座布団が行司にクリーンヒット

2016-07-17 九州産馬 今週の結果

クラウンアイリス6着、クラウンデュナミス7着、キリシマオジョウ13着、エフェクト16着でした。

キリシマオジョウは休み明けで大幅に馬体重が増えていました。復帰戦としてはこんなものでしょう。

来週特別競走に登録している馬はいません。

[][]霧島賞トライアル 大隅特別&えびの特別 枠順確定 霧島賞トライアル 大隅特別&えびの特別 枠順確定を含むブックマーク 霧島賞トライアル 大隅特別&えびの特別 枠順確定のブックマークコメント

勝ち馬には霧島賞への優先出走権が与えられる2競走。JRAからは500万下の馬が出走します。

http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2016%2f07%2f18&k_raceNo=9&k_babaCode=32

大隅特別への出走は半分が3歳馬。古馬との力関係が難しいところです。


http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2016%2f07%2f18&k_raceNo=10&k_babaCode=32

えびの特別には話題のカシノリノ@藤田菜七子騎手が登場。エキストラ騎乗も含め現地は賑わいそうですね。

鮫島克也騎手鮫島克駿騎手の親子対決にも注目です。


以前私がツイートしていたレースの傾向とデータを貼っておきます。

2016-07-15 九州産馬 先週の結果&今週の出走予定 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

先週のナンゴクロックオンは13着でした。

今週はクラウンアイリス、クラウンデュナミス、キリシマオジョウ、エフェクトが出走します。

クラウンの2頭は佐賀で行われる霧島賞トライアルには登録せずこちらへ。芝路線を歩むのだろうか。

同じくエフェクトも芝レースに。1000万下なので霧島賞には無条件で出走できますが、出走意思はあるのかな?

キリシマオジョウは阪神JF以来の休み明け。走る気を失くして調教もままならない状態だったそうですが、

どこまで回復しているでしょうか。他馬が怖いようなら48kgの斤量を活かして積極的に逃げてみてほしい。

2016-07-09 九州産馬 今週の出走予定 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今週は尾頭橋特別にナンゴクロックオンが出走します。

たんぽぽ賞を勝利して以来の休み明け。ここは霧島賞に向けて調整のための出走となるでしょう。

2016-07-02 九州産馬 先週の結果

先々週はミスキンカメ10着、クラウンアイリス3着でした。

ミスキンカメ356kgと小柄で「スピードはあるけど非力」なタイプ、平坦な小倉に替わってからが勝負でしょう。

クラウンアイリスは休み明けでいきなり好走。ただ調教ですぐ体重が減ってしまうとのことで調整が難しいようです。

今週JRAでの出走馬はいません。


コウエイトライが引退名馬繋養展示事業の新規助成対象馬となりました。馬齢が対象年齢になったのでしょう。

とは言えまだ15歳。乗馬なんかにせず今からでも繁殖牝馬になれるといいのですけどね、これほどの牝馬が大変もったいないと思います。

引退名馬

[]7/26に開催される『九州1歳市場2016』 上場馬一覧発表 7/26に開催される『九州1歳市場2016』 上場馬一覧発表を含むブックマーク 7/26に開催される『九州1歳市場2016』 上場馬一覧発表のブックマークコメント

【九州1歳市場2016(Kyusyu Sale、Yearlings)】の「上場馬名簿」が発行! - 【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

上場予定馬には、ひまわり賞(OP)などJRA2勝馬エフェクトの半弟「No.2-スペシャルビビーの2015(父ストラヴィンスキー)」、ひまわり賞(OP)などJRA2勝馬コウセイカズコの半妹「No.10-シンコペーションの2015(父ストラヴィンスキー)」、紫野特別などJRA3勝馬タニノシュヴァリエの半妹「No.7-タニノクラリッジの2015(父ストラヴィンスキー)」など、計17頭がラインアップされています。

九州トレーニングセール&1歳市場について〜馬市ドットコム

九州1歳市場はひまわり賞馬などの活躍馬が毎年のように出て来るセールです。7/26にJBBA九州種馬場にて開催予定となっています。

[]鮫島克駿騎手 先輩騎手からのアルハラを受け騎乗自粛に追い込まれる 鮫島克駿騎手 先輩騎手からのアルハラを受け騎乗自粛に追い込まれるを含むブックマーク 鮫島克駿騎手 先輩騎手からのアルハラを受け騎乗自粛に追い込まれるのブックマークコメント

