Hatena::ブログ(Diary)

わぱのつれづれ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008年11月03日(月) HDD

Xbox360用120GBハードディスク購入レポート

ニンテンドーDSi発売や80GB版PS3の発売などが注目される中、11/6のバリューパック発売まで大きなトピックはないXbox360。店頭でもまだ多少品切れを見受けることはあるものの、だいぶ潤沢に在庫があるようになってきた感があります。

Xbox 360 アーケード (HDMI端子搭載) 【メーカー生産終了】

Xbox 360 アーケード (HDMI端子搭載) 【メーカー生産終了】

さてそんなXbox360ですが、11/19のアップデート「New Xbox Experience(NXE)」に向けて色々準備が進められています。ネットでも、βテスターの報告などで色々興味深い報告が上がっていたりしますね。

New Xbox Experience HDDインストール時とDVDプレイ時のロード時間を比較 - XNEWS

NXEのトピックで、特に大きいのがHDDへのディスク取り込み機能。Xbox360の大きな問題点である終始全力回転してうるさいディスク回転音を軽減、ロードなどにも効果があるということで注目されています。

ただ、この機能を利用するためには大容量のHDDが必要。60GB通常版ユーザーはともかく、旧20GB通常版やアーケードを購入したユーザーは大容量のHDD購入の検討が必要となることも多くなってきます。

Xbox 360 ハードディスク(120GB)

Xbox 360 ハードディスク(120GB)

Xbox 360 ハードディスク(60GB) LIVEパック

Xbox 360 ハードディスク(60GB) LIVEパック

純粋に大容量HDDが欲しい人は120GBのを、アーケードなどを購入しこれからXboxLiveと共に手軽にHDD有りの体験をしたい人は60GBのLiveパックという感じですかね。値段はAmazonの正規だと120GBが約12800円、60GBがLive3ヶ月とヘッドセット付きで約9400円。ビックやヨドバシならポイント含めればほぼ同価格ですね。

この120GB HDD、長らくネットや店頭などで品薄でしたが、先月末量販店で遂に発見し購入。DSi関連のチェックが一段落したところで、自分の20GBから120GBへと交換してみました。今回は、その内容物や交換について簡単に取り上げてみたいと思います。


でかいパッケージと簡素な内容物

まずは、パッケージから。店頭などでは通常そのまま展示しているところは少なく、カードや仮パッケージで置かれているところが多いと思いますが、実物を見るとかなりでかいです。

f:id:wapa:20081103135232j:image:h320

パッケージは相変わらずブリスターパッケージ。縁が全部接着されていないだけましですが、四隅はしっかり接着されているので、ある程度剥がす際破壊する必要があります。入っているものは以下のような感じですね。

f:id:wapa:20081103135233j:image:w320

HDDとマニュアル、それからデータ移行用のケーブルとディスクという感じで、非常にさっぱりした内容となっています。


120GB HDD本体

続いてはHDD本体について。

f:id:wapa:20081103135234j:image:w320

f:id:wapa:20081103135236j:image:w320

裏には端子を保護するシールが貼られています。Xbox360との着脱に用いるボタンと爪のところがちょっと独特ですね。ボタンを押すと、端にちょこっと出ている黒い爪が引っ込むようになっています。ですので、HDDをはずすときはボタンは上から押しながら、逆にHDD本体は引き上げるという、一見矛盾した作業になります。

f:id:wapa:20081103135235j:image:w320

また、裏側の接続端子ですが、最初の状態だと上記のように斜めになっていました。どうも若干の遊びがあるようでぐらぐらしていますね。この辺がなんともアメリカンな感じのする作りです。


転送用ケーブルとディスク

残りはデータ転送作業に用いるケーブルとディスクです。

f:id:wapa:20081103135237j:image:w320

ケーブルはかなり固くしっかりした作りになっていますね。

f:id:wapa:20081103135238j:image:w320

転送用ディスクはいたってシンプルな包装となっていました。


単純なデータ転送作業

さて、あとは20GBのHDDから120GBへデータを移行する作業。この際の仕様として、転送元のHDDから転送先のHDDへ完全にデータを移行する形となります。このため、20GBHDDの中身は空になりますし、120GBのHDDに元々入っていたデータも全て消されて20GB HDDの内容に置き換えられます。最初にデータ移行せず120GBHDDを使って新たなタグを作りプレイなどはしない方がよさそうです。

作業自体は非常にシンプル。120GBに転送用ケーブルを接続し、それをXbox360の本体のUSBコネクタに接続します。後は、データ転送用ディスクを入れてメニューに従うだけ。基本はボタンを押していくだけです。自分の場合、20GBHDDに目一杯データが入っていたためデータコピー時間は1時間24分と表示されていました。

データ移行完了後は、ディスクをイジェクトするとメニューに戻りますので、一旦電源をOFF。ここでHDDを120GBのものに入れ替えます。あとはこの状態で再びXbox360を起動すれば完了。見た目、使用感はこれまでと全く変わらない状態で、空き容量だけ90GBぐらい増えた形になっています。


あとはNXEのアップデートを待つだけ

以上、これで自分も120GBHDDへの移行完了。あとはNXEが始まるのを待つばかりですね。テストドライブアンリミテッドとかForza2など、自分の持っているゲームを一通り入れて、どの程度快適になるか楽しんでみたいと思います。

. 2008/11/03 17:21 >テストドライブアンリミテッドとかForza2など、
同じだ。自分もまずその2タイトルが思い浮かぶw

しかしHDDは未購入
まだまだ発売記念パックが元気いっぱいで壊れる気配がありません
どうしたものか・・・

WATWAT 2008/11/03 19:46 自分はGTA4と、、、やっぱりテストドライブですかね(笑)

コバコバ 2008/11/04 13:53 私はやたらロードの長かった三国5をインストして、PS3と勝負させてみるのが楽しみです♪

なまえなまえ 2008/11/04 22:10 NXE先行体験した方の話ですと、一部インストール出来ないディスクも在った様です。総じて古めのタイトルが該当

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wapa/20081103/p1