わめぞblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

わめぞblogへようこそ!

わめぞ年表    http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20070114
わめぞ年表2    http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20070115
メディア掲載情報 http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20070113

2100-12-31 「わめぞ」とは3つの町の頭文字

[] を含むブックマーク

私たちは早稲田、目白、雑司が谷地区の「本」に関係する仕事をしている人間の集まりです。この3つの地域は徒歩で15分前後という、散歩にちょうどよい距離で結ばれています。この地域で同じような職業をしているもの同士集まって、イベントをしたり情報交換をしたりしましょうと、2006年11月に「わめぞ」を結成しました。

続きを読む

2099-12-30 わめぞ最新イベント情報一覧 このエントリーを含むブックマーク

◎2014年5月18日(日) 

第25回 鬼子母神通り みちくさ市

一般参加型の古本フリマ。商店街が1日だけ古本街!豪華トーク、ブングテン、野菜市も。雑司が谷大文化祭開幕です。

http://kmstreet.exblog.jp/

2099-12-29 わめぞへのお問い合わせは・・・ このエントリーを含むブックマーク

「わめぞ」へのお問い合わせ、取材依頼などは下記までお願いいたします。

古書現世向井透史まで k-gensei■nifty.com  (■を@に変換してください)

TEL&FAX 03−3208−3144 11:00−19:00

http://d.hatena.ne.jp/sedoro/

2014-04-17 5月のみちくさ市出店者募集! このエントリーを含むブックマーク

【第25回鬼子母神通りみちくさ市】5月18日(日)開催のみちくさ市出店者募集は4月23日(水)21:00〜です。どうぞよろしくお願い申し上げます。http://kmstreet.exblog.jp

2014-03-01 みちくさ市トーク予約募集中 このエントリーを含むブックマーク

みちくさ市トーク

石田千さん×苅部直さん「墓と町」

散歩友だちだという石田千さんと苅部直さん。散歩の途中で出会った町の風景、そして、お墓を散歩する楽しみについて語ってくれます。みちくさ市会場のすぐそばの雑司ヶ谷霊園の話も出るかもしれません。きっと、お二人と一緒に散歩しているようなトークになるのではないでしょうか。


■開催 3月23日(日)

■時間 13:30〜15:00(開場13:10〜)

■会場 雑司が谷地域文化創造館 第2、第3会議室

■入場料 1000円 ※当日清算


石田千(いしだ・せん)

エッセイスト、小説家。2001年 『大踏切書店のこと』で第1回古本小説大賞を受賞。著書は『月と菓子パン』『あめりかむら』『きなりの雲』『役たたず、』『バスに乗って』『きつねの遠足』『夜明けのラジオ』など多数


苅部直(かるべ・ただし)

政治学者、東京大学教授、専門は日本政治思想史。2006年、『丸山眞男-リベラリストの肖像』でサントリー学芸賞を受賞。2011年『鏡のなかの薄明』で毎日書評賞受賞。著書は『物語岩波書店百年史 3 「戦後」から離れて』『安部公房の都市』『光の領国 和辻哲郎』『秩序の夢 政治思想論集』など多数


■予約方法 

下記のメールにて件名を各「石田さんトーク予約」、本文に「お名前」「人数」「緊急の電話連絡先」をご記入の上お申し込みください。折り返し予約完了のメール(自動ではないので最大24時間ほどタイムラグある場合がございます)。返信が無い場合は再度お問い合わせくださいませ。代金は当日払いです。予約完了メールに当日の受付方法が記入してありますので必ずお読みください。


■当日受付の際のお願い

みちくさ市開催にあたり創造館様のご厚意で会場を使用させていただくことができました。しかしながら館内での金銭やりとりはできないというルールは守らなければいけなく、お客様にはご面倒をおかけいたしますが、会場への道入口の、みちくさ市会場の本部まで来ていただき代金をお支払いの上チケットを受け取っていただくことになります。お客様に手間をとらせてしまい大変申し訳ございませんが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。本部MAPは>こちら


※予約&お問い合わせは下記のメールで

wamezoevent1 ■ gmail.com ■=@


※鬼子母神通りみちくさ市は、鬼子母神通り商店睦会:主催、わめぞ:運営で、2008年からはじまった古本のフリーマーケットです。商店街に30人ほどの出店者と、わめぞの古本市が並び、開催時には、商店街が古本街に変わります。古本市へもぜひお越しください。 http://kmstreet.exblog.jp/

2014-02-03 2014年度 初の「わめぞイベント」 このエントリーを含むブックマーク

わめぞ×編集室屋上 企画トーク

「『本を買う場所』はどう変わってきたのか」

2014年2月23日(日) 15:00〜18:00頃

入場料1200円 20名限定


出演者:

書肆紅屋(ブログ「空想書店 書肆紅屋」主宰)

内堀弘石神井書林

原田真弓(ひぐらし文庫/元書店員)

