Hatena::ブログ(Diary)

Photo Notebook このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-04-15

金宝山 浄智寺

金宝山 浄智寺は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある寺院。
鎌倉五山第四位に列せられる。

 鎌倉五山第四位、臨済宗円覚寺派、金寶山浄智寺は、弘安四年(1281)北条時頼の三男宗政が29歳で没後、間もなく、宗政夫人と幼少の師時を開基にして、宗政の菩提を弔うため創建されました。
 中国、宋の名僧、兀庵普寧と大休正念、及び日本僧南洲宏海の三人が開山になっています。これは、当初開山に招かれた宏海が、任重しと身をひき、師の大休正念を迎えて入仏供養をおこない、すでに世を去っていた師僧の兀庵普寧を開山としたためです。
 創建当時の伽藍は、外門、山門、行堂、方丈、庫裏等を備え、塔頭は十一院に及んだということです。
 永い間には、たたずまいも変化し、現在は、看門寮、山門、鐘楼門、仏殿、書院、方丈、隠寮、庫裏等の堂宇が柏槙や杉木立ちの中に点在しています。
 境内は、周囲を緑の山々にかこまれ、昔ながらの、広大な寺域を残しており、地理的環境と鎌倉五山伽藍遺構を後世に伝えるため、国の史跡として保護されています。

「境内案内より」


参道
f:id:west06:20120414132457j:image

鐘楼門
f:id:west06:20120414132455j:image

本堂・曇華殿
f:id:west06:20120414132454j:image

客殿
f:id:west06:20120414132452j:image

矢倉群と石仏
f:id:west06:20120414132450j:image

f:id:west06:20120414132449j:image

江ノ島鎌倉七福神 布袋
f:id:west06:20120414132447j:image