Hatena::ブログ(Diary)

わぱのつれづれ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008年12月25日(木) 電通

任天堂版「Home」?〜電通とのコラボ「Wiiの間チャンネル」2009年春から開始

クリスマス商戦でも、毎年の恒例のように無双状態の任天堂。子供&家族に強いだけに、DSiもWiiも共に爆発的な売れ行きを見せています。

そんな中、Wiiのチャンネルに、また変わったチャンネルが追加されるようです。

任天堂と電通、動画配信「Wiiの間チャンネル」を2009年春に開始

お茶の間復権を願いWii上で新しい動画配信サービス「Wiiの間チャンネル」を2009年春に開始 - ニュースリリース 任天堂

今度のチャンネルは、任天堂と電通のコラボ。電通は言わずとしれた日本最大の広告代理店で、任天堂の広報戦略においても非常に重要な関係にある会社だと思うのですが、ここまで会社名を前面に出してサービスして来るというのはちょっと意外なところもあります。「電通」、という響きに拒否感を持っている人もいる気もするんですけどね。

具体的なサービスについては、とりあえず「動画配信サービス」という名前は付いていますが、具体的にどういった動画をどのように見せるのかはよく分かりません。1枚公開されているスクリーンショットと説明を見ると、「Wiiの間」なる仮想空間にMiiが存在している形ですので、感じとしてはこの空間にあるテレビを通じて動画を見る形なんですかね?

現在の据置ゲーム機は、WiiのMiiを皮切りにPS3のHome、Xbox360のアバターと各陣営アバターを生かしたサービスに乗り出しています。PS3がリアルな3D空間での再現、Xbox360がメニュー+Liveプレイ要素に注力したサービスになっているのに対して、Wiiはお茶の間での家族・友人とのコミュニケーションを重視している感じですかね?なにやら、文字通りの「Home(家)」を実現しようとしているようにも見えます。

ともかく、電通と絡んでいると言うことで、やはり任天堂以外の商品やサービス、広告などとのからみはおそらく起きてくるのでしょう。果たして、どの程度消費者に抵抗感をもたせずサービスを展開できるのか。任天堂と電通の手腕が改めて問われることになりそうですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wapa/20081225/p1