Hatena::ブログ(Diary)

お茶の水より愛をこめて 〜考えてみませんか? メンタルヘルス〜 RSSフィード

2013-04-12

<文科省>「心の病」で休職の教員、復職を支援

 うつ病など「心の病」で休職する教員が社会問題化する中、文部科学省は、教師に対する本格的な復職支援に乗り出す。教育委員会と校長、主治医らが情報共有し、休職した教員が孤立しない体制づくりを目指しており、専門家による検討会議の報告書を全国の教委に配布して、早急な対応を呼びかける。

 文科省によると、11年度に精神疾患休職した教員は5274人。10年前の約2倍の水準で、08年度から5000人台が続く。一方、復職率は37%で、43%が休職継続、20%が退職した。文科省は昨年1月、専門家による「教職員のメンタルヘルス対策検討会議」(座長・吉川(きっかわ)武彦・清泉女学院大学長)を設置して対応策を議論。29日、最終報告書を公表した。

(2013年3月29日 毎日新聞

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/welllink/20130412/1365726842