Hatena::ブログ(Diary)

WASTE OF POPS 80s-90s

2016年03月18日

欅坂46が初単独公演、国際フォーラム5000人前にデビュー作全曲披露

いくら1,000円とはいえ、結成半年でCDデビュー前のグループが単独有料公演やって国際フォーラムAが埋まるのです。もう他のアイドルグループやってらんねえ。性格少しくらい歪んでも許したくなる。資本主義社会はこんなにも残酷なんです。

---

「タワーレコードセブンパーク アリオ柏店」4/25(月)グランドオープン!

はい、薄々聞こえては来ていましたし、そうでなくても予想はできますが、3月31日に閉店する駅前のタワーレコード柏店は純粋な閉店ではなく、こちらへの移転の形ということになります。
かなり発表まで引っ張りましたが、とりあえずでも「閉店です」って言っておかないと「今までありがとう!」なんていう声は醸成されず、「遠いじゃねえか行けねえよ馬鹿じゃねえの死ねよ」的な罵倒しか生み出さないので、この時間差は意外に大事です。

しかし現在は駅前のそれなりに広いビルの2フロア、それが移転後はモール内の1区画になりまして、正味床面積としては約1/4に縮小という形ではあります。元々は都内で渋谷・新宿に次ぐ面積を誇っていた秋葉原店も、3/12にリニューアルした店舗はおよそ1/3に縮小でありまして、タワーレコードといえども完全に「選択と集中」モードに突入であります。
柏クラスの通勤通学の拠点都市でも、駅前よりも郊外の方が商売が捗るという判断が下されたことについては、正直非常にこの先恐ろしい。

柏は、駅前にもう1軒新譜専門として残る新星堂カルチェ5も先日改装を行った結果、CD売場は半分程度に縮小されたと聞きます。それらの結果、柏の繁華街に残ったCD屋で現在一番床面積広いのはディスクユニオンであるという、謎の状態に。
とはいえ、ディスクユニオンも7-8年前あたりに稲田堤・淵野辺といったロードサイド型の店舗を畳んだあたりから方針転換し、高田馬場・大宮と都市型の拠点を増やし、本拠地新宿には歌謡曲専門店、サントラ専門店を相次ぎ開業、昨年には関西進出を果たす等、一定の方向に怒涛の攻めを行っておりまして、数年後真っ当な総合中古店はユニオンに集約されてしまいかねない状態でもあります。

それがいいんか悪いんかはまだわからんですが、とにかく一昔前とは随分経営方針変わっていることは確かでして、先日一部で話題となったこのポスターに対し、「ユニオンも新宿の自社スペースでアイドルの握手会しとるがな」という、大変に真っ当なツッコミも入っておりましたが、このポスターは一昔以上前からいる硬派なスタッフによるものであり、現状の経営方針とやや意識のずれが生じた結果と考えてみると何となく納得は行きます。納得してあげて。