Hatena::ブログ(Diary)

烏は歌う このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-03-29

典型的なダメ声、「鼻声」とは?


※こっちの古い記事ばかり読まれているみたいだけど、新しい記事の方も読んでもらいたい。

「鼻声」って言葉はあんまり使わないほうがいい。 - 烏は歌う



○鼻声とは?


「鼻声」とは、上手く声の共鳴が行われていない状態で、大きく分けると2パターンの喉声が存在します。


一つ目は、「鼻腔共鳴」の無い、「鼻の詰まったような声」です。

二つ目は、「鼻腔共鳴」ばかり強くて他の共鳴(特に咽喉腔の共鳴)の弱い、「鼻にかかったような声」です。


声帯から出る音は非常に小さいものなので、共鳴を上手く使って大きくしてやる必要がある」というのが発声法基本的な考え方ですが、とりあえず重要な共鳴させるための空間として、「咽喉腔(喉の空間)」と「鼻腔(鼻の穴の空間)」があります。

で、この2つの空間に響かせるバランスが崩れてしまうと、鼻声になってしまうわけです。


鼻声になってしまうと、発音の明瞭さが失われ、「聞きづらい声」になってしまいます。

また、共鳴空間が少ない発声なため、非常に効率が悪く、音量が出にくいです。



○点検する


声を出しながら、鼻をつまんだり離したりしてみましょう。

そこで声に変化が全く無ければ、「鼻の詰まったような声」かもしれません。

逆に、鼻をつまむと声が急に出にくくなったり、声の聞こえ方に劇的な変化があれば、「鼻にかかったような声」です。

ちょうどいい状態だと、鼻をつまむとほんの少しだけ軽く変化はありますがそれほど違和感は無いはずです。



○直す


・姿勢の改善

ダメな姿勢として「あごを突き出した状態」を何度か紹介していますが、この姿勢になってしまうと、2つの共鳴腔を両方とも広く保つことができません。

共鳴腔を広く保つためにも、「あごを突き出した状態」にならないように気をつけましょう


・口の開け方

口は縦に大きく開くことが重要です。

「口は縦に大きく開く」とよくボイトレでは言われますが、咽喉腔は縦長に広がっているので、口を縦に大きく開くことで咽喉腔共鳴を上手く使うことができます。

さらに、口を縦に大きく開くことで咽喉腔を無理なく広げることで、自然と鼻腔にも声が響くようにもなるので、鼻声を解消するのに効果があります。


・色々なハミング

共鳴の感覚をつかむ練習として、「ハミング」がよく知られています。

普通にハミングすれば鼻腔共鳴の感覚がつかめるでしょう。

また、合唱などの発声練習では「玉子を丸一個口に含んだようなつもりでハミング」(要するに、口の中の空間を大きくとってハミング)などといったことをしますが、こうすることで咽喉腔共鳴の感覚がつかめるでしょう。

さきゅらさきゅら 2012/07/02 23:30 こんにちは。初めてコメントいたします。

発声をしていて、自分では全く意図していないのですが「鼻に声が抜けている」
と言われています。
「カ」行や「サ」行など、どんな音でも鼻に抜けてしまい困っています。
歌っているときは鼻は動きません。
しかし発声になると動いてしまいます。

色々探していてやっとこのブログにたどり着けました。
自分は二つ目の方だと思います。
しかしどう直せばよいのか、またその原因がわかりません。
鼻を動かすことの無いよう発声したいのですが・・・・・!

縦に口を開くことは実践しているのですが、鼻が動くのが調音の瞬間で・・・・。
何か教えていただけないでしょうか?
すみませんよろしくお願いします・・・。

wander1985wander1985 2012/07/03 15:17 意図しないけど鼻に抜けてしまうということで。
実際に声を聞いてみないとなんとも言えないところではあるのですが、とりあえずアドバイスできるのは…


1.舌の奥の方に力が入ってませんか?
鼻声になる原因として多いのは「口の開きが足りない」ことなんですが、それは大丈夫、ということなので。

他に鼻声になる原因として考えられるのは、「舌の位置や状態のせい」ってあたりが有力なんで。
声を出すときに、舌の奥の方が力んで大きく盛り上がっていたり、舌の前の方が上がってしまったり、舌全体が下顎から常に浮いてたりすると、鼻声っぽくなりやすいです。
ちょっと舌の様子を確かめてみて、柔らかくかつダイナミックに使えるように意識してみると、鼻声っぽくないハキハキした声になるかもしれません。

あとは、鼻のことばっかり考えていると余計に鼻声になりやすくなるので、舌や唇を大げさに動かしながら声を出してみるのもいいかもしれませんね。


2.低い声で練習してみよう
どうしても、高い声は鼻声になりやすいです。
なので、一度低い声で、胸に強く響かせるイメージで練習してみるのもいいのではないかと思います。
胸一杯に声を響かせて、「魅力的な深い声」を目指そう! - 烏は歌う http://d.hatena.ne.jp/wander1985/20090323/1237812952

