Hatena::ブログ(Diary)

Photo Notebook このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-12-02

木嶋坐天照御魂神社(蚕の社)

木嶋坐天照御魂神社は、京都市右京区太秦森ヶ東町に鎮座。
通称、「木嶋神社」又は「蚕の社」。
延喜式神名帳山城國葛野郡 木嶋坐天照御魂神社 名神大 月次相嘗新嘗」に比定される社。

 この神社は、通称「木嶋神社」又は「蚕の社」と呼ばれる延喜式内社で、天御中主命・大国魂神・穂々出見命・鵜茅葺不合命を祀っている。
 『続日本紀大宝元年(701)4月3日の条に、神社名が記載されていることから、それ以前に祭祀されていたことがわかる古社である。
 この嵯峨野一帯は、古墳時代朝鮮半島から渡来し、製陶・養蚕・機織などにすぐれた技術をもっていた秦氏の勢力範囲で、当神社本殿の東側には織物の祖神を祀る蚕養神社(東本殿)があり、「蚕の社」もそれにちなんだ社名である。
 この神社は、古くより祈雨の神として信仰が厚く、参詣の人も多かったことが平安時代に書かれた『日本三代実録』や『梁塵秘抄』などの文献からうかがい知ることができる。
 社殿は明治以後のもので、本殿・東本殿・拝殿などがあり、社殿を取囲むように巨樹が繁茂している。本殿の西側には四季湧水する「元糺の池」という神池があり、天保2年(1831)に再興された京都三鳥居 の一つとされる石製三柱鳥居が建つ。
 例祭は、毎年10月10日が行われるが、夏季土用の丑の日には、この池に手足を浸すと諸病によいという庶民信仰がある。
 市内でも最古に属する当神社は、境内から清泉が湧き、巨樹が繁茂して古来の姿をよくとどめており、京都発展に大きな役割を果してきた秦氏との関連を含め、大へん貴重なものとして昭和60年6月1日に京都市史跡に指定された。
 推定面積11.131

「案内板より」


鳥居
f:id:west06:20111129035944j:image

拝殿
f:id:west06:20111129035942j:image

本殿
f:id:west06:20111129035939j:image

三柱鳥居
東京三囲神社にある三柱鳥居の原型はコレ
f:id:west06:20111129035938j:image:w320
f:id:west06:20111129035936j:image:w320



稲荷神社がたくさん祀られていた
f:id:west06:20111129035933j:image:w480

f:id:west06:20111129035929j:image:w320
f:id:west06:20111129035932j:image:w320

f:id:west06:20111129035927j:image:w320
f:id:west06:20111129035931j:image:w320

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/west06/20111202/p2