Hatena::ブログ(Diary)

わぱのつれづれ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2004年12月13日(月) 不具合

PSP 不具合と攻撃

【ゴッゴル】つがるぶろぐ。【ゴッゴル】さんのところで、PSPの不具合情報の一覧が。なんかいろいろ起こっている模様です。2chの不具合スレを見ているんですが…、なんかあまりにしょうもない不具合のためか、なんだか楽しそうですw。不具合をネタとして健全に?楽しめている模様。AAとかも連発されていますし。

一方で、はてな日記で不具合報告し、攻撃された方が、 さんちゃんの日記以外にもいた模様。

フクタケ的 ゲームさん

こちらも、ほんの独り言のような不具合報告なんですけどね。なんか、この荒らし行為は、本当にPSP信者がやっているのではなく、信者にかこつけた荒らしがやっているような気がします。愉快犯の線がつよいかと。だって、不具合スレは楽しそうだし。

発熱地帯でおっしゃっている以下のコメントは同感です。

写真貼れよ、捏造だ、などとわめくケダモノのような人たち。実際にお金を払って買って、それで1回も画面を見れないなんてなったら、そりゃショックですよ。それをちょっと日記に書いた程度で、この有り様。こういうのを蛮行というのではないでしょうか。

なかなか、こういったきっぱりとした言い方できないですよねぇ。

起動しない不具合は、ドット欠けとちがって、「とりあえず、気にしないようにしてゲームを楽しむ」という事さえできない、本当に致命的なバグですからねぇ。PCとかだと、基本的に全数起動チェックぐらいするものですけど、PSPはそれをしていない、ってことなんだろうなぁ。そこまで生産工程削って、出荷するソニーって一体…。

しかも、ゲーム屋店長奔走記では、以下のようなコメントも。

PSPの出荷台数、20万台と発表されていますが実際にそれだけ出たとは思えません。

ゲームショップや量販店に流れた量がかなり少なく、家電販売店に多く流れたようです。

それにしても20万台出た感触がないんですよね。

二次問屋と呼ばれる問屋にもほとんど・・・全く出回っていませんでした。

通常でしたら99%の価格ぐらいで出ているんですが(汗)

家電量販店では1500台も売ったとか言っていますけど、一般のショップにはこの程度…。これでは、ショップの人も敵にまわすような。PSXもそうでしたが、どうもソニーの営業はえげつないですね。

不具合、コミュニティの混乱、在庫不足…。マスコミの話題としては絶好調ですが、潜在的にこれだけの不安を抱えています。はたしてソニーはこれをクリアできるのか。それとも、そのまあずるずるとソニーブランドを汚していってしまうのか…。

PSPの基本設計

2chで、以下のような画像がアップされました。(※元画像が消えてしまったので、転載。問題があったらリンクはずします。)

f:id:wapa:20041214004239:image

今までの不具合報告で、よく「□ボタンが押したまま戻ってこない」とありましたが、この画像を見ると一目瞭然ですねぇ。明らかに、□ボタンのある位置と、ボタンの接点とがずれています。これでは、□ボタンを押したときに、ボタンの端でゴムを押すことになるわけで、必然的に押し込んだ□ボタンには傾きが生じます。それがケースに引っかかって戻らなくなる…、なんと分かりやすいロジックでしょうか。

写真を見ると、本体の大きさに対して、液晶が大きすぎるので、十字キーとボタンがかなり苦しい配置になっているのが分かります。本当は設計の人はボタンをもっと左に寄せたり、ケースの幅自体を広げたかったのでしょうが、そこはデザイン至上主義のソニー、デザインが許してくれなかったのでしょう。

実際、ニンテンドーDSはかなり小さく、端っこにボタンが付いているので、正直使いにくいです。それを考えると、必ずしもトータルデザインを考えて設計側で泣きを見るのは、一概に悪いとは言えません。ただ、それだったらちゃんと不具合がでないようにしなきゃ…。発売日がもう少し遅ければ、もうちょっと検証して、不具合が出ないかどうか確かめられたでしょうに。(確かめた末に、「初期出荷分は仕方がない」と判断していたのだったら…、ブルブル。現場は駄目だと思っていても、上がGOを出しちゃえばそれで通るのが日本のメーカーだからなぁ…)。

ともあれ、これはあきらかに設計ミスというか、設計不備でしょう。もうすでにこの□ボタン問題にもっとうまく対処するべく設計の改良が進められていることでしょう。新しい型番が出るのはちかいかもしれません。初期不良が多いかもとは思っていましたが、こうしたレベルでの、根本的な不具合というものがあるのは、正直意外でした。

初日に大量出荷の大人気「PSP」、ネットに初期不良の報告が多数

マスコミでは絶対取り扱うことがないだろう、と思っていたPSPの不具合。でも、意外なところでマスコミで露出。

それは、InternetWatchの「やじうまWatch」。毎度めたるまんという記者が、通常ニュースに取り上げないような些細なブログのネタなどを取りあげる、編集後記のようなコーナーだ。こんなコーナーだから、初期不良を取り上げることができたのだろう。