Hatena::ブログ(Diary)

☈法令ニュース検索日誌

---法令に関するニュースの記録。主に地方自治や行政分野。---

2004年11月25日 Thu

QRコードを使ったポイントカード(携帯利用)

<現状>

  • 昼飯を食べに行くと、独自のポイントカードをくれようとする店が多いが、店ごとに違うので、ポイントがたまりづらいことや、財布の邪魔になることが原因で貰わないことが多い。
  • 昼飯を食べに行く先を数件に限定すればいいのかもしれないが、それは気分的にイヤ。

<問題>

  • せっかくのポイントを貰わないことで、なんだか損した気分になる。(財布が無意味に分厚くなるよりはマシだけど。)
  • 店としても、客の囲いこみがまるでできない。

<提案>

  • 厚紙にスタンプを押すようなポイントカードではなく、レシートのQRコードを携帯で読み込んで、サーバでポイントを管理する仕組みにする。→財布が厚くなるのがイヤでポイントを諦めることがなくなる。
  • レシート発行時間から数分間だけ読み込みを有効にする。←不正防止。
  • 参加している店舗間で、ポイントの互換性を持たせる。個々の店舗では囲い込み切れなくとも、地域としては囲い込みが可能。
  • もちろん、ポイントの価値は店ごとに違うだろうから、それぞれの店ごとにポイント管理することが原則。
  • 位置情報から、近所の、ポイントに参加しているお店を呼び出し可能。
  • サーバで管理してるから、青森のお店と沖縄のお店で提携してポイントを共通させてみたり。
  • 別に料理屋でなくとも、お菓子屋とかリフレクソロジーとか、何でも使えるし、異業種とも提携できる。
  • ポイントがたまったら携帯にバーコードを表示させたりしてレジで使えるように。聞くところでは、JEANS MATEなどではそのような仕組みが実現しているとのこと。
  • 端末はレジの機械で、レシートに印字したりバーコード読んだりさせるだけなら、新たな設備投資はあんまりせずに済むのではあるまいか。
  • 要はアレです。「ブルーチップ」とか「ハト券」みたいなやつ*1*2

85本足のタコにつき、写真を見せるたびに

「大きさは?」と訊かれるので、鳥羽水族館に問合せました。すると

恐れ入りますが足に注目されていましたので、大きさまでの記録が残っておりません。

そういうものか(笑) ま、日本が発展途上国だった頃ですしねえ。

ただ、体自体はさほど他の物とはかわりがないように思いますので30cm〜40cmほどが多いと思います。(最大60cm程にはなります)

ということです。現在は大事に保管されているので、これから測定することはできないそうです。

件のマニュアルの増補版を作ることになった、と

ちょっと前ですが読売新聞に記事が出てたので、内閣法制局に「ください」と言ってみたのですが、

「作ることにはなったのですが、まだ作ってはいないんです」とのこと。

そりゃそうだよな、昨日の今日で、と勇み足だったことをちょっと反省。

*1:商店街で買い物すると貰えた、切手みたいなやつ。厚木ローカルのものかは不明。よくばあちゃんちでまとめて台帳に貼るのを手伝った。景品とか、バス旅行とかと交換できたらしい。

*2:同じようなことを考えた人がやはりいました。「町のお店にも簡単にポイントカードを〜「FeliCaポケット」http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0412/13/news069.html

K’sK’s 2004/11/26 22:34  今更、11月20日にコメントつけてしまって、ああ、しまった、こっちに付ければ良かったかなと(^^
 マダコ、秋田書店の怪獣図鑑で子供の頃、見ました。本当にいたのか。

washitawashita 2004/11/27 00:35 タコの怪獣は古今に数多くありますが、あんなに異様な造形はありませんね。動物のくせにフラクタルぽい。