Hatena::ブログ(Diary)

Photo Notebook このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-10-12

日吉東照宮

日吉東照宮は、滋賀県大津市坂本に鎮座。
日吉大社の境外末社

 日吉大社末社東照宮 三棟

 桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、銅瓦葺の本殿と、その前面にある桁行五間、梁間二間、一重、入母屋造、銅瓦葺の拝殿とが桁行三間、梁間一間、一重、両下造、銅板葺の石の間(相の間)によってつながれた建物で、権現造という形式の典型です。
 この社殿は、日光東照宮に先立って、寛永一一年(1634)天海僧正によって営まれたもので、前面の三間の向拝には軒唐破風がつき、その後方に千鳥破風がつき、蟇股の彫刻は精巧にできています。また、内外とも装飾がきわめて華やかで美しいものです。
 正面入り口の四脚唐門と周囲にめぐらされた透塀も美しく、社殿とよく調和しています。
 大正六年(1917)四月に国の重要文化財となりました。

「境内案内」より


f:id:west06:20131006172541j:image

f:id:west06:20131006172542j:image:w480

f:id:west06:20131006172543j:image