ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

筋トレ週報・テンポラリ更新

・コメントの書き込みについては、こちらのローカルルールをご一読ください。
・モバイル「石井ゆかりの星読み」はこちら

2010-11-12

[]2010/11/15-11/21のホロスコープ。


こんにちは、石井ゆかりです。



とーとつですが


11/15月曜日、有楽町阪急にて売り子をします。

http://d.hatena.ne.jp/iyukari/20101111/p2


あと、

年末感謝企画、本のプレゼントやってます。

http://d.hatena.ne.jp/iyukari/20101111/p1


諸諸、よろしくお願いいたします!


今週は、金星と木星が同時に順行にうつる、という

わくわくの動きがあります。

私の手元の暦によると

木星は19日のam1:55、

金星は19日のam6:19、

となってます。


木星は7月24日から逆行しており、

更に言えば、6月6日から牡羊座にいったん抜けていたワケなので、

「魚座で順行」

というのが6月以来のことで、

逆行を抜けるのは7月以来のこと、

ということになります。

初夏〜何かがペンディングになっていた人は

今週辺りから不思議と動き出す!

という感じがあっても

おかしくないなと思うわけです。



一方、金星の方は10月9日から逆行しておりました。

金星は愛とかお金とかを管轄しているので(木星も「財」なんですが)

恋愛とか、子どものこととか、クリエイティブなこと、遊ぶこと、

あるいはきれいなもの、懐具合なんかに関することが

10月中旬からちょっとアレだなあ

と思っていた人は

ここから流れが戻るのを感じられるんじゃないかと思います。


逆行についてはことさらに悪くいわれることが多いのですが、

私はあまりそうは思わないんです。

「そのまま進んじゃってたらボタンの掛け違えで取り返しがつかなくなってた」

というところを、

修復できる期間だという気がするからです。

金星や木星の逆行時は

「価値あるものが戻ってくる」

ような出来事があった人も、

多かったんではないでしょうか。

「戻ってきたもの」がこの先も根付くかどうかは、

星のなんとかじゃなくて、

起こっていることの内容や本質そのものに寄るんだと私は思うのですが

(それを作るのは人間の選択だろうと思うのですが)

