ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

筋トレ週報・テンポラリ更新

・コメントの書き込みについては、こちらのローカルルールをご一読ください。
・モバイル「石井ゆかりの星読み」はこちら

2015-06-26

[]2015/6/29-7/5の空模様。


こんにちは、石井ゆかりです。

今週は、まずなんといっても2日の山羊座の満月がポイントです。

蟹座に火星と太陽が並び、山羊座に冥王星と月が並び、、

すぐ頭にギリシャ情勢が浮かんでくるような配置です(汗

冥王星は金融と関連付けられていて、

山羊座は、統治や支配の星座です。

冥王星は今、一時的に蠍座に戻っている土星とミューチュアル・リセプションで

セミスクエアの形を作っています。

満月は、一つの到達点、結果が出る、というようなイメージの節目であり、

全体に、大きな支配の力、国家(蟹座もネイションに関係の深い星座です)の力が

「動く、一つの到達点に達する」というイメージがわいてきます。


この満月には、魚座海王星という「救済」の星が調停をなしているのも

ひとつのポイントだと思います。

満月にぴたりときれいに組み合わされるこの海王星の60度・120度は、

蟹座-山羊座の、どちらかといえば容赦のない「結論」に対し

一次元上のダイナミックな逃げ道を与えてくれる感じがします。

蟹座と山羊座の対話ならとても散文的でベタに進むのですが

そこに詩の潤いをプラスするのが、この海王星です。

非論理的でもごく現実的で心にフィットする結論、

というものが、この満月の形から立ち上がってくる感じもします。


獅子座にぴったり並んだベネフィック(金星・木星)は

派手で楽観的なプレゼンテーションの形です。

いかにも陽気です。

この2星が、ピークは過ぎましたがまだまだ天王星とトラインを結び、

この満月のタイミングでは水星と小三角を結びますが

このラインも大変ビビッドで、鉄火です。

はっきりものをいう感じ、

非常にわかわかしく自由で勢いのある感じ、

外連味たっぷりな感じ、

ある種「遠慮のない」感じが描かれているように思えます。


個人の生活や人生においても、

何かしら、大きな時間の流れの中での「着地点」「結論」が

ここに置かれているのではないかという気がします。

でも、それはなにか閉鎖的な、消極的な展開につながるのではなく

むしろ、不可能と思われていたことを可能にするような、

ダイナミックで反骨精神に満ちた新しい打開策のほうへと

結びついていくのかな、と思えます。



今週はそんな感じです。

[]牡羊座 2015/6/29-7/5の空模様。


たった一枚のTシャツを買って大満足出来ることがある一方で

いくらたくさんの服を買っても充たされない、という場合もあります。

私たちの心の充足は、

客観的な条件で計ることはなかなか、できません。


今週、貴方は心に深い充実や満足を感じるだろうと思います。

その出来事は、第三者から見ても

「満足できるだろうな!」

