ということです。

ここでも マスコミ の ダメダメ ぶりが... 笑)

■正統的なロマン派芸術論によれば、芸術とは「現実から虚構へと旅立ち、 虚構から再び現実へと帰還したときに、 以前とは現実が違った趣きで感じられるようになる」ものです。ところがロマン派には 「貧しい現実への帰還など考える必要がない」との立場もあります。

まあそれは 大いに 実感 されるところであったりもする 日常... と言ってしまうのはまずくもありそうな気はしないでもないわけだが...

もとからそうだろう という気分も と ぼんやり...

■90年代に増えたのは「現実に乗り出してみたけれどツマラナイ」と感じる若者です。 「現実に乗り出してみたけれどツマラナイ」のはなぜか。「文化的民度が低いからだ」 と論じる立場もあり得ます。だとしても、文化的民度の高低たるや、 個人の責任ではありません。

■自分に能力や素養があろうと、 相手にも相応の能力や素養がないと濃密なコミュニケーションが出来ないからです。 個人の責任ではない理由で現実を楽しめない人たちが、大勢います。それは 「臆病だから女性と付き合えない」という問題よりも実はずっと深刻です。

なるほど こういう言葉 で 語ると こういうことになるわけだ...

■「臆病だから乗り出せない」なら、個人のスキルアップで何とかなりますが、 社会の民度は個人の力ではどうしようもないからです。結局、 現実がツマラナイ男の子は、「現実の性愛」から少なくとも精神的に退却し、 「虚構の性愛」にコミットするようになります。

-----

■〈生活世界〉が〈システム〉に置き換わると個人の選択肢が増えるので、一見「解放」 されたように見えます。実際には裏腹に、凡ゆる齟齬や疎外が、 個人の選択失敗へと帰責されます。強力なプロテスタンティズム的な宗教性がないと、 この負担に耐えられません。

■一般的に言えば、 何もかもが個人の選択に供される社会システムは病的です。 自明性の地平があるが故に個人が負担免除(burden exemption)される社会こそが健全です。例外は、共同性から剥離した個人を支える、 強力で非恣意的な宗教的背骨がある場合に限られます。

まあ なんとなく... OS のタイプ っていうか...

■現実の近代社会の中では、教育の成否は二本の評価軸で測られています。一つは、 人格システムに準拠した評価で、「ソレで子供が幸せになれるか否か」です。 もう一つは、社会システムに準拠した評価で 「ソレで社会的な人材配分を有効になしうるか否か」です。

■この両者を矛盾なく結合すべく、「こうした人生コースを達成すれば幸せになれる」 という架空の人生物語を“人は一般にそう思う筈だ”という「一般的他者」 イメージの人為的な刷り込みによって、 子供はもちろん親や教員にも信じ込ませる作業が行われています。

まあ そういうものではあるわけだが...

■従って、教育とは、恣意的な境界線を必然的であるかの如く思い込ませる操縦であり、 自明でない事物を自明であるかの如く思い込ませる操縦です。論理的に見て教育は、 動員ファシズム──動員による統合(integlation through mobilization)──である他ありません。

まあ 基本的に無根拠だから 果たして それって... と思った時に 答えが出てこないのも むべなるかな...

■民俗学によれば「子供は自由にさせ、大人になれば責務を負わせて不自由にする」 のが日本的伝統です。欧州的伝統は真逆で「子供は不自由にさせ、 大人になれば自己責任で自由にさせる」。 日本的伝統が情報化社会の副作用を倍加するように働く点が危惧されます。

なんだか これも面白い...

なんだか ぼんやりよんでると パンサル理論 みたいになってきたなあ... 大笑)

結局 それかい みたいな... いや それで悪い ということでは 別に ないわけだが...

■ところが、既に「底が抜けた」社会では、教育で「底を手当て」しようにも 「底の恣意性」で合意プロセスがスタックしてしまいます。 日本は既にそうなっています。このアポリアを、近代社会のタテマエ(キレイゴト) の内側で解決できるか否かが問われています。

-----

唯ゲーム論的には 楽しく ゲームするためには このガイドラインは守って下さい みたいな ガイドラインが 必要って話? 笑)

[]Boston Dynamics: The Leader in Lifelike Human Simulation

Boston Dynamics: The Leader in Lifelike Human Simulation

BigDog is being developed by Boston Dynamics with help from Foster Miller, the Jet Propulsion Laboratory, and the Harvard University Concord Field Station.Development is funded by the DARPA Defense Sciences Office.

ということらしいが これこそ ブラッドベリー の あれ(華氏 何度だったっけ... ^^;)みたいだな...

via ACID EXPERIENCE

今回一番衝撃的だったのは、 最後の講演の中で紹介された米陸軍TACOMの軍用犬ロボットプロジェクトとして開発されたBigDog。 リンク先に動画あり。見た目は非常に気持ち悪いが(笑)、 重さ45kgの荷物を搬送する能力があったり、 横から思い切り蹴飛ばしても倒れずに姿勢を直して歩き続けたり、 とかなりの実用性を持つ。DARPAが資金を出しているのか…。 やっぱ軍がバックに付いているとことは違うのかなぁ。

っていうか 動画見てみたけど てっきり人が入ってるって思ってしまったぞ... 怪しすぎ でかすぎ... 笑)

[]スラッシュドット ジャパン | プログラミング情報誌「C MAGAZINE」が休刊か

スラッシュドット ジャパン | プログラミング情報誌「C MAGAZINE」が休刊か

1989年創刊で、国内で最も歴史が長いプログラミング専門誌の一つと思われるC MAGAZINE(月刊/ソフトバンク クリエイティブ発行)が休刊となるようだ。

という話 へえ そうなんだ...

そうそう 出始めた頃 へえ 日本でも出てたのか と思ったものだ...

via ACID EXPERIENCE

[]Zopeジャンキー日記 :大藤幹 『世界の「最先端」事例に学ぶ CSSプロフェッショナル・スタイル』

Zopeジャンキー日記 :大藤幹 『世界の「最先端」事例に学ぶ CSSプロフェッショナル・スタイル』

この連載(本書)がいいのは、CSSの文法を教科書的に解説するのではなく、 CSS界で名高いトップデザイナーが作ったサイトを題材に、 そのCSSコードを実際に解析して、詳しく解説している点だ。

あー なるほど これは 重要なことだな...

なるほどなるほど...

adaptive path

あ...

The Daily Report

お...

A List Apart

う... ^^

[]Zopeジャンキー日記 :価格はすでに競争力の要因にはならない気がする

Zopeジャンキー日記 :価格はすでに競争力の要因にはならない気がする

安いものをたくさん消費するのではなく、いいものを少し消費するようにしたほうが、 すべてがうまくいくのではないだろうか。

ものによるのだろうな というか 消費者も いつまでも バカ じゃないんで

自分が本当に欲しいと思っているものについてぐらいは

値段の差で 違いが有るもの デザイン とか 質感 とか と 値段の差で それほど違いが無いもの ...

ぐらいは区別できるようになってきているようだ...

-----

前者に関しては まあ 今回は高いものでも買ってみるか 後者に関しては 別に 安くたっていいよね という 感じだろう...

ダメ な 会社は 消費者はいつまでも バカなままだろう(マスコミ使ってごまかしとけばいいや)

何が欲しいかなんて 本当の所 わかってるわけないんだから こっちが教え(= 洗脳し)てやればいいよね

と 高をくくってた所 ぐらいだろう... 大笑)

[]if→itself

if→itself

本日ついに、その20年来の夢を叶えることができました。 湘南新宿ラインのグリーン車ホリデー料金、渋谷から横浜まで、550円也。

我が20年来の夢の値段は550円でした。(安っ!)

すごいな... と ぼんやり...

ホリデー料金? 安いのか? それ...

[]はてなダイアリー日記 - 新着ブックマーク一覧機能の追加について(はてなブックマーク)

はてなダイアリー日記 - 新着ブックマーク一覧機能の追加について(はてなブックマーク)

ふーん

というわけで 早速 試してみるわけなのだが

はてなブックマーク - http://d.hatena.ne.jp/./walkinglint/ の新着ブックマーク

んー なんとなく いやーん 感 が漂ったりするんだが ま いいか... 笑)

というわけで アンテナさん達 の横に ブックマークさん達 のリンクを付けてみた...

-----

コメントとか トラックバックと同じスタイルで 右欄に付けようとしてみたんだが うまくいかなかった... ま いいか...

