Hatena::ブログ(Diary)

WASTE OF POPS 80s-90s

2018年05月22日

ぴあが1万人規模のアリーナを横浜みなとみらい地区に建てるという話がありますが、そんなサイズではなくとも東京都内新たなライブハウスはできているもんで。
300以下レベルのキャパの箱なら元々唸るほどあるわけですが、ひと昔前まで手薄だったのが「500以上1000未満」のサイズの箱。

10年以上昔からあるライブハウスが、
・新宿LOFT(500)
・渋谷O-WEST(600)
・東京キネマ倶楽部(600)
・渋谷duo music exchange(700)
・代官山UNIT(700)
・渋谷CLUB QUATTRO(750)
・恵比寿LIQUID ROOM(1000)

概ねこんな感じでしたが、近年徐々にここらへんのキャパの箱も増えてまいりまして。

2009/06:下北沢GARDEN(600)
2010/12:新宿BLAZE(800)
2014/09:新宿ReNY(800)
2016/09:渋谷WWW X(600)
2017/07:白金高輪SELENE b2(700)

特に700-1000あたりが大変に手薄だったところに新宿の2軒ができたのは大変に大きかったのですが、ここらへんのサイズ感のライブハウスが今年これから年末に向けて3軒一気にオープンします。

2018/07:ヒューリックホール東京(900)
有楽町マリオン11階。元映画館「TOHOシネマズ日劇」跡を改装した形。純粋な「ライブハウス」ではないですが、座席で900というサイズ感の箱はなかなかない。既に入っているブッキング見たら、JOY-POPSとかSHOW-YAとか土岐麻子とか、確かに座席あった方が何かと麗しいあたりが多め。

2018/10:渋谷ストリームホール(700)
渋谷駅前再開発で、246号の南側にできるビルの別館。本館の高層ビルとは全く別の建物で、周囲の他テナントに干渉しにくいため、特典会とかにめちゃくちゃ取り回しよさそうです。場所代や使うグループの格にもよりますが。

2018/12:神田明神ホール(700)
神田明神の境内に建設される神田明神文化交流館内の施設。アキバ徒歩圏なのでそこらへん属性に使用される可能性。ただ言うても神社の境内なのでどういうタイプの使われ方するのか、何らかの使用制限入ったりするのかはまだまったくの未知数。

いずれもライブハウス専業ではなく、セミナー等ビジネスユースにも対応できる箱。平日はビジネス、土休日はライブという形で全体の稼働率を上げられますのでやっぱ新しいのはこういう方向に行きがちです。いずれもアホみたいに交通の便いいところですし。

CD販促やらメディア露出ではなかなか届かなくなっている今、やたら増えているのは、フェスとまでは行かなくても複数のミュージシャン・グループが出演する形の企画イベント型のライブ。
そこで顔見せしてライブを観てもらうことで認知や好感度を上げていく方向のプロモーション、こういうご時世今後も減ることはないと思うので、こうやって箱が増えた分いろいろまた企画が出てくるのでしょう。
とりあえず新木場や横浜まで行くのダルいので、都心でできるだけライブ観られると嬉しいです。お願いします。