【リアルタイムボイス】建築な日々覚え書き

はてなRSSに追加

2011-09-16

west2692011-09-16

健康のため

| 00:39

塩山駅朝6時13分発の電車に乗る為に家を出た。山手線内に9時前に着くためには、遅くてもこの電車に乗らなければならない。

駅は我が家から真っ直ぐ東に向かった所にある。だから以前は線路沿いに一直線に歩いて行けた。数年前に交差点の「改良」工事を行ったので、今は駅に向かう直線部分には段差が設けられ、ご丁寧にバリケードパイロンが並べられている。長い事置いてあるが、この先何時になったら撤去されるのか定かではない。

仕方なく信号待ちをして、道路を渡り、道路向かいの家の西側を通りすぎたら、右折して北側に沿って歩き、通り過ぎたら再び右折して東側に沿って歩き、南の端に着いたら東に向きを変えて、信号のない道路を横切って駅に向かう。田舎の人間は自動車ばかり乗っているから、「健康の為、たまにはこのくらい歩きなさい」という思し召しかもしれない。なかなか深い配慮に満ちた改良工事なのかも知れない。そんなことを考えながら道路を渡ると石垣の隙間から、こんな花が咲いていた。しかし、黄色いコスモスなんてあったかな?

コトコトと各駅停車に揺られて、8時30分に現地に着くと、長野から来たSさん達がすでに作業を始めていた。

3時過ぎに出発して、道路が空いていたから6時に着いたけど、近所迷惑だからと8時過ぎまで待機していたのだそうだ。

写真は解体した建物から再生に必要な木材をトラックに積み込んでいるところ。

f:id:west269:20110915091319j:image

物珍しいのか我々の作業を遠巻きに眺める人や、撮影する人もいる。

木材には100年以上の年月降り積もった埃と、乾いた泥が降りかかっている。だが作業場に運び込んで、洗って、修繕すると新しい建物の構造に生まれ変わるのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/west269/20110916/1316187547