[]悪の最新情報

悪の最新情報

どう聞いても、「私たちは巧妙にやってますよ」と言っている様にしか聞こえません。

プロだな... 笑)

[]ITmedia +D LifeStyle:電気用品安全法は「新たなる敵」か (Side A) (3/3)

ITmedia +D LifeStyle:電気用品安全法は「新たなる敵」か (Side A) (3/3)

ただ現在は、「マークなし中古品を売る手だてがないので買い取りを止めている」、 という事情がほとんど説明されていないため、 PSE法で買い取りまで制限しているかのような錯覚が生まれている。 業者が買い取ったものを売る作戦については、次回に取っておこう。

っていうか 本質的には ここ が キーであることは まあ すぐわかることでもあるんで stay tuned ということか... 笑)

via ITmedia +D LifeStyle「電気用品安全法は『新たなる敵』か」 : 小心者の杖日記

[]asahi.com: ヤフーが国会議員の比較サイト まずは270人分から - 政治

asahi.com: ヤフーが国会議員の比較サイト まずは270人分から - 政治

インターネットのポータル(玄関)サイト国内最大手のヤフーが22日午後、 国会議員のデータベースを立ち上げる。政党や議員個人のホームページ(HP) で見られるような議員のプロフィルだけでなく、 国会で審議中の重要法案についての各議員の考え方も検索できるのが大きな特徴だ。 議員側が情報を更新するシステムのため、 当初から参加するのは全議員定数722の4割弱にあたる約270人にとどまっているが、 今後はさらに増えそう。有権者にとっては投票の際の参考にできそうだ。

ほう... そういうのは 必要でしょ... と 思ってはいたわけだが なるほど ヤフー がねえ...

きっと 自分の判断とマッチングしてくれたりしないかなあ と 1カノッサ... 笑)

ん?

Yahoo!みんなの政治

こういうの?

なーんだ... flash とか使った インフォメーションデザインでかっちょいいの期待したんだが yahoo だもんな... 笑)

via *** rinriの東京写真日記 〜あたしのあたまんなか*** - 面白そう

2006-02-21

[]Show's Hot Corner

Show's Hot Corner

X-Mailerヘッダに、Eudoraが入ってました。ちょっとほんとっぽい気にもさ せますし、 これ、偽造だったら、ちゃんとライブドアが扱っている商品を入れ てるわけで、 少しは芸が細かいですね。

ほほう... みたいな...

ただ、Eudoraのバージョン番号はまだ隠してあって、 自民党の世耕議員がバージョンがバレると去年のあの時点で出ていないバージョンだったら、 偽造メールだったことがわかるなんていってたけど、そりゃ、そうだから、 バージョン番号も出せばいいのにね。なんで、まだ、黒塗りなんだろう。

ほう...

ともかく、電子署名がないメールそのもので、 本物か偽造かなんていってるだけ時間の無駄。 メディアはなぜそういうこといわないの? 科学知識ゼロ? \(^O^)/

メディアはちゃんと電子署名がないメールはだめだってことをいって、 国民にメールとは何かということを知らせないとね。これじゃ、報道とはいえない。 いまの報道も永田議員のやり方も論外。ままごとレベルでしょう。

あはは... ままごと...

-----

一番ひどいのが、世間でテレビや雑誌のコメンテーターとして出てきたり、 扇情的な単行本を出している経済学者、エコノミストなどという連中ね。 競馬の予想屋のほうがよっぽど、馬に対して謙虚ですよ。\(^O^)/

まあ... 小笑)

[]Passion For The Future: 黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語

Passion For The Future: 黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語

本当に黄金比はすべてを美しくするのだろうか?。黄金比は宇宙を作り出す際に、 神の設計図に使われた神秘の比率なのだろうか?。 本書は過去のさまざまな黄金比をめぐる研究を徹底検証する。

結論としては美の秘密が黄金比にあるというのは俗説に過ぎず、 ほとんどの名画や音楽の作者は黄金比を使ってはいなかった。多くのケースで研究者が、 作品の中にある無数の線分から恣意的に(あるいは無意識のうちに) 黄金比らしいものを発明してしまう結果、 黄金比=美の基本と言う誤った結論に至っていたことがわかる。

あらら そういう話だったのか...

ちらっとめくってみたら 文字がびっしり... どうなんだろうとは思ってたんだが... 笑)

-----

さまざまな美術作品や楽曲や詩のなかに(本物や偽者の) 黄金比を見つけ出そうとするのは、結局、理想の美の規範が存在し、 それは実際の作品によって説明できるという思いこみがあるからだ。

-----

なるほどなあ まあ それ は考えられる...

ルールを欲しがる... 思い込み...

このうち隣接する二つの数字の比を計算すると、4番目の3と3番目の2では1.5だが、 6番目の8と5番目の5では1.6になり、987と610のあたりでは、1.618033となる。 数が大きくなればなるほど黄金比φに近づいていく性質を持つ。 だからフィボナッチ数列は黄金比の数論的表現であり、ほぼ同じものなのだ。

へえ...

この謎について著者は問題を一般化し、深い哲学的な考察を加える。

なぜ数学はこの宇宙をここまで見事に説明するのか?

あ なるほど そういう話をしているのか...

-----

(この 2週間少しの)間ブログ期に まあ それでも ぼんやり いろいろ思ったりもするわけなんだが

情報一元論 みたいなことは 前に書いていたけれど さて そうだとすると

この宇宙は 大きな コンピュータ でなくてはいけないことになるわけなんだが

いたるところに見出される この パターンの戯れ(数学はパターンの学だとすると)

もしかしたら この 宇宙コンピュータは パターン駆動 なのかもしれない... なあと...

[]Passion For The Future: 3クリックでDVDを作成するフリーソフト Video DVD Maker Free

Passion For The Future: 3クリックでDVDを作成するフリーソフト Video DVD Maker Free

なるほど というか そう 自分におけるメディア ということも思ったんだが

例えば 写真...

結構 何回か 売り場をうろうろして D50 とか手にとって見たりもしたんだが...

んー だめかもなあと...

あんなので構えたら 撮れるものも撮れないだろうなあと...

というわけで 写真は フォトログでいいやと...

-----

で 動画 となるわけだが これが まあ ビデオカメラは買ったんだが どうも 落ち着きが悪い...

これ うまいことにスイッチが 上面にもついてるんで 構えないで だらっと手を垂らしたままで取ることができるタイプ

そういう面では私向き だったりするわけであったりもするわけなんだが

でもまあ いまいち 撮りづらい...

で 大きさもある程度はあるんだけれど どうもこういうカメラの場合 ある程度の重さがあることは画像を安定させる上で

好都合だったりしそうだということに気づいて まあ それも良さそうだとは思っていて

問題は やはり 対象だなあと...

まあでも 撮ったものをどうしますか? ということが実は大きかったりしそうだなあとも思う...

フォトログのような環境があるから撮っているようなもので...

であるとすると そういうこととは 違う形で何かを残すということがありうるかという...

でも それを見るのは誰? と考えた場合に はて? と... 笑)

-----

まあ ばたばたした 旅行ぐらいなら フォトログでいいや... と思うわけなんだけれど

1つか 2つテープを買ってきて 本体と 予備のバッテリーが充電されてあることを確認して ビデオを取り出して

撮ろうかなあと思うようなことも もしかしたら あるだろうかと... 無いかもしれないけどね... 笑)

撮った後は 編集も何もしないで そのままごろっと放って置くだろうなという気も...

そう 立体視できるというレンズを買ってきて しばらく遊んでたんだが まあ こういう場合には それは向かない...

後 そう ワイドに撮る というモードがカメラにあったりするんだけれど あれも いまいち... 確認画面が縦長に表示されたりするんで...

というわけで とりあえず 買った後は そう Premiere で編集とかも試してみたな... 編集 とか そういうのとか いろいろ やってみるんだけれど

まあ 普通に 撮るって感じかなと... そう 作品にしよう という意志は 多分無くて...

でも どういう形で撮れるか ということは 大体分かってきているので その感じで 記録しておくか という感じだな...

っていうか いろいろやってみて 殆どうまくないということに気がついてきているというか... 素直が一番だと... 笑)

そうなるとテープのもちが気にはなるが デジタルだから まあ 少しは持つだろう...

-----

そういえば DVD で ディック原作の SF映画(タイトルが出てこないだけだ...)を録画したのをちらちらみてもいたんだが

その中に 分かれた? 家族の 3D 映画を見るシーケンスがあったりするんだが 結局 ああいう感じなのだなと思う...

個人的な... 大切な... 記録... もし そういうことがあればだけど...

-----

ことほどさように まあ 人とメディア といっても いろいろなありようがあるわけだよなと...

確かに トイカメラ がいいっていうのと 一眼レフ がいいっていうのと 両方 わるわけだしなあ と思ったりもしたわけなのだ...

-----

そうそう そもそもは Amazon で入った/る ポイントをどう使おう ということで考え出したことだったわけなんだが

そういうわけで 一眼レフ というのは無さそうだと で 次に 大きな TV という案が浮上中であったりもするんで

これまた 売り場をうろうろしてたんだが 確かに プロジェクション TV とかで スピーカーをつけたりすると それはそれ 多少は映画館で見ている

感じになったりもするんだなあ ということは気がついたんだが まあ いくつも問題がありそうだ...

まず 値段... そういうものを買うとすると とてもじゃないが 1年のうちにそれだけたまりそうもない 次に 音 周りの家に迷惑だ...

