Hatena::ブログ(Diary)

☈法令ニュース検索日誌

---法令に関するニュースの記録。主に地方自治や行政分野。---

2005年05月13日 Fri

総務省

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=法令データ提供システム 整備 ミス&lr=lang_ja

2005-05-12 15:46:04 202.32.151.158

国HPの「人名漢字表」 誤字・字体違い、多数

このせいか。しかし

規則改正で大幅に増えた新しい人名用漢字に総務省のパソコンが対応していなかったことや、パソコンの操作ミスが原因とみられる。

http://www.asahi.com/national/update/0512/TKY200505120301.html?t

どんな状況だ… 大雑把過ぎてわからん。 しかも手作りでデータ作ってるみたいな書き方じゃん。 実質手作りの部分はあるにせよ、システムで作っているのでは。 作っているのはたしか東京都の三セクだったと思いますが。

しかし

出生届が受理されなかった東京都渋谷区の会社員(30)は「国が公表しているデータに誤りがあるなんておかしい」と怒っている。

あきらめろ。

総務省は、本システムの法令データの利用に伴って発生した不利益や問題について、何ら責任を負いません。

http://law.e-gov.go.jp/readme.html

なお、こういう間違いは、当然法制局の法令審査支援システムの指摘事項には盛り込まれていません。

ところで、

総務省情報システム管理室の担当者は「点検が不十分でした。人の名前に使われる文字であり、身近で大切な問題。早急に修正します」と話している。

こういう場面で、ですます調のコメントをされる方もいるんですね。いいですね。

正確さは…

法令データ提供システムについては、公布→反映、の期間を短くしてほしいと思うけれども

http://www.seri.sakura.ne.jp/~branch/diary0505.shtml#0513

改め文(官報のデータ)→溶けこまし というある意味おそるべきシステムである以上、正確さは犠牲にせざるを得ないかと。 私としては、そんな仕組みであの正確さで1ヶ月強の間隔で更新しつづけられることに、すごいなあ、という感慨を覚えます。

 でも考えたら「法庫」は個人でやってるんだよな…

R25 ビジネスマンを12タイプに分類

やべー 当たり過ぎるよこれ。どうなってんだ。

そしてこの部署には「ブレーンタイプ」がいないことが判明。

法令審査支援システム仕様書です。

http://www.lawdata.org/etc/houreishinsashien.pdf

ちなみにこれ、7月入札で10月11日仮納入だそうです。いつ設計したりテストしたりすればいいんでしょうか。

内閣法制局と総務省行政管理局は意見交換をしたりしてるんでしょうか。システム化についてはむしろ、総務省行政管理局のほうに知見がありそうですが。*1

たぶんそういう仕組みではないのではないかと。

http://d.hatena.ne.jp/iori3/20050513/p3

もし、この作業に当たった職員がキャリアだったら目も当てられないけど、まさかねえ???? バイトの「臨時職員」だったら、まだしもだが、国家公務員試験に合格してその職場にいる職員だとすると、ノンキャリであったとしても、話にならないなあ。。。

単価が高い職員がそんなことはしないでしょう。

そんなことしてもらうために税金納めてるわけではないし。

第一、法令のデータ量を考えれば、そんなの無理。

 PDFなどで配布

してなかったとか?

ま、文字化けに気を使わなかったのは迂闊だったでしょうが、そんな形式で配布されたらこのシステムの利便性が大きく損なわれます。

化けそうな文字については、その辺りを丸ごと画像にするしかないんじゃないでしょうか。

もしくは見る側の環境を限定するとか。

歴史小説≒ファンタジー?

http://legalport.blog.ocn.ne.jp/jititaihoumu/2005/05/post_8a70.html

私の印象といたしましては、歴史小説(日本の)が好きな方というのは、現実世界での存在力が無い方が多かったように感じられます。

昔偉大な人がいたのはわかったから、それはそれとして目の前の現実と格闘しようよ、と突っ込みたくなる人が多かったような気がします。

私の周りだけだったのならいいのですが。

*1:実際のところは知りませんけど、「管理局」って、「銀河鉄道管理局」みたいな響きでいいですね。実際のところは知りませんけど。

kei-zukei-zu 2005/05/14 01:05 わー!仕様書ありがとうございます!!

hirosh1hirosh1 2005/05/14 01:41 仕様書拝見しました。ありがとうございます。いまさらですがこのシステムが変なものアウトプットしてもシステムは責任とってくれないんだろうな。

Pyotr1840Pyotr1840 2005/05/15 07:14 歴史小説を偉人伝としか読んでいないとすれば全くその通りでしょうね。目の前の現実と格闘する戦略の手がかりになる歴史小説もあるのに、読めてないんですよね。同じファンタジー=幻想でも、本来の文芸とは現実への危機認識(=読んだ人の存在力を突き動かしてしまう力のあるもの)だと思います。

washitawashita 2005/05/15 18:13 本来の文芸とは<いや、もう読む人の能力如何ではないでしょうか。 考えたら、(精神的)老人向けの歴史小説より、ファンタジーのほうがよほどいいものが多いですし。