和楽多屋日記

2011-03-01 北斎漫画の図柄をアレンジ、銀製アクセサリーに

f:id:warakutaya:20110301184156j:image

f:id:warakutaya:20110301184155j:image

錺(かざり)職人の手による、銀製アクセサリー。北斎漫画の図柄を題材に、江戸から続く伝統的な錺の技術を現代にアレンジしました。

世界に知られる一番有名な日本の画家、浮世絵師葛飾北斎。「和楽多屋」が自信をもってお薦めできる作品です。

日本のお土産に外国の方にも喜ばれます。

こちらからhttp://www.warakutaya.com/silveracc.html

AbeAbe 2011/03/03 10:29 確かに世界の北斎は日本の誇り。身に付け自慢する。いいかもしれない。

SENSEN 2011/03/03 16:42 こうした伝統技術は現代では少なくなりましたね。こうした技を継承していくためにも新しいモノを生み出すことが大切ですね。北斎の遊び心、楽しんでください。

北斎力北斎力 2011/03/04 14:44 「北斎漫画」の序文で北斎は「気の向くままに漫然と描いた画」と言っています。漫画の語源はいろいろありますが、これも説の一つに挙げてもいいような気もしますね。そう考えると、やはり北斎はバイタリティー溢れる人で、芸術的な絵画から、娯楽の漫画まで、とにかく絵という絵には、ものすごくどん欲だったことが分かります。そのパワーにあやかりたいですね。

SENSEN 2011/03/07 10:16 「気の向くままに漫然と描いた画」。漫画の語源?、これは大発見です。やっぱり漫画のルーツは北斎と思いたくなりますね。ありがとうございます。