後 場所... そう 楽天のポイントで TV 台は買ってしまったんだが その上が 物干し場になってしまっていて それはそれで 落ち着いてしまっていて

まあ 今のままでいいか という感じが 少ししてきてしまっている...

今の 小さな TV もどうやって 処理すればよいかわからないし...

というわけで 大きな TV というのも なんとなく うーん という... まあ それはそれで 良いのかもしれないなあ と思ったりもする...

見たいものがあったら DVD で買って 多分 PC でイヤフォンつけて みてしまうと思う...

PC だと 3D のヘッドフォンのあれにも対応しているし そこそこ 大きな画面にしているから 近くで見れば 離れて大画面を見るのと大して変わらない... 笑)

-----

で ポイントをどうする という話が残るわけなんだが 間ブログ している間に 別に新たに聴いたというわけではないんだが オーディオブック 熱が少し

復活してきて とりあえず手持ちのポイントで iTMS のカードを買って また そくそく ダウンロードしていたりする...

まあ 今度ポイントが入っても それでいいかな と 少し思っていたりする...

PCを移る時に 少し面倒そうだけど ま この際 壊れなければ 今の PC 使い続けてもいいしとも...

で 少し気がついたことは 難しいものは難しい ってこと... とりあえず やさしめなのが狙い目だなと...

後 まあ とりあえず SF しか見てなかったんだけれど 他の分野でも まあ 何かありそうだということは少しずつ分かってきて...

この際 全部 それにつぎ込むってのも 豪勢でいいや... と... 笑)

-----

間ブログ するということは 自分の方向に目を向ける ということでもあるなと思う...

本当に自分は それ を望んでいるのだろうか... 今の自分の周りにあるものは もしかしたら 今のままで 良いのではないだろうかとも...

で とりあえず 一度見切ったら まあ しばらくは そういうことも考えないで済む...

[]Passion For The Future: アイデア・ブック スウェーデン式

Passion For The Future: アイデア・ブック スウェーデン式

ある心理学者が、第二次世界大戦中、アメリカ空軍の依頼で、 爆撃機パイロットを選ぶ仕事をした。現場の司令官も別に候補者を選んでいた。 戦争が終わってみると、心理学者が選んだパイロットはこどごとく撃墜されていた。 司令官の人選は生き残った。

心理学者のパイロット選びの敗因は「敵機に遭遇したらどう対処するか?」 という質問に対して「上昇します」 とマニュアル通りに答えたものばかりを採用していたから。現場の司令官が選んだのは 「その場になってみないとわかりませんが...」「ジグザク飛行してみます」 「左右に機体を揺らしてみます」 などマニュアルに頼らない操縦をしようとした候補者たち。

マニュアル通りの対応は、敵からも予測されやすかったのだ。 現場の柔軟な発想で対処できる人が勝つという端的な事例である。また、 そういう人をどう選ぶか、マネージャーの知恵についての話でもある。短いが深い。

なるほど 昔は 心理学者 が そういう人選を行う ということがあったのか

というか 異星の客 で 火星行きロケット の搭乗員の組み合わせを検討する という話があったのを 少し 思い出した...

-----

あ そうか ルール と パターン の違いだな と思った...

現場 では ルール は効かない

パターン は効く場合もある... 笑)

[]Passion For The Future: お金に「正しさ」はあるのか

Passion For The Future: お金に「正しさ」はあるのか

貨幣に媒介されてあらゆるものが流通してしまう現代。芸術、学術、性愛、 そして人間の生命でさえも値段が算出されて売り買いの対象になってしまう。 この社会では「市場で取引の対象になり得ること」と 「社会的に価値が認められていること」は密接に結びついている。 売れないものは価値がないし、売れるものを作れない人間は半人前という扱いになる。

うーん それじゃあ いけないんだけどね... と思うわけだが...

そうでない形で世界を成り立たせることができるのかどうか という部分ではあるが...

そう 間ブログ期 に ブログは休んでいても Amazon なアフィリエイトとかの関係で いろいろ 本をリスト

していたりしたんだが そうしているうちに なんだか

これからの世界は 中世 だ

みたいなタイトルの本を目にして... というか 多少は そういう予感を持っていたんだとは思うんだけれど

そうかもしれない と思った... 何がそうなんだか わかんないわけだが... 笑)

というか タイムスパン ということは よく思うわけなんだけれど その程度の 大きさの というか タイムスパン における

変革 があってもいいよね と 思ったのかもしれない

というか 今のままじゃ いかんでしょ みたいな...

今のままじゃ また 戦争しだすんじゃないのかな... という 予感

そうならないためには 何か そのレベルで 変わんなくちゃいけないんじゃないかな と...

ネオテニー という話があるわけなんだけれど

ある効用限界を越えてしまったシステムは 一度 考え直されなくてはいけないなと...

別に そのままの昔に戻るのが良い というわけでは決して無くて

今の私達は そのころ持っていなかった てもちのものを持っているわけで そういうものを持って 考え直すことができるはずだよねと...

ビジネス社会では、市場で売れるものは良いものであり、 儲かることは正しいことだと私たちはしばしば錯覚してしまう。 この論理を敷衍すると市場において流通することが、社会的正義であることにもなる。 戦争を推進する正義もしばしば、経済的下部構造の得失原理に突き動かされる。

そう ポランニーは大転換でどう言ってたんだったっけ と 少し思ったんだが 記憶が無い... 笑)

芸術や学術のように「すぐには金に換算できない」知的な営みの価値も、実際には 「すぐには」がポイントなのだと著者は言う。 すぐには換算できない価値も残っていてほしいと願うから人々はそれに投資するが、 まったく貨幣に変換する見込みがゼロならば、 そもそも社会的関心とならないだろうという。

うーん

昨年賛否両論だった、「ホワイトバンド」 キャンペンは貨幣と正しさについて考えさせられるいい機会だった。。

あ...

と思うわけだが さて 貨幣 というか 金 というわけだが

まあ 唯ゲーム論 的には まあ 金 があれば いろいろ 装備 を揃えたり 食べ物を買ったりすることができるわけで

そもそも 金 がなければ 飢え死にしてしまう...

だけど それだけ のものだよね と思う...

-----

なんだろう 金 というのは あくまでも 手段 であって それが全面に出ること自体 は おかしなことだなと...

何が 目的 で 何が 手段 なのか 分からなくなってしまうのを 倒錯 というだろう...

私が ホワイトバンド のプロセスに見たのは それ なのだなと思う...

-----

ある意味 人類全体が お金 というものにおいて 倒錯 してしまっているのかもしれないな...

[]Passion For The Future: 国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

Passion For The Future: 国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

国家組織を円滑に運営していくには、時代の変化に対応して、 古い部分を切り捨てなければならない。著者は時代の変化を、 内政におけるケインズ型公平配分路線からハイエク型傾斜配分路線への転換、 外交における地政学的国際協調主義から排外主義的ナショナリズムへの転換と分析している。 二つの路線が交錯する場所に鈴木宗男がいて、時代のけじめのために、 我々は犠牲になるのだという認識がある。

ほう 流石に 空気 を読むのには長けている方々のようだ... 笑)

こんな著者の心意気とプライドを認めた担当検察官は、 取調べの密室の中で著者の言い分の最大の理解者になっていく。しかし、 お互いの利益は相反している。やるべき仕事がある。完全に気を許すことはできない。 二人は最後まで握手をすることはなかった。だが、 国家の罠の対岸で互いの立場を尊重しあう深い絆を形成していたように思える。 その過程が本書の最大の読みどころである。

ふーん その 罠 をしかけたのは誰なんだろう...

そうだ 織田 なんとかが 映画でやらないかな... 大笑)

[]Passion For The Future: 感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ

Passion For The Future: 感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ

悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しくなる。楽しいから笑うのではなく、 笑うから楽しくなる。恐怖は身体がこわばるから心が怖いと感じること。 心の動きを感情、身体の動きを情動と定義したとき「感情の前に情動がある」 とダマシオはいう。

あ そうか 意識化 される前に 情動 がある...

神経科学や心理学の実験でも、身体の反応(反射)が、 意識される感情よりも時間的に早く出てくることがわかっている。

-----

情動が感情を支配しているということは自由意志を否定するものであるかのように思えるが、 人間は自らの思考でこの過程を制御できる。「理性は道を示し、感情は決断をもたらす」。

バランス ということだなあ と...

-----

情動を無視する ということは 何かを考慮し忘れている可能性がある...

かといって 情動を重視しすぎるというのも いかがなものか...

バランスはなかなか難しい...

-----

とりあえずでも 世の中にある テキスト というか 言説 というか 本 を 大きく 2分 できたりする

情動(感情)派 意識(理性)派

この世界が倒れてしまわないためには

これらを うまく配合して摂取するようにしないといけないな と思う...

一方だけを摂取していたら きっと バランスを崩して倒れてしまうだろうなあ... 戦争は行われて 人は殺されて... と思う...

