ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

筋トレ週報・テンポラリ更新

・コメントの書き込みについては、こちらのローカルルールをご一読ください。
・モバイル「石井ゆかりの星読み」はこちら

2011-10-21

[]2011/10/24-10/30のホロスコープ。


こんにちは、石井ゆかりです。

今週もテンポラリのみでスマヌ。



今週の空模様です。

今週はまず、24日に太陽が蠍座入りします。

そして、27日に蠍座で新月となります。

蠍座には既に金星と水星も入っており、

蠍座で「はじまり!」の鐘がなる!

というイメージが漂う週です。

10月アタマは水の星座に星が全くない、という状態だったので

イメージがずいぶん変わります。

蠍座は「深い感情、融合」を扱う星座です。

隠されていた現実がリアルに浮かび上がり、

きれいごとではない部分に直面していくしぶとさ、みたいなものに

焦点が当たる感じがします。

そういう部分で人と人とは結びついているところがあるわけで

「切っても切れないもの」が強調される、

というイメージも浮かびます。

単に、好きだとか嫌いだとか、条件が合うとか合わないとか、

そういうところをこえたところの紐帯、みたいなものです。


今週はいくつか、アスペクトも結ばれていきます。

火星と土星と金星、そして水星が

おもしろい感じに結びついていきます。

土星と金星・水星のセミセクスタイルももちろんあるのですが

こういうかたちだとなんとなく、

セクスタイルとスクエアのあつまる火星が「扇の要」的なイメージに見えます。

蠍座はもともと、火星に支配されていたので

火星と太陽がミューチュアルリセプションになっている、

とも読めるんですね。

そうすると、獅子座の火星がやっぱりなんかこう、

パワフルに見えてくるのです。

蠍座は、あまりおおっぴらに自分の想念を語らない所があるのですが

獅子座火星はむしろ、アグレッシブにプレゼンテーションするので、

ここでは

「普段語られないことが、あかあかと語られる必要がある」

みたいな感じがします。

「必要がある」あたりは、土星が効いてる感じです。

・・・・ってあくまで、私の個人的なイメージです(爆


何度か繰り返される、冥王星と木星のトラインが

今週、ガチになります。

ゆたかさとか、価値とか、所有とか、財とか、食、エネルギー、等々が

どーんとメインテーマとして据え置かれる感じです。

有無を言わさない、否応ない「力」のイメージです。

権力というのはたいてい、財とか暴力とか物理的な力に裏打ちされているものだと思うのですが

(まあ、そうじゃない権力を振り回せることもあると思うのですが)