と思えるような種類のものなのですが、

この出来事が貴方にもたらす充実感の本質は

貴方にしかわからないのだろうという気がするのです。


私たちは生き物として、いつも

不思議な欠乏感や不足感、

「これだけではたりない」というジリジリ焦げ付くような欲望を

心のどこかに抱えています。

どんなに幸せなときであっても

私たちが生命力を持った生き物である以上、

「もっと、もっと」という欠乏感から解放されることはないのかもしれません。

それこそが、未来に向かう原動力であり、希望だからです。

今週の貴方は、そうした、

生き物としての根源的な欠乏感を

ある形で一瞬、満たすことができるのではないかと思います。

喉が渇いたときに水を飲んで潤され、癒されるのと同じで

時間が経てばまた、私たちの喉は渇くのですが

渇いては潤し、を繰り返していくことこそが

生きていくということなのだろうと思いますし、

だからこそ、充実や潤しを得ることが

素晴らしく輝く体験となるのだろうと思います。

[]牡牛座 2015/6/29-7/5の空模様。


距離を超えて、

本来触れ得ないものに触れることができそうです。

あたたかい気持ちや赤裸々な感情、

人が生きている、という事を伝える湿った熱い息吹は、

一般には相手が目の前にいてこそ、感じ取れるものです。

でも、私たちはたとえば、

何百年も昔に書かれた書物を通して

それを書いた人の熱い涙や情熱に触れ、

そうした感動に「感染」することがあります。

また、会ったこともない相手の映像やメッセージに

深く心を揺さぶられることもあります。


今週、距離や時間を隔てた誰かとの間に、

熱くむきだしな感情のやりとりが起こるかもしれません。

貴方が知りたいと願っていることが

情報としてでなく、血肉を伴う思いとして、

伝わってくるかもしれません。

[]双子座 2015/6/29-7/5の空模様。


ゲームやファンタジーの世界では

主人公が冒険を進めるのに是非とも必要な道具を探し求め

遠く旅をして、人里離れた場所に澄む古老に会いにゆく

というシチュエーションがよくあります。

その古老は、なぜかずっと昔から

主人公がいつか、自分を探して訪ねてくることを知っていて、

主人公を待ち続けている、という設定になっています。


自分にとっては「今初めて出会うもの」なのに、

探し当てた当の相手はあらかじめ自分を知っていただけでなく

もっとずっと前から自分を待っていた、なんて

ずいぶん不思議な事です。

でも、今週の双子座の人は、もしかすると

そんな不思議な経験をすることになるかもしれません。


とはいえ、現実に起こるのはそんな奇妙な事ではなく、

たとえば、

「おお、これこそが私が手に入れるべきものだ!」

と思ったら、そこにいた誰かが

「えっ、貴方はとっくの昔にそれをたくさん持っていると思ったよ!」

と言われるようなことかもしれません。

あるいは、誰かが貴方に「満を持して」渡してくれるものが

貴方の今現在の理想や欲望にまるでぴったりのものだった!

