ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

筋トレ週報・テンポラリ更新

・コメントの書き込みについては、こちらのローカルルールをご一読ください。
・モバイル「石井ゆかりの星読み」はこちら

2014-10-24

[]2014/10/27-11/2の空模様。

こんにちは、石井ゆかりです。

いよいよ秋も深まり、

年末が射程にはいってまいりました。

年末と言えば新年の手帳を買う時期です。

紙の星ダイアリー2015、そしてジョルテ版星ダイアリーを、是非ご検討下さい!

…っていうかはやい!はやいよ!(涙)



今週の空模様ですね。

来週と今週の境目の24日から26日というあたりに、

星占い的「節目」がバタバタッとかさなったので、

過去1ヶ月ほどと、27日週明けからの時間とが

まさに「バッキリ」分かれている感じになっておりまして、

なんかこう、それこそまっさらな手帳に字を書き始めるような、

すがすがしい雰囲気が漂っています。

これまで射手座にいた火星が山羊座へ、

金星と太陽は揃って蠍座へ移動しました。

水星も順行になっています。

これまで、金星が天秤座という自分の部屋にいたのですが、

今週からは入れ替わるように、

火星が山羊座という居心地の良い部屋へと入っていきます。

火星が力を増し、金星がちょっと別のモードになる

という変化が起こったわけです。


火星は意欲や情熱、攻撃などを司る星で、

これまではちょっとやんちゃな射手座に位置していたのですが

ここからは山羊座という、実力主義みたいな星座に入ります。

火星はそこでは「持ち味がうまく出る」ような状態になります。

熟練の、権威と実力の見合った軍人みたいな感じです。

意味のある、生産的な戦い方ができる

みたいなイメージがわきます。

射手座の支配星は木星で、

今までは天秤座→射手座→獅子座という力の流れが生じていましたが、

ここからは山羊座火星-蠍座土星という、

ミューチュアルリセプションの形がガツンと強化されます。

もともとこの2星座には冥王星-土星のMリセプションがあったんですが、

それがさらにぐりっと際立ってくる、

みたいなことです。

山羊座と蠍座に共通しているキーワード(と私が思っている)のは

「支配」「掌握」です。

「(結構大きな力や財を)手の中にしっかり握る」

掴みたいと思う対象はちょっと違うんですが、

とにかく「掴む」ということが、この2星座に通底しているなあ

と個人的に、思っている次第です。

なにかをぎゅうっと、本当の意味で自分のものにしたい。

それは、物を買ったりコレクションしたりする、

牡牛座的な世界とはちょっと違っています。

蠍座や山羊座が掴むのは、

元々他人のモノだったものとか、他人それ自体とか、なのです。

こう書くと何となく悪いことのようですが、そうじゃないです。

たとえば「彼女の心を自分のものにしたい」とか

「チームをしっかりマネジメントしたい」とか

そういう「掴む」は、別に悪くもなんともありません。

ギフトを贈るとか、役職を任せるとか、

そういうことも蠍座-山羊座の管轄です。

掴むだけじゃなくて、与えることもするのです。

山羊座と蠍座の掴んだものは、

世の中を動かす力となり、

命を生み出す環流となるわけです。


自分が他人に与える影響力とか

「これを動かしたら、自分を取り巻く世界はどうなるんだろう」といったことに

私たちは時々、鈍感になります。

自分のことでいっぱいいっぱいになればなるほど、

自分の持っている自他への影響力に気づきにくくなります。

ちょっとした言葉が相手を傷つけるとか、

ちょっとムリを重ねただけで自分がボロボロになるとか、

そういうことに気づきにくくなってしまうわけです。

でも、今週からの時間帯は、自分の持っている「力」を、

もっと広い視野で見つめることが必要になるのかもしれません。

「もっと大きな力があればなあ!」と、多くの人が思いますが、

いざその「力」を手にしたとたん、

それが結構大変なことだということに気がつきます。

子供は、大人に禁じられたことをやってみたくて

「早く大人になりたい」と思うことがありますが、

大人になってしまうと

「子供の頃に戻りたい」と言うひとが、決して少なくないわけです。

世には宝くじに当たった人のための「マニュアル」があるそうですが、

そういうような心持ちが、もしかしたら、

必要なのかもしれません。


でも、自分の持っている力を最大限に「活かす」ことができれば、

たぶん、想像以上におもしろい事や素晴らしいことを

実現できるものではないか、とも思うのです。

「力」は、使いようによっては

それに振り回されたり飲み込まれたりする、こわいものですが、

もし、自分の真の願いの通りに用いる事ができれば、

夢を叶えたり、幸福を生み出したり、

時には、自分以外の人を幸福にできたりもするものにほかなりません。

「お金」が、

それ自体ではいいものでもわるいものでもないように、

私たちが今、それぞれに動かしつつある「力」も、

それ自体ではいいものでもわるいものでもなくて、

「貴重で、大事なもの」なんだろうと思います。



今週はそんな感じです。





----


「星ダイアリー2015」、大好評発売中です!

フォトエッセイ「結婚へつづく道」も出ました、どうぞよろしくお願いいたします!!

さらに、2大お知らせがこちらです。



過去に雑誌に掲載された特集記事等をまとめた

「星読み図書室」がリリースされました!

モバイル「星読み」の特別室みたいなサイトです。

是非お試しください!