男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-08-13 今月の告知 このエントリーを含むブックマーク

講座の告知しか書かないブログになってしまったのは心苦しいところですが、何はともあれ8月の告知です。


せんだい文学

川本三郎(かわもと・さぶろう)先生

 1944年東京都出身週刊誌記者を経て、1977年『朝日のようにさわやかに』で文筆家としてデビュー

 映画文芸都市など幅広いジャンル活躍し、1991年には『大正幻影』によりサントリー学芸賞、1997年には『荷風東京断腸亭日乗」私註』により読売文学賞評論・伝記賞、2003年には『林芙美子昭和』により毎日出版文化賞桑原武夫学芸賞、2012年には『白秋望景』により伊藤整文学賞評論部門を受賞した。

 2017年現在サントリー学芸賞選考委員をつとめている。

「男はつらいよ」を旅する (新潮選書)

「男はつらいよ」を旅する (新潮選書)

※今月は通常月とは会場が異なります


山形小説家ライター講座

穂村弘ほむら・ひろし)先生

1962年、北海道生まれ。上智大学文学部文学科卒。

 1986年に連作シンジケート』で角川短歌賞次席。1989年に第一歌集シンジケート』(沖積舎)を、1992年に第二歌集ドライドライアイス』(沖積舎)を刊行。90年代のニューウェーブ短歌運動を推進する。2000年に歌書『短歌という爆弾−今すぐ歌人になりたい人のために』(小学館)、2002年には初のエッセイ集『世界音痴』(小学館文庫)、第二エッセイ集『もうおうちへかえりましょう』(同)を刊行し、エッセイストとしても高い評価を受ける。2008年、短歌論『短歌の友人』(河出書房新社)で伊藤整文学賞を受賞。2017年には『鳥肌が』(PHP研究所)で講談社エッセイ賞を受賞した。

 現在歌壇において、もっとも注目される歌人の1人である

鳥肌が

鳥肌が

この講座について

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20170813