というようなことが起こるのかもしれません。

[]蟹座 2015/6/29-7/5の空模様。



純粋な若者の、無知だけれどもまっすぐな情熱が、

あらゆる事を知り尽くして倦み疲れた老人の心を

不思議な具合に揺り動かし、立ち上がらせる。

そんなシーンが、今週の蟹座を巡る星回りの中から浮かび上がりました。

貴方の持つ新しい炎が、

相手の持つ古い燃料に火をつける

というようなことが起こりそうなのです。


今週、誰かとの関係が大きく動きそうですが

それは、お互いの深い欲望や情熱が響き合い、呼応し合って、

その上で起こる変化なのだろうと思います。

ごく正直で力強いやりとりの中に、

お互いがもっとも自分勝手であるからこそ、

お互いをもっとも深く受け止め合える

という不思議な仕組みを実感できるだろうと思います。


相手のためにガマンする

ということが、

今は、全く相手のためにはならないのだろうと思います。

[]獅子座 2015/6/29-7/5の空模様。


理想は限りなく輝いています。

現実は貴方を世界に深く結びつけています。

「どちらをとるか」という二者択一を迫られているワケでは無いと思います。

どちらも、それぞれのビビッドなカラーで、

それぞれに輝いているのだろうと思います。


上手く行かないことがあれば

心の奥の方にあるものや、過去の出来事、

ずっと気がかりだったけれども放置し続けていること、などを

じっと見つめてみるといいかもしれません。

最初は何も見えなくとも

じきに目が慣れて、そこに「何かがある」ことがわかります。


空に輝く惑星を見るとき、

私たちは「惑星を見ているのだ」と感じますが

実際、目に入っているのは地球の背後に燃える太陽の光です。

太陽光が反射して、月が輝いて見えているわけです。

この時期、貴方の世界では、

たとえば貴方自身や、貴方の夢や理想、

貴方の役割の重要さなどが輝いています。

必要とされている、という充実感が輝いていますし、

美しさや魅力が輝いています。

そうした輝きは、それ自体の輝きでもありますが

同時に、貴方の内なる太陽の輝きが反射した光でもあるのではないかと思います。

「背後にある太陽」、すなわち

心の奥にあるものは、過去の出来事などに目を向けたとき、

今見えている光のもう一つの意味が、

顕わになるかもしれません。

[]乙女座 2015/6/29-7/5の空模様。


「ラブソング」といっても

その内容は本当に千差万別です。

このことは、おそらく

「愛」というものが非常に多様な現れ方をする

ということと、無関係ではないはずです。

激しい愛、微かな愛、ほのぼのした愛、

柔らかな愛もあれば、鋭い愛もあるだろうと思います。

晴れた日のような愛もあれば、

ずっと降り続く雨のような愛もあるでしょう。

春の恋、夏の恋、秋の恋、冬の恋、

それぞれにイメージが浮かびます。


今週、乙女座の世界では

「愛が満ちる」ような時間帯となっています。

この「愛」は、

何の包装紙にも包まれていない、

ごくむきだしのものだろうと思います。

私たちは愛に様々な幻想を抱きますが

今週乙女座の世界に躍動するのは、

そうした幻想を勢いよく吹き飛ばすような愛なのだろうと思うのです。

[]天秤座 2015/6/29-7/5の空模様。


外の世界に向かって大きなアクションを起こすとき、

「腹をくくる」「心を決める」と言うように、

身体の中にあるものをも、びしっと確認する

という事が大事になってきます。

外へ向かう行動や情熱と、

身体の中に燃える炎とが

しっかり噛み合っていないと、うまくいかない

ということなのだろうと思います。


今週、貴方は外側に向かっていく挑戦のスケールに見合った

「身体の中のもの」をしっかり確認することになると思います。

あるいは、今までそれがあやふやだったのを

今週、しっかり完成させる、ということなのかもしれません。

私たちの心の中、お腹の中にあるものは、

どろどろしていたり、もやもやしていたりして

必ずしも、すっきり整理のつききるものではありません。

「全部受け止めるぞ!」と思っていても

無意識に都合の悪いことに目をつぶったり、

覚悟を決めたつもりなのに、あとになって

「やっぱりやめた!」となったりすることは、

決して珍しくありません。


それでも、今週の天秤座の人の多くが

今後の活動にしっかりした一貫性を持たせるような

熱く燃える意欲の柱を打ち立てるのだろうと思います。

[]蠍座 2015/6/29-7/5の空模様。


ツンデレな人が、

貴方を今週、大きく動かすことになるかもしれません。

ツンデレ、というのは、つまり、

態度はツンツンしてキツイのに、

その内側には、溢れるような愛や好意がデレデレしている

ということです。

今週、貴方は熱いメッセージを受けとったり、

あるいは、コミュニケーションの中で言葉がヒートアップしたり

といったシチュエーションを体験すると思うのですが

そこには、溢れんばかりの愛情が見え隠れしています。


熱く議論するのは、

そのテーマへの深い情熱があるからです。

熱心に話しかけたり、説明したりするのは

相手に聞いて欲しい思いがあふれかえっているからだろうと思います。

「なぜこの人はここまでがんばるのだろう?」

と思えたら、

その内側に深紅に燃えている、

薔薇の咲きみだれるような情熱の苑の存在を疑ってみては、と思います。

その人の情熱のありかや方向性がわかったとき、

その話を聞く価値があるかどうかも

ハッキリするのだろうと思います。

[]射手座 2015/6/29-7/5の空模様。


相手がどう思うか、など、

所詮コントロール出来るものではないから

相手の気持ちをあれこれ先回りして想像するより、

ストレートに自分をぶつけていこう!

