Hatena::ブログ(Diary)

Photo Notebook このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-09-09

福長神社

福長神社は、京都市上京区福長町に鎮座。
式内社 宮中神の「座摩巫祭神並大、月次新嘗」五座うちの二座。

 本社は福井神、綱長井神稲荷神を祭神として祀る。社名は、福井、綱長井の二神を合祀することによるが、稲荷神も合祀することから「福長稲荷」とも呼ばれた。
 福井神と綱長井神は、平安京大内裏内の神祇官西院(現在の大宮竹屋町辺)に祀られていた延喜式内社、宮中神の座摩巫祭神五座(生井神福井神、綱長井神、波比伎神、阿須波神)のうちの二座である。
 現在の地に遷された経緯については、社伝によると天正年間、豊臣秀吉聚楽第造営、あるいは廃城の際と伝えられるが、天正二年(1574)に織田信長上杉謙信に贈ったと伝えられる洛中洛外図屏風狩野永徳筆)には、すでに現在地に福長神社が描かれている。
 天明の大火(1788)で焼失した後は小さな祠となったが、明治時代以降も水の神(屋敷内の井戸や泉の神)として地元の人々から篤く信仰されている。

「境内案内」より


f:id:west06:20130817223722j:image

f:id:west06:20130817223723j:image