わめぞblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

わめぞblogへようこそ!

わめぞ年表    http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20070114
わめぞ年表2    http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20070115
メディア掲載情報 http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20070113

2008-02-16 月の湯古本まつり 〜銭湯で古本浴〜

[] を含むブックマーク


おかげさまで無事終了いたしました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

月の湯古本まつりポスター

  

【訂正とお詫び】

チラシ記載の月の湯入浴料100円割引券について、銭湯側の都合により「入浴料金の割引」としての使用ができなくなり、代わりに「(入浴のお客様に限り)100円相当のドリンクを1本サービス」に変更させていただくこととなりました。すでにお手元にチラシをお持ちのお客様には心よりお詫び申し上げます。尚、割引券の部分にバツ印がついたものは、割引無効とさせていただきます。誠に勝手ではございますが、ご了承をお願い申し上げます。

  

第1回 月の湯古本まつり 〜銭湯で古本浴〜

 

月の湯は昭和8年創業。木造破風造り建築で、浴場には富士山のペンキ絵、床は今ではめずらしい六角形のタイルを使ってある昔ながらのたたずまいの銭湯です。現在は週3日の営業。そんな定休日の銭湯をまるまるお借りして、古本市とトークショーを開催。カフェスペースもご用意いたします。


3/28[東京新聞」、4/4「朝日新聞」、4/5 読売新聞でご紹介いただきました。


■日時

4月5日(土)11:00〜18:30 

入場無料(トークショーのみ有料)/雨天決行/当日入浴不可

 

■会場

月の湯  東京都文京区目白台3−15−7

地図はこちら:http://tinyurl.com/ytdlz9

月の湯の様子:http://www.bunny.co.jp/zousi/shop/04.7_15tukino.html


 JR目白駅改札を出て左方向すぐの交番前信号を渡ったところにあるバス停から、都バス「新宿駅西口」行き(白61系統)乗車、5つめの「目白台三丁目」下車。降車して左方向(来た道を戻る)徒歩2分路地入ってすぐ。コープの隣。付近には看板を取り付けます。


入る路地は学生寮「和敬塾」(わけいじゅく。村上春樹が学生時に住んでおり、「ノルウェイの森」の主人公が住んでいた寮のモデルとされている)通り向かいの路地です。近くの方に道を尋ねる場合も、「月の湯」でわからなければ「和敬塾」をお尋ねください(「和敬塾」のことは「細川さんのお屋敷」と言ったほうが伝わる場合も)。


目白駅から徒歩23分。駅改札を出て目の前の目白通りを右方向(学習院側)へひたすら歩きます。日本女子大学を通り過ぎて2分ほどで和敬塾前に到着します。月の湯があるのは、目白駅を背にして左側の道になります。


護国寺駅から徒歩8分。


■お願い

※ビン類など割れ物の持ち込みは厳禁です。


※勝手ながら、靴箱が空いていない場合は、入口に用意してありますビニール袋に靴を入れて場内へお持ちくださいませ。


※会場周辺は住宅地です。会場付近ではお静かにお願いいたします。


※当日、会場に電話がありません。問い合わせなどは古書往来座にお願いいたします。

03−5951−3939


◎古本市(場所:女湯/風呂場、脱衣所)

■参加者

火星の庭(仙台)http://www.kaseinoniwa.com/

古書ほうろう(千駄木http://www.yanesen.net/horo/

オヨヨ書林(根津)https://www.oyoyoshorin.jp/

にわとり文庫(西荻窪http://niwatorib.exblog.jp/

古本オコリオヤジ(林哲夫http://sumus.exblog.jp/

善行堂(山本善行http://d.hatena.ne.jp/zenkoh/

ふしあな書店(扉野良人

岡崎武志堂(岡崎武志)http://d.hatena.ne.jp/okatake/

古本けものみち(南陀楼綾繁http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/

文壇高円寺(荻原魚雷http://gyorai.blogspot.com/

ハルミン古書センター(浅生ハルミンhttp://kikitodd.exblog.jp/

エエジャナイカ(北村知之)http://d.hatena.ne.jp/akaheru/

▼わめぞオールスターズ

古書現世立石書店/古書往来座/藤井書店/m.r.factory(武藤良子)/

旅猫雑貨店/リコシェ/ブックギャラリーポポタム/bukuぶっくす

退屈文庫/琉璃屋コレクション ほか


--------------------------------------------------

◎トークショー(場所:男湯/風呂場)

■第1部 14:00〜15:00 入場料430円 要予約 満員御礼

岡崎武志さん「坂を登れば文学がわかる」

「坂」が出てくる小説を通して岡崎武志さんが文学をわかりやすくレクチャーします。 定員30名。

・岡崎武志さんブログ http://d.hatena.ne.jp/okatake/

 

■第2部 16:00〜17:00 入場料430円 要予約 満員御礼

大竹聡さん、遠藤哲夫さん「酒とつまみと男と男」

「酒とつまみ」編集発行人の大竹聡さんと、「大衆酒場の詩人」の異名を持つ『汁かけめし快食学』(ちくま文庫)の著者である遠藤哲夫さんの酒飲み話。公開飲み会です。 定員30名。

・遠藤哲夫さんブログ http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/

・「酒とつまみ」ブログ http://blog.livedoor.jp/saketsuma/

第1部、第2部共、定員に達したため、ご予約を締め切りました。あしからずご了承ください。


 トークショー開始20分前に男湯(カフェスペースも)を閉鎖。15分前より受付を開始いたします。トークを聞きながらの飲食OKです。入場料、小銭をご用意いただけますと助かります。

-------------------------------------------------


◎カフェ(場所:男湯/脱衣所)

萬福亭(古書ほうろう・千駄木)http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/

mws a point(ムーズアポワン・目白)http://mws.holy.jp/blog/

お茶 乙女湯のたしなみ http://otomeyu.exblog.jp/

その他、ソフトドリンク各種、ビール、酒類の販売もあり

※数に限りがございます。売り切れ次第終了となります。

【注意!】

・トークショー開催中は、トーク参加者以外の方はカフェをご利用いただけません。古本市スペースは終日出入り自由(入場無料)です。

・古本市当日は、入浴できません。

  

●主催:わめぞ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/

 

月の湯古本まつり