そういう「物理的な力と、権力との結びつき」が

ものすごく大きくなっているというイメージがあります。

それも、「大きくなる」力があまりにも揺るぎないので

その事が大きすぎて、よくわからない、気づかない

という面もあるような気がします。

冥王星って「意識化」が一番難しい星、なんだと思います。

隠されている、解らないようになっている、というのは

それがおおきすぎて、まるで包まれ切ってしまって、

意識にのぼらせることさえできない

みたいなことかなあという気がするのです。

たとえば、私たちは地球の自転を体感できない、みたいな感じです。

そういう大きな力が

木星と冥王星のトラインから

なんとなく、イメージされる気がします。

あくまで私が「そんな気がする」だけなんですけどね、、、(どかーん


冥王星は現在、蠍座の支配星で、

木星は蠍座の対岸、オポジションの強い位置にあります。

蠍座の新月で、さらにこの冥王星と木星の形もあり、

前述のごとく、火星もばちっとパワフルな状態になっているので

今回の新月はすこぶる

蠍座的な力の始動、増強、優位、という香りがします。

蠍座の月というのは、フォールで、

金星も蠍座ではデトリメントです。

複雑な真実を敢えて抱え込むとか、愛情や紐帯が、キレイゴトで済まない、

でも、だからこそ、深く交わり浸透しようとする、

というような、一筋縄ではいかない、心の動きが読み取れます。

蠍座の月や金星というのは

エロスの「飲み込む部分」を象徴します。

一度おぼれこんでみる淵、そこから浮上したときにしか見えない真実

みたいなものがあるのかもしれません。

多くの聖人聖者は、一度、とんでもない放蕩生活に耽溺したりしますが

そういう、ある種の「聖なる世界の原初的状態」を

蠍座という世界は、象徴しているところがあります。

そこにいきものの真実があるからこそ、耽溺する必要があるわけです。

これは別に異常なことでも何でもなく

私たちは日常的に、無意識に

いろいろなものに心を奪われたり飲み込まれたり魅了されたりしながら生活しています。

魅力の「魅」という文字に「鬼」と言う文字が入っていて

この「鬼」とは、もともと死者の魂を意味する文字であるということにも

蠍座=魅惑=生命力の源泉というイメージの連鎖が

ありありと表れているように思います。



今週はそんな感じです。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


誰かと一緒にいて、安心できるのは

その人の心が変わらない、と思えるからです。

もし、表情が様々に変化したとしても

それは海の水面が波立っているだけで

普段の水位の変化が一定の幅の中で安定しているなら、

やはり、安心していられると思うのです。

波立っても、波はいつか収まり、おさまった状態は

やっぱりあの晴れた日の、凪いだ海なのだ

と思えるからこそ

安心できる、というところがあると思います。


このことは、誰かの「キャラクター」についてではなく、

「関係」そのものにも言えることだと思います。

お互いの関係が、その時々に感情の波に波立ったとしても

いつも戻る水位が変わらない、と思えていれば

その関係に安心できるはずです。

この時期、そんな「安定水位」「戻っていく場所」について

ある種の確信が得られるのではないかと思います。

これは、心がぐっとあたたかくなるような、

人生を充たしている空気の密度がふと、濃くなるような

そんな体験ではないかと思います。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


誰かとの関係が新しく生まれ変わるような週です。

この夏から、自覚しているといないとに関わらず

貴方は驚くような成長を遂げてきました。

自分では気づいていなくとも

周囲から見れば不思議なほどに、

なにかが変化しているはずなのです。


自分のなにごとかが変われば、

他者との関係もそれに沿って、変化していくことになります。

今週、貴方はそんな変化を体験するでしょう。

あるいは、今の貴方にふさわしい、

新しい登場人物に出会うのかもしれません。

そのとき、これまで自覚していなかった自分の「成長分」に

ありありと気づかされるのかもしれません。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


自分のために、あるいは、誰かのために、

なにかを「担っていこう」という決意が固まります。

生活は、難しい問題や足りないもので溢れていますが

そうしたことを

意欲的に解決していこう!

という意識が強まっていくのです。

この時期、ちょっと体調を崩す人も多いと思うのですが

そういうときこそ

「元気でいたい」「あれもこれもやりたい」

という思いが強まり、

元気なときにはアタリマエにできていた仕事について

猛然と意欲が湧いてきたりするものです。


何が必要なのか、どうすれば好転させられるのか。

この時期、貴方はそうした改革について

とても敏感です。

「こうすればいいのでは?」というそのアイデアは

一見小さなものかもしれませんが

やってみると、意外に大きな影響力を内蔵しているだろうと思います。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


新しい愛が生まれるようなタイミングです。

貴方から見て、愛と創造性を司る場所に

たくさんの星が集まって

そこに、新しい光が生まれようとしています。

心に、見失っていた喜びが息を吹き返し、

頬に生き生きした薔薇色がよみがえるようです。


蟹座は水の星座で、感情に支配されています。

感情はその時々に、溢れたり凪いだりしますが

蟹座の人はもうひとつ、

動かないどっしりした地下の湖のような感情のかたまりを内蔵しています。

そこにおりていった気持ちは、二度と揺らぐことがありません。

この時期、そんな場所に

澄んだままでゆたかにプールされている感情が

貴方の身体の隅々まで行き渡るような出来事が起こるでしょう。

こういうとき、蟹座の人はとてもきらきらした表情をしています。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


自分の居場所はここなのだ!

と、再発見するような週です。

あるいは、新しく居場所を見つけ

そこでの人生をスタートさせる人も多いかもしれません。

貴方にとって、居場所はそれほど重要とは思えないかもしれませんが

実のところ、貴方ほど

「心の守り」を必要としている人もいないような気がします。

なぜなら、貴方はそれを積極的に充たしたり守ることをしないので

なんとなく「誰かの手」を必要としているからです。


この時期、物理的な場所を見つける人も多いと思うのですが

それよりも、貴方の心が小鳥のように落ち着ける

あたたかな巣穴のような誰かの心を見つける、

という気配が濃厚なのです。

すぐれた「物理的な場所」には、かならず

「心の置き場所」も備わっているものだと思います。

後者があれば前者が要らないことだってあります。

今週の貴方が見つけるのは、そんな場所だろうとおもいます。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