柳瀬徹(フリー編集者/元書店員)

司会:向井透史古書現世


会場 編集室 屋上 

千代田区西神田3-8-5 ビル西神田301

MAP>> http://www.oku-jo.com/event/index.html#access


■予約方法

下記のメールに、タイトルを「2/23トークイベント」として、お名前、人数、緊急の連絡先(携帯番号)をご記入の上お申し込みください。こちらからの予約完了メールを返信しますので、ご確認くださいませ。

▼予約アドレス info@oku-jo.com


普段、みなさんが本を買っている場所。大型新刊書店だったり、小さいけど工夫の凝らされた街の本屋さんであったり。昔ながらの古本屋だったりブックオフだったり。もしくは新刊も古本もネット買いが中心の人もいるでしょう。これだけ「本が売れなくなった」と言われる中で、本を買う選択肢はどんどん増えています。今回のトークでは、「出版業界」という大きな流れの中で、みんなが利用している現在の多様な「本を買う場所」はどのような意味を持って生まれてきたのか。それを新刊書店の側から、古本屋の側からの両方から考えてみたいと思います。まじめなテーマですが、「わめぞ」らしいリラックスして楽しく勉強できるトークを目指します。

第1部 新刊書店の側から

新刊書店は「出版不況」の最前線にいると言ってもいいでしょう。書肆紅屋さんによるデータなどを元にしたここ数十年の出版全体の激変の時代をもう一度わかりやすく整理してもらい、元書店員である、原田真弓さん、柳瀬徹さんの現場で感じていたことを含めて新刊書店が「本を売る場所」としてどう変わってきたのかを聞きます。また、『本を読む場所』としての電子書籍、図書館、ブックカフェなどについても考えます。

第2部 古本屋の側から

第1部の話をふまえ、ブックオフ出現、新刊書店の古本併売、一箱古本市の隆盛など出版業界を含んだ意味で古本屋の変化を考えるトーク。90年以降の古本屋業界について内堀弘さんと語りながら「古本を売る場所」の変化を聞き、本の世界全体のなかでの古本屋の位置を探ります。


書肆紅屋(しょしべにや)

本名非公開。ブログ「空想書店 書肆紅屋」主宰。書店、取次、編集、営業などありとあらゆる本の仕事を経験している。著書に『書肆紅屋の本』(論創社)。


内堀 弘(うちぼり・ひろし)

詩歌専門の古書店「石神井書林」店主。著書に『石神井書林日録』(晶文社)、『ボン書店の幻』(ちくま文庫)、最新刊『古本の時間』(晶文社)がある。


原田真弓(はらだ・まゆみ)

ひぐらし文庫店主。 大型書店に勤めた後 出版社の営業職を経て東京・雑司ヶ谷に「ひぐらし文庫」をオープン。現在はウェブショップとして活動中。


柳瀬徹(やなせ・とおる)

フリーランスの編集者・ライター。青山ブックセンター勤務を経てフリーの編集者、ライターになる。企画や編集をした本に『脱貧困の経済学』『もうダマされないための「科学」講義』『「デモ」とは何か』『みんなで決めた「安心」のかたち』『生きていく絵』がある。


向井透史(むかい・とうし)

早稲田の古本屋「古書現世」店主、みちくさ市を運営する「わめぞ」代表。著書に『早稲田古本屋日録』『早稲田古本屋街』がある。

2013-10-23 2013年、最後のみちくさ市! このエントリーを含むブックマーク

古本フリマ参加者募集10月29日(火)21:00〜です。


第22回 鬼子母神通り みちくさ市


2013年11月17日(日) 11:00〜16:00

 

◎前日祭 11月16日(土) 12:00〜16:00


今年よりリニューアルして2日間開催に変わり、初日を「わめぞの古本市+トークショー」、2日目を「古本フリマ+トークショー」に。豪華なトークは連日2本ずつの計4本。これまで通り、手創り市さん、ブングテンさんなどの開催も併せ、雑司が谷をたっぷり楽しめるイベントにしたいと思います。2013年、雑司が谷大文化祭のはじまりです!


詳細は「みちくさ市ブログ」にて

http://kmstreet.exblog.jp/


◎豪華トーク4本! 予約受付中! 

11月16日 内澤旬子×能町みね子

11月16日 飯田泰之(エコノミスト)×木下斉

11月17日 林哲夫(画家・装丁家)×多田進(装丁家)

11月17日 荻原魚雷(ライター)×内堀弘石神井書林

2013-10-08 このエントリーを含むブックマーク

※終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!

Book! Book! Aizu 2013 ※いよいよ今週末!!

続きを読む

2013-08-27 9月のみちくさ市 このエントリーを含むブックマーク

※残念ながら雨天中止となりました。

続きを読む

2013-06-19 みちくさ市7月! このエントリーを含むブックマーク

※終了しました。

続きを読む