男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014-01-17 斗いを修める このエントリーを含むブックマーク

小野田寛郎の終わらない戦い

小野田寛郎の終わらない戦い

今日小野田寛郎もと少尉や、声優加藤精三訃報が聞かれました。いずれもファンの多い人物で、ネットには追悼の声がたくさん上がっていますが、そのいっぽうで、こんな功労者訃報もあります


日本修斗協会事務局より。

http://j-shooto.com/?p=3960

訃報

当協会会長並びにISCコミッショナー浦田昇には、敗血症性ショックのため、1月16日午前2時16分、享年75(73歳没)にて永眠されました。


浦田コミッショナーといえば、アントニオ猪木新間寿の暗闘によって生まれたプロレス界の鬼子ともいうべき、第1次UWF1984年旗揚げ)の社長をつとめた人物です。

行き場を失った前田日明レスラーたちの受け皿となり、彼らを支えてくれましたが、参戦してきた佐山聡悪徳マネージャートラブルに巻き込まれて逮捕されるなど、本来ならば不要だったはずの苦労をかけてしまった人であります

浦田氏はその後も、迷惑をかけた張本人である佐山を応援し続け、佐山プロレスに復帰して修斗離脱事実上の追放ともいわれている)したあとも、コミッショナーとして協会を支えました。修斗協会が内紛に見舞われたときも、最終的には浦田コミッショナーがすべての問題をかぶって解決する形となりました。


われわれ古参プヲタにとっては、メガネスーパーの故田中八郎社長と並び、いつか謝りたいと思う人物の一人でありました。謹んでご冥福をお祈りいたします

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20140117