たゆ たう このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-09-18

第1回Facebook勉強会 (その後、二次会かも)参加レポート

| 10:39 | 第1回Facebook勉強会 (その後、二次会かも)参加レポート - たゆ たう を含むブックマーク

今ごろですが、9月3日(金)開催された、大分Facebook交流会主催の「第1回Facebook勉強会 (その後、二次会かも)」参加レポートです。

今回の勉強会のテーマはFacebookの初心者に向けての機能・操作説明、今後日本で普及していくか、企業が利用するためのポイント、わからない機能の質問コーナー等々。

勉強会の資料と一部内容が被ったりしますが、要点や資料にはなかった事などをレポートしてみます。

(レポートというよりメモというか箇条書きです)

第1回Facebook勉強会 (その後、二次会かも)

 http://www.facebook.com/event.php?eid=147297821966429

 時間:9月3日 19:00〜21:00

 場所:モリムラ寝装2階(http://www.morimura.com/mapimg.gif)

    大分市中央町1−1−13

 主催:大分Facebook交流会

  • Facebookの特徴
    • 日本、韓国、中国ではまだユーザーが少ない
    • リアルタイムメッセージが中心
  • Facebookユーザーネーム
    • 一度登録すると変更できなくなるので設定時には慎重に
    • 先に取ったもの勝ちなので早めに取得した方が良い
    • 例: http://www.facebook.com/fujino
  • Facebookのプロフィール
    • 趣味などは普通名詞にしておくとファンページになりやすい
  • 5つのフロー
    • 2つの非公開フロー
      • チャット
      • メッセージ + リスト(今後強化が見込まれる機能)
    • 3つの公開フロー
      • 投稿、コメント、シェア、いいね
      • Notifications(お知らせ)
      • NewsFeed(ニュースフィード)→TwitterでいうTL(タイムライン
      • Wall(掲示板)→自分のアクティビティの表示
  • ニュースフィード
    • Facebookの基本機能
      • 自分と友達の発言とアクティビティの共有
      • 発言を時間軸で共有する(=Twitter
      • 写真や動画のアップロードを共有する
    • ファンページの更新を告知
    • アプリからのメッセージ
  • ニュースフィードの設定
    • 友達になる
      • 発言やアクティビティが表示される
    • ファンページで「いいね」をクリック
      • ファンページのアクティビティを表示
    • アプリを設定
      • アプリからのアクティビティを表示
    • ニュースフィードから削除
      • 隠しておけば後で設定から戻せる
      • ※友達がいないとニュースフィードが流れてこないのでとりあえず友達を作る
  • ノート
    • RSSリーダーの事
      • ブログのRSSを登録すると良い
      • 興味のあるRSSをどんどん登録できる
  • イベント
    • 参加イベントが確認できる
  • コメントする
    • 他の人の発言やニュースフィードにコメントをつけられます
    • 賞賛や疑問
  • シェアする
    • 様々なところでシェアボタンを押すと発言をつけてそのデータへのリンクが
    • ニュースフィードに流れる
  • 「いいね」ボタン→今最も注目されている機能
  • ファンページ
    • 検索のところに「ファンページ」と入力すると「新しいファンページを作成」と出てくる
    • 書き込みできる人を設定できる
    • アプリを使えばウェブサイトのようにデザインを変更できる
    • 25アカウントからフォローされると独自のURLを取得できる
    • 掲示板、写真、イベント、ノート、ディスカッションの機能が使える
  • グループ
    • ファンページは公開だが、グループは非公開
    • 現在あまり機能強化がされず、今後サービスを停止する可能性が考えられる

ざっと機能の勉強をしましたが、しょっちゅうUIが変更されるFacebookなのでまた変更されそうですが、よくわからなかった機能を勉強できて良かったです。

mixi、グリー、モバゲー等のソーシャルネットワークが主流の日本に、これから普及していくかはまだわからないですが、webサービスを提供する側として今の段階でちゃんと勉強して対応しておくというのは大切な事だなぁと改めて感じた勉強会でした。

