ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

筋トレ週報・テンポラリ更新

・コメントの書き込みについては、こちらのローカルルールをご一読ください。
・モバイル「石井ゆかりの星読み」はこちら

2014-04-18

[]2014/4/21-4/27の空模様。


こんにちは、石井ゆかりです。


今週は太陽の牡牛座入りとともにはじまります。

で、例の「カーディナル・クライマックス」が

アスペクトの上では、ピークを迎えます。

「アスペクトの上では」とわざわざ書いたのは

確かに、イグザクト(ぴったしの度数)が重なるのは今週なんですが

先日の食のほうがぱっと見には「ハデ」だったようなとこもあるんですね。

「カーディナル・クライマックス」は大きくこの4月、ということですが

その中で

3/31、4/15、4/20-24

という3つの「山場」があって、

そのラストの山場が今週、みたいなイメージです。

今週なにかが降って湧くというよりは、

段階的にもう、進んできていて、

階段を上りきる、的な感じかなと思います。

ゆえに、今週は「走り抜ける」「突っ走る」みたいな

そんな気合いで進む方が多いかもしれません。


「カーディナル・クライマックス」については

再三書いてきたのでもうアレなんですが

今週がどうピークかと申しますと

20日に木星と天王星がスクエア

21日に木星と冥王星がオポジション

22日に天王星と冥王星がスクエア

23-24日に、他の三星に火星がそれぞれスクエア、オポジション

ということになっております。

ここの度数13度というのは

「クリティカル・ディグリー」というやつで

特に感度が高い場所、とされています。

未開拓の森や荒野がすごい勢いでバキバキ切りひらかれていくような、

生き物としての野生が蘇るような、肉食系な、

そんなイメージが湧いてきます。

とはいえ、あくまでこれらの配置は「この日だけ」のものではなく、

もうずいぶん前から作られているので

この日に降って湧いた

みたいなことではないんです。

すでにスケジュール帳に「作業的にここが山場」みたいな

そんな雰囲気が漂っている人が大半ではないかと思います。


太陽は牡牛座入りし、水星も23日に牡牛座に入るので、

ここまでの活動宮の「やれいけそれいけ」みたいな、台風みたいな雰囲気は

ここですこしふわっと緩みそうです。

次の新月、29日は日食なわけですが、

ここで「4月の活動宮祭り」が終わって着地

という雰囲気になります。

この新月をめがけて

自分を試す戦い、あるいは自分を変える戦い、

ものごとの「なかみ」に純粋につっこんで行くような戦いに

今まさに挑んでいる、みたいな時間帯です。


新しい「場」や「時間」を創り出そうとする力が

嵐のように内側にも外側にも渦巻いている

そんなイメージが湧いてきます。

生活の中では、自分の力でできることもあれば

否応なく起こる出来事もあるわけですが

その交わった点に、私たちの感情や充実が生まれているんだろうと思います。

星同士が角度を作る「アスペクト」という考え方が、

今週の配置の眼目のようなものですが

星と星とが交わることは、神様と神様が関わるようなことで、

私たちの中でも、幾つもの「自分」が交差していろいろなものを生み出すプロセスが

進んでいるんじゃないかと思いますし

「他者」との交わりもまた、

今、新しい季節の中で、活性化しているように思われます。


今週はそんな感じです。



【 星の配置(おおまかに) 】


 太陽:牡牛座0-6度(20日12:57イングレス)

 月:山羊座→水瓶座→魚座→牡羊座(欠けていく月)

 水星:牡羊座24-牡牛座6度

 金星:魚座16-23度

 火星:天秤座14-12度(逆行)

 木星:蟹座13-14度

 土星:蠍座21度(逆行)

 天王星:牡羊座13度

 海王星:魚座6-7度

 冥王星:山羊座13度(逆行)

 ドラゴンヘッド:天秤座28度

 ※図はこちらのページ。(閲覧には無料会員登録が必要です。タダです。)


 【月のボイドタイム】

  4/22 8:22-13:19

  4/24 1:12-15:56

  4/26 5:04-19:02

  4/27 20:03 - 4/28 23:24





----


「愛する力。」試し読みがこちらでできます。


「石井ゆかりの星読み テーマ別セレクション【星で「あの人と私」を読む】」が、リリースとなりました!

コンピュータによる「個人占い」、第4弾です。

もとより、機械で読むのはどうにも限界があるのですが、それでも、できるとこまでやってみよう、的なアレです。

モバイル「石井ゆかりの星読み」のデータベースを元にしているので、会員の方にはおなじみの記事ですが、

パソコンやスマホでまとめ読みできる、パソコンならプリントアウトもできる、というあたりが魅力です。

詳しくはこちら。