ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

筋トレ週報・テンポラリ更新

・コメントの書き込みについては、こちらのローカルルールをご一読ください。
・モバイル「石井ゆかりの星読み」はこちら

2014-07-25

[]2014/7/28-8/3の空模様。



こんにちは、石井ゆかりです。

26日、火星が蠍座に移動し、

今週は水星が獅子座へと入ります。

星は常に動いていますが

7月の動きは特にドラマティックでした。

星が扉を「抜けきった」ような感がある今週、

すでに6月までとは全く違った空気を

多くの人が楽しんでいるのではないかと思います。

水の星座に4星、火の星座に4星。

感情と情熱の沸き立つような夏のイメージです。

海と太陽!というような

ベタな雰囲気がこの配置にはぴったりくるような感じがします。


火星は天秤座でちょっと調子が出ない状態でしたし、

水星も水の星座では持ち味が出にくいとされています。

これらがそれぞれ、次の星座に抜けた今、

主にビジネスや外向きのアクション、知的活動やコミュニケーションなどについて

かなり「調子が戻る」感じがあるかもしれません。

動きにくさ、窮屈さ、誤解や行き違い、

あるいは、エネルギーが内側にこもって苛立つような感じから

解放される人も多いのではないかと思います。


7月というシフトの時間は、

いわば「時間の曲がり角」のような感じで

けっこう、不安定な部分もあったかもしれません。

扉のあたりというのは、どちらの世界にも属しておらず、

そこだけがちょっと特殊な場所です。

その扉のまとまった場所を抜けた今週は

星座を問わず、なんとなく

「着地した」感覚が強いのではないかと思います。


今週はそんな感じです。








----

「愛する力。」試し読みがこちらでできます。


「石井ゆかりの星読み テーマ別セレクション【星で「あの人と私」を読む】」が、リリースとなりました!