[]「仕事でオープンソース・ソフトを開発したければ有名人になれ」,Seasar2開発者のひが氏:IT Pro

「仕事でオープンソース・ソフトを開発したければ有名人になれ」,Seasar2開発者のひが氏:IT Pro

自分を有名にするのに必要なのは「最初にプロダクトを有名にすること」だという。

-----

同氏は,こうした苦労を「これが僕と企業とオープンソースの生きる道」 と有名なドラマのタイトルをもじって締めくくった。

そういえば 電通? フェロー な方の本

唯ゲーム論 実写版 | フェロー

とかが目に止まったんだが

企業との関係も これから いろいろ... だろうなあ...

唯ゲーム論 実写版 | 終焉

終焉 らしいし...

via Matzにっき(2006-02-15)

[]Matzにっき(2006-02-01)

Matzにっき(2006-02-01)

『よくわかる現代魔法―ガーベージコレクター(桜坂 洋)』(2)

-----

まあ、予想外の現れ方をする業界用語を楽しむという点では、「にやり」 くらいしかできないのだが、最後まで読んでみたらストーリーが予想外に面白かった。 うーむ。

へえ...

なお、Rubyは登場しません、残念ながら。JavaやCやPerlは出るのに。

Perl は出るのか...

[]Matzにっき(2006-02-05)

Matzにっき(2006-02-05)

『ウェブデザイナーになるには』という本では、 (株)オン・ザ・エッヂ社長の堀江貴文さんの写真が長髪で微笑んでいた。 これも時代の移り変わりを感じさせる。

まあ へえ というわけだが...

本をいろいろリストしていて 時に 著者名でリストしていたりもするんだが

ふと あー ここにも ピーターの法則 は機能しているのかもなあと... いや...

[]ITmedia エンタープライズ:「日本政府はさっさとオープンソース振興から手を引いてしまえ」――VA Linux佐渡氏 (2/2)

ITmedia エンタープライズ:「日本政府はさっさとオープンソース振興から手を引いてしまえ」――VA Linux佐渡氏 (2/2)

既に民間でできていることをわざわざ国がやってそれに依存してしまう状態になれば、 そもそも経済産業省が考えていたオープンソース普及によるソフトウェア産業の競争力強化には逆効果でしょう。 いつの日にか、お抱え業者というものが出現する可能性すらあります。

まあ とりあえず こういうこと ではあるわけなんだが...

私はオープンソース産業で重要なのは「技術力の蓄積」だと思います。IBMもRed Hatもそれを決して怠りません。彼らが米国の企業なので負けるのではなく、 技術を軽視するから負けるのであり、 これをアジア連携や国策的なイメージで囲い込んでもオープンソースである以上は意味はありません。

こっちも結構... つまり 国 という枠をはめることの意味 みたいな...

国策 化されてしまう... ことの 無意味... 大笑)

via Matzにっき(2006-02-08)

[]嗚呼女子大生活 - メディア×生態系

嗚呼女子大生活 - メディア×生態系

そうそう これは 中の図を目にして なんだか面白そうな と思った記憶がある

ビオトープ とか 生態系 というのも まあ そうだよな と思ったし...

社会の周縁にある者が、広義のメディアリテラシーを身につけてメディア、 とりわけWWWといったマスメディアのシャワーが届かぬ場所に情報発信空間を設置する。 そこでは、同様な周縁の者=多かれ少なかれマスメディアに疑問を抱く人々、 の共感を得ることが活動を根付かせることに重大な要件となっている。

あ そんなことが書かれてたのか...

なるほど... さしずめ ブログは... なんだろう...

-----

そう メディア というのは しかし 注目されること(アテンションを集めること)によって成立しているわけで

マスメディア ってのは なんで あんなにでかい顔していられるのかな と思うことしきり...

結局 誰かのブログ を見させられているのと ニアリーイコールなわけなのに なんで あんなに偉そうな顔してるんだろう...

自分だけは特別です みたいな顔してられるんだろう...

早く 腐海の底 に沈んでもらいたいものである... っていうか もう沈んでるか... 笑)

[]L'objet [a]: 「ダンス」する身体

L'objet [a]: 「ダンス」する身体

だが、現代社会では、そういった至高性を得られる場はごく限られたものになっている。 しかし、これまでに述べてきたように、 クラブではこうしたプリミティブで強烈なイリンクスや至高性の感覚を体験することができる。 クラブで「ダンス」すれば誰でも、 イリンクスや至高性の中で他者との一体感や肯定的な感情を得て、 生きる意味やアイデンティティを確認することができる。

へえ そうなんだ と ぼんやり...

via 嗚呼女子大生活 - 「ダンス」する身体

[]佐藤一郎: Web日記 (2006年)

佐藤一郎: Web日記 (2006年)

そして、この分野に多い傾向は、 アーキテクチャを複雑にすれば学術的に価値が出てくると勘違いしている論文がすごく多いということ。 エージェントは簡単に概念を増やせますから、新しい属性や何かの学習アルゴリズム、 怪しい形式化などをいれて、システムを複雑化する。 たしかに複雑な設計や構成にすると、一見何か難しいことをやっているようにみえるし、 それに惑わされる査読者も多い。でもそれは簡単なことを不必要に難しくしているだけ。 これは他のエージェント系の論文にもいえて、 実は国際会議の方もプログラム委員なのですが、 当方に回ってきた論文は似た傾向でした。

なるほどなあ ものには理由 というものがあるようだ...

勘違い... 笑)

-----

ただ、読んでいて感じたのは、 著者というよりも研究室で研究の考え方やレベル差があるというのか、 海外の最新研究を追っている研究室と、既存研究のサーベイをしていない研究室。 後者の場合は世界の研究トレンドとか研究水準を知らないから、 論文中の用語からしてマイワールド系で研究室や組織を出ると通用しない。 そのうえ10年前でもパットしない研究を一生懸命やっていたりします。 そうした研究の論文は痛いんですよね、読むと気の毒なります。 今回はプログラム委員長としての査読コメントを加筆していたのですが、 貴方の研究はレベルが低いですよとはっきり書いてあげた方がいいのかよくないのか、 時代遅れの研究ですよと書いてあげた方がいいのかよくないのかを迷ってしまいます。 以前は容赦なくコメントしていたけど、最近は極力いわないことにしています。 どれだけ海外トレンドからずれていても国内の論文誌狙いなら生きていけるわけですから、 知らない方が幸せだし、知ったところでどうしようもない場合もある。

あー 知らないことの幸福... 笑)

-----

BorlandがIDE事業、JBuilderやBorland C++、 Delphiの売却先を探しているという報道がありました。 Eclipseなどの無償のソフトウェア開発環境IDEが普及した結果、 有料のIDEやソフトウェア開発ツールはビジネスにならず、大幅値下げ、 そして最後は無償化。Intelのコンパイラも限りなく無償化状態。 そしてBorland系も先行きが不透明になると、 有料の開発ツールIDEで有力どころはRational系の一連のツールとMicrosoftのVisual Studioだけになってしまうかも。前者は相変わらず高値安定のようですが、 後者はMicrosoftはWindowsで儲ければいいので全面無償化も時間の問題かもしれません(すでに無償化に近いかも)。

あー そうなんだ...

[]Cool Tool: TV-B-Gone

Cool Tool: TV-B-Gone

Switch off thousands of TVs using just one small remote! When you want some peace and quiet in that local bar of restaurant or office all you need to do is hit the TV-B-Gone button. I've used it in bars and clubs, and in the headquarters building of a large South African bank which had too many TV's on the walls and some of which needed to switched off. It really does work.

すごいすごい... 笑)

[]Cool Tool: Kugihiki Flush-Cutting Saw

Cool Tool: Kugihiki Flush-Cutting Saw

The Japanese Kugihiki flush cutting saw saves me time, makes a cleaner cut, and needs no setup time. Since the teeth have no set, you can slide the saw against a surface without marring it.

These and other Japanese hand saws such as Dozuki and Ryoba have caused me to abandon power tools for many jobs. The cut almost never needs cleaning up and is good for many materials. The Ryoba looks intimidating but can replace a cheap circular saw any day for a lot less money.

お... のこぎり 人気なようだ... ^^

[]イランとアメリカのハルマゲドン

イランとアメリカのハルマゲドン

その大戦争の途中で、マフディやキリストが本当に出現するのかもしれないが、 私は一神教徒ではないので救世主の出現を信じない。どちらにしても、 最終的にこの大戦争は欧米の中東支配を終わらせ、アメリカは衰退し敬遠される結果、 アジアや中南米なども自律的な覇権地域になり、世界は多極化していく公算が大きい。

アメリカが自滅的、隠れ多極主義的な「世界民主化」を展開しているうちに、 イランにアハマディネジャド政権ができ、 中東を統合し世界の多極化に貢献するような動きを始めている。 これは偶然の結果なのか、それとも欧米の中枢と、 イランの最高権力者であるハメネイ師の間で、何かやり取りがあったのか。

そのあたりは、国際政治の「奥義」そのものなので、 中枢から遠い市井の徒である私には、事実かどうか確認できない。だが、全体として 「世界中で反米が扇動され、アメリカは自滅し、世界が多極化していく」という動きが、 あちこちでシンクロナイズし始めている感じは、だんだん強まってきている。

大戦争の後に 人間が生存可能な地球がまだ残っているかどうか のほうが 心配だったりするよなあ...