というのが、

射手座の人の多くが抱いている方針ではないかと思います。

でも、今週はちょっと、その方針が当たらないかもしれません。

もしかすると、相手がどう思っているか、を

あれこれ考えて、迷ってみたり

「迷っているのだ」ということを

相手にそれとなく打ち明けたりすることが

人間関係における新境地を切りひらく手掛かりになるかもしれません。


まっすぐ当たっていく正攻法も確かに、素晴らしいのですが

相手の抱えているものが大きすぎたり

相手が何かしら特別な状況に置かれていたりする場合には

正攻法が通用しないこともあります。

また、自分では「正攻法だ!」と思っていても、

自分の抱えている思いや欲望の重みに振り回されて

ちゃんと立ち会えていない場合もあるんじゃないかと思います。


「抱えているものの大きさ」が

この時期のキーワードとも言えます。

自分が抱えているものと、相手が抱えているものの

両方を大切にしたときに、

正攻法とは少し違ったやり方で

お互いの距離を縮めることもできるのだろうと思いました。

[]山羊座 2015/6/29-7/5の空模様。


山羊座の人にとって、

熱い感情や情熱を「自然に出す」ことは、

けっこう、難しいことなのだろうと思います。

感情や情熱は、本来、完全にはコントロール出来ないものなので、

「コントロールしたい」という意識の強い山羊座の人にとっては

かなりやっかいな要素であるはずなのです。

でも、人生の中ではそれを「出す」ことも、

とても大事です。

山羊座の人の生な感情に触れたとき、

周囲の人はとても感動します。

それがごく真実なものだとすぐにわかるからです。


今週、貴方の星座で満月が起こります。

この満月は、とても「熱い」星と絡み合っていて、

本音以上のパワーがあふれ出て、

収拾がつかなくなってしまうこともあるかもしれません。

といっても、

「今週はエネルギーを抑え込もう!」

などとするのは、かえって危険だろうと思います。

全開にした蛇口にゴムホースを繋いで、

ホースの口をぎゅっと押さえたらどうなるでしょうか。

ホースは生き物のように激しくのたうって、

やがて、横っ腹が割けて、目茶苦茶に水が飛びちってしまいます。


今週の山羊座の人の感情や情熱の勢いをサポートしてくれるのは、

詩や歌のような世界ではないかと思います。

目的のある対話や用事のある対面ではなく、

絵画をそのまま写しとったような、

美しい表現ではなかろうかと思います。

「ポエム」という言葉が揶揄的に使われることもあるようですが、

詩的な、あるいは心情を伝えるための抽象的表現は

本来、そんなふうに嗤われるスジのものではありません。

本当に本当の気持ちを伝えたいときには

散文的な言葉など役に立たないのです。

[]水瓶座 2015/6/29-7/5の空模様。


心を入れ換えて、行動が変わる

という場合もあります。

逆に、

行動を変えたら、心が変化した

ということも起こりえます。

どちらもあり得るなら、

今、どちらをやってみたいでしょうか。


今、貴方の心の中で

なにかが大きく「再生」しようとしているように見えます。

一方、貴方の身体は、元気よく動き出したがっているように見えます。

人に会いたい気持ちもあると思いますし、

何か話したい気持ちもあるんじゃないかと思いますし、

知りたい気持ち、どこかに行きたい気持ちなども

わくわくとあなたの胸の中に湧いているだろうと思います。

そんな状態の中で、今週、

上記の

「どちらかが変われば、もう一方も変わる」

現象が起こりやすくなっている気がします。

どちらかをこれまで試してみて、

あまり上手く行かなかった経験があるなら、

順番を逆にしてみるのも、

いい手ではないかと思うのです。


胸の中に「再生・復活」しつつあるものの力を借りれば

今まで「絶対自分にはムリ」と思えたことが

結構簡単に、出来てしまうのではないか、という感じもするのです。

[]魚座 2015/6/29-7/5の空模様。


もし、今の貴方が孤独感を感じているなら、

今週、その孤独感が少し薄らぐかもしれません。

本当はもっと味方がいたのだ

ということに、

あるハッキリした出来事を通して

気づかされることになるかもしれません。


私たちの多くは、たいてい、

人の気持ちを誤解しています。

好悪の情、愛、親しみなどは

普段、注意深く隠されてしまっていて、

なかなか見えないからなのかもしれません。


今週、普段は覆い隠されている、

人と人とを分かちがたく結びつけている何らかの感情が

すうっと表に現れてくる場面があるかもしれません。

「感情」は、移ろいやすくあやふやなもの

と考えられることもおおいものですが、

一方で、

リクツでも損得でも絶対に動かすことの出来ないのもまた、

感情の特徴です。

誰も彼もが忘れてしまったのに、

たった一人だけが一つの感情を抱き続けている

ということさえあります。

今週見えてくるのは、刹那的にゆらゆら波立つような感情ではなく

持ち主が、それを自分の一部としてともに生きていくしかない

というほどの、

深い根を持った、熱い感情なのだろうと思います。