男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015-01-18 カテエ龍のすべて このエントリーを含むブックマーク

今日アダルトビデオの話です。というわけで以下18禁。




昨年、ぼくの中で大旋風を巻き起こし、レビュー記事を読んで観てくれた人々にも大きな衝撃と感動を与えたビデオ『春原未来のすべて』。


すごいAVを見たという話 - 男の魂に火をつけろ! <アニメ映画ベストテン受付中> すごいAVを見たという話 - 男の魂に火をつけろ! <アニメ映画ベストテン受付中>

すごいAVの話(その2) - 男の魂に火をつけろ! <アニメ映画ベストテン受付中> すごいAVの話(その2) - 男の魂に火をつけろ! <アニメ映画ベストテン受付中>

すごいAVであった、という話(完結篇) - 男の魂に火をつけろ! <アニメ映画ベストテン受付中> すごいAVであった、という話(完結篇) - 男の魂に火をつけろ! <アニメ映画ベストテン受付中>

動画ダウンロードはこちら→あの娘のドキュメント AV女優 春原未来のすべて - アダルトビデオ動画 - DMM.R18


恵まれたルックススタイル、抜群の性的スキルポテンシャル、そして特異な人生観を持ったAV女優、春原未来の素顔に迫る3時間超の大作ドキュメント

鬼気迫るような初日インタビューから、最終日の身も心もぶつけ合うハメ撮りにいたるまで見どころ満点、必見の大傑作であります。「疲れそう」「ダメージを受けそう」「申し訳ないが3次元はNG」などの理由でまだ見てない、という人はどうか見てください。絶対に後悔させません。


で、この作品を撮ったタートル今田監督は、日本映画学校(現:日本映画大学出身で、原一男のもとで学んだ筋金入りのドキュメンタリストでもあります

no title

ゆきゆきて、神軍 [DVD]

ゆきゆきて、神軍 [DVD]

出演女性の話を深く聞き出す手法も、「心のなかで一番の師匠」だという原一男から学んだものだそうです。



今田監督は、このほかにも人気女優の素顔に迫る『○○のすべて』シリーズを何本か撮っていますが、1月31日に発売される新作がこちら。

【mp4】あの娘のドキュメント AV女優 江波りゅうのすべて | SHOP | HMJM | 面白いAVはここにある | ハマジム

AV女優江波りゅう。元祖着エロクィーン”の名に恥じぬ8頭身のモデルボディと妖艶なパフォーマンス売れっ子AV女優さんです。

着エロ時代には脅威的なDVDセールスを叩き、その後30歳近くの妙齢AVデビューしたその経歴も含めミステリアスな雰囲気が漂いまくり彼女の素顔が知りたくて今回オファーを出しました。

打ち合わせでは歯に衣着せぬ語り口で自身出自や思いを語ってくれたりゅうさん。

今、行きたい場所や思い出の地を尋ねると、自身が育った小さな町ときがわと、初の写真集撮影したロケ地下田を候補地として上げてくれました。

二泊三日、自身ルーツを巡りつつ、デビュー以来あまり語られることの無かった江波りゅうさんの胸の内と艶かしい痴態を存分に記録した本ドキュメント作品をどうぞお楽しみ下さい。

主演の江波りゅうは、2002年に「Ryu」名義でグラビアアイドルとしてデビューし、着エロで長く活躍したのち、2011年に「元芸能人」として鳴り物入りのAVデビュー

大手メーカー専属を離れてからは、いまの名義に改名して美熟女路線で活躍していますが、ドキュメンタリー系の作品が少なく、その人物像はあまり知られていません。

そんな彼女の素顔に迫るべく、江波りゅうの思い出の地を旅するというものなんですが、この作品について、今田監督がこんなツイートをしておりまして。


高田社長……? あ! そうだ!


この“Ryu”って名前、どっかで聞いたと思ったら、元レッスル夢ファクトリー社長WJプロレス常務でもあった、高田龍がプロデュースしてた子だ!

高田龍の夢か現か - livedoor Blog(ブログ) 高田龍の夢か現か - livedoor Blog(ブログ)

高田氏の旧ブログ

2009年! それは別冊宝島プロレス地獄変』により、タチの悪いプオタ連中の間でカテエ旋風が吹き荒れていた時期!

プロレス「地獄変」 (別冊宝島 1630 ノンフィクション)

プロレス「地獄変」 (別冊宝島 1630 ノンフィクション)

そのとき漫画にこそ登場しなかったものの、ゴマシオこと永島勝司一方的な言い分をよしとしない、事情をよく知る高田証言ネットのごく一部(主にオレほか数人のカテエ連中)で話題になったのである

このブログで、何度かにわたって紹介されていたのが、高田氏がプロデュースしていた(もともとは、高田氏が経営するお店のホステスだったという)“Ryu”だったのである


『春原未来のすべて』では、今田監督と春原未来が2人きりで旅をしていましたが、今回の『江波りゅうのすべて』では、今田監督江波りゅう、そして高田龍も旅の道連れとして登場! これはカテエ派プオタ必見だぜ!


ということをつぶやいたら、今田監督リツイートしてくれまして、

とのことなのでした。まぁあくまでりゅうさんが主役だし、AVゴマシオや御小や谷津の話をされても困りますよね。しかしまあ、AV関連で「アフターWJ」という言葉を目にするとは思わなかった。こりゃ、発売されたらエビス酒場あたりでトークイベントもあり得るぜ。