男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2012-12-24 折り合わぬ契約 このエントリーを含むブックマーク

メリークリスマス! 今夜はクリスマスイヴです。というわけで、おなじみのこの映像をどうぞ。


D

D

アニメ巨人の星』92話「折り合わぬ契約」で、星飛雄馬クリスマスパーティを開催するものの誰も来なかった、という有名なエピソードです。

巨人の星コンプリートBOX Vol.2 [DVD]

巨人の星コンプリートBOX Vol.2 [DVD]


このエピソードは数年前のバラエティ番組トリビアの泉」で紹介されたことで現代若いアニメファンにも有名で、よくギャグ視されているのですが、ストーリーをよく考えると非常に悲しい話で、その後も梶原一騎スポーツ漫画によく出てくる、主人公実存不安を描いています


飛雄馬は幼少期から父の一徹による野球スパルタ教育を受け、子どもらしい遊びもせず、ひたすら野球だけを強いられてきました。飛雄馬は父に反発し「父ちゃん野球に取りつかれて人間らしい心を忘れたおろか者だ」とまで言うのですが、結局は野球に打ち込む以外の価値観を見つけることができません。

飛雄馬の身体に装着された大リーグボール養成ギブスは、息子の成長をはばみ子どものままに押し込めようとする、親のエゴを象徴しているともいえます


苦難の道を経て巨人軍入団した飛雄馬ですが、球質の軽さを克服するため、身体と精神に多大な負担のかかる大リーグボール路線に走ります。これで連勝した飛雄馬ですが、日米対抗戦でオズマと対戦した際、極度の消耗により倒れてしまいます。そしてオズマから「お前は野球しかできない野球ロボットだ」と言われます


オズマは、父によって球団に売られ、英才教育を施されましたが、トレーニングのため父の死に目に会えなかったことをきっかけに、人間の心を捨てた野球ロボットとして完成した人物です*1。そんなオズマは飛雄馬に自分と似たものを感じ、「野球ロボット」発言につながりました。


飛雄馬は「野球ロボット」と宣告されたことに反発し、人間らしい生き方模索ます契約更改球団が提示した6割増を蹴って倍増を要求するなど、増長とも取れる行動を取るのですが、その中で出てきたのが「クリスマスパーティをしよう」というアイデアでした。


しかし、苦行のごとき少年時代を過ごしてきた飛雄馬は、クリスマスパーティを何日にやるのかすら知らず伴宙太に驚かれる始末。それに、孤独な練習ばかりしているためチームワークが身についておらず、団体生活マナーも理解していないため、球団選手球団宿舎に呼びつけるという非常識な行動をとってしまいます


その上、伴も花形満左門豊作も、飛雄馬が野球以外のことに興味を持つのをよく思わず、野球ロボットであることを彼に求めます人間としての幸せというものを、まったく考慮していません。この事実が飛雄馬を深く絶望させ、この場にいないオズマに嘲笑される被害妄想にとらわれるまでになりました。


この後も、飛雄馬は父との確執に苦しみ続け、最終回では左手を壊して投手生命を失い、父と和解して新たな人生を歩み始めるかに見えたのですが、続編ではやはり父の支配から逃れられずに野球世界に戻ってくるという、アダルトチルドレンぶりを読者に見せつける結果となるのでした。

アダルト・チルドレンと家族―心のなかの子どもを癒す

アダルト・チルドレンと家族―心のなかの子どもを癒す



梶原一騎作品では、親子の確執というテーマが好んで描かれます。『虹をよぶ拳』でふがいない父親に反発する牧彦や、『愛と誠』で母を憎む誠などはすぐに思いつくところですし、『カラテ地獄変』や『斬殺者』といった後期のアダルト路線にも「巨大な父性の抑圧」という形で受け継がれています。それらの原点である巨人の星』は、やはりストレートにわかりやすく描かれていますね。



これに対し、梶原のもうひとつの代表作『あしたのジョー』では、主人公が競技にのめり込んで破滅するという大筋こそ共通していますが、飛雄馬が一徹の支配下から逃れられなかったのに対し、ジョーは葉子や紀子が引退を勧めても聞かず、自分ボクシングを教えた丹下段平のことも乗り越えています。段平は「あしたのために」と未来志向でジョーにボクシングを教えたのですが、ジョーは「あした」など無視して「真っ白な灰」になるべく過酷な闘いに身を投じるのです。疑似親である段平の支配から逃れ*2自分見出し価値観のために突き進むジョーは、飛雄馬と違ってアダルトチルドレンではないのです。

劇場版 あしたのジョー2 [Blu-ray]

劇場版 あしたのジョー2 [Blu-ray]


ま、そういうわけですから、飛雄馬のクリスマスパーティを「ぼっち」とか笑いものにするよりは、ロボットから人間になろうとする悲しい試みを、アダルトチルドレンが親の支配から逃れようとする姿を、暖かく見守ろうではありませんか。そんなに単純じゃないよあのシーンは。

*1:この設定は、『あしたのジョー』の金竜飛にも共通するものがある

*2:後半の段平は、試練を求めるジョーを平穏な道へ進ませようとする、父性というより母性を持ったキャラクターに変貌している

逆張り王子逆張り王子 2012/12/25 21:52 わかります。飛雄馬の気持ちは本当に。
自分なりに人間らしい生き方を模索し試行錯誤を繰り返しながら産みの苦しみを味わっている飛雄馬を!
花形も左門も伴も無責任ですなあじつに無責任!飛雄馬の苦しみを一笑に付すとは!!
つか巨人の寮に住むチームメイトを誰も呼ばなかったのはまあ不思議でなりませんが・・・。

あとやっぱりジョーはたびたび児童養護施設から脱走を繰り返してきたような根っからの風来坊的な生い立ちから、大人ってえものを芯から信用したことがないために呪縛に囚われず己の生き方を全うできたのやも知れません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20121224