Hatena::ブログ(Diary)

☈法令ニュース検索日誌

---法令に関するニュースの記録。主に地方自治や行政分野。---

2006年12月20日 Wed

タレでなく「冬眠」が命救った…六甲山で遭難男性が退院

神戸市の六甲山で約3週間遭難し、「焼き肉のタレ」で奇跡的に生還したと伝えられていた西宮市職員、打越三敬さん(35)は、「冬眠状態」で一命を取り留めていたことが分かった。栄養分豊富なタレは数滴しか口にしなかったという。クマじゃあるまいし、人間が冬眠できるのか?

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/32243/

    出来る。出来るのだ。

シグルイ風に絵本を語るスレ

1 :さく・え/ななし :2006/02/20(月) 18:45:35 ID:???

一寸に満たない剣士の刃は鬼を倒すことが出来るのか?

正体不明の笛吹きの音色は鼠を退治することは出来るのか?

出来る。出来るのだ。

http://blog.livedoor.jp/vip_2ch_net/archives/50966679.html

情報公開法の使い方

情報公開法の使われ方で最も多かったのは、長者番付リストゲットだったという記事発見。

 

そうだったんですか、なるほど、というのが感想。世の中の制度は商魂たくましく活用されていくんですね。意外に思ったのは、次に多いのは公務員試験の過去問だという点。普通、予備校の出版物で入手するんじゃないの?公開請求はよっぽど面倒じゃない?

http://d.hatena.ne.jp/jump6po/20061220#p1

その予備校が正確な過去問を入手するために請求しているのではあるまいか。

違いますかね?

官邸ホームページ:小泉内閣で10億円の支出

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

  _, ._
(;゚ Д゚)

 政府は19日、01〜05年間の5年間で、小泉純一郎内閣が運営した「首相官邸ホームページ」に約10億円、メールマガジンに約9億円の支出があったとの政府答弁書を閣議決定した。社民党保坂展人衆院議員の質問主意書に答えた。

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20061220k0000m010160000c.html

<長周期地震動>都が庁舎データ拒否 学会からの提供要請に

(毎日新聞 - 12月20日 15:10)

 巨大地震によって発生する「長周期地震動」が超高層ビルに与える影響を検討するため、土木学会と日本建築学会の検討会が東京都に都庁第1本庁舎(48階、高さ243メートル)に関するデータの提供を求めたところ、公開を拒否されていたことが分かった。民間ビルの協力も得られず、検討会は仮想のビルによるシミュレーションしかできなかった。都内の防災に責任を持つ都の“後ろ向き”な姿勢に、専門家から批判の声が上がっている。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=134214&media_id=2

西川名誉教授は04〜05年、都に長周期地震動の影響を解析して結果を公開することを要望。新潟県中越地震(04年)によって発生した長周期地震動の影響で、都庁内のエレベーターが停止して乗客の閉じ込め事故があったことから、地震計が記録した当時のデータの提供も求めた。

 ところが、都はこれに対し、庁舎は国土交通相の許可を受けて建設していることを理由に「新たな解析は必要がない」と拒否。地震計データも「ただ不安をあおるだけになる」として提供しなかった。

 安心できるデータではなかったということですか。

伊藤勝春・都庁舎管理課長は「地震計は保守管理をしていないため、使えるデータではないという事情もある。使うには地震計の更新が必要だが、かなり先の地震に備えた学術的な研究のために緊急に整備すべきだとは思わない」と説明している。

この方は予言者なのか?

カラスにカラシを

焼肉を奪ったカラスへの報復のために自らの焼肉に七味唐辛子をぶっかけまくった漆原教授の故事に倣って、生ごみを捨てる際にはカラシ系を大量投入してはどうでしょうか。

私の経験では、業務用粉ワサビの威力がかなりでした。(カラスに試したわけではありません。念のため。)

■[自治体]黄色いごみ袋 カラスに効果無し

http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20061216/p2

動物のお医者さん (第7巻) (白泉社文庫)

動物のお医者さん (第7巻) (白泉社文庫)

t9930211t9930211 2006/12/21 01:24 お久しぶりです。
たしか、情報公開法で入手したとしても、著作権がなくなっているわけではないので、予備校がばらまくというのは、多分厳しいんだと思います。
とは言いつつも、情報公開法上は、試験問題は既に公開されている情報と判断されますので(情報公開法第5条第1号イ)、開示請求があった場合はださないわけにはいかないですし、正味のところ、そのあたりの関係はグレーゾーンなのかなあ、と思ったりします。
なお、米国では、そういった請求を避けるために、政府がどんどん自主的に情報をウェブサイトに載せているとのことです。

washitawashita 2006/12/21 22:34 なるほど。いっこうに通知をWEBに載せてくれない総務省も、請求しまくったら載せてくれるようになるんでしょうか。
・・・ちょっとDoSアタックみたいですね。