男の魂に火をつけろ! このページをアンテナに追加


  
 

      ご意見・ご感想はこちらまで。 twitterはhttp://twitter.com/washburn1975 人気blogランキングへ せんだい文学塾公式サイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018-01-15 おわりの一歩 このエントリーを含むブックマーク

さて、今年も既に半月が過ぎ去りましたね。


去年から、たまに書くといいつつほぼ告知しか打たない廃墟となってしまったこブログではありますが、たまにはとくに意味もなくダラダラと思いついたことを書くのもまたよし、ということで今年最初エントリを。


というのも、ボクシング漫画金字塔である皮肉でもなんでもない)『はじめの一歩』が、ついに完結を匂わせる展開になってきたことですよ。

はじめの一歩(119) (講談社コミックス)

はじめの一歩(119) (講談社コミックス)

ここ数年ずっと引き延ばしてきた、一歩のパンチドランカー疑惑がついに決定的になり、引退がほぼ確定したといっていいでしょう。

単行本が70巻を過ぎたあたりから試合展開の引き伸ばしが顕著になり、往年のファンがどんどん離れていったこ作品ですが、ここ最近ドラマがしっかり動いているので、オールファンにもまた読み直してほしいと思っております


思えば、ボクシング漫画主人公パンチドランカーになることは珍しくありませんが、たいていは症状を隠して戦い続け、世界チャンピオンを倒す(もしくは圧倒する)ものの、その代償として廃人になる、的な終わり方になりがちでした。そもそも物語クライマックスとしては、栄光絶頂で終わるか、または破滅で終わるというのが定石であります

B.B(31) (少年サンデーコミックス)

B.B(31) (少年サンデーコミックス)

しかし、旧来のボクシング漫画とは一線を画すリアリティが魅力だった『はじめの一歩』ですから、ここは新しいエンディングを持ってきてもらいたいですね。ボクサーがちゃんと引退する漫画、って読んだ記憶がないので、そこをしっかり描いてほしい。会長コミッション引退届を出して、一歩が会長に「長い間お世話になりました!」とあいさつをして、ちゃんと社会人として生きていく終わりにしてほしいですね。作者の森川ジョージには、自らボクシングジム経営して、かつてスター選手だった高橋ナオト会長に起用するものの、素行の悪さが目に余ったため訣別するという経験がありますから、一歩にはナオト反面教師として、釣り船屋としてしっかり働く人になってもらいたいものです。


だいたい今までの展開と、漫画お約束を踏まえて考えると、最終回はこんな感じになると予想します



うーん……「カーンオチってのは、あまりにもベタすぎるかなぁ。

とはいえ、一歩が引退した途端にパンチドランカーが急速に悪化して、釣り船から落ちて亡くなるなんてのはやめてほしいし、引退撤回して廃人になるまでリングに上がり続ける、なんてのは論外だし、一歩がトレーナーの道を歩み始めてまたダラダラ続けるというのもイヤだ。そもそも一歩の性格からいって、あいつ指導者に向いてないし。


あとは、結婚した一歩と久美の間に、間柴そっくり赤ちゃんが生まれるってのも捨てがたいが、30年続いた漫画オチがそれってのもちょっとね。


ていうか、『はじめの一歩』は1989年に連載が始まってるので、来年で30周年なんですよね。たぶん、一歩が引退することになっても、30周年まではまたダラダラ引き延ばすんだろうなあ、という悪い予感もあったりするのです。