男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-04-16 今月の告知 このエントリーを含むブックマーク

「対決映画ベストテン」が、ルールの縛りがきつすぎたのか投票が伸び悩む現状ですが、それはともかく今月の告知です。


せんだい文学

藤田宜永ふじた・よしなが先生

 1950年、福井県生まれ。早稲田大学中退後、渡仏し、エールフランスに勤める。帰国後、フランスミステリ翻訳エッセイを手がけ、1986年『野望のラビリンス』で小説家デビュー

 1995年『鋼鉄騎士』で第48回日本推理作家協会賞、第13回日本冒険小説協会特別賞を受賞。

 犯罪小説から恋愛小説家族小説まで幅広く手がけ、1999年『求愛』で第6回島清恋愛文学賞、2001年には、都会的なセンス人情機微を描く優れた心理描写で、熟年の愛を描いた『愛の領分』にて第125回直木賞を受賞。2017年には『大雪物語』で第51回吉川英治文学賞を受賞した。

 夫人は同じく吉川作家小池真理子氏。

 現在、島清恋愛文学賞大藪春彦賞選考委員を務めている。

奈緒と私の楽園

奈緒と私の楽園


山形小説家ライター講座

梯久美子(かけはし・くみこ)先生

1961年、熊本県生まれ。北海道大学卒。編集プロダクションを経て、2001年よりフリーライターとしてルポルタージュ執筆しはじめる。


2006年『散るぞ悲しき 硫黄島指揮官栗林忠道』で第37回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2017年には『狂うひと 『死の棘』の妻・島尾ミホ』で第68回読売文学賞評論・伝記賞)、第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。


2014年より、大宅壮一ノンフィクション賞選考委員をつとめる。

狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ

狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ

この講座について

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20170416