和楽多屋日記

2017-11-10 文京博覧会と湯島天神「菊まつり」

f:id:warakutaya:20171110112603j:image

文京博覧会(ぶんぱく)。恒例の区内産業・商業・伝統工芸消費者団体などによる展示・実演・販売が下記にてが開催されます。

あめ細工や伝統工芸会による匠の技の実演が見られます。

●11月17日(金)午前10時〜午後6時まで、11月18日(土)午前10時〜午後5時まで

●場所:文京シビックセンター

●主催:文京区博覧会(ぶんぱく)実行委員会 tel 03-5803-1173

f:id:warakutaya:20171104081000j:image

湯島天神では、今回で第39回を迎える菊まつりを境内にて11月23日まで開催しています。

本年の菊人形はNHK大河ドラマ「「おんな城主 直虎」をテーマに三体が展示されています。

●文博会場から湯島天神まで歩いて約30分です。

●和楽多屋では「和」情報サイトに「観る、知る、学ぶ、散策する」を掲載http://www.warakutaya.com/johotop.htmlそこに「文の京、散策すれば」がありますので好みに合わせ組み立ててみるのも楽しいですね。

2017-11-01 少しの、そして小さな一歩。

どんな時でも温かい思いやりの「ことば」と「笑顔」は人々の心に安らぎを与えてくれます。笑う門には福来たる」。笑顔で暮らすことの大切さは計り知れないもので、想い以上の幸福を己と周囲にもたらすこともしばしばです。

○日々心静か 言葉やさしく清浄なり 思いのままに

○優しい笑顔してますか 素直に明るくしてますか

f:id:warakutaya:20171101134447j:image

f:id:warakutaya:20171101134444j:image

○縁ありて人生楽しきかな 逢えてよかった出逢いのおかげです 笑顔たくさんありがとう

f:id:warakutaya:20171101130201j:image

f:id:warakutaya:20171101133037j:image

この言葉と祈りが少しだけでも、「勇気と元気」をそして前へ進む小さな一歩になればと思っております。会社などの会議室などに飾って皆さんの元気につながればいいですね。

今日から年賀はがきが発売になります。泣いても笑っても新しい年はきます。だったら笑顔でいたい。鬼が笑っても、来年は明るい年にしたいですね。

和楽多屋の「祝い額」は手漉きの和紙にデジタルプリント、その上から手描きで顔料などで彩色・金彩、文字は手描きで、墨で筆画きし落款も手で押しています。名入れもできますので連名で贈り物などにもいいと思います。

2017-10-04 日めくり四字熟語カレンダーが進化。

切り取っても残しておきたいというお客様の声にお応えし、「保存版・小冊子」として365日分の四字熟語を別冊付録に収録しました。

昨年は品切れでご迷惑おかけしました。人気の「日めくり四字熟語カレンダー」です。お申し込みはお早めにお願いいたします。

f:id:warakutaya:20171004170335j:image f:id:warakutaya:20171004170623j:image

f:id:warakutaya:20171004171215j:image

2017-09-15 北斎と娘お栄、北斎ファンは見逃せない。

f:id:warakutaya:20170915103722j:image

露木為一 北斎阿栄居宅図

f:id:warakutaya:20170914172251j:image

上の絵を再現したリアルな人形が北斎美術館で見られます。

北斎の娘お栄(雅号は応為)をテーマにした関連番組がNHK総合テレビなどで放送されます。多彩な番組で北斎ファンは見逃せませんね。

特集ドラマに出演の北斎の娘お栄を宮崎あおいさんが主演、どんなお栄を演じるかも楽しみです。

9月15、22日午後8時 歴史秘話ヒストリア 総合

9月18日午前9時05分 特集「日本-イギリス北斎をさがせ!」総合

9月18日午後7時30分 特集ドラマ「眩(くらら)〜北斎の娘〜」総合

10月7日午後9時 特集番組「北斎インパクト」BSプレミアム

10月9日午前9時05分 「北斎”宇宙”を描く」総合

2017-09-05 てわざ文字  伊藤 紘

昨日、当サイトでお世話になっています「型染版画」の伊藤紘先生とお会いし、新しく発刊された書き文字と型染文字「てわざ文字」拝見させていただきました。想像を超えた文字と日本美の世界を様々な角度から書かれれ貴重な書となっております。本の前書き部分を紹介いたします。

f:id:warakutaya:20170905105402j:image

世には、さまざまな手のわざがある 

その中、本書はてわざの文字を紹介する 

デジタル全盛、人工知能の技術が 

喧伝される今、効率や技能追求でない 

本来人間が持っている、手のわざである 

人間の存在理由のひとつに 

手のわざがあることは、疑いようがない

そして、てわざとしたのは

手と技は人間を超えた、何ものかの力が

働いたとしか考えられないからだ

志ある方々の参考になれば幸いです。

f:id:warakutaya:20170904165402j:image

f:id:warakutaya:20170904165744j:image

f:id:warakutaya:20170904165938j:image

A4判、100頁、定価 5000円(税込)

