Hatena::ブログ(Diary)

Unreal Engine・Unity・Cocos2d-xなどのメモ帳

2012-10-26

CentOS6にRedmineを入れていくよ!

GMOクラウド VPSは、最初に決めたOSのバージョンから
変更できないので、新しく契約しました…。
その場合は無料期間はなし…。


# yum upgrade -y
バージョン確認
# rpm -qa | grep centos-release
centos-release-6-3.el6.centos.9.x86_64




# vi /etc/sysconfig/iptables
下記を追記
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
iptables再起動
# /etc/init.d/iptables restart


CentOSyumリポジトリにEPELを追加

# rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-7.noarch.rpm


開発ツールインストール
# yum groupinstall "Development Tools"
RubyPassengerビルドに必要なヘッダファイルなど

# yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel


MySQLとヘッダファイル

# yum install mysql-server mysql-devel


Apacheとヘッダファイル

# yum install httpd httpd-devel
ImageMagickとヘッダファイル
# yum install ImageMagick ImageMagick-devel


Rubyインストール

# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p286.tar.gz
# tar zxvf ruby-1.9.3-p286.tar.gz
# cd ruby-1.9.3-p286
# ./configure
# make
# make install
# make clean
Rubyのバージョン確認
# ruby -v
ruby 1.9.3p286 (2012-10-12 revision 37165) [x86_64-linux]



bundlerのインストール

# gem install bundler --no-rdoc --no-ri



MySQLの設定

# vi /etc/my.cnf
[mysqld] セクションに
character-set-server=utf8
[mysql] セクション
default-character-set=utf8 を追加



MySQLの起動および自動起動の設定

# /etc/init.d/mysqld start
# chkconfig mysqld on



rootユーザーのパスワード変更・匿名ユーザー削除

# mysql -uroot
mysql> use mysql;
mysql> update user set password=password('********') where user = 'root';
mysql> delete from user where user = '';
mysql> flush privileges;
mysql> exit;



Redmineデータベースとユーザーの作成

# mysql -uroot -p
mysql> create database db_redmine default character set utf8;
mysql> grant all on db_redmine.* to user_redmine identified by '********';
mysql> flush privileges;
mysql> exit;


※ ******** の部分は任意のパスワードを設定してください。

Redmineの展開と配置

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/76495/redmine-2.1.2.tar.gz
# tar zxvf redmine-2.1.2.tar.gz
# mv redmine-2.1.2 /var/lib/redmine

# cd /var/lib/redmine/config


# vi database.yml
production:
adapter: mysql2
database: db_redmine
host: localhost
username: user_redmine
password: ********
encoding: utf8


※ ******** 部分は、MySQL上に作成したRedmineユーザーのパスワードです。
注意:hostの設定で、今回VPSを使用する場合はそのhostを記述する!

メールサーバへの接続設定

# cp configuration.yml.example configuration.yml
# vi configuration.yml
production:
email_delivery:
delivery_method: :smtp
smtp_settings:
address: "localhost"
port: 25
domain: 'example.com'


example.com の部分は、Redmineを実行するサーバFQDNとしてください。

Gemパッケージのインストール
Redmineインストールディレクトリで行う
# cd ..
# bundle install --without development test postgresql sqlite

Redmineの初期設定とデータベースのテーブル作成
Redmineインストールディレクトリで行う

# rake generate_secret_token
# RAILS_ENV=production rake db:migrate



Passengerインストール

# gem install passenger --no-rdoc --no-ri



PassengerApacheモジュールインストール
# passenger-install-apache2-module

Passengerの設定を追加
# vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf
# Passengerの基本設定。
# passenger-install-apache2-module --snippet を実行して表示される設定を使用。
# 環境によって設定値が異なりますので以下の3行はそのまま転記しないでください。
#
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.17/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.17
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby

# Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定(任意)。
#
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

# 必要に応じてPassengerチューニングのための設定を追加(任意)。
# 詳しくはPhusion Passenger users guide(http://www.modrails.com/documentation/Users%20g uide%20Apache.html)をご覧ください。
PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 3600
PassengerUseGlobalQueue on
PassengerHighPerformance on
PassengerStatThrottleRate 10
RailsSpawnMethod smart
RailsAppSpawnerIdleTime 86400
RailsFrameworkSpawnerIdleTime 0

Apacheの起動および自動起動の設定

# /etc/init.d/httpd start
# chkconfig httpd on



Apache上のPassengerRedmineを実行するための設定
# chown -R apache:apache /var/lib/redmine

サブディレクトリRedmineを実行
シンボリックリンクの作成
# ln -s /var/lib/redmine/public /var/www/html/redmine

Apacheへの設定追加

# vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf
RailsBaseURI /redmine



Apache再起動
# /etc/init.d/httpd configtest
# /etc/init.d/httpd graceful

ここまで作業したら、とりあえずhttpアクセス可能になりました!
ただ、「Ruby on Rails application could not be started」発生…orz
f:id:wasman3:20121026140631j:image:w640

config/database.ymlの設定が問題っぽい

localhost部分を修正すると、

Mysql2::Error: Table 'db_redmine.users' doesn't exist: SHOW FULL FIELDS FROM `users`



というエラーが出るようになったので下記を実行

# rake generate_secret_token
# RAILS_ENV=production rake db:migrate



そうするとやっとRedmine起動!!




注意:6.3だとwgetが標準でない模様なのでインストール方法
$ yum list | grep wget
$ sudo yum install wget
$ which wget
/usr/bin/wget

参考サイト
http://blog.redmine.jp/articles/redmine-2_1-installation_centos/
これ通りですべてOKではないので、一部修正はしてます

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wasman3/20121026/1351211456
リンク元