-----

イラン核問題:繰り返される不正義

EUはすでに、2003年のイラク戦争のときに、正義の追究をあきらめている。 フセイン政権は、1991年の湾岸戦争後、 欧米から圧力をかけられて大量破壊兵器を破棄したが、その後もアメリカは 「イラクは大量破壊兵器を持っている」と言い続け、それを口実にイラクに侵攻した。 侵攻前、EU諸国の中からは「イラクはもう大量破壊兵器を持っていないはずだ」 という指摘が出て、独仏は侵攻に反対したが、反対は通り一遍で終わった。 ブッシュ政権は戦争犯罪を犯した疑いが強いが、独仏などは、 そのことほとんど非難していない。

なるほどなあ というか まあ 確かに...

この点は、ロシアや中国なども同じである。どの国も、 アメリカを正面切って非難することの危険性をよく知っている。日本は最初から 「アメリカがどんなに悪いことをしても、アメリカの味方をするのが国益だ」 という立場をとっているが、ふだんは威勢の良いことを言うフランスやロシアも、 いざというときには日本とほとんど同じ態度しかとれていない

まあ そういうことなんだろうなあ...

EUがイラン問題で正義の追究を捨てたといっても、これは政府間の話であり、 もしEUの一般市民がこのような自国政府のあり方を知ったら、 強い世論の反発が出るのは必至である。そのため、欧州各国はマスコミに 「イランよりアメリカの方が悪い」という報道をさせないよう、 隠然と情報操作をしている可能性がある。アメリカのマスコミも「イランが悪い」 という報道しかせず、 アジアなど他地域のマスコミの多くも欧米の報道を翻訳するだけなので、 世界のどの新聞を見ても「イランが悪い」という論調しかないという、 情報が歪曲された状況が出来上がった。

結局 世界全体が マスコミ によって 体よく 洗脳されてるってことですね... 大笑)

イラク侵攻を機に、国際社会からは「正義」や「道理」が消えた(以前の国際社会には、 表向きだけだが、正義や道理の追究があり、 それが国際社会での欧米の優位を支えていた)。このことは、 イランにとっても態度の転換をもたらした。イラクのフセイン政権は 「言われたとおりに大量破壊兵器を全廃すれば、もう侵攻されることはないだろう」 という道理を信じて全廃したが、その結果起こったことは、 丸裸にされたイラクを米軍が簡単に潰すという侵略戦争だった。

この 世界 から 正義 が失われてしまった瞬間...

-----

イランとアメリカの危険な関係

この一件で、アメリカ側がイランの核施設を空爆する可能性が高まった。 ドタキャンしたイラン側は、アメリカの攻撃を誘発したことになる。 イランにとって自滅的な行為とも言えるが、アメリカとイランの戦争では、 この後で説明するように、意外なことにアメリカの方が負ける可能性が大きい。 アハマディネジャドが過激な戦略を採るのは、勝算があってのことであろう。

え?

中東の多くの国では、国境も権力者も、欧米によって確立されたものである。 エジプトのムバラク大統領と、ヨルダンのハシミテ王家は、 アメリカの支援が失われたら政権の座を追われる可能性が高い。 サウジアラビアとクウェートの王家も、 アメリカの協力なしには国家建設ができなかった。こうした構造があるため、中東では 「一般の人々は反欧米だが政権は親欧米」という断絶状態になっていた。従来、 民主主義が弱かった中東では、人々が政治権力を持っておらず、人々の反欧米感情は、 政治的には無視されてきた。

ところがブッシュ政権が「中東民主化」をやり、イラクやパレスチナ、 エジプトなどで選挙が実施された結果、 反欧米の勢力が民意を受けて政治権力を持つようになっている。こうした中で、 アハマディネジャドは、中東の一般の人々の心に響く直截的な表現で欧米を批判し、 人々に支持されている。パレスチナのハマス、エジプトのイスラム同胞団、 シリアのアサド、ヨルダンのヒズボラ、イラクのサドルなど、 アハマディネジャドと同じ意見の強硬派も増えている。

ほう...

米側から攻撃されたイランは、イラクに地上軍を侵攻させ、 イラクに駐留する米軍兵士を殺すことをもって「報復」 とする可能性がある(イラン軍は越境せず、 武器と軍事顧問をイラクの民兵に提供する選択肢もある)。 クルド人以外のイラクの民兵は反米だから、彼らの多くはイランを支援する。 米軍はイラクで本格的な地上戦に巻き込まれ、イラクからの撤退は中止され、 米軍は逆にイラクに増派を迫られ、戦死者が急増する。全中東を敵に回すアメリカは、 イラクでの地上戦の激化に耐えられず、おそらく何年かの地上戦の末に、 イラクから敗退する。これは、中東におけるアメリカの覇権の終焉となる。

(日本の自衛隊も、撤退せずもたもたしていると大戦争に巻き込まれるので、 早く帰国した方が良い)

あらら...

周囲が敵ばかりになる今後の厳しい状況下で、 イスラエルが国家として存続できるかどうかは微妙なところだ。 シャロンが始めたパレスチナ側との完全分離が成功するかどうか、 成功してもアラブ側からの攻撃をどれだけ避け続けられるか、 ということが国家存続可否の分かれ目になる。国家が存続できない場合、 イスラエルに住むユダヤ人は、以前のような離散状態に戻るか、 もしくはアハマディネジャドの「忠告」にあるように国家の移転先を探すか、 という選択肢を迫られる。

あら...

大きなタイムスケールで考えてみたら そういうことになったりもするんだろうか...

日本のノストラダムス と ぼんやり...

[]極楽せきゅあ日記

極楽せきゅあ日記

テレビに出たよ。テレビ朝日「ワイド!スクランブル」。

偶然だけど昨日の朝書いていたホリエモンメールの件で。

詳細は放送後に(笑)。

へえ...

[]ポインタ不要論

ポインタ不要論

ほう...

本稿では,私の感じたことを,ポインタ関連のバグを減らすための1つの方法として, ポインタの扱い方に対する提案をしたいと思います。

ってこと?

同じように,ポインタも適切に使えば問題はありませんし, 処理の高速化や概念の実装に役立つでしょう。だからと言って、 ポインタに頼りすぎるとgoto文と同じように読みにくくなりバグを作りこむことになります。

まあ goto 文 みたいなものだと...

確かに 本来的に不要な場所で goto 文 を使わずに済むのなら使わないのが賢い のと パラレルに...

という話は成り立つわけだな...

タイトルの妙

via 極楽せきゅあ日記

[]極楽せきゅあ日記 - The Oracle/Joey Calderazzo

極楽せきゅあ日記 - The Oracle/Joey Calderazzo

自分の中に雑多な情報を蓄積していって、あるときその中からインスパイヤ(笑) されたものが出てくる、というのだけじゃ、 天災みたいなもんで来るか来ないかわからない、みたいなところがあるんだよねー。

どっかにそういうシステム無いかなあ(無い物ねだり?)。

というわけなんだけど...

自分のプロセスパターンをアクター化して 複数機能させれば

複数アフィリエイトで 2倍 2倍 と同じていで

2倍 2倍 の処理効率 思考効率 が達成可能だ という話... ではもちろんないわけだが...

まあでも 流行の セレンディピティ を捕まえる網が広がりますね という... か...

-----

つまり パターン駆動 だという話があって パターンのスロット

まあ ミンスキー 言う所の(いや知らないが...)フレームの空きスロット を自動的に埋めてくれたりする アクター

でも それを 私 は体験しているわけではないので なんだか 奇妙な感じになることだろう ということだけは 確かだ...

それ が 埋められる時の 快感のために やっているようなものなのに 快感 をとられて 結果だけがえられたところで

それは ゲームブックを頼りに RPG をするのと同じだ... クリヤはするけれど 全然 楽しくない... 笑)

それは また ある意味 自己啓発本を読みながら 人生をプレイするに等しいわけだが...

いや 自己啓発本は 今 自分を縛っている枠組みを壊すという機能を発揮する点では意味がある が そこが 効用限界...

----

ある時期 それに気づいてから ゲームブックを見るのはやめようと思ったのだが それと同時に 面倒になって RPG をやることはとんと無くなってしまったわけだが...

でも 最初に ドラクエのゲームブックを見たときは へえ 面白い と思ったものだ...

2次元の建物が 3次元 に描かれていたりして そのこと が とても面白く感じられた...

