男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014-01-06 幻界病棟ライゼズ このエントリーを含むブックマーク

東京高円寺に、いっぷう変わった「漫画喫茶」がオープンするとのこと。


“描ける”マンガ喫茶「漫画空間」が東京・高円寺に進出 プロによる講座やイベントも - はてなブックマークニュース “描ける”マンガ喫茶「漫画空間」が東京・高円寺に進出 プロによる講座やイベントも - はてなブックマークニュース


名古屋にある、漫画を描く人をサポートする喫茶店漫画空間」の2号店が、2月中旬下旬高円寺開店するそうです。

1号店の公式サイトはこちら。


漫画空間 日本初!漫画が読めて、漫画が描ける!名古屋は大須発の漫画喫茶! 漫画空間 漫画空間 日本初!漫画が読めて、漫画が描ける!名古屋は大須発の漫画喫茶! 漫画空間

料金表が面白いですね。通常の漫画喫茶と同じく時間制ですが、描く人向けのサポートも充実していて、ペンやインクを無料で貸し出し、スクリーントーンなどは有料ですが使いかけのものをお店にキープしておくこともできるとのこと。プロ漫画家による講座なども開かれており、できあがった原稿コピーをとって、お店に展示することもできるそうです。なかなか面白い試みなんじゃないですかね。


んで、この2号店では、店長プロ漫画家担当するそうです。


どうせだったら、こっちも内藤泰弘にお願いしたいですね。

実はこの「漫画空間」1号店を開いたオーナーは、『トライガン』の人とまったく同姓同名の、内藤泰弘さんという人なんですね。

「漫画好きには天国に近い」 オーナーの情熱が生んだ、名古屋の“描ける”漫画喫茶 - はてなブックマークニュース 「漫画好きには天国に近い」 オーナーの情熱が生んだ、名古屋の“描ける”漫画喫茶 - はてなブックマークニュース

こちらの人は、大学では漫研所属していたものプロにはならず、教材会社に勤めていましたが、50歳を前に脱サラしてこのお店を始めたとのこと。

テレビでこの店が取り上げられたときは、「店長内藤泰弘さん」と紹介されたので「『血界戦線』連載しながら名古屋で店やってんの?」と驚きましたが、顔を見たら別人だったので安心したものです。東京店長内藤泰弘だったら、ワケわかんなくなるだろうなぁ。


なお、内藤泰弘による幻の漫画版サムライスピリッツ』が、このほど復刻されています。

サムライスピリッツ (トクマコミックス)

サムライスピリッツ (トクマコミックス)

これは徳間書店の今はなき「ファミマガ」に連載された漫画で、元の単行本1995年に出たものでした。ゲームには出てこないオリジナルキャラ少年ストーリーの中心になっているため、元のゲームとはほぼ関係ない話になっています。そして、天草四郎率いる12人の魔人集団「来須衆」が登場し、ゲームでおなじみのキャラクターたちと対決するのですが、ここでブッツリ終わるのでありました。作者のツイッターによれば「打ち切り説が流れていますがそれは僕のシリーズ構成が拙かった為にそういう誤解を招いているのだと思います。最初から一巻完結の予定でした」とのこと。


この連載終了後、内藤泰弘チャンバラの次はガンアクションだ、とばかりに『トライガン』を同じ徳間書店の「少年キャプテン」で連載するのですが、こちらでも主人公の宿敵レガート率いる12人の魔人集団「GUNG-HO-GUNS」が勢揃いした途端に「少年キャプテン」が休刊となり、打ち切りを余儀なくされたというのは有名な話です。


トライガン』はその後、掲載誌を少年画報社の「ヤングキングアワーズ」に移し、ストーリーも一応の区切りを付けたリニューアル作『トライガンマキシマム』を長期連載して星雲賞も獲得しましたが、『サムライスピリッツ』のほうはなかなか陽の目を見ず、18年かかってようやくの復刻となっています。格ゲー黄金時代の熱気を回顧しながら楽しめる作品ですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20140106