Hatena::ブログ(Diary)

WASTE OF POPS 80s-90s

2017年12月06日

キヲク座 / 遊山 (Mini Album)

童謡・唱歌・民謡の再解釈・再構築専門バンド。よくもまあそういう場所を見つけてくるわ、というそれだけで感心することしきりなのですが、実際出てくる音がポストロック的な音楽の気持ちいいところを抽出したような感じになっていてかなりいい。

甲本ヒロトの書くメロディは時々びっくりするくらいシンプルで、まるで唱歌のように聞こえるときがあります。でもそれがギターとベースとドラムのエイトビートの上に乗ると、きちんとバンドの曲として、ただし他の誰かの曲よりも恐ろしく「通りのいい」音として響くわけですが、それにちょっと近いんじゃないかなと思いました。
元々あるシンプルなメロディを、いかにより響く音楽として聴かせることができるかというポップスの実験。

今作は2枚目。「線路は続くよ」もいいし、「あんたがたどこさ」の解体再構築っぷりもすごいのですが、正直前作の1stの「ほたるこい」と「待ちぼうけ」が最強なのは如何ともしがたいのですが。
それでも、こんなことを思いついて、実際にやって、これだけの完成度に持ってくる時点で、もうすごいリスペクトですよ、本当に。