お問い合わせは 伊藤制作室〒239-0815 横須賀市浦上台2-36-10

TEL&FAX 046-842-7194

2017-08-02 北斎さん、宗達さん。爪切りに、ビックリ。

北斎宗達」の代表作と日本の代表的な「富士と桜」をモチーフに「貝印」の爪切りに山中漆器の盛蒔絵の技術、さらに、エッチング加工のやすりで爪もなめらかに。

f:id:warakutaya:20170801171309j:image f:id:warakutaya:20170801171051j:image

f:id:warakutaya:20170801171127j:image f:id:warakutaya:20170801171233j:image

f:id:warakutaya:20170801170605j:image f:id:warakutaya:20170801170726j:image

左上、蒔絵爪切りL赤富士3240円(税込) 

右上、蒔絵爪切りL風神雷神3240円(税込)  

左下、蒔絵爪切りL波3240円(税込) 

右下、蒔絵爪切りL富士・桜3240円(税込)

2017-07-19 ○△□。丸、三角、視覚(しかく)の魔術師北斎。

f:id:warakutaya:20170719150829j:image

昨日は突然の雷と大きなヒョウ、ビックリ。梅雨もあけいよいよ夏本番ですが、夏にピッタリするのが北斎です。

遠景の一番奥の船は富士の前を進んでいますがその富士は実は波の一つにも見えます。近景左手に、富士を思わせる三角の波が描かれています、そこに大波の円運動があり、三角だけでなく、丸をも構図に取り入れています。正に視覚の魔術師です。

写真のクリスタルのダイヤモンドカットは八角です。

質感を損なわずクリスタルガラス特有の透明感と高級感を保ち、より美しく再現した和楽多屋オリジナル置物です。

●台座に社名、周年記念などの名入れができますのでご相談ください。

寸法 高さ205mm x 幅180mm x 厚さ50mm  

材質 クリスタルガラス・ダイヤモンドカット 

重さ 850g 日本製  10,800円(税・送料込)

2017-07-04 浴衣に似合う金魚の帯留めと珊瑚玉のかんざし。

f:id:warakutaya:20110525121814j:image

f:id:warakutaya:20170629170435j:image

f:id:warakutaya:20170704160626j:image

7月に入るといきなり全国的にで真夏日が続くという。まだ梅雨があけてませんよね。

暑い日が続くと涼を求めたくなります。何と言っても、日本の風情といえる「花火大会

透かしも夏らしい金魚の涼しげな「銀製帯留金魚」とシンプルで鮮やかな色彩の珊瑚玉の銀かんざし。その華やかさと純粋無垢の美しさ。「帯留めにかんざし」美しいものを身につけたおしゃれで色っぽい。「浴衣美人」いいですね。

これからはあちこちで、花火大会もあり、このかんざしは注目されます。今からその時に備えてみてはいかがでしょう。

http://www.warakutaya.com/ginzaiku.html

2017-06-01 銀細工(ginzaiku)は銀座行く。記念(kinen)は禁煙?

f:id:warakutaya:20170601152300j:image

受動喫煙が騒がれています。銀座へ出かけてもタバコを吸える場所を探すのが大変、愛煙家にとっては、ますます厳しい状況にあります。

よく百害あって一利無し。と言われますが、止めるとなると簡単ではないです。

煙の「輪」を出す者にとって、これから肩身が狭くな一方です。

同じ「わ」でも「和」の銀アクセサリーなら素敵です。

禁煙kinen」の「記念kinen」にどうでしょうか。わ、わ、わ、輪が3つ「鬼」「千鳥」「月」の紹介です。

●「鬼ペンダント」

この鬼、ずいぶんいかめしい顔をしていますが、どことなく愛嬌もあってユニークです。鬼瓦の鬼からデザインを起こしたものです。鬼瓦の鬼ってみんなどこかデフォルメされていて、面白い物が多いですよね。

●「千鳥ブローチ」

この千鳥の模様、和柄の定番ともいえるものでよく目にしていると思います。それにしても、なぜこんなに幅広に太っているのでしょう? 本物の千鳥はもっとスマートなのですが、でも、このフォルムかわいいですよね?

●「月ピンブローチ」

月に雲がかかり、その月からは雫なのか、涙なのか、透明なジルコニアが付いています。わざわざ月を観る風習があるのは日本だけだとか。起源は不老不死を願う行為からだそうですが、月の控えめでロマンチックなイメージが、日本人にぴったりなのかもしれませんね。

http://www.warakutaya.com/ginzaiku.html

2017-05-22 北斎、宗達さん。美しい「バレッタ」に何思う。

f:id:warakutaya:20170519162259j:image

日本が誇る絵師、「北斎宗達」の代表作と日本の代表的な花「桜」をモチーフに山中漆器の技術によって、世界中の女性を魅了する本格的な美しい「バレッタ」になりました。

左上、漆芸バレッタかりん3780円(税込) 左下、漆芸バレッタ舞桜3780円(税込) 

右上、漆芸バレッタ風神雷神2700円(税込) 右下、漆芸バレッタ赤富士2700円(税込)

f:id:warakutaya:20170519162819j:imagef:id:warakutaya:20170519163027j:image