新しいコミュニケーションが生まれます。

ここしばらく、伝達にまつわる話が多いのですが

これは、貴方のコミュニケーションを象徴する場所に今

星が集まってきているからなのです。

星はかならずしも週単位で動いてはくれないので

ときには、数週間、同じような内容が続くこともあります。


そんな「コミュニケーション月間」のなかでも

今週はインパクトの強い週だと思います。

今まで見たこともないようななにかが、

小さくて純粋な光とともに、生まれます。

この対話は、初めは静かかもしれませんが

中身がぎゅっと詰まっていて、

知的なポテンシャルがとても高いものです。

貴方の高い知性のニーズに十分に応えてくれるような

そんなやりとりが生まれつつあるタイミングです。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


大切なものが手に入ります。

あるいは、大切にしてきたものが持っている威力を実感できます。

または、誰かが大切にしているものが

貴方のものになるのかもしれません。

そこでは「価値」が、息を吹き返します。


多分「価値」とは

人間の活動がものに吹きこむ命のようなものなのです。

それそのものは、何の意味も価値も持っていません。

人間がそれらのものに、

まるで、戴冠させるかのように、「価値」を授けます。

今週、そんな、どこか厳かな

「ものとのやりとり」が発生しそうです。

人間がものに与えた価値が

人間に影響を及ぼし返してくる、というのは

実におもしろい事です。

おそらく、価値あるものたちは

人間の人生を活性化させるための溶媒のような役割を果たしているのかもしれません。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


特別な星の時間のなかにあります。

「特別な星の時間」というフレーズが気に入っていて

「今週はこの星座には、何か特別なことがおこりそうだな、

それは多分、明らかに時間が変化した!とおもえるような

そんな、ビビッドなインパクトのある出来事じゃないかな」

と思えたとき、

このフレーズを使うようにしています。


今週の蠍座の世界では

何か新しく、美しく、親しみ深いものが

自然に生まれ出るのではないかと思います。

お誕生月の始まりでもありますが(おめでとうございます!)

それと同時に、文字通りなにかの「始まり」を告げる出来事が

澄んだ鐘の音が打ち鳴らされるように、起こるのではないかと思います。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


こころにかかって仕方がないことがあるなら

それに触れてみていいのでは、と思います。

「こんなことはくだらないことだ」とか

「すぐに忘れてしまうよ」とか

「相手は何とも思ってないかも」とか

「こんなこと言ってもどうにもならない」とか

さまざまな道具でフタをして消しさってしまおうとしているのに

結局、全然忘れてない!

ということがあるものです。


一度は見過ごして通り過ぎたけれども

どうしても気になって、

このままでは寝付きが悪くなりそうで

どうにもならなくてとってかえす

ということが、人生ではたまにあります。

時には、かなりながいインターバルを置いた後に

そんなことをしてしまうこともあります。

今週は、そんな「とって返す」行為に

かなりぴったりした週だと思います。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


未来は決まりきっていると思ったのに

そうでもなかった!

と思えるような週です。

「これはこうなるしかない」

「こういう計画しか不可能だ」

と思えていたのに

いきなり「そうではない」ということが解る気配があるのです。


新しい条件は、突然に提示されます。

その条件さえあれば、

いままで苦労して填め込もうとしていた小さな枠から

一気に解放される!

ということがあります。

あるいは、そこが盲点のようになっていて

それに気づかずに必死で、要らぬ苦労をしていた、

という場合もあります。

そんなふうに、

切らなくてもいい枝葉を切り捨てようとして苦しんでいた人にとって

今週は、明るい光が射し込むかもしれません。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


まとまりある、具体的な目標は

人の心を活性化させます。

ゴールがハッキリ見えていて

それに到達できそうだ、という算段がついたとき、

まっすぐな意欲や自信が心に湧いてきて

絶対完成させずにはおかないぞ!

という気合いが入ります。


今週、貴方の世界に

そんな目標が据え置かれると思います。

誰かから与えられる可能性もありますし

自らそれを設定するのかもしれません。

いずれにせよ、その新しく、一見小さな目標は

貴方の心のなかにあった、ある疑念を

ハッキリ解消してくれると思います。

この疑念とは

「結局のところ、自分にはなにもできないのではないか」という

不思議な、無根な疑念です。

[]2011/10/24-10/30の空模様。


遠い場所にいる人と、近く接することができそうです。

自分がそこまで到達できたり、

コミュニケーション手段が生まれたりするのかもしれません。

人と人との間には

目に見えない、実に様々な隔たりが存在するものです。

こんなに仲がいいのに、なんで自由に話ができないんだろう?

という、不思議な状況もしばしば生まれます。


そんな妙な隔たりが

今週、一気に消えてなくなるかもしれません。

あるいは、そこに行き来できる太い通路を造るべく、

行動を開始する貴方がいるのではないかと思います。


地図の上で見る直線距離と、

実際に交通手段を使って移動するときの距離感覚とは

非常に違っていたりするものです。

人と人との間にも、そんな距離のギャップがあるんじゃないかと思うのです。

今週は、誰かとのあいだの「実際の距離」を

埋めることができるときなんじゃないかと思います。

Connection: close