男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015-01-07 ヒトコト更新 このエントリーを含むブックマーク

極楽とんぼ山本圭壱お笑いに復帰するだのなんだのという話があって、「性犯罪をやった人は怖いので人前に出ないでほしい」という性犯罪被害者とか、「被害者の言い分はなんでも無批判に受け容れなきゃいけないのか」と反発する人とか、「そもそも山本を訴えたのは風俗嬢から無罪」とアパホテル論文みたいなことを言い出す人とか、いろんな意見が出てるけど、「やっぱり性犯罪厳罰化しなくちゃいけない」みたいなことを言う人も散見されるんですよね。


あのね、厳罰化っていうのは、裁判有罪になったとき量刑を重くすることであって、示談が成立して不起訴になった被疑者人権制限することでもなければ、起訴するとき裁判判決をくだすとき事実認定をゆるくすることでもないし、ましてや、女に訴えられるような男はその時点で社会的制裁を受けるべきだ、なんてのは厳罰化でもなんでもなくて、単なる魔女裁判しかありませんからね。



(※性犯罪示談で解決するのは、被害者裁判で戦うことの精神的・経済的負担を減らすための方策であって「示談したんだから無実」ってわけではないことも、忘れてはいかんです)