さきゅらさきゅら 2012/07/05 00:26 お返事ありがとうございます。

あれから色々試してみました。
すぐに結果の出るようなことでないことはわかるのですが、
母音ならまだなんとかなりそうなくらいになるのですが、子音が混ざると同じ発声法でも鼻が動いてしまいます。

練習中ではなく、日常で笑っているときにも鼻が動いていました。
これは、先天的に口蓋に何かあるのかそれとも日常的に鼻に抜けているからなのか。。。。

色々試行錯誤しても一向に改善の傾向が見られません・・・。
他に何か要因などありますか?
何度もすみません。よろしくお願いします。

wander1985wander1985 2012/07/05 23:04 そうですねー、あとは、
「口が開く前から発声が始まってしまい、うっすら(n)の子音がかかってしまう」
という場合もあるかな。
この場合、
「口を開けながら声を出し始めていないか点検すること」
「軽く息を吸い、軽く口を開け、身体の準備ができてから声を出すこと」
「口を固く閉じず、緩く開きっぱなしくらいの状態で声をだすこと」
なんかが改善のポイントですね。



それと、鼻が動く、というのがどういう状態なのかにもよりますが、

・「声を出すたびに鼻の穴が開くように動く」
ということなら、これといって問題がないというか、いい声を出すために表情筋が起こすいい動きなので、特に問題は無いと思います。
また、

・「声を出すと、鼻を中心に振動を感じる」
ということであれば、これもまた大きな問題はないです。

基本的に、「鼻が動く」というのと「鼻に声が抜けてしまう」というのは別問題ですので。
一番大切なのは、「鳴っている声の質がどうなのか」で、これがどうなっているかを一番に考えることが大切です。
鼻については、「動いてもいいし動かなくてもいい」、くらいな感じで、「どういう声が出ているか」にまず集中することが大切ですね。

さきゅらさきゅら 2012/07/08 18:35 本当に何度も何度もありがとうございます。

おっしゃるとおり「声を出すたびに鼻の穴が開くように動く」
となります。
これは特に問題の無いことなのでしょうか?
クラスで私だけが動いていますし、鼻が動くのは空気がそこから漏れているからだ、と講師に言われてからずっと練習しているのですが・・・
以前より喉が痛くなる発声になってきた気がします。

大きな問題ではない、と言っていただけてとても心が楽になりました。ありがとうございます。

鼻が動く、のと鼻に抜ける声が別物とは思いませんでした・・・・。
鼻が動かないように、と意識しすぎて喉に力を入れる結果になり、喉が痛くなったのでしょうか?

鼻に抜ける声かそうでないかを見極めるにはどうしたらいいんでしょうか?

wander1985wander1985 2012/07/09 14:09 見極めるために必要なのは、とにかく、録音です。
で、滑舌が極端に悪い、とか、なんかいやみったらしい声の響きだ、とか、そういう印象がなければそれでいいです。
で、友人やら家族やらにも「鼻声」なのか聞いてみる。
声に関する印象は人それぞれ好みもありますし、できる限り色んな人に聞いてみるのがいいでしょうね。
鏡を見て色々確かめるのも大事ですが、まずは聞こえ方を大切に。



あと、鼻の動きについて、自分でも色々試してみましたが…

1.
鼻から思い切り息を抜いてみると、鼻の「中腹」あたりの柔らかい部分、いわゆる「小鼻」の少し上、穴より数センチ上の部分が一瞬広がりますね。
軽く鼻の穴を塞ぎながら、軽く鼻から息を吹いてみるとわかるかも(強くやると耳を痛める可能性があるので、軽くやりましょう)。
で、それに引っ張られて鼻の「穴」もほんのわずかにだけ広がります。

2.
呼吸関係なく、鼻の穴を開こうとすると、鼻の「穴だけ」(中腹も、ちょっと引っ張られて広がるかも)動きますよね。
思い切り目や口を開けたり、眉を上げたりすると、やっぱり鼻の穴だけ動くと思います。

…と、2通りの動きがあります。
この違いはわかるでしょうか?