コンピュータによる「個人占い」、第4弾です。

もとより、機械で読むのはどうにも限界があるのですが、それでも、できるとこまでやってみよう、的なアレです。

モバイル「石井ゆかりの星読み」のデータベースを元にしているので、会員の方にはおなじみの記事ですが、

パソコンやスマホでまとめ読みできる、パソコンならプリントアウトもできる、というあたりが魅力です。

詳しくはこちら。

[]牡羊座 2014/7/28-8/3の空模様。


「変なところに入っていた力が抜ける」

ような感じがするかもしれません。

気づかぬうちに眉間に寄っていたシワとか

力みきって上がってしまっている肩とか

そんな不要な緊張がすうっと

ほどけていくような感じがするかもしれません。


敵だと思っていた人が

実は味方だったことが判明するかもしれません。

あるいは、これまでは本当に敵であった相手が

今週を境に、ぱっと味方に転じるようなこともあるかもしれません。

最初はいがみ合っていたのに

あとで無二の親友となり、または恋人となる

という展開は、

ドラマでも現実に置いても、

決して珍しくありません。


今、貴方の世界では

「敵対」から「愛と融合の関係」への

劇的なシフトが起こっているように見えます。

ちゃんとそこにあったのに

変な力が入ってしまって見えなかった、自他の心が

今週以降、見えてくるのかもしれません。

[]牡牛座 2014/7/28-8/3の空模様。


「出会い頭」というのは、一般には、

事故などの場合に使われることがほとんどです。

でも、そうしたいやなことではない分野でも

「出会い頭、いきなり物事が起こる」ことは

けっこう、あるのではないかと思います。

たとえば

「一目惚れ」「意気投合」などは

出会い頭に起こることの代表格です。


今週、出会い頭に貴方の世界におもしろい事が起こる

という感じがします。

出会った瞬間になにかが貴方の懐に飛び込んで来るような

そんな出来事が起こるのかもしれません。

たぶん、貴方の意志しだいで

それは、避けてしまうことも出来るのかもしれませんが

思い切ってずばんと受けとったとき、

かねてから密かに願っていた方向転換が

可能になるようなことも、あるんじゃないかと思います。

[]双子座 2014/7/28-8/3の空模様。


経営学の勉強をすると必ず最初に出てくるフレデリック・テイラーは

工場労働者の作業時間を、ストップウオッチで計りました。

計られている側の気持ちはあまり語られることはありませんが

おそらく、いやな気がしただろうと思います。

日ごろなんとなくやっていることを客観視する

というのは、そんなふうに

ちょっと奇妙な手だてが必要ですし

場合によっては、不愉快です。


でも、それをすることによって

「決して変わらない」とおもっていた仕事や日常が

激変する場合もあるのも、事実です。

変えたいのに変えられない生活パターンや悪い癖を

ストップウオッチで計る

といったような文責をきっかけに変えられるなら

これは、なかなか面白いことだろうと思います。


今週以降、貴方は自分の生活パターンやルーティンワークを

いつもとはちがった目で見つめるようになるかもしれません。

そして、それを現実に即した形で

自分によりフィットするように変えていくことができるはずです。

ときには、理想としている生活のあり方が

自分にはちっとも合っていなくて、

結果的に、理想と現実のギャップから

いつも自分を責め続けているような人もいます。

そうした悪循環から抜け出すのも

今なら、できるんじゃないかと思います。


去年の秋頃から、

愛について不器用な情熱を燃やしていた人は

その不器用さから今週、すうっと解き放たれるかもしれません。

これまでの苦労は、言わば

鉛筆の持ち方とか、箸の使い方を修正するときのような

慣れるまでどうしても感じざるを得ないやりにくさ

だったのではないかと思うのです。

でも、正しい使い方が身についてしまえば

以前のやり方など、思い出すこともできなくなってしまいます。

これまで苦労した分だけ、今では素直に、柔軟に

愛をやりとりすることができるようになっているのではないかと思います。

[]蟹座 2014/7/28-8/3の空模様。


嵐を抜けるような気持ちになるかもしれません。

これまでのあのバタバタはなんだったのだろう!

