男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-05-10 今月の告知 このエントリーを含むブックマーク

さて、毎月のことですが、「せんだい文学塾」と「山形小説家ライター講座」の告知です。


せんだい文学

熊谷達也(くまがい・たつや)先生

 1958年宮城県出身東京電機大学理工学部卒業仙台市在住。

 関東中学校数学教師を8年つとめた後、宮城県に帰って保険代理店業のかたわら執筆を開始。

 1997年に『ウエンカムイの爪』で小説すばる新人賞を受賞し、小説家としてデビュー

 2000年には『漂泊の牙』で第19回新田次郎文学賞を受賞。2004年には、『邂逅の森』(『相克の森』『氷結の森』と並ぶマタギ三部作の第二部)で、第17回山本周五郎賞と第131回直木賞を、史上初めてのダブル受賞。

荒蝦夷』『光降る丘』『烈風レクイエム』など東北北海道風土に根ざした作風で知られ、『七夕しぐれ』『いつかX橋で』など、仙台舞台にした作品も多い。

 また、オートバイ愛好家としても有名であり、自らロックバンド「K'z」を率いてギター演奏するなど、幅広く活動している。

 東日本大震災以降は、『リアスの子』『微睡みの海』『浜の甚兵衛』など「仙河海市」を舞台にしたシリーズを発表しており、最新作は3月に発売した『鮪立の海』。

鮪立の海

鮪立の海


山形小説家ライター講座

宮木あや子(みやぎ・あやこ)先生

 1976年神奈川県出身。15歳で小説家を志し、2006年『花宵道中』で第5回R−18文学賞大賞と読者賞を受賞し、作家デビュー

 時代を問わず女性の生きる姿を描いて絶大な支持を得ており、2014年から刊行した『校閲ガールシリーズ石原さとみ主演でテレビドラマ化もされ、大ヒットを記録した。

 その他、『ガラシャ』『官能少女』『あまいゆびさき』など著作多数。

 現在文壇において、もっとも注目される若手女性作家のひとりである

この講座について

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20170510