Hatena::ブログ(Diary)

Photo Notebook このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-09-23

角宮神社

角宮神社は、京都府長岡京市井ノ内南内畑に鎮座。
延喜式神名帳乙訓郡に載る「乙訓坐大雷神名神大、月次新嘗」の論社。

 式内社。乙訓坐火雷神社、略して乙訓社とも言う。祭神は、本殿向かって左に主神火雷神玉依姫、建角身命、活目入彦五十狭茅尊の四神を、右に春日神(三神)を祀る。
 乙訓坐火雷神は、玉依姫の夫神で「山城風土記逸文」の賀茂伝説に丹塗矢の古事として見え、その御子別雷神祭神とする上賀茂社、玉依姫と建角身命を祭神とする下賀茂社と共に国の大幣にあずかる名神大社として社格の高い社であった。初見は「続日本紀」の大宝二年(702)の条で、殊に祈雨神として平安中期までは国史に度々出ている。 承久の変(1221)で灰燼に帰し容易に復興を許されなかった。旧社地は井ノ内の西部(宮山)にあったが、文明十六年(1484)今の地に再興され、 井ノ内の産土神として祀られている。

「境内案内」より


鳥居
f:id:west06:20130819044707j:image

拝殿
f:id:west06:20130819044708j:image

本殿
f:id:west06:20130819044709j:image

f:id:west06:20130819044710j:image

八幡宮 大神宮 稲荷社 向日神社
f:id:west06:20130819044711j:image

Connection: close