男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015-01-13 もし淀川長治が桃太郎を解説したら このエントリーを含むブックマーク

おとといのネタが予想以上にウケたので、伊藤政則さん本人にバレたらどうしようとビクビクしております


はいえ、生来のお調子者につき、懲りずにまた思いついたネタを投下せずにはいられねえんです!


シリーズ一覧。


もし大藪春彦が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ! もし大藪春彦が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ!

もし平山夢明が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ! もし平山夢明が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ!

もし夢野久作が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ! もし夢野久作が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ!

もし横溝正史が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ! もし横溝正史が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ!

もし小池一夫が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ! もし小池一夫が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ!

もし桃太郎が水曜どうでしょうだったら - 男の魂に火をつけろ! もし桃太郎が水曜どうでしょうだったら - 男の魂に火をつけろ!

もし桃太郎がなんJ民だらけだったら - 男の魂に火をつけろ! もし桃太郎がなんJ民だらけだったら - 男の魂に火をつけろ!

もし梶原一騎が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ! もし梶原一騎が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ!

もし伊藤政則が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ! もし伊藤政則が桃太郎を書いたら - 男の魂に火をつけろ!


もし淀川長治桃太郎を解説したら

また、お会いしましたね。


今夜は『桃太郎』。これは1975年(いっせんきゅうひゃくななじゅうごねん)のアメリカ映画です。

桃太郎いうたら、あのおなじみ、桃から生まれた少年が主役ですね。またいつもとおんなじような……と思う方もいるかもしれません。

でも、今夜の桃太郎ちょっと違いますよ。


あなた旦那さんですか、奥さんですか、お嬢ちゃんですかお坊ちゃんですか。この話を聞いたら、旦那さんは今夜眠れないかもしれませんよ。

といいますのはこの桃太郎、妙な妙な桃太郎でして、桃から生まれるんじゃないんです。

じゃあどこから生まれるのかというと、桃を食べたおばあさんから生まれたんですね。


昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいたんですが、あるところってどこなんでしょうね。昔々いうのも、いつのことなのかようわかりませんね。何とも知れん、怖い怖い話ですね。


おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行ったんですね。柴刈りいうたら焚き木を取りにいくことですから、これはアーノルド・シュワルツェネッガーが『コマンドー』でやってたのと同じですね。こんど一緒におフロ入りましょうね。


おばあさんが川で洗濯をしておりましたら、川上からドンブラコ、ドンブラコと桃が流れてきたんですね。ドンブラコって何でしょうね。何とも知れん、怖い怖い言葉ですね。


おばあさんは、大きな桃を拾うと、家に持って帰るんですね。昔の人は食べ物をだいじにしましたから、川で拾った桃でもちゃんと食べるんですね。


おじいさんとおばあさんは、桃を食べてまあおいしい、おいしい、と喜び合うんですね。仲のいい夫婦ですね。そういえばアーノルド・シュワルツェネッガーも、『トゥルーライズ』で、奥さん役のジェイミー・リー・カーティスと、仲のいい夫婦を演じてましたね。こんど一緒におフロ入りましょうね。


そして、おいしい、おいしいと桃を食べていたおじいさんとおばあさんですが、なんと、桃の効果で若返るんですね。ロバート・ゼメキス監督の『永遠に美しく……』いう怖い怖い映画がありましたが、あれでメリル・ストリープゴールディ・ホーンが飲んだ薬と似たようなものなんでしょうかね。


若返ったおばあさんは、着物を脱いで真っ裸になって、まあ恥ずかしい、おっぱい丸出しでおじいさんに迫るんですね。そんなおっぱい丸出しの若い美女に迫られたら、男いうのは何とも知れんしょーがないもんですね。思わず抱きついたが最後、えらいことになってくるんですね。ちなみにおじいさんも若返って、シュワルツェネッガーそっくりの、筋肉モリモリのイイ男になってるんですね。こんど一緒におフロ入りましょうね。


こうして、若返ったふたりの間に生まれたのが、桃太郎なんですね。その桃太郎が、大きくなって冒険の旅に出るんです。頼りになる仲間たちといっしょに、怖い怖い鬼と戦うんですね。


この映画を観ておりますと、1917年(いっせんきゅうひゃくじゅうしちねん)に『人間タンク』いう、怖い怖い連続活劇映画ありましたね、それ思い出しますね。


では、またお会いしましょうね。

D

からんちょからんちょ 2015/01/14 10:44 シュワちゃんと一緒にお風呂に入りたいとか、ジャッキーチェン主演作品解説の時に「サモハンキンポー…チ○ポーじゃないですよ」とか言ってたのが没後淀川先生がHGだったと知ってから妙に納得してしまいます(^^;)

HeadacheHeadache 2015/01/14 15:52 私の手元にモンローの結婚と離婚について淀川さんが語ったエッセイがあるのだけど、それが徹底して女性の目線で書かれているんです。そのマリリンに対する思いやりの深さに、子どもながら心を打たれました。銀幕の泡から生まれて消えたビナス、とマリリンを評しているけど、この人は映画と人間の橋渡しをするために生まれた常乙女だったのではと思います。そしてこの人が宝物と読んだのがブラウニングのフリークスだったことを思うと、なんとも感慨深いです。

RASRAS 2015/01/14 19:19 淀川さんなら、鬼ヶ島の鬼役を演じた役者さんの肉体美に言及してくれたはずです。
>Headache様
ご両親について、生前の淀川さんは「母が父に苦労をさせられるのを見て育った」というようなことを述べていらしたので、その経験の影響もあるように思えますね。

ブルーブルー 2015/11/14 09:34 参照映画の連発でB級映画の時の日曜洋画劇場という感じがあって面白い。