次回に向けて色々とリサーチして備えたいと思います。

勉強会の資料は講師の藤野さんより下記にて配布されています。

slideshare(http://www.slideshare.net/yukifujino/the-facebook)をご確認下さい。

勉強会に参加した方たちのTweettogetter「第1回Facebook勉強会 (その後、二次会かも)」にまとめています。

当日のUstreamはこちらhttp://www.ustream.tv/channel/大分facebook交流会?lang=ja_JP:title=「大分Facebook交流会」]。

*1:顔写真じゃない場合アカウント停止の可能性が高いとの事です

2010-08-29

Safari機能拡張を導入してみました

| 11:49 | Safari機能拡張を導入してみました - たゆ たう を含むブックマーク

今日は温泉りんごの定例会に参加してきました。

今回のテーマはSafariの機能拡張。

f:id:web_designer:20100829115027j:image

興味はあったのですが時間がなくて導入していなかったSafariの機能拡張についての内容だったので、早速自分のMacBookSafariにも導入。

教えていた中でもPBTweet+がとっても便利だったのでご紹介。

元々このPBTweet+は、pbtweetというtwitterをすこし便利に使うための拡張スクリプト

会話が階層表示になっていて追いやすかったり、アップされた画像がクリックする事なく確認できたり、RT機能を追加できたりでとっても便利なScriptです。

とっても愛用していましたが開発が終了してしまい、Safariバージョンアップが進んでどんどん使えなくなり、すっかり忘れ去っていましたが、海外の方が開発を引き継ぎ、Safariの機能拡張として復活していました。

早速PBTweet+(http://twitter.trauma2u.com/pbtweet/)インストール

するとこんな画面。

f:id:web_designer:20100829115439j:image

Filterというのが新しい機能。見たくない発言のキーワードを登録するとTLから隠してくれます。録画してて後で見る予定のドラマとかの生中継ツイートのTLになった時に便利!と言っていたのがあさひな。さん。確かに。

いつも見慣れた発言枠が消えちゃいますが、New Tweetボタンをクリックすると新しいツイート発言ができます。

もちろんURLの短縮とかもできる。

f:id:web_designer:20100829115353j:image

もう一つ便利(?)な機能がミュート。Tweetの右側、星の下にある人の形のマイナスとプラスのマーク。これをクリックすると、ちょっと黙っていて欲しい方の発言をリムーブする事なく隠す事ができます。

これは新しい発想だ。良いかも。

f:id:web_designer:20100829115549j:image

とあるドラマの放送時間帯になるとTLが土佐弁になっちゃってうざーってなったりするものね。(ごめんなさい見てません…)

f:id:web_designer:20100829115642j:image

あとpbtweetの頃からある機能でお気に入りなのが写真の表示。

TL上でサムネール表示されているのでとっても便利!

f:id:web_designer:20100829115716j:image

クリックするとjQueryLightBoxっぽく同画面で拡大表示されます。

早速インストールして愛用しております。


今回の定例会で紹介されたSafariの機能拡張の一覧

Auto Pager

 Google検索の次のページを自動で一画面で表示してくれる

 http://autopagerize.net/

Text2link

 テキストだけのURLをリンククリックに変更してくれる

 http://firedev.com/text2link/

YouTube5

 YouTubeFlash動画をHTML5H.264)の形式で表示してくれる

 http://www.verticalforest.com/2010/06/09/youtube5-html5-converter-for-youtube-videos/

ClickToPlugin

 Flashをダミーで表示し、クリックすると再生が始まる。環境設定でFlashH.264のどちらかに形式を変更できる。

 http://www.math.northwestern.edu/~hoyois/safariextensions/clicktoplugin/

Gentle Status Bar

 ステータスバーを隠してくれる。

 http://able-archer.net/

Ultimate Status Bar

 短縮URLの飛び先を教えてくれる。

 http://ultimatestatusbar.com/

NoMoreiTunes

 iTunesへのリンクをクリックするとブラウザーでのプレビュー表示のみでストップし、iTunesへの移動をしない

 http://einserver.de/nomoreitunes/

PBTweet+

 Twitterの表示の機能拡張。キーワードのフィルター、Mute機能(フォローを外さずに一時的にTLから外す事ができる)