とにかく、

逆行時は「思ってたとおりに行かない」だけで

「悪いことが起こる」のとは、ちょっと違っているわけです。

「思った通りに行く」ことだけがいいことではないと思うのです。

「思った通り」が全部叶ったところでドツボにはまって後悔してる人も

世の中にはとてもたくさんいるような気がします。


とはいえ

今週はこの二星が「動き出す」ので、

リズムが噛み合ってくるような感じはあると思います。

行きたくても行けなかったところに行ける

という感じが出てくるんじゃないかなと想像しています。


木星は魚座の支配星でもあり、射手座の支配星でもあるわけですが

射手座では今週、水星と火星が重なり合ってます。

これはなんかこう

火を風で煽るような元気の好さですね。

活発で活動的、やんちゃで冒険的、勝負好きな感じがします。

投機的なビジネス、リスクを伴う冒険的ビジネス、

ギャンブルみたいな感じもあります。

この火星は、さらに土星ともアクセスします。

土星と火星のかたちは、

断固としていてこれも、活動的です。

水星と火星の組み合わせが「フットワークの好さ」を感じさせるとすると

火星と土星の組み合わせには「するどさ、凄み、本気さ、ドスが効いてる」

感じがある気がします。

長期的なテーマについて大事な決断をしたりする雰囲気です。



さらに。

太陽が木星・天王星と120度を汲みます。

これはかなり生き生きとしたみずみずしい、

大きな海の潮流のようなイメージの形です。

太陽は蠍座に、木星・天王星は魚座にいるわけですが

これらが大きな調和の形を作るところで、

ごく自然に、大きく実りある動きが生まれる

という感じがします。

起こっていることは結構珍しかったりびっくりだったりすることだけれども

それがムリもなく、奇をてらう感じでもなく、

あくまで「あるべきように」進んでいく

という感じがするのです。

ダイヤモンドは非常に硬い石ですが

結晶というものは、あるべき方向に力を加えると

割と簡単にすぱっと「割れる」ものだそうです。

そんな感じで、

あるべき方向に力を加えて、

ありそうもない動きがすらりと生じる

というイメージの配置です。



今週はそんな感じです。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


幾つものチャンスが巡ってきます。

引き続き、とても明るい活動期です。

具体的に動き出すことが多いですし

ひとつひとつにつながりがあって、

新しい「芽」もみつかります。


そんな中で、貴方はふと

「許された」

ことを感じるかもしれません。

何か自分に対して許せないことがあったり

内なる他者がずっと自分を許さなかったりしたなら

そうした縛りが、

蝋燭の火を吹き消すように消えるだろうと思うのです。

あるいは、かねて貴方が頭をいためていた

誰かからのダメ出しや拒否があれば

それを、きちんと許してもらえるのかもしれません。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


ぐーんと水の中を泳ぎ続けて、

ぱん!と水面に顔を出せるタイミングです。

どこか今まで、

息を詰めて進んできた感じがあったのではないかと思います。

非常に苦しい、というわけではなかったとしても

早く自由に呼吸をしたい思いがあったのではないでしょうか。

今週、そんな、ざぶんと水の外に顔を出して

胸一杯に新鮮な空気を吸い込める瞬間が

巡ってきそうです。


そこにはちゃんと船が待っていて、

貴方は船に上がると

次はどこに向かうかを

乗員とともに、検討し出すことになるでしょう。

この「行き先」は、年頭からずっと目指していた場所で

とうとうその道行きが本格化し始めるのです。

爽快な海路がそこに、待っているだろうと思います。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


ばりばりびりびりと音がします。

この音はやや耳障りで

音楽的だとはお世辞にも言えない音だろうと思います。

何かを壊すような、破るような音です。

でも、この音を自らの手で立てている貴方は

満面の笑顔なのではないかと思います。

それは、たとえば

プレゼントの包み紙を破ったり、

送られてきた段ボールのガムテープを接がしたりするような音だからです。

あるいは

年末に「破っていいよ!」といわれ

大喜びで襖や障子紙を破るときの音のようなものだからです。


今週の貴方は、ちょっと手荒なことをするかもしれません。

でも、それは決して本当の意味での破壊や破砕ではなく、

あくまで何か嬉しい、心のこもったことのためです。

誕生日パーティーにはクラッカーを鳴らし

お祭りでは爆竹を鳴らすように

人はどうも、嬉しい楽しいときに

びっくりするような刺激音を求めるところがあるようです。

今週の貴方の世界には

そんな楽しくも大きな音がとどろくのではないかと思います。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


鳥かごの扉を厳重に閉めるのは、

鳥が逃げ出したら戻ってこないかもしれないからです。

もし、絶対に逃げ出さないと約束ができていたり、

あるいは、逃げ出すことを恐れていたり、

逃げ出したとしてもまた戻ってくると解っていたりするなら、

その扉は、開きっぱなしになっているだろうと思います。


これまで、貴方の世界にはどうも

鳥かごの扉のように、

ぴったり閉められていた部分があったのではないかと思います。

その扉が今週、ぱっと開く気配があります。

それは、貴方が自分のフィールドにちゃんと根を持ち、

その上で、どこにでも飛び立っていける自由を得る

ということを意味しています。


不自然に縛り付けられたり

あるいは排除されたり、

または、行く手を阻まれたりしていたなら

今週、そうした「自由を制限するもの」が

取り払われるだろうという感じがするのです。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


心から聞きたい声が聞けますし

心から触れたいものに触れることができると思います。

今までそれを妨げていたものがあったのかもしれません。

その「妨げ」が、

今週、すうっと消えていきます。


さわやかであたたかな、小春日和のようなコミュニケーションを通して、

非常に暗い、奥の方にある柔らかなものに触れ、

触れたところに生まれる燐光のような光を見て

感電するようなインスピレーションを得るかもしれません。

あるいは、心の奥の氷がとけ、毒が中和されるような

痛みの癒える喜びを感じられるかもしれません。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


「身体が勝手に動く」ような感じがするかもしれません。

誰かとの関係において、

大きなうねりが前進し始めるのですが

その中で、

考えるより先に身体が動いていた

という現象を体験することになるかもしれません。


とても考え深く、「段取りの鬼」と言いたいような乙女座なのですが

今週はどこか、行き当たりばったりな感じがして

不安になることもあるかもしれません。

今週は貴方の「心」と、「相手のありかた」とが

直にやりとりをしてしまっているような気配があるのです。

そのため、「思考」がときどき、

スルーされてしまうタイミングがありそうなのです。


「思いのままに」という表現がありますが

今週は「思いのままに」動くこともいいんじゃないかと思うのです。

きちんと予測が立っていなくても、手順を追っていなくても、

そこにはそうなるだけの理由と価値があるのだろうと思えるのです。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