と思えるような

すうっと落ち着いた、スムーズな気分になって行けそうです。

過去1年ほど、貴方はまさに

嵐のような人生の転換点にありました。

それを駆け抜けて、今、

「やっと着地した」

という気分になっているのではないかと思うのです。


これまで起こったことの意味が分かるとともに

今どこにいるかも、

これからどう歩いて行くべきかも

今までよりずっとクリアに見えてくると思います。

なにより

「自分はどうしたいのか」

「自分は何が欲しいのか」

といったことを

今までよりずっと自由に考え、

楽しんで決めて行くことができるでしょう。


「そうか、今は楽しい時なんだ」

と、不意に気がつく人もいるはずです。

誰かからとても大切にされていたり、

大切にしたいものをいままで大切にしそびれていたりしたことに

気づかされる場面もあるかもしれません。

[]獅子座 2014/7/28-8/3の空模様。


ごちゃごちゃしたややこしい話が

今週以降、ちゃんとまとまっていきそうです。

ただ話し合っているだけで何も決まらない状態が

現実的に動ける状態へと

変わっていくかもしれません。


今までのコミュニケーションは

情熱的で、積極的で、革新的でしたが

同時に、ちょっと荒削りで、むきだしで、

時に、ノイズが多すぎるところがあっただろうと思うのです。

そうした問題を抱えながらもずっと続けて来た対話が

今、次の段階へと進んでいくことになります。


ややこしい勉強を終える人もいるでしょうし

居づらい旅先から帰還する人もいるかもしれません。

これからは、

「外へ外へと向かう」のではなく

「内側の世界を押し広げる」ことへと

意識が向かって行くでしょう。


「余計なことは余計なことだ」というふうに

気持ちがクリアになったとき、

どーんと大地を踏みしめるような安定感と楽観が

胸に湧いてくるんじゃないかと思います。

[]乙女座 2014/7/28-8/3の空模様。


ぐんぐん外に出て行けます。

ガンガン話をすることもできます。

この、外向きの活発な動きの裏側には

「今まで何が自分を押しとどめていたのか」

ということへの理解が作用しています。

心の中が変われば変わるほど

外に出て行く力も活性化していきます。

過去への解釈が変化するほどに

語りたいこともまた、変わっていくのです。


今までずっと投げかけられていたなぞなぞの

答えが分かるような瞬間もあるかもしれません。

自分の中にあった慢性的な疑問について

誰かに語りかける勇気が湧いてくるかもしれません。


世界は、貴方の内なるものに対して

今、優しい関心をつねに

投げかけてくれているように見えるのです。

[]天秤座 2014/7/28-8/3の空模様。


軽やかになると同時に、

燃えてくるタイミングです。

これまでも結構燃えていたかもしれませんが

その「燃え方」は、

着慣れない人が和服を着込んでいるような

どこかぎくしゃくした燃え方だったのではないかと思うのです。

今週以降の情熱は、そうではなく

最も貴方らしい燃え方で燃えます。


さらに今週以降、

自分がやってきたことを形にしたい

という思いが強くなるかもしれません。

この「形」は、「報酬」という意味でもありますし

「足跡」という意味もあります。

目の前に在る時間はちゃんと「ある」ように見えますが、

記録しないまま流れていく時間は

いつか、記憶からも消えてしまうこともあります。

ちゃんと数字や力、記録、ものとして見てみたい

という思いが強まるとき

今までとは別のアクションを起こす人もいるでしょう。


物欲が強まってくる時期でもあります。

貪欲に欲しいものを取りに行く勇気が

ここから目指すべき目的地を教えてくれます。

[]蠍座 2014/7/28-8/3の空模様。


「社会的行動範囲」

とでもいいたいようなものが

どんどん外側へと広がっていきます。

遠くまで行くにはそのためのパワーが必要ですが

今の貴方には、力が有り余っているようにも見えます。


物理的にも、そのほかの意味でも

どんなに遠くに行っても「受け入れられる」感じがすると思います。

赤の他人のようによそよそしくされたり

よそものとしてはじかれたりすることなく、

遠い世界にいる人々もまた

貴方自身に、同じように興味関心を持ってくれるのです。


今、貴方はかなり現実的で具体的な目標に向かって

自ら行動を起こしている最中だろうと思うのですが

それが貴方個人のものにとどまらず

貴方を取り巻いている世界のものになっていくのが

生活の随所に、感じられるだろうと思います。

[]射手座 2014/7/28-8/3の空模様。


「謎が解ける」ような出来事が

つぎつぎと起こりそうな時です。

今まで隠れた場所にあって出てこなかったものが

ここでようやく、姿を現します。

それらは「自然に出てくる」というよりは

貴方の力で引っ張り出すべきもののようです。


そこに謎があった、ということも

今まではもしかすると

気づいていなかったのかもしれません。

私たちは、よく考えてみればよほど不可思議なことでも

「こんなものか」というふうに

何となく受け入れてしまっていることが

けっこうあるようなのです。

その不可思議に気づき、なんだろう?と目をこらすと

そこに謎が立ちあがり、さらに、

謎の奥にある答えが

貴方を助けてくれることになるのだろうと思います。

[]山羊座 2014/7/28-8/3の空模様。


様々な計画が持ち上がり、

とても忙しくなりそうなのですが

そこにはいっさいの「縛り」がないのが

この時期の面白いところです。

ルールや枠組み、段取りなどに縛られず

自由に応答し、柔軟に変更し、

景気よくもりあげて進んでいけます。

まるで、子供が夢中になって取り組んでいる

粘土細工の遊びのようです。

オブジェは生き生きと成長し、

思いがけない変化を遂げ、

やがて、とても創造的な世界樹がそこに出現します。


自分ひとりでは決して見られなかった風景が

今、貴方の周囲に広がっています。

人の力を「借りる」というよりは、

人の力を「集めて、花開かせる」ことが

今の貴方の重大な役割となっているようです。

貴方が誰かを必要としている以上に

貴方の周囲の人々もまた

貴方が力を借りてくれるのを

待ち望んでいるのだと思います。

[]水瓶座 2014/7/28-8/3の空模様。


格好つけてすましこんでいるひとよりも

形振り構わずがんばっているひとのほうが

魅力的に見えるものです。

失敗を恐れて「出来る範囲」で片付けているひとより

失敗しながらがむしゃらに進んでいるひとのほうが

ずっと、ドラマの主人公に向いています。

水瓶座の人は、今

自分がどう見えているかを気にせず進めば

どんどん人からの評価や信頼、好意が増していく

というような、不思議な循環の中にある感じがします。


豊かな出会いの季節に入っていますが

その人々のために仮面をかぶる必要は

今は、ほとんどないだろうと思うのです。

貴方が理想や目標を見つめて動いている、

その動きの輝きが、

貴方と今、出会いつつある人の心に

響いているのだろうと思います。

[]魚座 2014/7/28-8/3の空模様。


非常に忙しい時期ですが

非常に楽しい時期でもあると思うのです。

「やるべきこと」がてんこもりですが

「やりたいこと」もキラキラ輝いています。

美しい愛の季節でもあり、

タスクに打ち込める集中力の季節でもあります。

「日常」を変えられる時ですが

同時に、未知の世界に飛び込んでいける時期でもあるのです。


これらのことはいちいちが

相反したイメージを纏っていますが

本当は、それほど「別々のこと」でもないのかもしれません。

絵本作家のターシャ・テューダーは

「ジャムの鍋をかき回しながら、

シェイクスピアを読めるわ」と言いました。

ドラマの主人公たちは

仕事やスポーツや不可能なミッションに

恋を胸に燃やしながら挑んでいきます。

それらば別々のことではなくて

その人の中で、天と地のように

1つの世界としてとけあっているはずです。