 http://twitter.trauma2u.com/pbtweet/

FlickrPlus

 Flickrのサイドバーに「FrickrPlus」という項目が追加され拡大画像の直リンクなど様々な機能が追加されます

 http://codaset.com/robwilkerson/flickrplus/wiki/home

 http://robwilkerson.org/


次回の温泉りんごの定例会も楽しみだなー。

2009-10-18

Google Waveを試してみた

| 18:49 | Google Waveを試してみた - たゆ たう を含むブックマーク

f:id:web_designer:20091018175734j:image

Google Waveプレビューへの10万人招待にはずれてしまいましたが、Googleに招待された方からご招待いただき、無事波に乗れました。

Google Waveの招待メールが届いたのは昨日。

iPhoneからもログインできるとのことですが、最初のログインはiPhoneからはできないようです。

昨日は帰宅が遅かったので、本日朝から早速ログイン。

f:id:web_designer:20091018180713j:image

ログインしてもお友達いなかったら使えないよな…と、不安だったのですが、Gmailのcotactsに登録していた方2名がすでにGoogle WAVEに参加されていました。

それと、招待してくれた方(大感謝!)と、Twitterで知り合った方の計4名が現在のcontacts。

他にGoogle Waveにログインできる方、お気軽にお誘いください。

アカウントは、kunmoritaです。(まんまやん…)

早速フージーとWave(一連のコミュニケーションを構造化したスレッド、もしくはドキュメントそのものをこう呼ぶ…だそうです。簡単に言えばチャットみたいな感じ)の練習をさせていただきました。

動作チェックはMacBookSafariバージョン 4.0.3 (6531.9)から行いました。

使ってみてのファーストインプレッション

1文字1文字、相手が入力する文字が見えてしまうといのうがちょっと気持ち悪い。

入力間違いとか、考え直して入力し直しても全部見えちゃってるから、気軽にpostできないな…。

タイムラグなくWaveが出来て、データのやり取りもスムーズで、これはグループで使うには便利かも!

遠隔地での共同作業とか、グループで仕事をする時や、打ち合わせにも使えそうです。

機能としては、

  • URL、画像、動画、音声、各種データのやり取りや共有
  • 画像を並び替えたり、キャプションを複数人で共同編集したりといったことがリアルタイムで行える
  • Wikiのように共同編集ツールとしても利用可能
  • やり取りした内容をアーカイブとして保存できる
  • PlayBackというやり取りの再現が再生できたりする

先日クローズドベータが公開されたばかりのCacooと一緒に使えたらすごく便利だなーと思いました。


iPhone3GSからもログインと動作チェックをしました。

まだ公式には使えると発表されていませんが使えました。

f:id:web_designer:20091018182425j:image

↑なんか色々注意文が出てきますが、「go ahead」をクリックすると先に進めます。

f:id:web_designer:20091018182555j:image

iPhoneでログインして最初に出て来るトップ画面。

inboxです。

右上にはWaves(Wavesの一覧)とContacts(アドレス帳)のボタンのみというシンプルな構成。

フージーとチャット中だったのでWavesにアクセス。

f:id:web_designer:20091018183100j:image

↑これがiPhoneでのWave画面。

機能はほぼMacで使っていたものと一緒。

制限はない感じ。

動作もスムーズでキビキビしていて、専用のアプリを使っているような気分。

もちろん、相手が入力している1文字1文字がリアルタイムに表示されるのもiPhoneから確認できました。

これは…かなり使える!

早く周りで使える人増えないかなー。

一般公開は今年の終わり頃を予定という事ですが、どうなるのでしょうか?

また、正式リリース後のGmailやGoogle docs等の扱いがどうなるのかもかなり気になりました。

まだまだ機能を全て使いこなせていないので、この記事は追記予定です。

Google Wave

https://wave.google.com/

■Cacoo

https://cacoo.com/beta/

■【詳報】Google Waveとは何なのか?

