ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

筋トレ週報・テンポラリ更新

・コメントの書き込みについては、こちらのローカルルールをご一読ください。
・モバイル「石井ゆかりの星読み」はこちら

2015-07-23

[]2015/7/27-8/2の空模様。


こんにちは、石井ゆかりです。

今週はちょっと早めの更新です、

というのも、

25日(土)に、石巻での一箱古本市に参加するためです!

拙著を格安で販売いたします、

お近くの皆様、是非お越しくださいませ!


今週の空模様ですね。

今週は、なんといっても、31日の水瓶座の満月です。

先週、水星と太陽が揃って獅子座に移動したため、

獅子座は現在木星と合わせて3星集合の賑やかな状態になっています。

この対岸に月がぱーんと巡って、満月となるわけです。

1ヶ月の中で2度目に起こる満月はちょっと珍しく、

「ブルームーン」と呼ばれたりするようです(由来は諸説あるようです)。

青く見えるわけではないのですが、

何となくワクワクしますね。

もとい、満月は「満ちる」タイミングです。

今回は特に、木星移動の直前ということもあって、

去年の中程から今に至るまでに積み重ねて来たことが、

一つの到達点に達するとともに、

ある「関係」の中に受け入れられる

というイメージもわきます。

獅子座はどちらかと言えば「個」の世界ですが、

水瓶座は「他者の集まり(パワーによって構成される組織ではなく、社会とかネットワークとか、フラットなチームとか)」

の世界です。

なので、獅子座木星期間に「個」として積み上げてきたことが、

「他者の集まり」の中でどう位置づけられ、受けとられるか

ということがテーマになるような感じがするわけです。


週末には、逆行中の金星が獅子座に戻ります。

ここから8日の水星の移動まで獅子座4星、

ぎらっぎらの獅子座祭りとなります。

その獅子座祭りの直前(7/23にもう始まったようなもんなんですが)に、

この、対岸の水瓶座の「鏡」が置かれているのは、

なかなか印象的な事のようにも思われます。

「自分」としてやってきたことを、

向かい側から照らし見たときにどう見えるか

という、再評価が出来る感じがあるからです。

私たちは鏡を見たとき、

無意識に髪型を直したり、服を直したりしますが、

そんなふうに、この満月のタイミングで、

いろんな軌道修正が可能になるのかもしれません。


もう一つ、今週の大事な動きとして

やはり週末ですが、2日の土星の順行があります。

3月半ばからずっと逆行を続けていた土星が、

9月の射手座入りに向けて、前進を再開するのです。

蠍座に土星が入ったのは2012年ですが、

そこからじっくりじわじわと頑張って来たことが

ここで本当に「最終局面」に入ります。

離脱に向けて着々と準備を重ねる感じがあるかもしれませんし

「総仕上げ」のような感じもあるかもしれません。

あるいは、長いトンネルの先にようやく出口の光が見え始める

という手応えを得る人もいるでしょう。

なにかしら長期的テーマが「前進に転じる」ことがありそうな、

大事な節目と言えそうです。


という具合に、

「ロングスパンを見据えた、

大きな節目の前の節目」

のようなタイミングが、今週に置かれています。

マラソンで言うなら、

スタート場所でありゴールでもあるスタジアムの門が視野に入った

あるいは、スタジアムに入った

みたいなところでしょうか。

ゴール(と、新しいスタート)までにはあと何段階かあるようですが、

ひとまず、それを「捉える」感じのあるタイミングです。


今週はそんな感じです。



----


5重版32万部超となりました新刊「3年の星占い(12星座別、一冊680円税込)」

まだの皆様は是非、書店様でお手にとってご覧ください!!

上のサイトでもちょっとだけ立ち読み的なことができます。







※コメント欄の書き込みについては、こちらのローカルルールをご参照下さい。