Hatena::ブログ(Diary)

Photo Notebook このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-09-18

正法寺

法壽山 正法寺は、京都市西京区大原野南春日町にある寺院。
西国薬師四十九霊場京都洛西観音霊場の札所になっています。

 真言宗東寺派の寺で、奈良唐招提寺を創建した鑑真和上の高弟で、天平勝宝六年(754)に鑑真和上とともに唐から来朝した智威大徳がこの地で修練を行ったことに始まる。古くは春日禅坊と呼ばれたが、延暦年間(782〜806)に、伝教大師最澄)が智威の威光を世に示すため、大原寺という寺を創建した。応仁の戦火で焼失したが、江戸時代初期に、恵雲・徴円の両律師により再興され、「西山のお大師さま」として古くから親しまれてきた。
 元禄年間(1688〜1703)には徳川五代将軍綱吉の母・桂昌院帰依を受け、代々徳川家祈願所となった。
 寺宝として、本尊・聖観世音菩薩(弘仁時代)、三面千手観世音菩薩重要文化財)をはじめ、承和二年(1346)の銘がある地蔵菩薩鎌倉初期の両界曼荼羅などの仏画徳川家関係古文書などを蔵する。
 境内には、全国各地から集められた名石があり、「石の寺」とも呼ばれている。特に、東山連峰を望む借景式山水庭園の「宝生苑」は、庭石が象、獅子、蛙、うさぎ、鳥、亀など動物の形に似ているため、「鳥獣の石庭」として親しまれている。

「境内案内」より


f:id:west06:20130830223046j:image

f:id:west06:20130830223047j:image

f:id:west06:20130830223048j:image

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/west06/20130918/p1