http://www.atmarkit.co.jp/news/200905/29/wave.html

2009-09-06 [Mac] 雪豹さん〜Mac OS X 10.6 Snow Leopard このエントリーを含むブックマーク

f:id:web_designer:20090906192945j:image

自宅のMacBookをMac OS X 10.6 Snow Leopardにアップデートしました。

Apple Storeで予約購入し、発売日である8/28には自宅に届いていたのですが不在で受け取れず、翌日の早朝再配達してようやく手にしました。

Leopardからのアップデートなので3,300円。

Amazonだともうちょっと安いらしいです。

早速アップデート!したかったのですがなかなか時間が取れず、ようやくアップデートしたのは今週の事。

しかし、仕事が忙しいのと体調を崩していたのとで雪豹さんの評価をできぬまま日々を過ごし、ようやく本日触り始めた所。

とりあえずの初見。使っているうちに気付く事もまた出てくると思うので、のちのち追記します。

Safariの起動が速くなった(Safari派です)

・Spacesの切り替えが早くなった

・ことえりを使用していてコマンド+スペースを押すと画面に英字、ひらがな、カタカナという表示がされるようになった。(グラフィックソフトを使っているとこれはとても困る…。とりあえずカタカナは外した)

・CS4でSpaces使っていたら表示が遅い不具合があったけどなおったっぽい

といった感じ。

とにかく、全部の動きが速くなった。

いっぱい使い倒そう!

2009-06-04

Adobe BrowserLab

| 09:26 | Adobe BrowserLab - たゆ たう を含むブックマーク

Adobe Systemsから「BrowserLab」の無償プレビュー版の公開が始まった。(そのうち有料サービスに切り替えられる)


■Adobe BrowserLab

https://browserlab.adobe.com/

※BrowserLabの動作環境には、「Adobe Flash 10」搭載が必須となります

Mac OS X、Windows XPのOS上で動く

  • Firefox2.0 / 3.0
  • Internet Explorer 6.0 / 7.0
  • Safari3.0

3つのブラウザーでウェブサイトがどのように表示されるかのテスト(シミュレート)ができるという画期的なもの。

Wiondows版のFirefoxのアドオンにはIEのブラウザーシミュレーションがありますが、同じPCにインストールされているIEのエンジンしか認識できない。(もちろんMacには対応していない)

これまでにもブラウザーシミュレーションのアプリケーションは様々あったけど動作が不安定なものばかりだった。

Adobeから出たこのhttps://browserlab.adobe.com/:title=「BrowserLab」]はどのブラウザー上からも使用でき、Windowsのみならず、MacのOSでの表示も確認できるのでwebデザイナーやコーダーにはかなり心強い味方。

様々なOS、様々なバージョンのブラウザーを用意するだけでも骨が折れるし、その環境を維持していくのもけっこう難しい。(できれば最新のブラウザーを使いたいし…)

Dreamweaver CS4のextensionsも提供されているので自宅のCS4にも組み込んでみよう。

〜使用感〜

  • 動作は重いけど、十分使用に耐えうる程度。
  • Flashで動作している為か、若干フォントの表示が微妙です。ちょっと滲んでるし。
  • 1ページだけの表示、2ページ隣り合わせて並べた表示、Onion Skin Viewという表示結果2枚を半透明にして重ね合わせての表示、と3つの表示形態を選べるのが便利。
  • 秀逸なのがOnion Skin Viewという機能。ブラウザーごとの差異が重ね合わせることで如実に確認でき、コーディングの問題点の発見が早い。

f:id:web_designer:20090605110331j:image


[追記:2009/06/06]

BrowserLab extensionsを自宅のDreamweaver CS4に組み込んでみた。

ローカルで編集しているソースをBrowserLabでプレビューチェックできるようになる。

f:id:web_designer:20090606075605p:image

f:id:web_designer:20090606075604p:image

extensionsをインストールするとDreamweaverのブラウザーでチェックにBrowserLabが追加される。

BrowserLabを選択するとデフォルトで指定しているブラウザーが立ち上がり、Adobe BrowserLabのサイトへログイン。あとは通常のBrowserLabと操作は一緒。

Dreamweaverを使う利点として、アカウント情報を登録できるので、パスワードをいちいち入力しなくても良くなるという事とローカルのソースがプレビューできるという事くらいだろうか。

〜問題点〜

  • includeしている部分が読み込めない
  • 絶対パス、相対パスで指定している画像は読み込めるが、root指定している“/”から始まるような画像が読み込めない
  • PHPがプレビューできない(ローカルファイルだからかな…)