-----

極楽せきゅあ日記 - The Oracle/Joey Calderazzo

■[セキュリティ]ノーパソ

を ノーパンセキュリティ と読んでしまった... ひろしです...

-----

極楽せきゅあ日記 - 恋のナイト・フィーヴァー/ビー・ジーズ

-----

シティバンクの新サービスは、パソコン画面上に入力キーを表示し、 暗証番号とパスワードをクリックしてもらう方式。

キーボード入力の際、スパイウエアで情報が盗まれるケースが多く、 防犯効果があるという。

入力のたびに画面上の入力キーの並び位置を変えるなど他行にない工夫も加え、 安全性を高めた。

-----

あー なるほど... 確かに...

そう 分かりやすいオーディオブックを買えばいいんだ という点に気がついて あ そうだ ダンブラウンのは分かりやすかったぞ というわけで

そくそく 残りの 2冊を買い込んでしまったわけだが その 1冊 が ディジタルフォートレス

唯ゲーム論 実写版 | 聴き始め

Digital Fortress - Wikipedia, the free encyclopedia

っていうやつで NSA が舞台... で そういう話が出てきてたな...

でも ちょっと あれだなあ... 笑)

ある意味 ゆるゆる 突っ込みどころ満載っていうか...

-----

極楽せきゅあ日記 - 199X/KYLYN

まず、指紋認証ですが、結局これがどれほど安全に寄与しているのか、 そのあたりは疑問ですね。この日記でも書きましたが、 ノートパソコンの場合指紋なんてそこらじゅうに付着してますよね。 それをグミなり木工用ボンドなりに写し取ってしまえば、認証なんて欺せるでしょう。 写し取るのもそれほど困難とは思えませんしね。

あ そうかあ あっはっは みたいな... さらに見えはって ピアノ塗装 なんかにしていたひには... とって下さいと言っているような... 大笑)

指紋認証がなぜヤバいのか、というと、これは結局鍵管理の問題に他ならないからです。 指紋認証付きノートパソコンを落とす、盗まれるってのは、鍵と錠前を一緒に落として、 盗まれてしまうようなものなので、 ちょっと頭ひねればすぐ錠前をあけてしまえるわけですね。

-----

もっと一般的な教訓を得るならば、指紋認証が付いていれば安全だ、 という幻想は捨てなければならないでしょうね。 指紋認証と指紋が付いているノートパソコンって、 ディスプレイにパスワードが貼ってあるのと同じなんですからね(笑)。

その手のパソコンをお使いになるならば、手袋をすることをお勧めします(爆笑)。 手袋してPCに向かうって、でも逆にかっこいいかもヽ(´ー`)ノ

ってことで... 笑)

-----

まあでも、その業務に関して言えば、 ほんとうにノートパソコンである必要があったのか、という疑問はありますね。

全く それくらいの覚悟でいてもらいたいものだよな... セキュリティ扱う業界はねえ...

-----

極楽せきゅあ日記 - Song For Billbao/Michael Brecker

でもこの業界って、まあIT業界もそうなんだけど、いろいろ知ってる人ほど 「できないヤツが悪い、勉強不足」 みたいな感じの反応ばっかりのような気がするですよ。まあそりゃわかるんだけど、 そもそも本業以外にそういうところにお金を割けない企業ってのは対応できなくなっちゃうんですよね。 本業がWebサービスとかっていうのなら、 そりゃセキュリティをしっかり考えなきゃならないところなんだけど、

まあ そう だよなあ...

なんかパラダイムシフトが必要なのかなあ。

なんか そんな感じ...

-----

極楽せきゅあ日記 - Birdland/M.Sasaji & L.A.Allstars

vp5m-sndってのはあちきのメアドのIDなんすけどね。こういうメールの文面作るのって、 機械的にやんのはけっこう簡単だし、 いずれ誰かがやるだろうとは思っていましたけどねえ。

へえ そういうことになってるんだ...

nifty の web メールのフィルタで こういうのの中身を見ることはとんとなくなってしまったんだが なんだか ご大層なことである...

-----

極楽せきゅあ日記

で、その「はてならしさ」ってすごく論理的なんだよね。 その論理ってのが脆弱ではなく、何て言うか「生活者の知恵」みたいな感触がしますね。 イベントやそのオーガナイズってのを経験しているだけあって、 出てくる思考はすべて実践的ですしね。

しかし、そういう「らしさ」ってのを要求される会社って、 ホンダとか昔の(と言わざるを得ないんでしょうかね)ソニーとか、ごく一部ですよね。 以前のホンダは「らしさ」 が暴走して会社の主力とすべき商品にあばたもえくぼ的な人気が出ていたりしたけど、 そういうのは商売としちゃー厳しかった。今のホンダはそんな過激なまでの「らしさ」 は薄れたけど、商売としてはしっかり地位を築いている。商品の「らしさ」が薄れる、 ってことは、魅力が薄れるということでもあるんだけど、会社の「らしさ」 自体はまだまだ失われていない。ソニーは「らしさ」 も商売も両方失ってしまった観がありますよねえ。

らしさかあ... と ぼんやり...

らしさ がある ということは 認知されやすい アテンションを得やすい ということには繋がりそうではある...

適度な らしさ...

-----

極楽せきゅあ日記

「危険性は交通事故より低い」 BSEで米いらだち

というわけだが 交通事故 と比較するの? と素朴な...

で どこで読んだのだろう 凶悪殺人とか増えているという印象があるけれど

実際 人が誰に殺されているか を統計的に見てみると 大多数は 家族(まあ 殆どは 親?)に殺されているのだという...

外 にいる より よほど 家の中 にいた方が 危険だ...

-----

極楽せきゅあ日記

飲酒運転が厳罰化したので、酒飲んで運転した直後に捕まるのを避けて=逃げて、 醒めてから出頭する、というヤカラが増えているらしい。

なんだかなあ... 逆効果?

-----

極楽せきゅあ日記

世界初のフォレンジックス漫画ヽ(´ー`)ノ。 メールを復元したいならこの本を迷わず読め(笑)!

-----

アクセスガール アスカ危機一髪

あ あの本の著者の方であったか...

[]スラッシュドット ジャパン PS3製造費は900ドル?

スラッシュドット ジャパン | PS3製造費は900ドル?

メリルリンチ等の金融屋は投資家をはめ込むために大がかりな嘘を平気でつきます。 現在ソニーの株価は値下がりが続いていますが、 これをさらに下落させて個人投資家の投げ売りを誘おうという意図が透けて見えます。 メリルリンチはごく最近でもモルガンが6500円と評価したダイエーの株価に対して 「2000円が妥当」とのレーティングを出して暴落を引き起こしています。 ダイエーの件では誰が嘘をついたのかについて未だに議論が分かれていますが、 こういう証券会社系の情報を鵜呑みにするのは危険だと思います。

なるほどなあ... ウマー みたいな...

逮捕権は及ばないのかなあ... 大笑)

-----

次世代機と呼ばれていたPSやサターンは確かに質の転換をもたらしてくれました。 でも、その後続のPS2やDCは何か新たなものを見せてくれたでしょうか。 確かに 「グレードアップ」はしましたが、何か新しいモノを提供してくれたかというと、 ちょっと疑問です。

もう これは メディアの形式に内在的なものだと思うなあ...

ある程度以上のものは全部同じに見えてしまう...

まあ 通 は そこに 違い を見出して ああだのこうだの言うんだろうけれど それは ニッチ...

だから

PS3やXBOX360やレヴォリューションには…ゲーム屋さんには是非頑張って頂いて、 「この性能でなきゃ、 このデバイスでなきゃ実現できっこない"ゲーム性"があるんだい!!」 というものを提示して頂きたいし期待したいものです。 かつてのPSやSSがそうであったように。

無理だと思う... というか そもそも メディアの特性が 実は そうな(同じに感じられてしまう)のだから

そこに少しの可能性も 無い だろう...

まあ ある意味 同じく 高画質を詠う あの系統も同じだってことだが...

via 更新日記

[]視基AB - 右の頬を罵倒されたら、左の頬を差し出す(N)

視基AB - 右の頬を罵倒されたら、左の頬を差し出す(N)

-----

では、最終的にどう生きるべきかを決めるのは何か? それは……何かを大事に思うという気持ちだ、とフランクファートは論じる。 それを愛と呼んでもいいだろう。愛、というと日本語ではロマンチックな連想が強いが、 ここで言われているのはそういうものではなく、昔キリスト教の宣教師が「お大切」 と訳したような、何かを気にかける感情全般だ。

-----

自覚的なメタ欲望の結果に生まれた欲望は発生過程がピュアでないのでピュアな欲望ではないので、 良くない、ということになると、メタ欲望について自覚しないのが一番良いのだろう、 ということになるわけですが、難しいことに、 なにについても自覚の無さこそが一番かっこわるい、青い、 というような病気にも同時に囚われているので残念なことに上手い解決策はない、 のですが、実際の所、自覚的なメタ欲望の結果であれ、特に楽しさには影響しない、 というか正確に比較できる対象がないのではっきりとは言えないものの、 割と安定してお大切を生み出させるようなシステムや行動様式はやはりあるんだな、 というのが今の気分です。それがそういう物だと分かっていても、ということです。

タイムスケールを大きくとってみると 言語 を持たない 人間 というものが 視野 に入ってきたりも するわけなんです...

