しあわせのくつ このページをアンテナに追加 RSSフィード

そろそろWii ついにipod touch 人気No.1はこれ

iPodのすすめ
Apple Store(Japan)

2009-03-08 Win-Winのまちがい このエントリーを含むブックマーク

ビジネスにおいては「Win-Win」(ウィンウィン)が大事だと言われる。一人勝ちじゃなくて、取引先やパートナー等のステークホルダーも得するようなビジネスモデルという意味だ。


でも、これってちがう気がする。Win(勝利)と言った時点で、負ける人の存在を暗に示している。勝ち負けを論じている時点で、いい考え方だと思えない。一人勝ちよりはましな考えだけれど、結局「勝ちグループ」を作っているに過ぎない。


僕だったら「Happy-Happy」(ハッピーハッピー)と言う。私もハッピー、あなたもハッピー、誰もがハッピー。負ける人なんて要らない。誰かの負けの上に成り立つWinなんていいビジネスモデルじゃないと思う。いわゆるゼロサム(誰かが得して誰かが損する。合計は変わらない。プラスマイナスはゼロという意味)に過ぎない。

ゼロサムじゃなくて、全体がプラスになるHappy-Happyモデルを指向したい。

2008-04-01 ソフトバンクが米Yahooを買収! このエントリーを含むブックマーク

 さかのびっくりな展開です。続報が楽しみです。

ソフトバンクが米Yahooの買収発言(BusinessWeek21)

 (ワシントン1日=ロイター協同)米国時間午前10時30分、米シリコンバレーを訪問していた日本ソフトバンクグループ代表、孫正義氏が、Microsoftからの買収提案に揺れる米Yahooに救いの手を差し伸べた。ソフトバンクはYahooJapanの筆頭株主であり、米Yahooとはいわば再婚相手の様な関係。アジア最強のインターネット企業を目指す同グループの勢いを示す形となった。孫氏は『YahooがMicrosoftに買収されることはインターネット全体にとってプラスに働かない。これはYahooのためでもソフトバンクのためでもなく、インターネットのための決断だ。』と説明。気になる米国でのソフトバンクグループの展開については『(米国での携帯電話事業への進出は)今のところ考えていない。インターネット事業はグローバルなのでなんでもあり得る』と発言。将来的な米への本格進出を匂わせた。






なーんて、エイプリルフール冗談です。でも、あながち冗談じゃないかも。

2007-08-14 甲子園 このエントリーを含むブックマーク

 子園で熱い戦いが続いています。熱闘甲子園などの番組で選手のドキュメンタリーが紹介されていますが、いつ見てもやっぱり負けた選手の汗と涙が感動を呼びます。ただ、たった1試合で出場校の半分が舞台から去らねばならないのはどうなんでしょうか? 

 3年間も一生懸命毎日練習してきてやっと辿り着いた甲子園を1試合で去らねばならない。運も天候もコンディションも影響する中、1試合で判断してしまうのはなんとももったいない気がします。サッカーのワールドカップの様にまずグループリーグをやるとか、ホーム&アウェイの2試合で勝敗を決めるとか色々な案がありそうです。プロ野球の日本シリーズやプレーオフが複数試合を採用している様に、野球はその性質上1試合で優劣を決めるのは困難なものです。プロがそうしているのにどうしてアマチュアがしないのか?

 甲子園を借りられる期間などの問題があるのはわかりますが、短期集中型開催による選手への負担も含め、ぜひとも改善して欲しい点が多々あります。この大会に懸ける選手の気持ちがすばらしいだけに、大会ももっとすばらしく進化していって欲しいと思います。

2007-07-10 管理職が『人を使う』のは間違い このエントリーを含むブックマーク

 ネージャー(管理職)に必要なスキルとして、『人を使う』能力があります。でも、これって間違っていると思いませんか?

自分がやる代わりに誰かがやっただけではプラスマイナスゼロです。トータルでは意味がありません。あなたよりその命令された部下が優秀で仕事を上手くこなすならば、ちょっとは意味があります。

 でも、それは単なる適材適所であって、まだ不十分です。本当のマネージメントは、1を2にも3にも10にもすることです。これはどうやればできるでしょうか?


 番簡単なのは本人のやる気や能力を引き出すことです。本人が自分一人では発揮できないところの力を引き出してあげる。自分じゃ出せない自分の力というものがあります。これを引き出すのは良いマネージメントです。

 でも、もっと良いのは、シナジーを起こすことです。一人だけでは力を引き出すにも限度がありますが、二人三人のグループになると、その合計は2や3ではなく10にすることも可能です。この複数人によるシナジーをいかにうまく引き起こして通常2や3だった合計値を10にも20にもするのが、真のマネージャーです。それには、単なるプロジェクトの管理や指導だけではなく、チームの雰囲気を作ったり、悩み相談に乗ったり、本人の魅力等も必要になります。


 だから『人を使う』は間違いで、『人々を生かす』がマネジメントの極意と言えます。

2007-06-05 チャンスをチャンスにする方法 このエントリーを含むブックマーク

『チャンスをチャンスと思ってみて動きだそうよ♪』

globeというグループの曲の歌詞なんですが、大好きな節です。いいこと言うなぁって思います。何でもそうですが、そう思わなきゃ、チャンスもチャンスにならないんでしょうね。

2007-05-29 ネットの中心とリアルの影響 このエントリーを含むブックマーク

ットの世界の中心といえば、なんといってもシリコンバレーです。

Apple、MicrosoftYahoo、Google、Oracle、Sun、HP、YouTube・・みんなシリコンバレーで生まれました。次々とWeb2.0系のベンチャーが生まれています。


で、ちょっと待って下さい。なんでシリコンバレーでばかり優れたIT企業が生まれるんでしょうか?


ネット時代になって、コミュニケーションの地理的制限は劇的に改善されました。SNSで仲間を探して、Webサービスを使って離れた所にいる仲間とグループ作業を進めることができます。TV会議も情報共有も無料で利用できます。

それなのにどうして、シリコンバレーというリアルな世界の地理的条件が影響しているのでしょうか?


候・スタンフォード大学・西海岸特有のフロンティア気質・それらの正のフィードバックなど色々あると思いますが、結局ネットの中心といわれるシリコンバレーですらリアルの影響は大きいということなんでしょうね。

物理的に近い場所にいると、リアルでのコミュニケーションも自然と増えるし、同じような情報を見聞きすることになります。同じ空気を感じて、同じ空間を共有する。そういったリアルならではの共有はネットにとっても重要なんでしょう。


リアルとネットが全く別物というよりは、そんな影響があった方が素敵なので好きです。