西の栗東トレセンでは、若手のホープ・鮫島克駿(19)が「騎乗自粛」を余儀なくされる「事件」を起こしていた。栗東トレセン関係者が振り返る。

「鮫島は4月17日の阪神9Rを最後に、5月14日の新潟2Rで復帰するまで騎乗していませんでした」

 その間、ファンの間では「何かあったのでは?」「違法カジノにでも出入りしていたのかも」など、さまざまな憶測が飛び交ったが、発端は京都で行われた「花見宴会」。栗東トレセン関係者が続ける。

「佐賀県出身の鮫島を含む、九州出身の騎手が大勢参加して行われました。鮫島は最年少ながら、幹事役をやることになったようです。その宴席で未成年の鮫島が、先輩騎手たちにかわるがわる酒を飲まされた。知り合いのきれいどころを何人か呼んでいた手前もあり、その場の勢いも手伝って、ガンガン飲んでしまうことに。結果、泥酔状態になったのです」

 鮫島はその後、タクシーで栗東まで帰ることになったのだが、ここでトラブルが発生した。

「鮫島は『10万円払うから栗東まで乗せていけ』と横柄に言うなど暴言を吐いたりして、運転手とトラブルになりました。10万円もかかるとは思えませんが、そう言いながら、手持ちの現金は5万円だったそうです。おまけに車内で吐いて、汚してしまいました。怒った運転手が警察に通報し、ちょっとした騒動になったのです」(前出・栗東トレセン関係者)

 この花見に参加し、鮫島に酒を飲ませた「先輩騎手」の中には、浜中俊(27)や松田大作(37)もおり、浜中は負傷で休養中だった。

http://news.biglobe.ne.jp/sports/0702/asg_160702_3674623810.html

記事にここまで詳細に書かれているということはどうやらこの「事件」は事実のような感じですね。

未成年にもかかわらず飲酒してしまったのは鮫島騎手本人の落ち度ですし、酔っていたとはいえタクシーの運転手さんに迷惑をかけたのことも責めを負うべき行動です。

しかしここで一番問題があったのは先輩騎手たちでしょう。

上下の関係が厳しい騎手社会において先輩達から勧められるお酒を断ることは難しい。それを未成年と知りつつ後輩に飲ませるとは言語道断。

これで刑事事件沙汰にならなかったのは幸運でした。仮に事件になっていたらJRAが騎乗停止処分に課していたかもしれません。

鮫島克駿騎手は「騎乗自粛」という形を取ったようですが先輩騎手たちの方こそ責任は重大です。私には鮫島騎手が被害者としか思えません。


(追記)

この警察ざたに対応したのは、鮫島の所属先の浅見秀一調教師である。

「未成年の飲酒ということで、すぐにJRA関係者へ謝罪を入れ、可能なかぎり、その週の騎乗をキャンセルさせて、謹慎させた。本人も丸坊主になるなど、師匠が厳しい姿勢を示したことで、大事に至らずに済んだものでした。もちろん、酒を飲ませた騎手らもJRAから注意を受け、反省していました」(厩者関係者)

 鮫島は3週間、騎乗を自粛したのだが、浅見師は今も怒っているという。

http://www.asagei.com/excerpt/61185

心配をかけ、謝罪にも動いてくださった浅見先生の為にも、鮫島騎手は今後騎乗でお返ししていってほしいものです。

2016-06-24 九州産馬 今週の出走予定 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

阪神2歳新馬にミスキンカメ出石特別にクラウンアイリスが出走します。

今年2月に引退間近の武田博厩舎に預けられたミスキンカメ。冠「マルシゲ」の馬主・坂東島繁藤氏は武田厩舎に

マルシゲファイターをはじめとして所有馬を預託してきました。武田師はお世話になった馬主さんのために

新しい厩舎への橋渡し役になったそうです。日吉正和厩舎に入る予定でしたが、結局は柴田光陽厩舎でデビューすることになりました。

クラウンアイリスは半年以上の休み明け、霧島賞トライアルに向けて始動です。


馬名決定、新規登録された馬などを更新しました。

2016年度 九州産2歳馬一覧 (2014年産馬) - 座布団が行司にクリーンヒット