そういう 人間 も含めて 果たして どう生きるべきか みたいなことを 思った時に どうなんだろうなあ と ぼんやり 思ったりもした 間ブログ...

-----

この世界 を ゲーム だと 考える意識 というのは 本来的に メタ なのかな...

あ こういうの

唯ゲーム論 実写版 | これは!

を見つけたんだけれど 買って かばんに入れてはいるんだけれど 花粉よけのゴーグルをしていては 読もうにも読めない... 笑)

そういう点で オーディオブックは偉い... 歩いていても聴けるものなあ...

大体 ここに 書かんとしたことは 書かれてしまっている雰囲気... いや 知らないが... まったく... 笑)

[]松岡正剛の千夜千冊『黒い花びら』村松友視

松岡正剛の千夜千冊『黒い花びら』村松友視

村松友視は変なものばかり書く人だ。いや、直木賞の『時代屋の女房』(角川文庫) や泉鏡花賞の『鎌倉のおばさん』(新潮文庫)といった小説のほうではない。 それは『村松友視自薦作品集』(アーツ・アンド・クラフツ)などを御覧になるといい。 『私、プロレスの味方です』(新風舎)や『トニー谷、ざんす』(毎日新聞社) や『力道山がいた』(朝日新聞社)、『そして、海老蔵』(世界文化社)、 『百合子さんは何色』(筑摩書房)、『雷蔵好み』(ホーム社)のほうだ。 こういう仕事は、 きっと誰かがそのうち書くだろうと思っているのに誰も着手しない人物伝というもので、 村松にしかできないものなのである。タイトルも独特だ。 これこそがオールウェイズなのだ。オンリー・イエスタディなのだ。

そうそう プロレスの味方です ってのは読んだ記憶がある... が もちろん 忘れた...

案配よく、その店には「あの頃」ボタンというのがついている端末機があって、 それを押すとその年の流行歌が表示されるようになっている。 それを押しては何かをネット選曲して唄うのである。 おもしろがってぼくは当時の流行歌を手元ボタンで全部出してみた。 そこに『黒い花びら』があったのだ。

へえ...

そうだ そういう TV があったら面白いかも...

あの頃 ボタン を押すと...

そう その頃は 見ることができなかった 番組は いくつもある...

[]松岡正剛の千夜千冊『負ける建築』隈研吾

松岡正剛の千夜千冊『負ける建築』隈研吾

しかしこの世代もこのままでは目印がない。 ここにおいて隈もさすがに脚下照顧をしてでも、 この現状に向き合ってみなければならなくなってきた。 けれども目印を強調することはしたくない。むしろマイナスの目印にしたい。 境界があるのか境界がないのか、あえていうのなら、そのこと自体を目印にしたい。

ふーん なるほどなあ...

建築においても トロピックサイクル みたいなものはあるようだな...

だいたい 1つの世代で 1つのフェーズは構成されるのか...

隈によれば、負けのレトリックが尊ばれるというのは共同体が閉じたということになる。 共同体が開き、外部と直面するときは「勝つ」ためのレトリックを競いあう。 外部に敵わないとみて共同体が閉じれば、 内輪の関係を重視してそちらのほうを保てばいいのだから、そこに集中できる。 負けのレトリックとは、この由緒正しい村落共同体的なマナーにのっとった 「負けるが勝ち」の作戦なのだ。

なるほど 閉じたか... つまり 勝てない と見切ったか... 笑)

いずれにせよ しかし 意識 とか 言葉 とかは 不器用なものだな...

[]松岡正剛の千夜千冊『建築的思考のゆくえ』内藤廣

松岡正剛の千夜千冊『建築的思考のゆくえ』内藤廣

ついでに言うのもなんだけれど、ぼくも「千夜千冊」 に加藤周一や大江のエッセイを入れるようになったらおしまいだと思っている。 梅原猛も入れたくない。いや、大江の小説は評価する。

加藤周一や大江のエッセイを入れるようになったら負けだ

と思っているらしい... 笑)

梅原猛も入れたくない

なるほど いや うすうすは... 笑)

ちなみに内藤さんは建築を「作品」とよぶのも大嫌いな人である。 こういうところがいまの建築家にはない気性なのである。

[]When The Long Tail Wags The Dog

When The Long Tail Wags The Dog

Some products (big fast food and hotel chains) often depend upon the value of certainty: Their attributes may not be the greatest, but they give you a very high certainty that you will get exactly what you expect and rarely get surprised on the downside, so they minimize the uncertainty effect.

なるほど ブランド というのは そこ を狙っているわけだが...

で 後の部分 面倒で読む気にならなかったんだが... ふむ...

ロングテールかあ... google からは無視されても yahoo で 1位になったら そこそこのアクセスはあるものだなと思う 今日この頃...

もちろん エロなロングテールのお話...

やっぱ エロはアクセスされるなあ... っていうか 99% それじゃねーの?

統計的に言っても やっぱ フロイト は正しかったって... 大笑)

[]フォトショップ 写真補正&加工の大原則:Goodpic

フォトショップ 写真補正&加工の大原則:Goodpic

このたった5ステップで、これだけ違う写真になりました。 フォトショップ恐るべし! というか、今まで全然、活用しきれてなかったな?。 ということで、この本はかなりおすすめです。

へえなるほどなあ というか 別物のよう...

まあ そういうものだろうなあ と思ってはいたが という感じ...

[]23net.tv - Psychic TV Research Laboratory - RE-SEARCH REVIEWS-Holophonics ホロフォニクス特集1

23net.tv - Psychic TV Research Laboratory - RE-SEARCH REVIEWS-Holophonics ホロフォニクス特集1

Holophonics ホロフォニクスとは、神経生理学者 Hugo Zuccarelli ヒューゴ・ズッカレリが開発した立体音響録音システムの総称である。 収録された場所の上下、左右360度の音の立体的知覚を記録、再生することが可能。

へえ...

ホロフォニクスの録音は、バイノーラル録音(*)とよく似たダミーヘッド型の機器と、 ズッカレリによって秘匿され公開されていない処理方法によって行われる。

ほう...

つまりホロフォニクスは、 レーザー光を使ったホログラムの音響版と言えるような原理であるらしい。

へえ...

『BAD』マイケル・ジャクソン(※ホロフォニクスおよびヒューゴ・ズッカレリのクレジットなし。 ただしM3「Speed Demon」のバイクの通過音のみホロフォニクスが使われている)

らしいぞ...

サンプルがあるが そういわれてみれば 上下移動しているような感じ...

ズッカレリ本人が危惧する全社会的マイナス影響を考慮してのものなのか、 そもそもその危惧が本当なのか、または別の理由があるのかは不明だが、 いずれにせよ現在までホロフォニクスのテクノロジーは公開されていないようだ。

公開するには危険過ぎるテクノロジーなのだそうだ...

via hard で loxse な日々 | 2006/02

[]diary200602

diary200602

同居人もプロレス好きだったのだが、私はプロレスがなんで面白いかわからなかった。 「単なるショーでしょ」的な問いかけを何度かしても、「そりゃまぁそうですけど」 といった類の返事しか返ってこない。が、森達也のこの本を読んで、やっと、 なんでその「単なるショー」をプロレスファンが楽しんでいるのかわかった。そうか。 あれは芝居で言うところのアドリブ、 ジャズセッションで言うところのインプロビゼーションだったのか。 お互いがお互いの手の内とレベルを知り尽くし、かつ、勝敗ではなく戦い方にも一定の 「約束事」があって初めて成り立つものであり、 マッチメイクというシナリオがありながらも、 そのシナリオをどれだけ観客に納得させられるかで測られる競技なのだね。なるほど。 アマチュア・レスリングとの違いに戸惑う非観客はそこまで説明してもらわないとわからないのだ。

結果 が問題ではなく その 過程 を楽しむ と言ってよいか...

人生と似ている と 書いてみるテスト...