不整脈が正常化するような週です。

今まで、

「すごく調子が悪いというわけではないけど、

 リズムが乱れたり、音飛びしたりする」

という感じがあった人は、

今週、そんなしゃっくりみたいなものが

ふっと止まるのを感じられるだろうと思うのです。


役割分担や物事の手順が明確化し、

それを共有し確認するためのコミュニケーションが

活性化していきます。

確かめあい、認めあって、

必要な部分についてはしっかり議論できるでしょう。

「私はこう考えている」

と言えるだけの自信とパワーが漲ってきて、

具体的にしっかり説得していけます。


それはおそらく、

「調子が戻ってきたから」というよりは、

「主旋律がハッキリするから」というようなことなのかもしれません。

一本柱がしっかりするだけで、

他も自然に場所を得る、ということがあります。

今までぐらぐらしていた「おおもと」が

今週、どしっと自分の軌道を得るのだろうと思います。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


「条件がそろう」という感じがする週です。

いくつか、そろわないパーツがあったのが

ここで、びしっとそろうのです。

そのため、今週の蠍座には

深い安堵感、胸をなで下ろすような「ほっとする」感じが

満ちていくだろうと思います。


愛や感情に関することで

ずっと待たされていたことがあったなら、

今週、その「待ちモード」が解除されるのではないかと思います。

自分からガンガン行く決意を固める!

という感じではなく、

「回転時間が来てドアが開いた」

というようなふわりとした自然さがあります。

今週は総じて、

今まで不安で仕方がなかった自分を

あははと笑えるタイミングが多そうな感じがするのです。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


これまでも充分元気が良かったと思うのですが

今週、

「あ、今までの自分はなんとなく、自分らしくなかったかも!」

と思えるようなシフトチェンジがあるかもしれません。

これまではちょっと、ムリをしていたのだ

ということに

その「ムリ」を解除した瞬間、気づくのです。


今まで思わず知らず、

自分らしくない姿勢をとり続けていたのです。

そのことに気づき、

もともとの伸び伸びとした、

貴方らしい姿勢にぱっと変えることができます。

そのとき、これまで見えていなかった可能性が広がったり、

新しい野心が湧いてきたりすると思います。

自分がいた場所は、

思っていたよりずっと広かったのだ!

という感じがするだろうと思います。

[]2010/11/15-11/21の空模様。



何度説明しても解ってもらえなかったことが

今週、すっと受け入れられるかもしれません。

地道に続けているだけだと思っていたことを

今週、誰かに激賞されるかもしれません。

今週はなんとなくそんなふうに

「理解される」

「受け入れられる」

という感じがあるのです。

それも、単に優しくしてもらうというのではなく

そこにはなにかしら、

貴方の根幹に関わることや、貴方の真剣な態度について

「その価値を認められる」

という意味合いがこもっている感じがするのです


おそらくなにかしら、

誤解されたままでいたことや

敬遠されてきたことがあったのではないかと思うのです。

その部分について、今週

とてもあたたかいものが流れ込んできそうです。

幾多のドラマに、そうした瞬間が描かれます。

積み重ね、工夫し、懸命に届けようとしてきたものが

今週、届き始めるのではないかと思います。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


「仲間」の存在が、強く意識に上ります。

仲間から刺激を受けたり、

仲間との距離が縮まったり、

仲間が増えたり、

仲間の誰かが新しいことを言い出したり、

仲間が交代したりするのかもしれません。


どんなことがあるにせよ、

そのことは貴方の理想を強めたり高めたり拡げたりするのに

直接的に役に立つのだろうと思います。

あるいは、何か新しく具体的な計画がそこに

持ち上がるのかもしれません。


水瓶座の人はベタベタした態度を見せない割に

友達や人的ネットワークを自然に、拡げることができる才能を持っています。

今週はその才能が大いに生かされもし、

必要とされもするのだろうという気がします。

また、単に人的なつながりが「広がる」だけではなく、

その中に唯一無二の宝物のような一対一の絆の萌芽も

感じられるかもしれません。

[]2010/11/15-11/21の空模様。


帆が大きく風をはらみます。

「こっちから風が吹いてこないかなあ」

と思っていたまさにその方角に、

あたたかくて大きな風が吹きはじめるのです。

今週、貴方はそのおかげで

やっと行きたい方向に方向転換できる喜びを

感じられるのだろうと思います。


6月くらいから棚上げになっていたことがあれば

それが、今週、じわりと動き出すでしょう。

もう絶対に開かないのではと思えた扉が

ぎぎぎ、と音を立てて開くかもしれません。


誰かに助けてもらうというのではなく、

何かに導かれるというのでもなく、

その「動き」はまさに貴方自身の中から起こります。

でもそれは決して

ムリするような感じはないと思うのです。

タイミングが噛み合ったとき、

人は自分の行動について

まるで他人が相取り決めたような感覚をもつことがあります。

神様とか、運命とか、そういうふうに名付けられているのは

きっとそんな

「どういうわけか説明できないけどこうなるしかない」

という確信のもと、動き出している自分の感触なのではないかと思うのです。

osuやぎ0118osuやぎ0118 2010/11/15 14:19 普段は、あまり縁がないと思っていたのですが、こちらを覗いて
みなさまのコメントで、救われました。折れかけてましたが、もう少し頑張ってみようと思います・・ありがとう。