Hatena::ブログ(Diary)

Photo Notebook このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-06-05

穴栗神社

穴栗神社は、奈良市古市町に鎮座。
延喜式」神明帳の添上郡「穴吹神社」に比定される。

穴栗神社 (伊久里の杜)

祭神 伊栗社 (太玉命)
    穴栗社 (高御産霊尊)
    青榊社 (青和幣)
    辛榊社 (白和幣)

 この神社の鎮座する地は、古く「日本書紀景行天皇(第十二代)の条に「春日穴咋邑」と出ているところです。神社の名を穴吹・穴次と書くものもありますが、春日大社の記録によると、平安時代に、この地から穴栗・井栗の神が春日大社に勧請(分霊)されたと書かれています。
境内にある元禄四(1691)年建立の社号標石にも「穴栗四社大明神」とあり、穴栗は古くからの呼び名です。
 現在、穴栗神社は、横井東町の氏子がお祀りしています。
  「萬葉集」に
  妹が家に 伊久里の杜の 藤の花 今来む春も 常かくし見む
     −高安 王−(巻一七−三九五二)
と詠まれている「伊久里の杜」は、井栗の神を祀っていた、この地です。
 歌は、天平十八(746)年八月七日に、越中大伴家持の舘での宴の場で、玄勝というお坊さんが伝誦したものです。作者の高安 王(大原高安)は、天武天皇の皇子長親王の孫にあたり、奈良の都の人です。
「恋しい人の家に通っていく伊久里の杜に咲く藤の花よ、まためぐってくる春にも、いつもこのように眺めていたいものだ」と詠んでいる作者は、藤の花の咲くころ、このあたりを通って、恋しい人のもとを訪ねたのでしょう。
 境内の萬葉歌碑は、平成十年五月に、平城萬葉教室と横井東町自治会の協力によって建立されました。

「境内案内より」


鳥居
f:id:west06:20130526160437j:image

f:id:west06:20130526160438j:image

社殿
f:id:west06:20130526160439j:image

拝殿
f:id:west06:20130526160440j:image

本殿
f:id:west06:20130526160441j:image


境内社
f:id:west06:20130526160442j:image:w210
f:id:west06:20130526160443j:image:w210
f:id:west06:20130526160444j:image:w210