リアルタイムに生成されていく物語を楽しむ 娯楽

-----

映画初っぱなは、土曜日の午前中に『白バラの祈り』。えー、映画館で泣いたの、 初めてです。涙が流れてきて止まりませんでした。 【同居人もいろいろ考えさせられたらしくて】、 見終わってから二人であれこれ話している。いまもあれこれが続いているところ。 「あれこれ」は書ききれないけれど、私のいちばんの感想は「お願いです。 せめて手続だけは〜」という切実な叫びだ。法律を少し勉強し始めたからか、 「ハイル・ヒットラー」というかけ声で始まる人民法廷は背筋がゾッとする。 もちろん聖書や神に宣誓するのもどうかと思うが、 国選弁護人までもが被告となったゾフィーを裁くかのように扱い、「法廷じゃなくて、 私廷だ」と思ってしまう。

反ヒトラーで闘う「白バラ」 の紅一点・女子大学生ゾフィーは、ヒトラー批判のビラを配った件で、 手続を無視した法廷で逮捕後わずか5日後、国家反逆罪犯として処刑されてしまう。

この時代といまはほんとうに違うのだろうか? ビラを配っただけで逮捕されることは、 いまの日本ならよく聞くようになってきた。

-----

diary200509

ずっと、「思いやり」という言葉を隠れ蓑にすることが多い、そして、実態としては 「倫理の押しつけ」が苦手だった。「あなたのためを思って」という言葉が出てくると、 身体がこわばる。

そんなときに、どうやら近代法は、 この倫理とは一線を画したところで成立しているらしいと聞いたのだから、 気にならないわけがない。「“あなた”の倫理で裁かれたくない」。 私が法律の勉強をしたかったことのひとつは、 この点への関心がやっぱり強い(だから刑法では必然的に結果無価値と親和性が高い)。

でも、この『言論統制列島』を読んでいると、そんな思いとは関係なく、 モノラルな方向性を押しつけられることを世の中の多数が望んでいるかのような気になる。 事実そうなのかもしれない。

そう 正論 をふりかざす人達とかね...

一線を越えてしまうと やっかいな(多分 一般的には 善良な)人達... ピーターの法則...

[]圏外からのひとこと 避難所 - ハウルの軽やかな獣性とソフィーの清らかな鈍重さ

圏外からのひとこと 避難所 - ハウルの軽やかな獣性とソフィーの清らかな鈍重さ

そして、この物語を動かし始めるのは、ソフィーの怒りでした。ソフィーは、 自らの呪いについて語ろうとして、 それ自体を呪いによって禁じられていることに怒りを覚えます。その怒りから、 この長い物語は動きはじめます。

個人としての我々も最初に、 自分を縛りつけるくせにそれについて語り得ないものについて怒りを持つべきでしょう。

ああ そうだったな と 思う...

そこ が 出発点 だ...

いわゆる イデオロギー とか 欺瞞 とか そういうやつだ...

そういう もので あふれる TV は 臭い 臭い...

そういうことを感じずに 幸せに生きることができる人は そうでない人の領域を犯さないで欲しい と 思う... ピーターの法則...

それが 本当の 思いやりというものだし 相互不可侵 条約 でもある...

いや もちろん オフトピック だし 空気 を読んでいないのは言うまでもない...

-----

圏外からのひとこと 避難所 - 「プロフェッショナル」は技能でなく職業倫理で認定される

ジャーナリストは、技能や知識や経験でなくて、職業倫理、 つまり彼または彼女が自分に何を誓ったか、ということで定義される。「誓い」 の数だけ、ジャーナリズムの種類があって、「誓い」 のレベルでジャーナリストのレベルが決まる。

なんとなく ピン とくる... 志なのだと...

河合さんの考え方では、「こういうクライアントにはこう対応する」 といういつでも100%対応できる都合のいい技法は無いということなので、実際、 深刻な人の話を聞くと途方に暮れることもある。 カウンセラーもクライアントと同じだけ途方に暮れているけど、同時に 「人間には直る力がある」と信じている。 途方に暮れているのと同時にその信念を保っていられることがカウンセラーの技能であり、 人にしゃべることでカウンセラーの気持ちがクライアントから離れてしまい、 その技能の妨げになる。そういうような話だった。

何かを信じる ということ...

[]ダメダメな日々

ダメダメな日々

うはっ、1年ブリ。最近はこんなものがあるらしい。正直ビビった。ちんこ縮んだ。 思〜え〜ば色々あったもんだ。世間で言う結ぶ婚ってヤツですか。アレです、きゃっ! 若者で大流行りのできちゃった何とかではありませし、IT社長でもありません。

というわけで世間的にはブログとか流行ってて、社長ブログとかやってても(やっぱり) 逮捕されちゃった人もいるけど、 そろそろオレもその波に乗りたいって思ってたわけじゃないんだけど、 リニューアルしたいと考えていて一年。時間がたつのは早いぞ、ジョジョォォォ。

あ 1年ぶり... まあ これくらいでないと 間ブログ とは 呼べないか...

[]ヘスラー軌道

ヘスラー軌道

何故大手メディアでは報道されんのか。

というのは

Abu Ghraibの未公開写真が表に出て来た様だ

という... まあ 空気 読んでるだけでしょうなあ...

今は さ あれだから フィギュア よ フィギュア 頭ン中 それだけだから... この国... 大笑)

[]大岡みなみの身辺雑記/最新版

大岡みなみの身辺雑記/最新版

朝から東京・水道橋。「東京教師養成塾」(2月4日付「身辺雑記」参照) の修了式をのぞいた。式場には言うまでもなく舞台正面に「日の丸」が掲揚され、 式典の冒頭では「国歌斉唱」。もちろん全員が起立して、 背筋をピンと伸ばして大きな声で歌っていましたとも。 しかしそれよりもっと驚かされたのは、ことあるごとに司会者から「一同起立」 「一同礼」という号令がかけられ、そのたびに全員がザザッと立ち上がって、 斜め45度の角度で3秒ほど揃って身をかがめることだった。一糸乱れず整然と。 そんな光景がもう何回も何回も繰り返されるのである。見事に「調教」されているなあ。 さすがです。そして極め付きだったのは、挨拶や報告のために登壇するすべての人が、 舞台正面の「日の丸」に向かって必ず深々とお辞儀すること。壇上の右側の席にペコリ、 左側の席にペコリ、演壇の教育長にペコリ。それに加えて「日の丸」 に最敬礼で頭を下げるのだ。ただ一人の例外もなく。「そんなにペコペコせんでも」 と思うのだが、軍隊なんかでよくある様式美というやつですかね。 みなさん本当に真面目なんだなあ。心から感心させられました。

いやー すばらしい ぱちぱちぱち

こうして ポチ の拡大再生産 は 続くわけだ... 大笑)

大岡みなみの身辺雑記/最新版

東京都教育委員会の「東京教師養成塾」第2期生の成果発表会を見学した。

ということらしい...

-----

メディアではあくまでも「天皇制の維持」が大前提なので、 そのラインに沿った話だけしか流れない。 僕は正直なところどうでもいいと思っているので、 興味津々で高見の見物をするのだけど、 皇室報道によってほかの重要ニュースが小さく扱われるのは大問題だ、 ということは強く主張しておく。

まあ それはそうだな... 大笑)

2006-02-02

[]基本的に 行間の開いているエントリーは

基本的に 行間の開いているエントリーは スクロールが面倒なので 読まない 主義なのだが... < それも酷いが...

真性引き篭もり/entry

そんなホリエモンだけれど、僕が思うにホリエモンは有能だったのだと思う。 ライブドアの技術に関するブログを読んだりしていて、更にそう思うに至った。

-----

それでもホリエモンは優秀だった。 虚々実々を用いてそこから金貸し、中古車、 インスパイア、とにかく優秀だった。少なくとも、 うまく行きそうだったくらいの所までは来ていたんだと思う。

けれどもホリエモンは墜ちた。 ホリエモンの手には負えないステージ、 即ちホリエモンはホリエモンが無能化するステージにまで進んでしまったのだろうと僕は思う。

ホリエモンが無能化するステージとは何か。 それは普通に考えれば 「虚々実々が潰されてしまう保守的なステージ」という事になるだろう。 けれども僕はそうは思わない。

ホリエモンが突入した「ホリエモンが無能化するステージ」とは、 堕落ではなかったろうか。金を得たホリエモンは自身の非常に優秀な能力の実の部分と、 金と名が生み出す虚の部分を取り違え、ひっかえとっかえセックスして、 朝から晩まで腰巾着共と旨いもん食べて、 ゴーストライターと談笑しながらブログのエントリーを上げ続け、 株価も順調上がったりして、セシール買って褒められて、 ホリエモンはホリエモンを見失ってしまったのだと思う。

-----

けれどもホリエモンは無能になる事を選んだ。 「株価は見られないんですか?」 なんて無能の極みじゃないか。

まあ そういうことだろうなと 思う... つまり

ピーターとホリエモンの法則

でもまあ 人は 走っていると 他の事に目は行かなくなるものだ... 自分を見つめる ちょうどいい機会なんじゃないかな...

んー どこで目にしたんだろう 人は一度は ... と 何かに書いてあった...

一回り(体はスリムに 人間としては)大きくなって出て来い ホリエモン とでも書いておくか... 笑)

via アルファブロガー-:人気ブログランキングで見つけられないおすすめブログ- Alphabloggers.com

via Passion For The Future: とにかく目立ちたがる人たち

なんとなく 間ブログ(カンブリアじゃないよ ^^)期 に入っ て/たつもりだっ たんだが 力のあるエントリーに引き出されてしまった... 失礼...

 | 
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 |