Hatena::ブログ(Diary)

☈法令ニュース検索日誌

---法令に関するニュースの記録。主に地方自治や行政分野。---

2007年02月17日 Sat 漢数字→算用数字 変換フォーム

公文書を読む

官僚の作文において、「常識的にどう読めるか」は意味を持たない。

1)常識をいっさい働かせずに、その文章の文脈と論理のみではどう読めるか

2)その文章の前にどのような文章が公式文書化されているかという脈絡

のみがすべてである。

 常識で色々補って読むと、官僚の思うつぼにはまってしまうのだ。

 私の見るところ、疋田氏は官僚の作文の読み方を理解した上で、今回の運動を起こしている。対して、「疋田氏は警察庁の文書を歪曲解釈している」と指摘する向きは、官僚作文の読み方を知らず、常識で読み解いてしまっているのである。

公文書を読む: 松浦晋也のL/D

http://b.hatena.ne.jp/entry/http%3A//smatsu.air-nifty.com/lbyd/2007/02/post_209a.html

発令形式「要綱」

要綱は、発令形式では、ないです。ただのポピュラーな題名です。市町村においては、発令形式は、必ず、訓令か告示を取るはずです。発令形式をとらない要綱は、ただの「内規」扱いになります。ちなみに国や都道府県の「○○補助金交付要綱」とかは、ほとんどが、ただの内規です。

ある地方公務員の子育て日記 ■[自治]規程って何?

http://d.hatena.ne.jp/nationfree/20070217#p1

ハズと言えばハズなのだとは思いますが、しかしかかる実態が。。。

以前ちょっと調べたのですが、都道府県でも、昔は「要綱」として発令(改正)されてたものが結構まざっていて、途中で「告示」に統一された様子でした。

ところで「要網」はまだまだ健在のようです。

たくさん。

号の細分が「ン」まで行ってしまった例が。

因みに、国土庁設置法(現在は当然廃止法令)の「イ、ロ、ハ…」で列記された事項で「…エ、ヒ、モ、セ、ス」の「ス」まで到達してしまった条文(第4条23号)の改正では、「ン」を使って列記事項を追加した。

2007-02-14 - 巡回記

 

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(昭和四十六年九月二十三日政令第三百号)も第2条の4で、「ン」まで使ってしまっています。