Hatena::ブログ(Diary)

WASTE OF POPS 80s-90s

2018年06月27日

チャットモンチー / 誕生 (Mini Album)

何これ。
既に「完結」を決めた後に制作され、インタビューで読む限りではタイトルが「大団円」になるかもしれなかったこのアルバムですが、何だこの「大団円」感のなさは。
というか、彼女たちのアルバム史上最も内省的なアルバム。元々チャットモンチーの歌詞はそもそも内省的なものも多かったわけですが、非バンド的な制作だったせいか、完全にアレンジまでがその内省性に寄り添った感じで。「the key」なんて恐らく彼女たちのキャリアで最もザラザラして重い曲。メカなのに。

それでも、これらの音は過去の彼女達にはなかった「新機軸」であることは間違いなくて、ラストアルバムでそんな音出してくるというところは、2人組になって以降の方向性としてはまったくブレてないわけで。その姿勢はやっぱり信頼できるし、完結としてこれっていうのも彼女達らしいと思う。

あとは、生でこれらの楽曲を聴いた時、そして数々の過去曲との流れの中にこれらの曲が入ったときにどう響くのか。「砂鉄」で泣くことはもう確定ですが、それ以外はどうなのか。
2012年のフジロック、Red Maqueeでの2人編成を観てとんでもなく衝撃を受け、もう一度すぐにでも観たいと思って2日後の「GIRLS' FACTORY 12」にも馳せ参じ、雪のZeppワンマンで痺れ、男陣・乙女団の時はチケット取れなくて泣く泣く諦め、六本木でのメカ仕様のライブを観てほっこりし、そして7月4日、日本武道館へ行ってきます。