で、1なら鼻に息が抜け過ぎている、ということになりますが、話を聞いている限りだとさきゅらさんはたぶん2なんじゃないかと想うんですよね。

2なら、いい発声をするために表情筋がよく動いているから鼻が動くのであって、鼻が頻繁に動くのはむしろいい傾向です。
歌方面のボイトレだと、鼻の穴を開いて声を出せ!って人がかなり多いです。



それと、鼻が動かないようにと意識しすぎて喉に力を入れる結果になり喉が痛くなる、というのは非常によくある話でして、少々心配していたところでした。
この記事に出ているトレーニングくらいの割合で、「口だけに響かせる」のではなく「口にも響かせる」練習をしましょう。

・伝わる声はよく響く 共鳴を得るための簡単な方法 「ngトレーニング」:永井千佳の音楽ブログ:ITmedia オルタナティブ・ブログ 
http://blogs.itmedia.co.jp/nagaichika/2011/08/ng-b1f8.html

wander1985wander1985 2012/07/09 14:16 あとは、それでもどうしても鼻から息漏れをしている気がする場合、こんな練習法もあるらしいです。

>>
●水を口に含んで、「あ〜」と声を出しながらうがいをします。
●そのまま止めて、鼻から息継ぎ。
●再び「あ〜」と発声しながらうがい。
これを繰り返します。簡単でしょ!

ノドや舌のコントロール力があると、力を抜いて上手にこれが繰り返せます。ゆるゆるだと水を飲みこむし、逆に締まり過ぎていると水を吐き出すことになります。
<<
http://koetokokyu.com/onayami-16.html

赤信号赤信号 2012/10/30 19:51 私はこのサイトの点検のしかたで点検した結果鼻腔共鳴が無い状態だと思います。

普段から結構鼻風邪っぽい感じで凄く鼻が詰まってる感じで自覚はあるのですがこれも口を大きく開けるとかで改善は見込めますか?

しばらくやってみたのですがあまり変わらず悩んでいます。

wander1985wander1985 2012/10/30 20:29 そうですねえ…。
ボイトレで解決するなら、特にこんな方法がいいかと思います。
他人のブログですが↓
「声が良く出ている」と手ごたえを感じるときはあまり響いていない:永井千佳の音楽ブログ:ITmedia オルタナティブ・ブログ 
http://blogs.itmedia.co.jp/nagaichika/2011/12/post-bca6.html
良い声は誰でも持っている いつでもどこでもすぐにできる声磨きには[ng]:永井千佳の音楽ブログ:ITmedia オルタナティブ・ブログ 
http://blogs.itmedia.co.jp/nagaichika/2011/08/ng-d853.html



それと、あまりに酷い鼻声&ボイトレで改善の傾向が見られないような場合、「蓄膿症」の疑いもありますので、ためしに耳鼻科に行ってみるのも考えてもいいかもしれません。

赤信号赤信号 2012/10/31 18:43 ありがとうございます!

やっぱり蓄膿とかだと鼻声になる可能性もあるんですねww
うちの家系は蓄膿とか鼻炎持ちなので一度いってみてしっかり見て貰ってきます!

まっしゅるーむまっしゅるーむ 2013/03/15 22:41 こんにちわ
最近歌がうまくなりたくて練習しようとしてるのですが・・・
どうにこうにもまったくうまくなりません・・・
録音とかして聴いて気づいたことが!
どうも鼻声になるんです今回で言う↑の方だと思います。
どうしていい変わりません・・・
いちおしょぼいマイクで録音しているのですが・・・

wander1985wander1985 2013/03/16 15:05 そうですねえ、基本的にはバランスの問題なので、
上のコメント返信で紹介したトレーニング
http://blogs.itmedia.co.jp/nagaichika/2011/12/post-bca6.html
をやりこんでみたり、このハミングの状態から徐々に口を開けて
「nnnnaaaaa(んーなー)」
という感じで声を出す練習をしてみるのがいいと思います。


また、録音環境がしょぼかったり、また「録音した自分の声を聞くことに慣れてない」場合は、かなり「鼻声」気味に聞こえてしまうことがよくあるので、自己判断だけでなく他人の評価も聞いてみたいところ。

NanaminNanamin 2013/04/02 17:24
こんにちは**


私は中学生でギター部に所属しています。

去年文化祭があって私は歌いました。
親がビデオカメラで録音してくれたのですが
聞いてみると鼻声なんです・・・。

ビデオカメラのせいなのかなと思い
友達に聞くと
「あまり気にしないけど鼻声だね。」
と言われました・・・。

友達は可愛い声だったりして
とても羨ましいのです・・・。

また、YUIに憧れていて
いつかYUIみたいにシンガーソングライターになって
いろんな人に歌を届けたいのです!!

お願いです!!

鼻声を治すコツなど教えて下さい!!

wander1985wander1985 2013/04/03 17:07 そうですねえ、最近記事を書いたのですが、
http://d.hatena.ne.jp/wander1985/20130330/1364632620

一口に「鼻声」と言っても色々原因があるので、一言で「こうすればいい」というのは言えないのです。
色々なトレーニング方法を上の記事で紹介してみましたので、バランスを見ながら色々試して見てください。

「鼻声」といっても、「鼻がつまったような声」なのか、それとも「鼻にかかりすぎた声」なのか、そういうところから考えていかないと何をしたらいいかわからないので、何が原因でどうなっているのかをまず考えてみるといいですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証