Hatena::ブログ(Diary)

☈法令ニュース検索日誌

---法令に関するニュースの記録。主に地方自治や行政分野。---

2007年08月26日 Sun

ご反応いただき、光栄です

すごい勢いでbranch様のページからアクセスがあるので、私が何かやらかしてしまったかと思いました。

 午後、連日のカレー摂取によりキレンジャー状態になっていた僕は washita氏(8/25付) に勧められるままホイホイとスープカレー専門店VOYAGE[ヴォイジュ]に向かってしまったのだ。って、washita氏は札幌に土地鑑があるんですね。

http://www.seri.sakura.ne.jp/~branch/diary0708.shtml#0826

ついに稼働 か ?

これもbranch様の記事にて。

連絡内容は当初仕様に忠実であると思われます。忠実過ぎるくらいに。

「稼働」と聞いて「えー、できちゃったの?」と胃が痛くならないわけでもないのですが、

法制執務関係者たちがその稼働開始をまだかまだかと待ち望んでいた …というよりは、いったいどれほど使い物になるのか、却って作業効率が悪くなったりはしないのかと懸念を持ちつつ、でも約3年前の概算要求時の第一報から幾星霜、ほとんど続報がないので半ば忘れ去ってしまっていたあの法令審査支援システム(経緯は 法令データ検索日誌*[法令審査支援]においてよく整理されている。)について、ついに内閣法制局から操作説明会の実施について事務連絡が。関心をお持ちの方もいるだろうから …といっても bewaad氏、 washita氏、 kei-zu氏 くらいしか直ちには思い浮かばないし、bewaad氏は既に当該事務連絡を目にされているかとも思うのだけれども…、各府省に配布されたパンフレット形式の資料の内容を紹介する。

http://www.seri.sakura.ne.jp/~branch/diary0708.shtml#0826

「OASYSが利用できること」という要求まで堅持しているあたり、・・・ 

感覚的には、そんなのは費用と効果を衡量すれば、完成させるためには矯めてしまうほうが自然に思えるのですが、よく・・・

7月頃に当該システムの話題についてインターネットを検索されていたmofの方もきっとこれで安心を・・・

嬬恋村 廃棄キャベツをフリーズドライで非常食化

食べてみたい。

防災をビジネスする村

廃棄キャベツを非常食化

 キャベツの一大産地、群馬県嬬恋村(つまごいむら)で「防災」を切り口に農業や観光を活性化させるという取り組みが始まっている。豊作による生産調整(※)で大量廃棄せざるを得なくなったキャベツや型崩れで出荷できない農作物をフリーズドライ(食品を凍結させた状態で水分のみを蒸発させる乾燥方法)という製法で非常食に加工。被災時でも高原で育ったビタミン・ミネラル豊富な野菜を手軽に食べられるとして、都内の姉妹提携都市などに宣伝し新たな農業市場の開拓を進めている。

地域活性化!Shinkenまちづくり新聞

http://machizukuri.info/archives/2007/08/150.php