Hatena::ブログ(Diary)

烏は歌う このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-04-06

発声についての色々な問題が解決するかもしれない、「母音」のボイストレーニング

○曖昧母音で遊ぶ


定番の発声練習である「あーえーいーおーうーおーいーえーあー」(音程はつけてもつけなくても良し)を、

・口を「正しく」しっかり開き

・あごの開き具合は一切変えずに

・「あ→え→い」は「舌」の動きだけで母音を変化させる

・「い→お→う」も「舌」の動き、できなければほんの少し「唇」をすぼめることで母音を変化させる

という練習を、最近よくやっています。


やってみるときには、とにかくあごや首などに力が入らないように注意して下さい。

それと、軽く目を見開いてやると、喉の奥の空間が開いて少しやりやすくなります。

慣れてきたら、

・母音の変化を区切らず、できるかぎり「連続的」な変化になるよう目指す

ということを心がけます。


それぞれの母音の出し方の詳細は、下のサイトがわかりやすいです。

・澄空電脳基地−読み物−発声について−母音の発音(名古屋弁には母音が8個ある)

http://www.geocities.jp/chor_clear_sky/read/hassei.html#5

(ここでは「い」で唇を引き上げてるけど、上の練習では唇をあまり使わない方が効果的)


これはもともと合唱をやっているときにしょっちゅうやらされたボイストレーニングなんですが、

・調音器官の働きをコントロールするため

・下あご、唇まわり(+首)を力ませずに発声する感じをつかむため

・一定の「響き」で歌うため

・それぞれの母音を美しく発声するため

という目的があります。


で、最近あんまり歌う機会が無いんですが、

「この練習は声質を良くしたり、聞き取りやすい声で話すための助けになったりするのではないか?」

と最近思いつき、改めて習慣としてやるようにしています。



○調音器官のバランスを回復する


母音の発音なんですが、

・喉

・舌

・あご

・唇

などの、「調音器官」の働きによって共鳴の様子(フォルマント)を変えることで、母音の出し分けが行われます。


日本語は口先だけで話せてしまう!」とよく言われていますが、日本語の発音ではあまり調音器官を使いこなす必要がなく、その辺が不器用らしいんですよね、日本人

特に、「舌」と「喉」という、目に見えない部分の動きが苦手らしいです。

「舌」と「喉」を鍛えるために、上のボイトレは役立ちます。


で、たまに「はっきり口を動かして発音しなさい!」と指導する人、その指導を真に受けてしまって「必要以上にパクパク口を動かして」声を出す人もいるんですが、

「はっきり口を動かす」→「唇」「あご」を必要以上にしっかり動かす

ということをやってしまうと、「唇」と「あご」という、目に見える部分ばかりに力が入ってしまい、調音器官のバランスが崩れてしまいます

そして、下あごや首に力が入って「喉声」になってしまいます。

そういう状態から抜け出すために、上のボイトレは役立ちます。


特に、

・下あごを大きく動かすことで大きく口を開いた「あ」

・口を開けない状態で唇を思い切り引いて出す「い」

は、一発で首に力が入り、「喉声」になること間違いなし!

なので注意して下さい。

下あご、首を脱力させた口の開け方のまま喋れるように心がけましょう。


「あ」の方を直すのは結構簡単ですが、「い」はちょっとやりづらいかも。

合唱経験者的に言えば、「アヴェ・マリア」の「リ」の「い」母音が上の首に力の入った「い」だったら、指揮者に指揮棒を投げつけられても文句は言えないレベルの失態です(笑)。

曲の流れの中で聞くと、「すげー汚らしい」んですよー。



○わかりやすく、はっきりと話すのための「曖昧母音」


上のボイトレをやっていくことで、「一定の響き」を保ったまま、全ての母音を発音できるようになります。

「調音器官」の働きによって共鳴の様子(フォルマント)を変えることで、母音の出し分けが行われるのですが、間違った「はっきり口を動かした発声」では、必要以上に口内や喉の奥の空間の容積が変わりすぎてしまい、

・母音によって音量が変わってしまう

・母音によって声の印象が大きく変わってしまう

などの問題が発生します。

この状態になってしまうと「ぎこちなさ」を感じさせてしまい、「はっきり口を動かした」結果、逆に聞き取りにくくなってしまいます。


また、「はっきり口を動かす」と、どうしても母音から母音に移るときにタイムラグが生じてしまうのですが、それが意外と格好悪かったりするのです。

で、タイムラグより意識のスピードが上回ってしまうと、口の動きが追いつかなくて、噛んだり、つまったり、どもったり…


上のボイトレで「あんまり口を動かさなくても母音が出し分けられる」ようになると、とても「滑らかに」喋ることができるようになります。

そうしたほうがきっと、結果的にわかりやすく、はっきりと話せるようになると思います。

furosanfurosan 2009/04/09 02:19 はじめまして。
ボイトレに関する記事読ませていただきました。カラオケ好きで歌がうまくなりたい!と思っているので、合唱経験者の方の意見がたいへん参考になりました。
ありがとうございます。

wander1985wander1985 2009/04/09 17:18 コメントありがとうございます。
そう言われると、とても励みになります!
これからもよろしくお願いします。

yo-dayo-da 2009/05/04 23:29 ボイトレに関する記事読みました。
本当にためになりました。ありがとうです><
僕はRADWIMPSが大好きで声はちょっと似てると友達に言われるんですが、
まだまだ似てないと自分で思うので野田様の最高に綺麗な歌声をものにしたいので、
この記事を参考にして頑張っていこうと思いますw

wander1985wander1985 2009/05/06 12:14 コメントありがとうございます。
お役に立てたのなら幸いです。
野田さんの声、やってみると本当に難しいんですが、頑張ってみて下さい(笑)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証