Hatena::ブログ(Diary)

烏は歌う このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-07-21

お勧めのボイトレ本を紹介してみる。


女の子の声を目指してみたら、日常生活がすごく捗った。


この増田が話題になっていたので、私も、今まで影響を受けたボイトレ本を少し紹介してみようかな、と。

まあ、都会にいたうちは不勉強な上に金が無く、最近は田舎暮らしで大きい本屋が近くにない…という一身上の理由で、割と狭い知識からのお勧めではありますが…。


まずは最近出たこれ。

今日から歌がうまくなる! 広瀬香美の歌い方教室

今日から歌がうまくなる! 広瀬香美の歌い方教室


よく言われている「身体をつかって声を出す」という発声法を、ひじょうにわかりやすいことばで説明しています。

そして、広瀬香美らしい、「歌い手」としての心の持ち方も必読ですね。


とりあえず、「発声の基本のカタチ」を順を追って説明する第2章、「香美式[3STEP]身体で歌う歌唱法」がメインになるのかな?

この「身体で歌う歌唱法」は、発声の基本のカタチ(姿勢とか、意識とか、身体の使い方とか…)として、非常にすぐれています。

高い声も大きな声も出しやすくなるだろうし、なによりこの歌唱法で声を出すと「声を出すのが気持ちいい」状態になるんじゃないかなー、と思います。

そして、順を追って漏れ無く説明してくれるので、「とにかくこの本の通りにやれば身につく」感じが素晴らしいですね。


よく「名選手が名コーチとは限らない」みたいな話がありますが、広瀬香美は大丈夫。

すごく努力家で勉強家で、自分のことも他人のこともよく見えてて、何よりコミュニケーションが大好きで、コーチに向いてないわけがないです!

広瀬香美はインターネット上で精力的に活動しているので、こういうコラムなんかを「お試し」として読んでみるのもいいかもですね。

広瀬香美の大人の音楽の時間 - 毎日jp(毎日新聞)



次は、こんなのはいかがでしょう。

5分間でいい声になる本 決定版―ヴォイ・トレ・マジック

5分間でいい声になる本 決定版―ヴォイ・トレ・マジック


5分間…というのはどういうことかというと、簡単に5分も掛からないでできるようなエクササイズが「声のタイプ別」にたくさん紹介されている感じです。

「もともとの声が小さい」とか、「声が変にカン高い」とか、「不明瞭で何度も聞き返される」とか…声に関する悩みのタイプが一通り書かれ、それの対処法が書かれています。

最初っから一通り全部やってもよし、気になるのをつまみ食いしてもよし。

上の広瀬香美の本が「一本道を順番にひとつずつ通って型を身につける」という感じなのとは、ちょっと毛色が違う感じです。


ひとつひとつのエクササイズが非常に工夫されていて、面白いですね。

道具、例えば割り箸やらティッシュやらセロテープやら使ったり…。

どれもこれも考えぬかれたメニューですし、色々なエクササイズがあるから飽きないんですね。


また、声が出る仕組みや、そのときの身体の様子なども詳しく図で説明されているので、「なんでこうするのかわからない」「どうなったら成功なのかわからない」という状態になりづらいところもお勧めです。

ボイトレやったことない人にも簡単に実行できるレベルのわかりやすさですし、中級者以上でも「発声の仕組み+具体的なエクササイズ」の組み合わせは非常に参考になると思います。

一通りやってみれば、「発声の勘所」「声を使いこなすには、何が大事か」「身体の一部分一部分と声との関係」が見えてくるんじゃないかな。



最後は、これ。

ヴォイスバイブル

ヴォイスバイブル


もう少し新しいバージョンも出てたような…?

とりあえず、私が買ったのはこれ。

私が最初に自分で買ったボイトレ本で、これ一冊を買ったことによってこのブログがある、というか、私の発声に関する考えがある、というか。

私の発声に関する認識を大きく変えた、私にとっては歴史的な一冊です。


「声の出し方の基本」と「有名アーティストに学ぶ発声法」という内容が2本柱になっています。

ちょと砕けた感じの文体、というか、「ふざけてんじゃねーかこの人」と思うような文章も少々ありますが(笑)、とにかく一言一言が発声に関する深い理解に基づいたもので、非常に役に立つ本ですね。


有名アーティストはどのように「いい声」を出しているのか、そもそも「いい声」とはなんなのか…ということを、考えさせられます。

練習方法についての説明も、テクニックありハートあり…で、「ああ、歌うってこういうことなんだなあ」という想いを何度読んでも感じさせられます。

「歌好きだけど、難しい言葉じゃわかんない!」って人にもお勧めですし、「発声法を勉強しすぎて、頭が固くなっちゃった」人にもお勧め。

とにかく凄い、破壊力のある本。



オチ。

自己責任でどうぞ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証